映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2009.11.23(月) | トップページ | 『100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!』 »

2009.11.28

『栄光へのスタジアム 大リーグへの道』

この作品はケビン・ロドニー・サリバン監督、デルロイ・リンド、ミケルティ・ウィリアムソン他主演のプロ野球の黒人リーグを扱ったドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1996年 HBO アメリカ作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆Suol of the Game
プロット◆黒人選手がメジャーを目指す話のようです。
音楽◆リー・ホルドリッジ
スカイパーフェクTV315スター・チャンネルにて。画質はよいです。

キャスト
デルロイ・リンド→サッチェル・ペイジ
ミケルティ・ウィリアムソン→ジョッシュ・ギブソン
ブレアー・アンダーウッド→ジャッキー・ロビンソン
エドウィン・モロー→ウィリー・メイズ
エドワード・ハーマン→ブランチ・リッキー
サリ・リチャードソン→ペイジの妻ラホマ
ジーナ・ラベラ→ジョッシュ・ギブソンの内縁の妻グレース
デビッド・ジョンソン→ロイ・キャンパネラ
R.リー・アーメイ→黒人チームのオーナー
ジョニー・ペスキー
ジョン・ペネル→スカウトのスティーブ・バックリー
グレッグ・バージ→ダンサーのビル・ロビンソン

ケビン・ロドニー・サリバン監督の演出はよいと思います。
1954年のワールドシリーズのロッカールームからの回想で話は進行します。ここで見ていた私にはインタビューを受けてた選手がウィリー・メイズとわかってしまった。ラストで名前が明らかにされていて伏線になっていたとは・・・。
1954年のシリーズでジャイアンツのユニフォームで24番を付けてればウィリー・メイズとわかります。
で、そこからあちこちと話は飛び1945年のウィンターリーグとなります。

黒人リーグの名選手2人・・・。
サッチェル・ペイジは投手、ジョッシュ・ギブソンは強打の捕手、このの古きよき時代の2人と若く有能なジャッキー・ロビンソンを対比しているようにも見えます。
ジョッシュ・ギブソンは奇行でサッチェル・ペイジは性格でメジャーには行けなかったらしい。サッチェル・ペイジは後から上がれたようですがもう歳をとっていて半分エキシビション扱いだった感じだと思われます。

黒人リーグのK.C.モナークス対グレイズでジャッキー・ロビンソンはホントか嘘かはわからないけどすでにMLBと同じ背番号42を付けてました。
ジャッキー・ロビンソンみたいなタイプはアンクル・トムと言われて黒人から嫌われるらしい。で、ジャッキー・ロビンソンは現役を退いてから指導者監督を目指したがなれずに死んだそうです。

デルロイ・リンドがサッチェル・ペイジを熱演してます。結構似てます。傲慢な感じが出てまして少し意外な感じがしました。こういうとこは史実には表われないからしょうがないですか。実際はこんな感じだったのでしょう。
エドワード・ハーマンは写真で見たことがある実在のブランチ・リッキーにそっくりでした。これにはビックリ。
『フルメタル・ジャケット』(1987年)の鬼教官役で有名なR.リー・アーメイは結構他の作品でもよく見ます。それでも軍や警察関係者ではない役は初めて見たような。

MLBでは違反になっているボールに傷を付けるエメリー・ボールに、唾等を付けるスピット・ボール。黒人リーグの投手は何でもありだったようです。

当時のMLBコミッシュナーはハッピー・チャンドラーでしたブラックソックススキャンダルを担当した初代のMLB終身コミッシュナーだったジャッジ・ランディスはすでに死亡してたのか・・・。

主にN.Y.とS.F.ジャイアンツにて3番打者でセンターを守って活躍したウィリー・メイズは打って走って守れる史上最高のオールラウンドプレーヤーといわれています。ウィリー・メイズの背番号24は黒人選手なら誰もがつけたがる番号です。
1954年ワールドシリーズでのセンター後方の大飛球をとった背面キャッチはザ・キャッチと呼ばれて有名で、どのくらい有名かというとNFLでもレシーバーが背面キャッチをするとウィリー・メイズ・キャッチと言われるくらい有名なのです。


小ネタで・・・
同じN.Y.のブルックリン・ドジャースに誘われてN.Y.ジャイアンツは西海岸へ行ったが、ドジャースは暖かいL.A.に納まって、ジャイアンツは寒風吹きすさぶS.F.に追いやられた、だからこのカードは同地区遺恨試合になってっいます。
同地区遺恨試合が面白いのは、たとえば片方のチームの成績が大幅に負け越していてこの試合に勝っても意味がない場合でも、同地区の対戦相手がこの試合に勝てばフレーオフだという大事な試合に勝ってしまうとこなのです。そうなるとまた遺恨が遺恨を呼んで後でもいい試合になるというわけです。


そんなわけでMLB大好きの私にはよい作品でした。

この作品に言われている記者が支持する選手とはどういうタイプなのでしょう?日本で支持されスポーツ選手はバカでヤクザで奔放?なタイプになってるけど・・・。

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2009.11.23(月) | トップページ | 『100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/46882673

この記事へのトラックバック一覧です: 『栄光へのスタジアム 大リーグへの道』:

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2009.11.23(月) | トップページ | 『100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。