映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『デッドライン〜U.S.A.』 | トップページ | 『二十四時間の情事』 »

2008.08.02

『渚にて』

この作品はスタンリー・クレーマー監督、グレゴリー・ペック、エバ・ガードナー他主演の終末物SFドラマです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。
反核物で有名なので見ました。ネビル・シュートの原作は読んでいます。果たして原作に負けない出来でしょうか?

1959年 ユナイト アメリカ作品
ランニング・タイム◆135分
原題◆On the Beach
プロット◆核戦争の、その後の話しのようです。
音楽◆アーネスト・ゴールド
スカイパーフェクTV315スター・チャンネルにて。画質はよいです。

キャスト
グレゴリー・ペック→ドワイト・タワーズ艦長
エバ・ガードナー→モイラ・デビッドソン
アンソニー・パーキンス→ピーター・ホームズ大尉
フレッド・アステア→ジュリアン・オスボーン博士
ローラ・ブルックス→海軍省の女性オズグッド
ドナ・アンダーソン→奥さんのメアリー

スタンリー・クレーマー監督の演出はまあよいと思います。私はスタンリー・クレーマー監督とフレッド・ジンネマン監督を混同していました。

オーストラリアに潜水艦が入港して話しは始まります。潜水艦に魚雷を積んでますが、この状況で魚雷なんて必要なのかと思った。
核戦争後この状況についてはハッキリとは描写してなくて「あれ」と言ってます。
で、また調査に北上してサンフランシスコに行ったりします。ここがサンフランシスコと確認をするシーンでコイットタワーは見えなかった。こういうとこが不満だったりします。

謎のモールス信号のサンディエゴに行って調査をすると原因はブラインドのヒモにコーラのビンが絡まってキーを叩いていたという訳です。ここが見どころだったりして。

原作通りにカーレースのシーンがあって、映画になるとこれがハリウッドスタイルでやたらとクラッシュして炎上してました。レース映画『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)並みです。

そして大体原作通りに進行してラストとなります。
ラストは原作と少し違ってましたけど。ハリウッドが核を扱うと、どこか抜けてお気楽なとこがありますが、この作品もそのようです。


キャストで・・・
グレゴリー・ペックの出演作品を見るたびに思うのは、果たしてグレゴリー・ペックは大根か?という疑問です。
何しろ、本『映画術』ではアルフレッド・ヒッチコック監督とインタビュアーのフランソワ・トリュフォーの両者ともグレゴリー・ペックは大根としているのです。
双葉十三郎の『ローマの休日』(1953年)の批評でもグレゴリー・ペックは大根となっています。
で、この作品のグレゴリー・ペックですがまあまあなんじゃないとなります。大根ではないと言い切れないのがこまったものです。

もしかしてエバ・ガードナーは代表作が2作ぐらいしかないのでは?
『殺人者』(1946年)と『裸足の伯爵夫人』(1954年)ぐらいかも・・・

アンソニー・パーキンスは『サイコ』(1960年)とあまり変わらないような。
奥さん役の女優さんはあまりかわいくない。ここはリアルとは別問題としてもう少し何とかならないものか。

フレッド・アステアがクルママニアのキャラでした。フェラーリだそうです。例の薬ではなくフェラーリで排ガス自殺と至ります。
原作ではクルマを保存するとこは泣けたな。映画では変更されてカットになっていました。

サンディエゴより意味不明の謎のモールス信号があります。この結末は?→原作通りでした。これはよいアイデア。
例の薬とは?等々、原作を読んでるので意外性はなかった。例の薬とは自殺用の薬のことなのです。
原作は前半が少々退屈で後半はよかった。で、映画はというとやはり前半は退屈で早く潜水艦に戻ってくれないかと見てましたが後半も退屈でした。
原子力潜水艦が浮上して話しは始まり、その潜水艦が潜航して話しは終わります。

正直言って単調で眠かった。『太陽を盗んだ男』(1979年)の次に見たのがまずかったようです。淡々とし過ぎて眠くなる小津安二郎監督の『東京物語』(1953年)あたりの次に見るのがちょうどよかったようです。
そんなわけで原作に負けているけど、まあまあな作品でした。



« 『デッドライン〜U.S.A.』 | トップページ | 『二十四時間の情事』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/42041446

この記事へのトラックバック一覧です: 『渚にて』:

« 『デッドライン〜U.S.A.』 | トップページ | 『二十四時間の情事』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。