映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ジャイアント・ウーマン』 | トップページ | 『あなたに逢えるその日まで・・・』 »

2007.09.22

『ロマンスに部屋貸します』

この作品はウォーレン・ライト監督、アナベラ・シオラ、マシュー・ブロデリック、ケビン・アンダーソン主演のロマンティック・コメディです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。
『蜘蛛女』(94年)でゲーリー・オールドマンの奥さん役が素敵だったアナベラ・シオラが出てるので見ました。レナ・オリンは恐すぎてジュリエット・ルイスは若すぎて私はアナベラ・シオラがよろしい。

1993年 ミラマックス アメリカ作品
原題◆The Night We Never Met
パーフェクTV311にて。画質はまあよいです。
プロット ホントに好きな人を見つける話しのようです。

キャスト。
アナベラ・シオラ→歯科助手で趣味で絵を描く人。29才の既婚者エレン
マシュー・ブロデリック→パステルのため欲求不満なコック サム
ケビン・アンダーソン→お気楽ホワイトカラーで部屋主ブライアン
ジーン・トリプルホーン→わがままま恋人パステル
マイケル・マンテル→エレンの旦那アーロン


ウォーレン・ライト監督の演出はよいと思います。
N.Y.ロケがよいです。
会話シーンは切り返しはせずに長回し多用してきます。

アナベラ・シオラ扮する歯科助手で趣味で絵を描く人。29才の既婚者エレン
マシュー・ブロデリック扮するわがままなパステルのため欲求不満なコック サム
ケビン・アンダーソン→お気楽ホワイトカラーで部屋主ブライアン
この3人が1つの部屋を使います。
で、1つの部屋を互いに顔は知らずに3人で使い、ケビン・アンダーソンが勝手に使う日を変更して行き違いが発生してしまいます。新しくはないけどこのアイデアは面白い。
アナベラ・シオラとブロデリック、ブロデリックの勤め先の店にて互いを知らずにコンタクトの図。これがラストにつながります。

アナベラ・シオラは奥さん役専門なのか。私が見た『ゆりかごを揺らす手』(92年)、『蜘蛛女』(94年)に、この作品と3作品は全部そうでした。それもそれでいいけど。

マシュー・ブロデリックはヒゲ面でも童顔な人です。どんな人にでも律義に説得するキャラでマシュー・ブロデリックの個性にあっててよかった。


アナベラ・シオラがイブニングドレスから浮気に至る。これがいい。イブニングドレスはこのためにあるのかとなります。
で、名前を勘違いして違う男ケビン・アンダーソンに抱かれて傷心のアナベラ・シオラがタクシーに乗って家に帰るシーンはよかった。人のよさそうな運転手がよい感じ。

マシュー・ブロデリックはわがままなジーン・トリプルホーンに懲りて言葉がわからない外国の女がいいとなり、ホントに外国の女性とデートしてる。そこにケビン・アンダーソンの婚約者が乱入してくる勘違いな修羅場の図もいい。で、ここでも律義に説得するマシュー・ブロデリックがいい。

ジーン・トリプルホーンはマシュー・ブロデリックのわがままま恋人。これは珍しいブロンドにパンクなファッションのトリプルホーンが見れます。

後タイトルでキャストがそれぞれマシュー・ブロデリック、アナベラ・シオラ、ケビン・アンダーソンの3グループに別れてました。これは洒落ていいです。
あまり関係ないけど『疑惑の影』(43年)でヤングチャーリーがテレサ・ライト。アンクルチャーリーがジョセフ・コットン。てのを思い出しました。洒落てるのが共通してる。

そんなこんながあってそれぞれ無事に収まり。ハッピーエンドでした。
そんなわけでお気楽なままのケビン・アンダーソンの扱いに少し不満が残りますがロマンティック・コメディのよい作品でした。



« 『ジャイアント・ウーマン』 | トップページ | 『あなたに逢えるその日まで・・・』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/16536585

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロマンスに部屋貸します』:

« 『ジャイアント・ウーマン』 | トップページ | 『あなたに逢えるその日まで・・・』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。