映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ボディ・スナッチャーズ』 | トップページ | 『ミンクの手ざわり』 »

2007.08.02

『アディクション』

この作品はアベル・フェラーラ監督、リリ・テイラー、アナベラ・シオラ、クリストファー・ウォーケン主演のアートシアターな吸血鬼物ドラマです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1994年 アメリカ作品
原題◆The Addiction
プロット 哲学的な吸血鬼の話のようです。
スカイパーフェクTV311パワームービーにて。画質はよいです。
音楽 ジョー・デリア

キャスト
リリ・テイラー→大学生のキャサリン
アナベラ・シオラ→吸血鬼
クリストファー・ウォーケン→先輩の吸血鬼ペイナ
エディ・ファルコ→同じ大学生のジーン


アベル・フェラーラ監督の演出はまあまあだと思います。
吸血鬼が人間の血を吸ってるシーンは結構興奮します。
急に沈む太陽のショット。壁を通り抜けるカメラ。
会話シーンでの切り返しはやっていません。
モノクロで録っているのは血の色を出したくないからでしょう。
パーティが一転惨劇と化すとこがハイライトになっているようです。
と、全体的に演出の方は手堅くまとめられていました。

ベトナム、アウシュビッツ等の映像が出てきます。この辺でアートシアターと気が付けばよかった。
で、話は早くすぐ吸血鬼にされてしまいます。リリ・テイラーは吸血鬼になるとだんだんときれいになっていたりします。ここは非常によい。

そのリリ・テイラーは初めて見ます。随分地味な人ですね。結局宗教で救われていた。

監督の名前はイタリア系でクリストファー・ウォーケンが出てるのでB級な娯楽作なのかと思ったら見てて途中で、しまった、これはアートシアター物だと気がついた作品でした。私はアートシアターは苦手なんです。

そんなわけでアートシアターなまあまあな作品でした。


« 『ボディ・スナッチャーズ』 | トップページ | 『ミンクの手ざわり』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/15985845

この記事へのトラックバック一覧です: 『アディクション』:

« 『ボディ・スナッチャーズ』 | トップページ | 『ミンクの手ざわり』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。