映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『フォーン・ブース』 | トップページ | 『カバーガール』 »

2007.06.24

『スナイパー』

この作品はカリ・スコグランド監督、ウェズリー・スナイプス、リンダ・フィレンティーノ主演の携帯電話サスペンスです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。
少し見て面白かったので見ました。キャスト2人で持ちそうです。


2002年 パール・ピクチャーズ・プロ/シネレンタ/ライオン・ゲート・フィルムズ ドイツ=カナダ作品
原題◆Liberty Stands Still
スカイパーフェクTV315スターチャンネルにて。画質はよいです。
プロット 銃社会に逆恨みする話しのようです。
音楽 マイケル・コンバーティノ

キャスト
ウェズリー・スナイプス→スナイパーのジョー
リンダ・フィレンティーノ→武器会社の副社長リバティ
オリバー・プラット→リバティの夫で武器会社の社長ビクター
マーティン・カミングス→リバティの愛人ラッセル


カリ・スコグランド監督の演出はよいと思います。
脚本も兼任しています。
原題は主演するヒロインの名前と銃規制法にかけた洒落になっているようです。
L.A.が舞台です。グレース通り9丁目。

タイトルではリンダ・フィレンティーノの方がウェズリー・スナイプスより先に表示されています。歳の順なのかキャリアの順なのか不明です。
このタイトルはカッコよく仕上がっています。

運転手付のベンツで移動中のリンダ・フィレンティーノ扮する武器会社の社長の奥様で副社長もやっているリバティが登場。
携帯電話で愛人と旦那と同時切換えで話しをしています。忙しいキャラらしい。

実は愛人ラッセルはウェズリー・スナイプス扮するスナイパーに脅かされいました。
愛人ラッセルに爆弾をしかけてカギをかけて部屋から出るスナイパー。
爆弾をボディセンサー、音声センサー、時限式の併用となっています。動いても声をだしてもじっとしていてもダメな爆弾です。

ラッセルは舞台役者で劇場内の役者の控室。
ところでこの舞台の出し物は何?

劇場向かいの公園にあるホットドッグ屋台ではホットドッグの他にヤクも売っているので大変繁盛しています。
愛人に会いに劇場に来た奥様のリバティがヤクを買いに来ます。
着ている服装でゴージャスな感じがよく出てきます。

ヤクを買って劇場に向かうとこで携帯が鳴ります。胸にはレーザーポインタが当たっています。これは冗談ではないとなります。

リバティはスナイパーと話すことになります。
使っている銃は223と言ってるので、223レミントン=5.56mm*45実包使用のM16のバリエーションの自動小銃と推測されます。
狙撃に使用するのにボルトアクションではないのかと不満はありますがあまり距離が離れていないので自動式でも構わないのでしょう。

屋台には強力な爆弾が仕掛けられている。
リバティを手錠を足首にかけることになります。
武器会社はマクロード社となっています。実際のメーカーでどれにあたるのかはわからない。

携帯電話はイヤホンマイクを使用しています。これを使えばクルマでの使用は認められている?→あまり見たことはないけど。

事態を進展させようといきなり脱いで全裸となる奥様のリバティ。
でもリンダ・フィレンティーノの顔が見えない後ろ姿は吹替だと思われます。
警官がやってきますが服を着せて引き上げます。この警官は撃たれてしまいます。通行人が警察に電話する。

旦那の社長に電話するスナイパー。
応援の警官2人が来ます。
スナイパーは学校での銃乱射事件ので娘を失ったとわかります。

TVレポーターのビル・トールマンが携帯電話で呼ばれます。
トールマンは撃たれて死に至ります。何をしに出てきたのかわからん。

何かは話題の全米ライフル協会の名が出てきます。
さすがにチャールトン・ヘストンの名は出ない。

SWATも出動していきます。
副隊長に隊長のハンク。
電話の話しでSWATの装備はG-36を使用となっています。
他にP-99という名も出てきます。これは他の国に売ったとか。

ところでスナイパーはどこにいる?→それは舞台俳優を閉じこめた部屋からそう遠くはない場所となります。とにかく劇場内にいるようです。
TVニュースが流れています。

色々と話しがあり亭主の社長が現場にやってきます。
策があるらしい。携帯電話がかかってきたとこでいきなりスナイパーを名指しにします。ですがあっさりと撃たれてしまいます。運ばれて退場となります。あっけない。何をしに出てきたのかわからん。

そんなこんなでリバティは解放されます。愛人のいる劇場に向かいます。
愛人の部屋に入ったとこ爆弾のタイマーはゼロになりますが爆発はしません。フェイクだったようです。


スナイパーはビデオファイルをどこかに送信して自殺します。これで何となくエンドになります。あまり解決にはなっていないような。


そんなわけで後味はあまりよくはないけどまあまあな作品でした。
同じような設定の『フォーン・ブース』(2002年)の便乗作品なの?


« 『フォーン・ブース』 | トップページ | 『カバーガール』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/15544041

この記事へのトラックバック一覧です: 『スナイパー』:

« 『フォーン・ブース』 | トップページ | 『カバーガール』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。