映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『恋する遺伝子』 | トップページ | 『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』 »

2007.02.01

『スリー・トゥ・タンゴ』

この作品はマシュー・ペリー、ネーブ・キャンベル、ディラン・マクダーモット主演のロマンティック・コメディです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。
この作品はキャストとプロットの組み合わせで見ました。私の好きな1930~1940年代のロマンティック・コメディのバリエーションと予想して少し見たらそんな感じになっていました。

1999年 ビレッジ・ロードショー・ピクチャーズ/ワーナー アメリカ作品
原題◆Three to Tango
スカイパーフェクTV316スター・チャンネルにて。画質はよいです。
プロット ゲイと間違われて悪戦苦闘する話しのようです。

キャスト
マシュー・ペリー→建築家のオスカー
ネーブ・キャンベル→芸術家のエイミー
ディラン・マクダーモット→実業家のチャールズ
オリバー・プラット→オスカーの仕事の相棒ピーター
デボラ・ラッシュ→チャールズの秘書レノア
ケリー・ローワン→チャールズの奥さんオリビア
サイク・コザート→アメフトのケビン

デイモン・サントスティファーノ監督の演出はよいと思います。
やたらとシーン転換のワイプに凝っていました。これも昔風なのがよかったりします。
シカゴ・トリビューン紙のビルが見えたのでシカゴが舞台と分かりました。今時シカゴとはこれも昔風です。

ゲイの扱いや描写バランスはどうか?→全体的に見て以前に見てゲイに対する描写がイマイチだった『イン&アウト』(97年)よりは全然よかったです。
ヘタに社会性を持たさずに普通のロマンティック・コメディになっているのがいいです。結果的には上手い描写バランスになっています。

1部の大スターみたいに自分より目立ってはダメとか、あまりうるさいことを言いそうにない方々3人が出ているのが○です。
3人それぞれTVドラマの主役をやっています。

ディラン・マクダーモット扮する実業家のチャールズが手がける建築のプレゼンにのぞむマシュー・ペリー扮する建築家のオスカーとオリバー・プラット扮するその相棒ピーター。
ここでマシュー・ペリーはゲイだと思われて、ゲイなら安全だろうとチャールズのネーブ・キャンベル扮する愛人 芸術家のエイミーの見張りを命じられると設定されて話しは始まります。

マシュー・ペリーのゲイと思われてどうなるの、こまったちゃんぶりが見どころとなります。この点はよかったです。
マッチョなケビンからつきあってくれと告白されたり。私はゲイですとシカゴ・トリビューン紙のトップを飾ったりと色々と面白く見せてくれます。

ネーブ・キャンベル扮する芸術家のエイミーはガラス細工を作っていました。このキャラはやっぱり『冒険者たち』(67年)からなのかな。
ネーブ・キャンベルはあまり好みではありませんがいい線をいってます。スクリームシリーズで慣れてるのか殴るシーンがサマになっていたりしてます。

マシュー・ペリーとネーブ・キャンベルの2人で見てるTVで放映されている映画は?ローレンス・ハーベイとキム・ノバックが出ていると思われます。何でしょう?→『人間の絆』(64年)だと思われます。この作品は見ていないのでよくわかりません。

それでオチはマシュー・ペリーでなくゲイなのは建築プレゼンのライバルの方でしたとなります。ついでにラストのオマケでディラン・マクダーモット扮する実業家のチャールズは実は変態だったとか。となっていました。まあ軽いオチでよかったです。

そんなわけで標準的ロマンティック・コメディといった感じのよい作品でした。


« 『恋する遺伝子』 | トップページ | 『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/13744996

この記事へのトラックバック一覧です: 『スリー・トゥ・タンゴ』:

« 『恋する遺伝子』 | トップページ | 『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。