映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『0:34 レイジ34フン』 | トップページ | 『ツールボックス・マーダー』 »

2006.08.08

『テキサス・チェーンソー』

この作品はジェシカ・ビール主演のリメイク・ホラーです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2003年 日本ヘラルド/フォーカス・フィーチャーズ/プラティニウム・デューンズ/レイダー・ピクチャーズ/ニューライン・シネマ アメリカ作品
原題◆The Texas Chainsaw Massacre
中古DVDにて。画質は非常によい。
プロット ヒッチハイカーに親切にしたらとんでもない目にあう話しのようです。

キャスト
ジェシカ・ビール→タンクトップのエリン
エリック・バルファー→エリンの彼氏ケンパー
ジョナサン・タッカー→眼鏡のモーガン
マイク・ウォーゲル→ブロンドのアンディ
エリカ・リーアセン→アンディといい仲のペッパー
R・リー・アーメイ→怪しげな保安官

マーカス・ニスペル監督の演出はまあまあだと思います。
ジェシカ・ビールがタンクトップ姿で絶叫するのがお目当てで見ました。期待はこのぐらいのレベルでした。ですからハードルは低い。
製作の1人のマイケル・ベイの名前があった。→とすると、もしかしてバカ映画か?とまたハードルは低くなります。

トビー・フーパー監督オリジナル『悪魔のいけにえ』(74年)は怖そうなので未見だったりします。→これは見たくてもDVDが発売禁止というか自主規制で発売されていないようですけど。

全体的にキャストの熱演が空回りの傾向があります。
肝心のチェーンソーの使い方ですがブライアン・デ・パルマ監督のギャング物『スカーフェイス』(82年)の方が凄いです。何しろ直接の切断ショットはないのに思わず目をそらしてしまうほどなのです。

ジェシカ・ビールは白っぽいタンクトップでへそ出しのローライズのジーンズ。1970年代もローライズのジーンズってあった?ベルボトムはあったけど。
全編このスタイルで通しています。素敵です。

前説があります。
もっともらしいことを言ってます。
1973年8月20日のフィルムから・・・

カラーになって本編となります。
5人の乗った1ボックスワゴンが走ります。ダッジのブランド。
ジェシカ・ビール扮するタンクトップのエリンは真面目っぽい。
エリック・バルファー扮するエリンの彼氏ケンパーが運転している。
ジョナサン・タッカー扮する眼鏡のモーガンが講釈を垂れる。
マイク・ウォーゲル扮するブロンドのアンディ
エリカ・リーアセン扮するアンディといい仲のペッパー
が登場。
マリファナを買ってのメキシコ帰りらしい。

女の子が歩いてるをぶつかりそうになります。
乗せます。
テキサス州 フラー。
ブレア精肉所へ向かうと女の子はリボルバーをくわえて自殺します。
何で乗せたんだと口論となっています。
まだ携帯電話はない時代なので電話を探します。

ガソリンスタンド兼食堂へと。
おばさんに電話して貰います。
クロフォード製粉所へ運べとなります。

クロフォード製粉所です。
無人です。さてどうする?
誰かいます。子供です。ジェダイヤ。

エリンとケンパーが近くの家に向かいます。
エリンが電話します。

クロフォード製粉所で待っているとこにパトカーが来ます。
R・リー・アーメイ扮する怪しげな保安官が登場。

エリンは怪しい車椅子の男にお尻を触られています。
ケンパーがやられます。

R・リー・アーメイ保安官は死体をラップに包んでいます。
アンディに手伝わせている。

エリンは家を出ます。
ケンパーはいない。

死体をトランクに積んでパトカーは去ります。

ケンパーを処理をされています。
やたらとカットバックしていますがあまり意味はないようです。ただ機械的にやっているだけです。

エリンがクロフォード製粉所に戻ります。
保安官が来ると伝えるがもう来ましたとなっている。
4人でケンパーを捜します。

例の家に向かいます。
エリンが車椅子の男と話してる隙にアンディが中に入ります。
アンディが中を探っていて物音を立てたのエリンも中に入る。怒る車椅子の男。
チェーンソーを持った男が登場。追い回します。
アンディはやられます。エリンは逃げる。

ヒューイット家と字幕が入る。唐突でわけわらん。

エリンがクロフォード製粉所に戻ります。
クルマのエンジンをかけようとしてるとこにR・リー・アーメイ保安官が突然登場する。言いがかりをつけてきます。

ヒューイット家のアンディ。
足を切断されて鉄勾で吊るされています。普通は死んでいるのでは。

クロフォード製粉所にて。
R・リー・アーメイ保安官はリボルバーをすぐに撃ちます。赤塚不二夫のマンガに登場するつながり目玉のお巡りさんのようです。
モーガンが女の子の自殺の再現をやらされます。これがつまらないオチでした。
エリンとペッパーは地面にうつ伏せの姿勢を強制されます。涎が地面に垂れて土と混じります。それがまた口に付いたりしています。妙に生々しくてこれがこの作品で1番いいシーンだったりします。

モーガンを連行するパトカーにて。
無線で女2人がいるから向かえと連絡しています。

パトカーはヒューイット家へ。
モーガンを家へ。

クロフォード製粉所にて。
クルマを直結してエンジンを始動しようとするエリン。少年院で覚えたなんて言ってます。
エンジンは始動したが発進したらタイヤが外れていました。そんな伏線はなかったけどそうなっています。エンジンをかけたが全く意味がない状態です。
そんなとこにチェーンソーを持った男が登場。2人を追い回します。
ペッパーがやられます。エリンは逃げる。

トレーラーハウスへとエリン。
中年女性が2人います。妙に落ち着いています。
お茶をしつこく勧められます。
飲んだらしく意識を失うエリン。

ヒューイット家にて。
目が覚めたら例の家のエリン。驚愕しています。
どうやらこれまで登場した面々は全員グルだったようです。そういう話しのなのかい。
地下室へたたき込まれるエリン。
ケンパーがいます。まだ生きています。
ケンパーの要望でとどめをさすエリン。
それは別にいいけどどうやって逃げるのかエリン。

モーガンもいました。まだ生きています。
子供の手引きで逃げるエリンとモーガン。チェーンソーを持った男が追い回します。

家の外に逃げるエリンとモーガン。
空き家に逃げ込みます。チェーンソーを持った男が来ます。
隠れるエリンとモーガン。

この辺で、何か見ててもどうでもいいやって感じ。

エリンが見つかります。モーガンが助けに入る。
モーガンがやられます。エリンは逃げる。こればっかり。

鉄条網の柵を通過するとこでチェーンソーを持った男は自爆してチェーンソーでケガをします。
エリンを道路に出るが通り掛かりのクルマに逃げられます。このクルマは賢明な判断をしたと思われます。

ブレア精肉所に入るエリン。
まだ追ってくるチェーンソーを持った男。
ロッカー室で反撃するエリン。音がポイントとなっていました。音で方向や距離を測ったりするのは意外と当てにならないのです。過度に主観が入るとたちまち混乱します。

ブレア精肉所を出るエリン。
外は雨です。トラックを止めるエリン。またお仲間ではと見てる方が心配になります。

ヒューイット家に入るトラック。
どうやらこのトラック運転手はお仲間ではないみたいです。
エリンをまた直結でエンジンを始動中。そこに迫るR・リー・アーメイ保安官のフェイク描写となります。これは予想出来ました。
実はトラックではなくパトカーを始動中だったエリンです。
パトカーを発進させてR・リー・アーメイ保安官を轢きます。バックして念入りに轢き直すエリンです。
パトカーを走らせるエリン。突然にチェーンソーを持った男に切りつけられる描写が入ります。もうどうでもいいといった感じ。
一味の赤ん坊を連れているエリン。

プロローグに戻ります。
またフェイクな描写が入ります。もういいって。
エンドとなります。


正直言って980円の中古DVDでよかった。出来は『0:34 レイジ34フン』(2004年)の方がまだよかった。
そんなわけでジェシカ・ビールだけが見どころのまあまあな作品でした。

« 『0:34 レイジ34フン』 | トップページ | 『ツールボックス・マーダー』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/11339173

この記事へのトラックバック一覧です: 『テキサス・チェーンソー』:

« 『0:34 レイジ34フン』 | トップページ | 『ツールボックス・マーダー』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。