映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『結婚五年目/パームビーチ・ストーリー』 | トップページ | 『ハイル・ミュタンテ! 電撃XX作戦』 »

2006.05.07

『ワタシにキメテ』

この作品はソフィア・ヴェルガラ、ロズリン・サンチェス、ジェキ・ヴァラスケス主演のロマンティック・コメディです。
少し見て大丈夫そうだったものもあります。私はロズリン・サンチェスがお目当てで見ました。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2003年 スピリット・ダンス・エンタテインメント/フォックス2000ピクチャーズ アメリカ作品
ランニング・タイム◆81分
原題◆Chasing Papi
プロット◆3人の女性が男を追う話しのようです。
音楽◆エミリオ・エステファンJr.
スカイパーフェクTV315スター・チャンネルにて。画質はよいです。

キャスト
ロズリン・サンチェス→シカゴの弁護士ロレナ
ソフィア・ヴェルガラ→マイアミのダンサー志望シシ
ジェシ・ヴァラスケス→N.Y.のお嬢様パトリシア
リサ・ヴィダル→FBIのカルメン
マリア・コンチータ・アロンソ→マリア
エドゥアルド・ヴェラステーギ→いい男のパピ
D・L・ヒューリー→ロドリゴ
フレディ・ロドリゲス→ビクター

少し見て大丈夫そうだったものもあります。私はロズリン・サンチェスがお目当てで見ました。

リンダ・メンドーサ監督の演出はよいと思います。
全体的に無難にまとめています。もう少しぶっ飛んでいてもよかったような。
ラテン系の俳優さんが総出演となっています。お目当ての観客層がよくわかリます。
3人の女優さんはどなたも好演していました。充分に魅力的です。

アニメのタイトルとなっています。
これは楽しくていいです。期待させます。

マイアミです。コンガルーム。
ソフィア・ヴェルガラ扮するシシが登場。
エドゥアルド・ヴェラステーギ扮するいい男のパピことトマスが登場。
ダンスからデートとなります。

シカゴです。
ロズリン・サンチェス扮する弁護士ロレナ登場。
メガネに髪はアップにしています。
トマスとデートです。

N.Y.です。
ジェキ・ヴァラスケス扮するお嬢様パトリシアが登場。
トマスとデートです。
バイクに乗ろうとアニメになって乗っています。面白いシーン。

3人のヒロインのキャラ紹介といったとこです。話しは順調に進行しています。

L.A.のトマスです。
秘書のメアリーと打ち合わせから電話がかかってきます。
シシ、パトリシア、ロレナと忙しい男です。

3人とも占いのTV番組を見ています。
ロレナの知人グロリア。
ママのウエディングドレスを着せられるパトリシア。

シシの同僚ファラは恋人リッキーから電話でクルマをL.A.のロドリゴへ運ぶようにと言われます。この仕事をシシが引き受けます。

秘書のメアリーに二股ならぬ三股の相談をするトマス。
プレゼンの最中に気分が悪くなるトマス。

アニメで3人がL.A.に集合の図があります。

医者に相談のトマス。
当然医者はそれはいけないと忠告しています。薬もくれます。

トマスの自宅に入るロレナにパトリシア。
遅れてクルマでやって来たシシ。これで3人集合となります。
まだ自分の他に来ているとは知らない設定になっています。
FBIのカルメンは張り込み中。

スプリットスクリーンで鉢合わせの3人です。
トマスにプレゼントされた同じ下着姿だったりします。
別れましょうと家を出る3人。意見があっています。
ですが自分だけは戻ろうと画策しているようです。

トマスが帰宅します。
ロレナが来ます。パトリシアが来ます。シシも来ます。また3人集合となります。
口論となってパトリシアのことを図書館女とか、シシのことを商売女とか言ってます。
FBIが家に来たのでトマスを連れて逃げる3人。1970年代の赤いオーブンカー。
追うFBI。JEEPのワゴン。

トマスを連れた3人はホテルに着きます。
パトリシアのクレジットカードは止められていて使えず。
ここでロレナがミス・プエルトリコに間違われて、ホテルに泊まれるとこになります。
髪を下ろすと美人のロレナ。ルーティンなショットです。
トマスはワゴンの隠して運びます。手と足が出ているのがいい。

シャンペンのビンが増えてるモンタージュ。
酔っぱらって3人の身の上話になっています。
ロレナの夢。
シシの夢。
パトリシアの夢。シンデレラです。意地悪なロレナとシシの姉2人がいます。
ついでに犬フィフィの夢もあります。
ここはまあまあなシーンでした。

FBIが部屋に入ります。
トマスを連れて行きます。

赤いオープンカーで取引となります。
相手は黒人のロドリゴと歯痛の若い白人男のコンビ。ボンクラコンビのコメディ・リリーフ・キャラのようです。

肝心のカネの入ったバッグがないのでホテルに戻ります。
トマスはいない。メモが残されています。

トマスはFBIのクルマに拉致されています。
FBIのカルメンはトマスのことをロミオと言っています。これはよく使われる常套句です。

ミス・ラテン・コンテストです。
何故か演説のロレナ。上手くやっています。
ここで本物のミス・プエルトリコが乱入して3人は逃げます。

メモの取引場所。南米祭りへと。
赤いオープンカーはガス欠とスタンドに入るが故障までしたのでクルマを捨てます。
バイクに乗り換えます。パトリシアが運転の3人乗りで移動となります。バイクでデートが伏線になっていたようです。これを追うFBIのカルメン。

南米祭りです。
強引な成り行きで3人でダンスとなります。無理やりのシーンですがいいものです。

3人は最初の取引相手のロドリゴと白人にも追われます。
それでもメモの取引相手の時間5時に間に合います。で、ここはFBIが大勢登場してこの件は収まります。

トマスと3人の顛末。
3人から振られるトマスです。
代わりにFBIを食事に誘います。これがオチなのかい。

エピローグ。
5ヶ月後。スプリットスクリーンで電話の3人。それぞれ上手くやっているらしい。


そんなわけでロマンティック・コメディのまあまあなな作品でした。悪くはない。
もっとぶっ飛んでいた方がよかったと思います。1930~1940年代のロマンティック・コメディの方がぶっ飛んでいます。
ハワード・ホークス監督の『赤ちゃん教育』(1938年)とか、プレストン・スタージェス監督の『モーガンズ・クリークの奇跡』(1944年)なんて、かなりぶっ飛んでいて凄いものです。

« 『結婚五年目/パームビーチ・ストーリー』 | トップページ | 『ハイル・ミュタンテ! 電撃XX作戦』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/9947160

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワタシにキメテ』:

« 『結婚五年目/パームビーチ・ストーリー』 | トップページ | 『ハイル・ミュタンテ! 電撃XX作戦』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。