映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『レプティリア』 | トップページ | 『パルメット』 »

2006.04.22

疲れないクラッチレバーの握り方。

このブログとは畑違いのバイクネタですが、私は映画と同じぐらいバイクが好きなので投稿します。

バイクでツーリングは楽しみだけど、1日走り詰めだとクラッチレバーを握る左手親指が耐えられない程疲れます。軽いクラッチを交換しようとか、握力を鍛えようとか、気休めにクラッチケーブル内にCRC556を吹きつけるとか、色々と対策はありますが、このような方法もあります。

その方法とは・・・
クラッチレバーを握る時に左手親指はグリップにかけないようにして腕全体でクラッチレバーを引っ張るようにしてクラッチを切ったりつないだりします。これだけでだいぶ楽になります。これは握り方ではなく引っ張り方か?

この方法ですと、微妙な操作は無理なので、発進時やコーナーリング時は普通のグリップに親指をかけるクラッチレバーの握り方にします。もちろん止まる時はしっかりと普通の握り方でクラッチを切ります。
実際はクラッチレバーを引っ張る時に多少は指を使ったような気もします。でも親指はグリップに触れないようにしていました。

このクラッチレバーの引っ張り方を主に使う状況は発進してからの加速と止まる時での減速時のギアチェンジです。これだけで全体の半分以上のギアチェンジが出来るので左手親指はかなり楽になります。
直線の定速走行時でもギアチェンジしたい時にも使えます。

ベテランの方ならご存知でしょうがバイクのギアチェンジはクラッチレバーを使わなくてもチェンジレバーを押しながらスロットルを戻せばシフトアップでもシフトダウンも出来ます。ですが多少ショックはあります。これが意外と気になったりします。そんなわけでこのクラッチレバーの引っ張り方となりました。

私は以前乗っていたヤマハTDM850で1日ずつ、普通のクラッチレバーの握り方と、この疲れないクラッチレバーの引っ張り方をそれぞれ実践して、比べて引っ張り方の方が疲れないとわかりました。左親指が疲れずに1日持ったと感激したものです。

これで久しぶりのツーリングも安心です。
そんなわけで手抜きな握り方だとかのクレームは無しで実行に関しては自己責任でお願いします。

« 『レプティリア』 | トップページ | 『パルメット』 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れないクラッチレバーの握り方。:

« 『レプティリア』 | トップページ | 『パルメット』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。