映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『サンダーボルト』 | トップページ | 『マルタの鷹』(1941年) »

2005.09.03

『三つ数えろ』

この作品はハワード・ホークス監督でハンフリー・ボガートとローレン・バコール主演のフィルム・ノワールです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1946年 ハワード・ホークス・プロ/ワーナー アメリカ作品
原題◆The Big Sleep
DVDにて。画質はよいです。
プロット スターンウッド家を巡る複数の事件を追う話しのようです。
音楽 マックス・スタイナー

キャスト
ハンフリー・ボガート→私立探偵のフィリップ・マーロウ
ローレン・バコール→長女のビビアン・スターンウッド
マーサ・ビッカーズ→次女のカルメン・スターンウッド
ソニア・ダリン→ガイガー書店のアグネス
ドロシー・マローン→その向かいの書店の店員
ペギー・ナッドセン→エディ・マース夫人のモナ
ジョン・リジリー→大物のエディ・マース
ボブ・スティール→マースの子分カニーノ
レジス・トゥーミー→殺人課刑事のバーニー
セオドア・フォン・エルツ→書店主のガイガー
トミー・ラフィティ→ガイガーの付き人ラングレン
エリッシャ・クックJr.→小男のハリー・ジョーンズ
ルイス・ジーン・ハイト→ケチな脅迫者ジョー・ブローディ
チャールズ・ウォルドロン→依頼人のスターンウッド将軍
チャールズ・D・ブラウン→スターンウッド家の執事
ダン・ウォレス→スターンウッド家の運転手O・テーラー
トレバー・バーデッド→ガレージのアート・ハック


ハワード・ホークス監督の演出はよいと思います。
何故か意味もなくスクプロになっているシーンがありました。これはセット撮影でロケをしなかったせいのようです。
登場キャラをやたらと多い。話しはごちゃごちゃしています。わけわからん。
レイモンド・チャンドラーの原作『大いなる眠り』はホトンド忘れていますが読んでいます。
1940年代の作品にしては発砲シーンが多い。銃声も大きく響かせて効果を出しています。上手いじゃん。もちろん現在の作品は比べてはいけません。銃撃戦の量だけなら現在の作品の方が圧倒的に多くなっています。


プロローグ。スターンウッド家にて。
ハンフリー・ボガート扮する私立探偵のフィリップ・マーロウが依頼人スターンウッド将軍に会いにやって来ます。
屋敷に入ったとこでイカれた女の子カルメンが登場。1940年代にしては短過ぎるミニスカートがいい。

スターンウッド将軍に会い話しをするマーロウ。
カルメンのことでガイガーから強請られているとこと。
将軍のお気に入りでいい話し相手だったリーガンとは知り合いらしいマーロウ。

次にローレン・バコール扮するスターンウッド将軍の長女ビビアンと会うマーロウ。
マーロウは最初に妹から「背が低い」と言われ、姉には「サエないのね」と言われています。
リーガンは突然姿を消したとのことです。捜してくれとビビアン。

探偵活動でガイガー書店に行くマーロウ。
ここに出てくる店員アグネスの演じる女優さんソニア・ダリンが『デスペラード』(95年)のサルマ・ハエックにそっくりなのです。そう思うと『デスペラード』はこの『三つ数えろ』を引用している感じがします。
初版本について店員アグネスに絡むマーロウですが追っ払われます。

向かいの書店に入るマーロウ。雨模様となります。
この書店にはメガネをかけたドロシー・マローン扮する女性店員がいます。
話し込むマーロウ。ガイガーの特徴等を聞き込みます。雨が激しくなってきて店はお休みとなります。女性店員が髪留めを取ってメガネを外すと美人になります。ビックリするマーロウ。これはアニメでもある定番の描写です。

ガイガーを尾行するマーロウ。
ラバーン・テラスに着きます。家に入るガイガー。
クルマを止めて張り込むマーロウ。カルメンがやって来ます。

しばらくして銃声と悲鳴。2台のクルマが走り去ります。
家に入るマーロウ。チャイナドレス風の服を着たカルメンがラリってて人事不省で、ガイガーは撃たれて死体となっています。
調べるマーロウ。エロ写真を撮る隠しカメラがあります。フィルムはない。

カルメンを屋敷まで送りビビアンと話しをするマーロウ。
何もなかったことにしろと歩いて帰ります。
自分のクルマを取りにラバーン・テラスに戻るマーロウ。
家に入るとガイガーの死体は消えています。

マーローの事務所にて。
レジス・トゥーミー扮する殺人課の刑事バーニーがやって来ます。
スターンウッド家のクルマが波止場で発見されてとのこと。
現場に向かいます。スターンウッド家の運転手O・テーラーの死体を検分します。原作とは違い映画では運転手の行方はちゃんとしているようです。ちゃんとしていない映画はキューベルワーゲンの運転手が消えてしまった『うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー』(84年)です。←三つ数えるシーンが繰り返しあるのがよかったりします。

次の日。マーローの事務所にて。
ビビアンが待っています。カルメンの写真で5000ドルの強請りがあるとのことです。成り行きで警察に電話をするビビアンですがマーローは受話器を取ってお遊びの一席となります。合わせるビビアン。ここはお遊びのシーンです。

ガイガー書店に行くマーロウ。
夜逃げ?の準備で大忙しのようです。店員アグネスと話しをするマーロウ。
書店を出て女性ドライバーのタクシーに乗ってガイガー書店のワゴンを尾行するマーロウ。
ジョー・ブローディのアパート ランドルプレイスがわかります。タクシーのままガイガー書店に戻ります。

自分のクルマに乗り換えてラバーン・テラスに向かうマーロウ。
家の前の物影にカルメンが待っています。家に入ります。
そこにエディ・マースがやって来ます。カルメンは帰り、エディ・マースはとりとめのない話しをするマーロウ。

ジョー・ブローディのアパート ランドルプレイス前で張り込むマーロウ。
ビビアンがやって来ます。アパートに入ります。
少し時間が経過してマーロウもアパートに入ります。ブローディの部屋に入ります。ブローディは見た目通りの小物です。
ブローディと話すマーロウ。物影にはアグネスがいて、ビビアンもいます。
ここでブローディのことはそっちのけで口論するマーロウとビビアンです。小物のブローディは吉本新喜劇のヤクザみたいに「ほったらかしかい」という感じで面白いシーンです。

カルメンもやって来ます。リボルバー持参です。
ここでマーロウが素早くその場を制圧して、ビビアンとカルメンは帰ります。
マーロウは残りブローディと話しの続きとなります。強請りのこと、写真をどうやって手に入れたこと等。昨夜のことを話すブローディ。ケチなやり方です。
ここにまた誰かがやって来ます。出るブローディですがいきなり撃たれます。
撃った男を追うマーロウは捕まえて警察に引き渡します。これで解決?

バーにて。マーロウとビビアン。今回の件の支払い小切手を渡します。仕事はこれで終わりということらしい。エディ・マースが黒幕?
タバコを吸うビビアンです。タバコは1940年代のヒロイン必須のアイテムです。
エディ・マースに電話するマーロウ。会うことになります。

エディ・マースのカジノにて。
ビビアンのローレン・パコールの歌のシーンがあります。(残念ながら吹替です。)
エディ・マースと会い話しをするマーロウ。互いに探り合いのようです。
消えたリーガンのことが話題となっています。マース夫人のことも。
ビビアンはルーレットが大儲けしています。マーロウが送ることになります。
駐車場にてビビアンが強盗に会いますがマーロウが助けます。強盗のことをハイジャックと言ってるビビアン。

クルマ内のマーロウとビビアン。
狂言強盗と見破りエディ・マースと取引きをしているのか?と聞かれるビビアン。ビビアンにキスをするマーロウ。

事務所に戻るとこ路上でマースの手下2人に痛めつけられるマーロウ。
スターンウッド家から手を引けということのようです。手下2人の脅しが終わったとこでエリッシャ・クックJr.扮する小男のハリー・ジョーンズがやって来ます。「今頃来るな」と愚痴が出るマーロウです。

マーロウの事務所に行きます。
ハリー・ジョーンズはアグネスと結婚すると言ってます。小男では背たけが合わないと言うマーロウ。嫌な顔をするハリー・ジョーンズです。
肝心の用件はリーガンの居場所を200ドルで買ってくれとのことです。
1時間後に会うことになります。

待ち合わせのビルに行くマーロウ。
先客がいます。マースの子分カニーノです。隠れて伺うマーロウ。
「映画みたいに三つ数えようか」とカニーノのセリフがあります。
ハリー・ジョーンズは酒を飲まされ死に至ります。カニーノはずらかります。
マーロウはハリー・ジョーンズがカニーノの吐いた住所に電話しますがアグネスはいない。ハリー・ジョーンズはアグネスをかばって命を賭けて嘘をついたようです。泣けるではないか。
手掛かりはこれまでというとこで電話がかかってきます。アグネスです。

アグネスのクルマ内にて。
200ドル渡してマース夫人の居場所を聞きます。

その場所に向かうマーロウ。
怪しいアート・ハック・ガレージに事故を装い探りを入れますが、アートがリボルバーでお出迎えとなります。
話しで探りを入れますが殴られて捕まるマーロウ。

気がついたらガレージ奥にある家のマース夫人の部屋にいるマーロウ。
ビビアンもいます。
ロープを切ってもらいますが手錠が残ってるマーロウ。さてどうする。
外に出て電話をかけに行ったカニーノ、アートを待ち伏せするマーロウ。
アートはあっさりと逃げて、カニーノはビビアンを盾にして出てきますが2人で機転をきかせてカニーノを片づけます。

引き上げるマーロウとビビアン。クルマ内にて。ぶ愛想に「あなたが好き」と言うビビアン。これはいいシーンです。
ラバーン・テラスの家に向かいます。

ラバーン・テラスにて。
エディ・マースに電話をかけるマーロウ。自分の居場所はまだアート・ハック・ガレージ付近にいると言います。
会おうということになり場所を上手くラバーン・テラスとなります。
エディ・マースはマーロウより先に来るつもりですがマーロウはすでにいます。そんなわけで待ち伏せするマーロウ。

エディ・マースがやって来ます。
話しをします。リーガン殺しはカルメンとわかります。
そんなこんなで「三つ数えようか」のセリフでエディ・マースを家から追い出してをマース自身の手下に片づけさせるるマーロウです。
バーニー刑事に電話するマーロウ。カルメンにことは内緒にしてリーガン死亡は死んだエディ・マースのせいにします。

キスに至らずその前にエンドとなります。こういう微妙なタイミングがいい。1940年代はこんな感じが流行していたのかも。アルフレッド・ヒッチコック監督の『汚名』(46年)もキスではないけど微妙なタイミングでエンドになっていました。


フィリップ・マーロウは38歳の設定。ハンフリー・ボガートは撮影の44年当時は45歳です。この程度はたいしたことはないと思えます。
ジョン・リジリー扮する黒幕のエディ・マースはハンフリー・ボガートより背が高い。普通は主役のスターに合わせて低くすると思えるが何故か高くなっていました。ハンフリー・ボガートは176cm位ですから長身とはいえません。ここはアメリカ流に5フィート11インチというべきですか。

エリッシャ・クック,jr.はフィルムノワール3作に渡って印象に残ります。『マルタの鷹』(41年)、『三つ数えろ』(46年)、『現金に体を張れ』(56年)です。
どの作品でも印象に残っています。

女優さんは端役を含めて大勢出ててカジノのバニーガールまで豪華にそろえています。でもローレン・バコールは誰にも負けていません。誰と比べてもかすんでいないのはさすがです。
実はホークス監督の好みの女優さんはバコールよりガイガー書店のアグネスを演じるソニア・ダリンだと思えます。

それとは別にこの作品を見ると同じロシア系のミラ・ジョボビッチはローレン・バコール並みと思えます。


そんなわけで名高いだけはあるよい作品でした。正直言ってジョン・ヒューストン監督の『マルタの鷹』(41年)より監督の差でこっちの方が出来がいいと思えます。

« 『サンダーボルト』 | トップページ | 『マルタの鷹』(1941年) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/5768801

この記事へのトラックバック一覧です: 『三つ数えろ』:

« 『サンダーボルト』 | トップページ | 『マルタの鷹』(1941年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。