映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『地球の静止する日』 | トップページ | 『エネミー・ライン』 »

2005.07.24

『五本の指』

この作品はジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督でジェームズ・メイスン主演のスパイ・サスペンスです。ラストが印象的な作品です。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1952年 20世紀フォックス アメリカ作品
原題◆5 Fingers
プロット スパイをしてリオに行こうという話のようです。
スカイパーフェクTV315スター・チャンネルにて。画質は結構よい。
音楽 バーナード・ハーマン◆とてもいいスコアです。

キャスト
ジェームズ・メイスン→英国大使館執事ディエロ、コード名シセロ
ダニエル・ダリュー→アンナ・スタビスカ伯爵夫人
マイケル・レニー→英国の工作員トラバース

ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督の演出はよいと思います。
元々が脚本家のマンキーウィッツ監督はいつもは脚本兼任ですがこれは珍しいケースで別の人の脚本です。→IMDbで調べたらuncreditedでマンキーウィッツ監督も参加していたようです。
タイトルの五本の指の何のたとえか意味は分かりません。何でしょう?。

前説があります。
1944年のトルコのアンカラが舞台で後半はイスタンブールへと移ります。ラストは南米のリオですがここはセットでした。

最期にトルコロケの協力に感謝するという字幕が出てました。そういえばあの国辱映画『東京暗黒街 竹の家』(55年)の最期にも同じような感謝の字幕が出てました。何でもあからさまに見えてしまうカラーで撮影されて恥をかいた日本に比べトルコはモノクロで得をしているようです。
『東京暗黒街 竹の家』のどこが国辱かというとロケ撮影で当時の日本人の誰もがしてる物欲しそうな表情が嘘も隠しもなくフィルムに収められていて、この日本の状態をそのまま出したのが国辱だと思えます。どのシーンでもバックには富士山が出ているとか、セットの考証がデタラメなのは毎度のことなので関係ありません。

プロローグでパーティのシーンで余興でやってるオペラを聞いてて頭痛がすると日本の大使が言ってました。その通りだと思います。

始まって早々ジェームズ・メイスン扮する英国大使館執事ディエロはドイツ大使館員のとこに現われて「私はスパイだ」ときます、話しが早い。
このドイツ大使館員の部屋にはヒットラーの像が飾ってありました。メイスンは金庫のダイヤルナンバーを簡単に当てて、「このナンバーでドイツ中の金庫の半分は開く」と言ったりしてる。
ドイツは疑り深くてせっかくの情報を生かせません。爆撃の情報がありますがホントかどうか確かめようとそのままほっといて爆撃されてしまいます。実際にありそう。

普段は執事を務めるスパイのディエロは南米のリオを目指す。カネをためてリオで暮らす。これが望みなのです。
そんなわけで英国大使館の機密書類をドイツ大使館に売ってるだけのセコイことをやってる割にはやたらとカッコよくて、ディエロは「カネのためにやっている、英国でもドイツでもない忠誠心はカネだけにある」と言い切ってかまします。
「どうせ情報を売ってもドイツは負けるのだから構わんだろう」とうそぶくのがまたカッコいい。
重要書類のフラッシュなしで写真を撮るときにスタンドの電球を明るいのに取り換えて撮ってました。妙に芸が細かい。
ラストは持ち逃げしたポーランドの伯爵夫人も持ち逃げされたディエロも破滅に至ります。ディエロの「poor Anna」のセリフがいい。
ジェームズ・メイスンの虚無的な笑いで映画は終わります。このラストが最高でこれは引用したくなるでしょうね。

ダニエル・ダリューはドイツに財産を没収され一文無しになったポーランドの伯爵夫人です。ディエロに協力するとみせかけてため込んだカネを全額持ち逃げする第1段のキツイ裏切りをかまします。そのせいでディエロは情報料を4万ポンドから10万ポンドに値上げしてやりたくない最期の勝負をしなければいけなくなってしまいます。
その後第2段の裏切りで英国大使にディエロはドイツのスパイです手紙で知らせてました。これもキツイとと思わせて実はドイツ大使にもディエロは英国のスパイですと手紙を出していて混乱させてました。英国とドイツの両方に送るとはこれは粋なことをやるじゃないと感心しました。私は脚本のことは良く分かりませんがこの作品は気のきいたセリフに凝った設定で上手いと思います。

マイケル・レニーの英国の工作員トラバースは本国から呼ばれてやって来た割には全然役に立っていませんでした。円盤で来たわけではありません。マイケル・レニーの唯一の代表作が『地球の静止する日』(51年)なものでそう思いました。


そんなわけでジェームズ・メイスンがやたらとカッコよくてラストがいい作品でした。

« 『地球の静止する日』 | トップページ | 『エネミー・ライン』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/5128632

この記事へのトラックバック一覧です: 『五本の指』:

« 『地球の静止する日』 | トップページ | 『エネミー・ライン』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。