映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« <あ〜か行> | トップページ | <な〜は行> »

2005.06.25

<さ〜た行>

映画タイトル別索引です。
主な作品のジャンルは、
1930~1940年代のロマンティック・コメディ
1940年代のフィルム・ノワール
1950年代B級SF
1960年代の大映
年代を問わずサスペンスとアクション
MGMを始めとするミュージカル
他に特撮とアニメ、ホラーに吸血鬼物、
等の感想があります。他にもジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。

やっぱり愛の付くタイトルが先頭になります。
『たいていの愛はカネで買える。それでもカネで買えない愛もある』
これはSF作家の平井和正のあと書きより、出典がどこかは忘れました。

ハリウッドの年代別の印象。
1910年代はハリウッド黎明期の時代。色々と無茶をやっていた。
1920年代はサイレント映画完成の時代。
1930年代はトーキーへ転換の時代。映画の基本的手法はこの時代に完成された。
1940年代はモノクロ映画完成の時代。
1950年代はハリウッドスタイル完成の時代。テクニカラーの時代でもある。
1960年代は停滞の時代。古きよきハリウッドスタイルはくたびれてきた。
1970年代は転換の時代。ハリウッドスタイルは大きく変わった。傑作も多い。
1980年代はバブルの時代。
1990年代はまだバブルの時代。
2000年代はまだまだバブルの時代。
2010年代はいまだにバブルの時代。
→要するに1980年代から現在まであまり変わってない。新しい変化はCGとグリーンバックのデジタル合成ぐらいです。

監督と脚本の組み合わせ。
◆よい監督とよい脚本ならいうことない。
◆イマイチな監督とよい脚本、よい監督とイマイチな脚本、これを比べるとよい監督の方を見る。
◆イマイチな監督とイマイチな脚本は問題外。
◆そんな感じで映画は脚本より監督の方が重要だと思ってます。

<さ〜た行>
『ザ・アイデンティティー』(2006年)
『サイコ』(1960年)
『最高殊勲夫人』(1959年)
『最後の億万長者』(1934年)
『最後の海底巨獣』(1960年)
『サイコ・モンタージュ』(1996年)
『サイド・ストリート』(1950年)
『サイバーヘッド』(1995年)
『サイレント・ウェイ』(2011年)
『サイレント・ナイト こんな人質もうこりごり』(1993年)
『サイレント・パートナー』(1978年)
『サイレントヒル』(2006年)
『サイレント・ボイス』(2007年)
『ザ・インターネット』(1995年)
『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』(2010年)
『ザ・ウォード 監禁病棟』(2010年)
『ザ・ウォール』(2009年)
『サウンド・オブ・ノイズ』(2010年)
『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)
『ザ・カー』(1977年)
『サーカス』(2000年)
『ザ・クラフト』(1996年)
『ザ・グリード』(1998年)
『ザ・コミットメンツ』(1991年)
『ザ・サイト 霊界からの依頼人』(2000年)
『ザ・シークレット・サービス』(1993年)
『砂塵』(1939年)
『ザ・スタッフ』(1985年)
『ザスーラ』(2005年)
『誘う女』(1995年)
『ザ・ソルジャー』(1982年)
『ザ・チェイス』(1994年)
『殺人!』(1930年)
『殺人狂時代』岡本喜八監督版(1967年)
『殺人者』(1946年)
『殺人者たち』(1964年)
『殺人者はライフルを持っている!』(1968年)
『殺人捜査線』(1958年)
『殺人ドットコム』(2000年)
『ザッツ・エンターテインメント』(1974年)
『ザッツ・エンターテインメントPART2』(1976年)
『ザッツ・エンターテインメントPART3』(1994年)
『30デイズ・ナイト』(2007年)
『13F』(1999年)
『ザ・ドライバー』(1978年)
『サドン・デス』(1995年)
『砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』(1970年)
『ザ・ハース 霊柩車』(1980年)
『ザ・バブーン』(1999年)
『サハラ戦車隊』(1943年)
『サブウェイ・パニック』(1974年)
『サブウェイ・パニック1:23PM』(1998年)
『THE 4TH KIND フォース・カインド』(2009年)
『サブリナ』(1995年)
『ザ・ベイビー 呪われた密室の恐怖』(1972年)
『サベージ・キラー』(2013年)
『サボタージュ』(1936年)
『サボテンの花』(1969年)
『さまよう魂たち』(1996年)
『サマーリーグ』(2001年)
『サラマンダー』(2002年)
『ザ・リッパー』(1997年)
『3階の見知らぬ男』(1940年)
『残酷の人獣』(1959年)
『三十九夜』(1935年)
『サンダーバード 劇場版』(1966年)
『サンダーバード6号 劇場版』(1968年)
『サンダーボルト』(1974年)
『サンドラ・ブロックの恋する泥棒』(1996年)
『サンライズ』(1927年)
『ジェシー・ジェームズとフランケンシュタインの娘』(1965年)
『ジェニファーズ・ボディ』(2009年)
『ジェネレーションズ』(1994年)
『シェフと素顔と、おいしい時間』(2002年)
『ジキル&ハイド』(1996年)
『ジキル博士とハイド氏』(1932年)
『ジキル博士とハイド氏』(1941年)
『ジキル博士とハイド嬢』(1971年)
『ジキル博士はミス・ハイド』(1995年)
『死刑執行人もまた死す』(1943年)
『地獄の殺人救急車/狙われた金髪の美女』(1990年)
『地獄の戦場』(1951年)
『地獄のモーテル』(1980年)
『地獄への逆襲』(1940年)
『死体と遊ぶな子供たち』(1972年)
『シックス・センス』(1999年)
『6デイズ7ナイツ』(1998年)
『執拗なサイコ』(1950年)
『しとやかな獣』(1962年)
『シー・トレマーズ』(2010年)
『死神の谷/死滅の谷』(1921年)
『死ぬまでにしたい10のこと』(2002年)
『死の愛撫』(1995年)
『死の接吻』(1947年)
『死の谷』(1949年)
『シノーラ』(1972年)
『ジーパーズ・クリーパーズ』(2001年)
『四万十川』(1991年)
『下妻物語』(2004年)
『ジャイアント・ウーマン』(1993年)
『シャイニング』(1980年)
『シャーク・ナイト』(2011年)
『ジャグラー ニューヨーク25時』(1980年)
『ジャズ大名』(1985年)
『ジャスト・マリッジ』(2003年)
『シャッター リフレクション』(2009年)
『シャーリー・マクレーン 銀幕に輝いて』(2000年)
『シャレード』(1963年)
『シャレード』(2002年)
『ジャンク・メール』(1996年)
『ジャンヌ・ダーク』(1948年)
『ジャンパー』(2008年)
『上海から来た女』(1947年)
『上海バンスキング』(1988年)
『シャンパーニュ』(1928年)
『ジャンボ・墜落 ザ・サバイバー』(1981年)
『シュア・シング』(1985年)
『銃殺』(1964年)
『十字砲火』(1947年)
『獣人ゴリラ男』(1957年)
『獣人繁殖』(2002年)
『JUKAI-樹海-』(2016年)
『シューテム・アップ』(2007年)
『十二人の怒れる男』(1957年)
『重犯罪特捜班 ザ・セブン・アップス』(1973年)
『14時間の恐怖』(1951年)
『淑女超特急』(1941年)
『出獄』(1948年)
『ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦』(1972年)
『ジュノーと孔雀』(1930年)
『少年と犬』(1975年)
『処刑教室』(2008年)
『女子高生VS狼男』(2008年)
『女子大生 悪魔の体験入学』(1973年)
『女囚の掟』(1950年)
『処女の生血/アンディ・ウォーホルのドラキュラ』(1974年)
『ショック集団』(1963年)
『ショックプルーフ』(1949年)
『ジョナ・ヘックス』(2010年)
『ジョニー・イーガー』(1941年)
『ジョルスン物語』(1946年)
『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)
『ジョン・カーター』(2012年)
『知らなすぎた男』(1997年)
『知られざる大陸』(1957年)
『知りすぎていた男』(1956年)
『死霊高校』(2015年)
『死霊のしたたり』または『ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり』(1985年)
『死霊のはらわたIII キャプテン・スーパーマーケット』(1993年)
『白い家の少女』(1976年)
『白い恐怖』(1945年)
『白い刻印』(1997年)
『新婚道中記』(1937年)
『紳士協定』(1947年)
『シン・シティ』(2005年)
『紳士は金髪がお好き』(1953年)
『ジーン・セバーグの日記』(1995年)
『シンディにおまかせ』(2009年)
『人肉食堂 ~とむらいレストラン~』(1967年)
『シンプル・プラン』(1998年)
『深夜の歌声』(1948年)
『深夜の告白』(1944年)
『人類危機一髪! 巨大怪鳥の爪』(1957年)
『人類最終兵器 ドゥームズデイ・マシーン』(1972年)
『人狼 JIN-ROH』(1999年)
『スイッチバック』(1997年)
『推定無罪』(1990年)
『水爆と深海の怪物』(1955年)
『水曜日に抱かれる女』(1993年)
『スカイ・クロラ』(2008年)
『スカーフェイス』(1983年)
『スキャナー・ダークリー』(2006年)
『スキャンダル・シート』(1952年)
『スキン・ゲーム』(1931年)
『スクリーム』(1996年)
『スクリュード ドジドジ大作戦』(2000年)
『スケルトン・キー』(2005年)
『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』(2010年)
『スターマン』(1984年)
『スターリングラード』(2000年)
『スタンダール・シンドローム』(1996年)
『スチームボーイ』(2004年)
『スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー』(2014年)
『スティック・イット!』(2006年)
『スティル・クレイジー』(1998年)
『ストリート・オブ・ファイヤー』(1984年)
『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』(2009年)
『ストレンジャー』(1995年)
『ストレンジャー・コール』(2006年)
『ストレンジャー・ザン・バンパイア』(1989年)
『スナイパー』(2002年)
『スネーク・アイズ』(1998年)
『スーパー!』(2010年)
『スパイキッズ』(2001年)
『スパイキッズ2 失われた夢の島』(2002年)
『スパイダー』(2001年)
『スパイラル・バイオレンス』(2006年)
『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007年)
『スピオーネ』(1928年)
『スピーシーズ 種の起源』(1995年)
『スピード・レーサー』(2008年)
『スプライス』(2009年)
『スペシャル・イフェクツ 謎の映像殺人』(1984年)
『スペース・ウルフ キャプテン・ハミルトン』(1977年)
『スペースカウボーイ』(2000年)
『スペースバンパイア』(1985年)
『スペースボール』(1987年)
『スポイラース』(1942年)
『スポンジ・ボブ スクエアパンツ MOVIE』(2004年)
『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』(2015年)
『スミス夫妻』(1941年)
『スモーキン・エース』(2006年)
『スモーキング・ハイ』(2008年)
『スリー・トゥ・タンゴ』(1999年)
『スリープウォーカー』(2000年)
『生活の設計』(1933年)
『世紀の怪物 タランチュラの襲撃』(1956年)
『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』(1956年)
『西部魂』(1941年)
『ゼイリブ』(1988年)
『セイント』(1997年)
『世界殺人公社』(1969年)
『世界終末の序曲』(1957年)
『セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド』(2008年)
『セクシリア』(1982年)
『絶対×絶命』(1998年)
『絶対能力 FBIサイコメトラー捜査官』(2006年)
『接吻泥棒』(1960年)
『絶壁の彼方に』(1950年)
『セーフ・ハウス』(1997年)
『セルロイド・クローゼット』(1995年)
『セレンディピティ』(2001年)
『ゼロ・グラビティ』(2013年)
『009 RE:CYBORG』(2012年)
『ゼロ・トレランス』(1999年)
『潜在殺意』(1996年)
『戦場でワルツを』(2008年)
『先生のお気に入り』(1958年)
『戦争のはらわた』(1977年)
『センター・オブ・ジ・アース』(2008年)
『センターステージ』(2000年)
『戦闘機対戦車』(1973年)
『千年女優』(2001年)
『洗脳』(1998年)
『1800cc』(2011年)
『戦慄!プルトニウム人間』(1957年)
『巨人獣 ~プルトニウム人間の逆襲~』(1958年)
『戦略大作戦』(1970年)
『ソイレント・グリーン』(1973年)
『捜索者』(1956年)
『双頭の殺人鬼』(1959年)
『そして誰もいなくなった』(1945年)
『ソードフィッシュ』(2001年)
『空から赤いバラ』(1967年)
『空飛ぶ生首』(1960年)
『空飛ぶゆうれい船』(1969年)
『空の大怪獣Q』(1982年)
『空の大怪獣ラドン』(1956年)
『ソラリス』(2002年)
『それぞれのシネマ〜カンヌ国際映画祭60回記念製作映画〜』(2007年)
『それは外宇宙からやって来た』(1953年)
『ゾンゲリア』(1981年)
『そんなガキなら捨てちゃえば?』(2012年)
『ゾンビ・ガール』(2014年)
『ゾンビ・コップ』(1988年)
『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年)
『ゾンビスクール!』(2014年)
『ゾンビ特急“地獄”行』(1972年)
『ゾンビーバー』(2014年)
『ゾンビマックス!/怒りのデス・ゾンビ』(2014年)
『ゾンビランド』(2009年)
『大悪党』(1968年)
『大アマゾンの半魚人』(1954年)
『半魚人の逆襲』(1955年)
『ダイエット・ラブ』(2001年)
『大怪獣出現』(1957年)
『大海獣ビヒモス』(1959年)
『第9地区』(2009年)
『大巨獣ガッパ』(1967年)
『大砂塵』(1954年)
『第3逃亡者』(1937年)
『大自然の凱歌』(1936年)
『第十一号監房の暴動』(1954年)
『第十七番』(1932年)
『大頭脳』(1968年)
『タイトロープ』(1984年)
『第七天国』(1927年)
『第七のヴェール』(1945年)
『第七の封印』(1957年)
『タイム・アフター・タイム』(1979年)
『タイムコップ』(1994年)
『タイムシーカー』(1999年)
『タイム・チェイサー』(2013年)
『タイム・トラベラーズ』(1964年)
『タイムマイン』(2002年)
『ダイヤルM』(1998年)
『ダイヤルMを廻せ!』(1954年)
『大誘拐 RAINBOW KIDS』(1991年)
『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)
『太陽の怪物』(1959年)
『太陽を盗んだ男』(1979年)
『大乱戦』(1972年)
『ダーウィン・アワード』(2006年)
『ダウト 偽りの代償』(2009年)
『ダウン』(2001年)
『ダウンタイム』(1997年)
『ダウンヒル/下り坂』(1927年)
『高い壁』(1947年)
『ダークシティ』(1998年)
『タクシードライバー』(1976年)
『ダーク・スター』(1974年)
『ダークハウス』(2015年)
『ダーケストアワー 消滅』(2011年)
『ダスト』(2012年)
『TATARI タタリ』(1999年)
『立喰師列伝』(2006年)
『真・女立喰師列伝』(2007年)
『脱出』(1972年)
『TOUCH タッチ』(1996年)
『ダーティハリー』(1971年)
『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』(1974年)
『ダブル・ジョパディー』(1999年)
『ダブル/ステップファーザー』(1988年)
『ダブルヘッド・ジョーズ』(2012年)
『ターミナル・ベロシティ』(1994年)
『ダムド 呪いの墓場』(2001年)
『ダメージ』(1992年)
『ダロス』(1983-1984年)
『断崖』(1941年)
『タンゴ』(1992年)
『探偵物語』(1951年)
『チェーン・オブ・ファイア』(2002年)
『チェーン・リアクション』(1996年)
『地下水道』(1956年)
『地下鉄のザジ』(1960年)
『地下に潜む怪人』(2014年)
『地球最後の男』(1964年)
『地球最後の男 オメガマン』(1971年)
『地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド』(1960年)
『地球最後の日』(1951年)
『地球最終戦争』(1961年)
『地球の静止する日』(1951年)
『地球爆破作戦』(1970年)
『地球へ2千万マイル』(1957年)
『地球防衛軍』(1957年)
『地球:45億年物語』(2011年)
『父親たちの星条旗』(2006年)
『縮みゆく人間』(1957年)
『地底戦車サイクロトラム』(1951年)
『血のバケツ』(1959年)
『地の果てから来た怪物』(1966年)
『地平線がぎらぎらっ』(1961年)
『チャイナガール』(1942年)
『チャイルド・プレイ』(1988年)
『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)
『超次元ソニックマン』(1979年)
『チルファクター』(1999年)
『血を吸うカメラ』(1960年)
『沈黙の世界』(1956年)
『追求』(1945年)
『ツイスター』(1996年)
『ツイステッド・ナーブ 密室の恐怖実験』(1968年)
『追跡』(1947年)
『追想』(1956年)
『月に囚われた男』(2009年)
『月のキャット・ウーマン』(1953年)
『月へのミサイル』(1958年)
『冷たい月を抱く女』(1993年)
『ツールボックス・マーダー』(2004年)
『ディアトロフ・インシデント』(2013年)
『デイ・オブ・ザ・デッド』(2008年)
『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(2012年)
『ティコ・ムーン』(1996年)
『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』(2013年)
『ディープ・ブルー』(1999年)
『ディボース・ショウ』(2003年)
『Tメン』(1947年)
『ディーモン 悪魔の受精卵』(1976年)
『底流』(1946年)
『デヴィッド・バーンのトゥルー・ストーリー』(1986年)
『テキサス・チェーンソー』(2003年)
『テシス 次に私が殺される』(1996年)
『デス・サイト』(2003年)
『テスター・ルーム』(2014年)
『デストラップ 死の罠』(1982年)
『デス・プラン 呪いの地図』(1958年)
『デス・プルーフ』(2007年)
『デスペラード』(1995年)
『デス・ロード 染血』(2007年)
『デッド・エンド』(1937年)
『デッドカーム 戦慄の航海』(1988年)
『デッドサイレンス』(1996年)
『デッドゾーン』(1983年)
『デッド・ハンティング』(2014年)
『デッド・メアリー 鮮血浴』(2006年)
『デッドライン〜U.S.A.』(1952年)
『デート&ナイト』(2010年)
『デビル』(2010年)
『デビルズ・バックボーン』(2001年)
『デビル・リベンジャー 復讐の殺人鬼』(2008年)
『デモン・シード』(1977年)
『テレグラフ・ヒルの家』(1951年)
『天空が燃えつきる日』(1958年)
『電撃フリント GO!GO作戦』(1966年)
『電撃フリント アタック作戦』(1967年)
『天国への階段』(1946年)
『天才スピヴェット』(2013年)
『天使のたまご』(1985年)
『デンジャー・コール』(2015年)
『デンジャーゾーン タービュランス3』(2000年)
『デンジャラス・バディ』(2013年)
『テンション』(1949年)
『天使を誘惑』(1979年)
『電送人間』(1960年)
『逃走迷路』(1942年)
『トゥー・デイズ』(1996年)
『12モンキーズ』(1995年)
『ドゥームズデイ』(2008年)
『トゥー・ムーン』(1988年)
『トゥモロー・ワールド』(2006年)
『トゥルー・クライム』(1999年)
『トゥルー・クライム殺人事件』(1947年)
『トゥルー・ブルー』(2001年)
『東京暗黒街 竹の家』(1955年)
『東京オリンピック』(1965年/2004年)
『東京画』(1985年)
『東京ゴッドファーザーズ』(2003年)
『東京ジョー』(1949年)
『透明人間』(1933年)
『透明人間』(1954年)
『トーキング・ヘッド』(1992年)
『時をかける少女』(1983年)
『時をかける少女』(2006年)
『ドクトル・マブゼ』(1922年)
『怪人マブゼ博士』(1932年)
『毒薬と老嬢』(1944年)
『時計じかけのオレンジ』(1971年)
『トコリの橋』(1954年)
『トータル・リコール』(1990年)
『特急二十世紀』(1934年)
『突撃隊』(1961年)
『突然の恐怖』(1953年)
『突然の花婿』(1952年)
『ドットハック セカイの向こうに』(2012年)
『突破口!』(1973年)
『トップ・シークレット』(1984年)
『トパーズ』(1969年)
『トビー・フーパー ドレス』(1990年)
『扉の影の秘密』(1948年)
『トボー・ザ・グレート』(1954年)
『トミー』(1975年)
『トライアングル』(2009年)
『ドライヴ』(2011年)
『ドライブ・アングリー』(2011年)
『トラウマ 鮮血の叫び』(1992年)
『ドラキュラ 最後の聖餐』(1979年)
『ドラキュラ血のしたたり』(1971年)
『ドラキュラとせむし女』(1945年)
『ドラキュリア』(2000年)
『ドラゴンボール EVOLUTION』(2009年)
『捕われの町』(1952年)
『トランス』(2013年)
『鳥』(1963年)
『トリコロール 青の愛』(1993年)
『トリコロール 赤の愛』(1994年)
『トリコロール 白の愛』(1994年)
『トリフィドの日~人類SOS!~』(1962年)
『ドリフトウッド 硝子の檻』(1997年)
『ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人』(1979年)
『泥棒成金』(1955年)
『トロール・ハンター』(2010年)

« <あ〜か行> | トップページ | <な〜は行> »

索引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/4701625

この記事へのトラックバック一覧です: <さ〜た行>:

« <あ〜か行> | トップページ | <な〜は行> »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。