映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「1970年代」の記事

2020.06.07

『サイコマニア』

このゾンビホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ドン・シャープ監督、ニッキー・ヘンソン、ジョージ・サンダース主演のバイクゾンビホラーのようです。

1972年 Benmar Production/SB Scotia-Barber distributers limited 英国作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆Psychomania
プロット◆バイカーがゾンビになって暴れる話しのようです。
音楽◆ジョン・キャメロン
Music Department◆John Cameron conductor

キャスト
ニッキー・ヘンソン→バイカーのリーダー トム・レイサム
メアリー・ラーキン→トムのガールフレンド アビー
アン・ミッシェル→バイカーのジェーン

ジョージ・サンダース→執事のシャドウェル
ベリル・リード→霊能者のレイサム夫人
ロバート・ハーディ→Hesseltine警部補

the living deadのバイカーの面々
ロイ・ホルダー→Bertram
デニス・ギルモア→Hatchet
マイルズ・グリーンウッド→Chopped Meat
ピーター・ホワイティング→Gash
ロッキー・テイラー→Hinky

ドン・シャープ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。
バイクですが日本製ではなかった。

ジョージ・サンダースの遺作となった作品です。
この作品の試写後に自殺したそうです。作品の出来に絶望したわけではなく以前から65歳で自殺すると主張していたそうです。
結果的に映画批評家の二葉十三郎が言うところの『これが遺作では死んでも死にきれないでしょう』になってます。

ジョージ・サンダースもクロード・レインズもレイ・ミランドも晩年の1970年代にはB級SFやホラーに出ていました。それもそれでいいと思うけど。
それに比べて1960年代に引退したケーリー・グラントは上手くやったものです。ケチで有名だったのでおカネにこまることもなかったはず。

主役トム役のニッキー・ヘンソンは安くしたデビッド・ワーナーといった感じ。

キングレコード発売のBlu-rayにて。
画質はそれなりに悪い。元が悪いのでしょうがない。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は DTS-HD MSTR stereo 元はモノラル

読み込み中
著作権のアラート
king records
一瞬読み込み中

SB Scotia-Barber distributers limited presents
タイトル
George Sander Shadwell
Beryl Reid Mrs. Latham
Nicky Henson Tom Latham
Mary Larkin Abby Holman
Roy Holder Bertram
Robert Hardy Chief Inspector

Psychomania

with
Patrick Holt Sergeant
Denis Gilmore Hatchet
Ann Michelle Jane Pettibone
Miles Greenwood Chopped Meat
Peter Whitting Gash
June Brown Mrs. Pettibone
Lane Meddick Mr. Pettibone

and Riding the Motor-cycles
Marc Boyle Riding the Motor-cycles (as Mark Boyle)
Jack Cooper Riding the Motor-cycles
Cliff Diggins Riding the Motor-cycles
Romo Gorrara Riding the Motor-cycles
Roy Scammell Riding the Motor-cycles
Jack Silk Riding the Motor-cycles
Jeff Silk Riding the Motor-cycles
Larry Taylor Lorry Driver (uncredited)

a Benmar Production
スタッフの紹介
タイトルバックはストーンヘッジです。
バイカーが登場。複数登場してます。
バイカー達はストーンヘッジをグルグルと回る。

ストーンヘッジをバイカー達が走り回る。
バイクは英国のモデルです。日本製ではない。ハーレーでもない。
トライアンフだと思う。
結構ジャンプもしてます。スクランブラータイプなのかも。
深い水たまりを通過してます。この当時のバイクだと相当ダメージがありそう。
→1958 Triumph Trophy リーダー トムのバイク
→1968 Triumph Bonneville
→Triumph Bonneville [T120] ギター弾きのバイク
→Triumph Thunderbird
→1970 Triumph TR 25 W
→BSA Starfire ジェーンのバイク
→1967 BSA Starfire たぶんアビーのバイク

本編にて。
ストーンヘッジから森の道路を走ってるバイカー達。
ヘルメットのシールドにゴーグルのような飾りを付けてます。面白いデザインです。

普通の黒いクルマが登場。オッサンが運転してます。
→1963 Austin FX4
オッサンはバイカー達とすれ違って急停止する。

バイカー達は止まって今のクルマをどうしようと相談になってます。
リーダーのトム。
トムのガールフレンド アビー
赤いジャケットのジェーン。
それぞれの革ジャケットの胸には名前が付いてわかりやすくしてます。
このへんが映画的です。

クルマのオッサンを襲うことになります。
そんなわけでバイカー達に突っ込まれてやられるオッサン。

ストーンヘッジにて。
トムはガマガエルを捕まえています。ガマガエルは悪魔の象徴らしい。
永遠に生きるために死ぬんだとアビーを説得するトム。

自宅にて。
トムのジャケットの背中にはthe living deadと描いてあります。
母親が交霊会をやっています。
ジョージ・サンダースもいます。執事です。名前はシャドウェル。

執事はトムが捕まえたガマガエルを見て喜んでいます。
トムの父親は死んでるようです。
執事に不老不死の秘密を教えろと迫るトム。

交霊会が終わって母親は失神してます。介抱する執事。
お客のオッサンがおカネを受け取らないのなら贈り物がありますと十字架を渡そうとする。ここ執事が激昂してお客を帰してます。
そんな感じで不老不死になると十字架は苦手になるらしい。

トムと母親。
親子関係は悪くはないようです。
警察から電話でこの次は逮捕すると伝える母親。
トムは不老不死の話しを始める。母親に秘密を教えろと迫る。
執事はガマガエルのペンダントを見せる。母親はカギです。
2つのアイテムをゲットしたトムは秘密の部屋に向う。

秘密の部屋にて。
ここに突入するトム。不安になって執事の名前を呼ぶが無視されてる。
ドアが無くなって出られない。しょうがないのペンダントをクビにかける。

床に落ちていたメガネをかけるトム。老眼鏡です。鏡に違う風景が見えてます。
いよいよ巨大ガマガエルが見えてます。
ガマガエルからストーンヘッジになります。
ストーンヘッジをバイクや自転車は子供が走り回る。
赤ん坊が登場。母親が抱っこする。
謎の男が現れます。ガマガエルの指輪をしてる。
契約書にサインする母親。
これを見て動揺するトム。部屋で倒れています。

秘密の部屋から出され介抱されてるトム。
執事ですがガマガエルの指輪が目立ちます。
そのメガネは夫のだと動揺してる母親。
どうやら信じないと不老不死化に失敗するようです。トムはその点は大丈夫です。
それが秘密かとご満悦のトム。

ストーンヘッジにて。
いつものバイカー達がグルグルと回る。ジャンプして水たまりを通過する。
プロローグのシーンの使い回しです。低予算なのでそうなる。

トムは100で走ると言い出してまわりを困惑させる。死ぬぞと言われる。
100km/hのか100mile/hなのかは不明。

ストーンヘッジから道路に出て暴走するパイカー達。
泥道や水たまりを通過してます。これはバイクには大変なこと。

それから街に出て暴走する。商店街を暴れ回る。
ようやくパトカーが来ます。古いクルマです。
→1967 Jaguar S-Type [XJ3]
バイカー達はとっとと逃げています。追跡するパトカー。

バイカーとパトカーの追っかけシーンになります。
階段を降りてパトカーをまいてます。
郊外の道路でマジで暴走しててすり抜けやセンターライン越えで死ぬぞと思える。
対向車と正面衝突しそうになってるし。

舗装路=ターマックから未舗装路=グラベルに入ってます。
赤いジャケットの女の子のバイクが転倒してます。

トムは橋からジャンプして死ぬつもりです。止めてるアビー。
またなと言ってバイクごと橋からジャンプするトム。ここは見事なスタントになってます。

河辺にて。
子供2人がいるとこにトムの水死体が流れてきます。

自宅にて。
ガールフレンドのアビーが来てます。母親と面会する。
あれは事故だったの?と聞く母親。違いますとアビー。
それはともかくトムの葬式は仲間だけでやりたいと主張するアビー。
執事に聞かれて場所はあのストーンヘッジのようです。魔の墓地と呼ばれてるようです。
アビーは帰ります。

母親と執事。
トムはどうなる?と話し込んでます。

ストーンヘッジにて。
トムの葬式になってます。深い墓穴が掘られてます。
そこにバイクに乗ったままトムが安置されています。何だかおかしい。
それはいいけどトムの頭が地面から出てるのが気になる。土を盛り上げて埋めるのか?

それぞれ花飾りを作ったりギターで弾き語りをしています。
何だかフラワーピープルみたい。
そんな感じで花飾りを投げ入れてます。

私がリーダーなのよと言い出すジェーン。アビーは不満そう。
そんなところに古いクルマが来ます。執事が来ました。
→Rolls-Royce 25/30 h.p. by Hooper
これを一緒に埋めてくれとガマガエルのペンダントを入れる。速攻で帰る執事。
トムを土葬にしてます。トムの頭までちゃんと埋まってる。

シーンは変わってクルマの中年カップルが登場。
→1956 Morris Minor Series II
タイヤがパンクして修理を呼びに行くことになります。
怖そうな夫人から魔の墓地が近道なのよ言われてる旦那。
弱虫と言われしょうがないので魔の墓地を通過するルートになってます。

ストーンヘッジにて。
ここを通過してる旦那。徒歩です。まだ昼間だけど。
怪しい雰囲気で何だかバイクのエンジン音が聞こえてます。
いきなり土葬からバイクで発進して出てくるトム。これはビックリ。
ビックリする間もなく旦那はそのまま轢かれて退場になります。

GSにて。
バイクにガソリンを入れるトム。カネは持っていない。
カネはないと開き直るトム。文字通りタダではおかないと凄むGSのオッサン。
オッサンを痛めつけてこの場を去るトム。オッサンは死んだみたい。

パブにて。
電話を借りようとするトム。主人のオッサンは注文が先だと世知辛い。
とにかく電話するトム。カネはないのに余裕です。ナンパして小銭をせしめる。

自宅に電話したトム。
執事が出て母親に知らせる。トムなのかと全然驚かない執事。
母親もトムからの電話を喜んでます。

パブにて。
16ペンスを請求をするパブのオッサン。
カネはないと開き直るトム。そんなとこを小銭を貸した女の子が払ってくれる。

パブの前にて。
トムと女の子。
もう女の子には用がないトム。置き去りにしようとする。
意地になってる女の子はバイクに乗って動かない。
女の子の首を絞めるトム。悲鳴を上げる女の子。パブまで聞こえてます。
パブでは何があったと外にいくオッサン達。電話で通報する違う女の子。
それでどうなった?

次のシーンではパブの前に死体が多数で警察の現場検証になってます。
いかにも英国な感じの警部が登場。
通報した女の子が暴走族だと証言する。the living deadだ。
奴らかと何故か知ってる警部。そうなると札付きだったのか。

ストーンヘッジにて。
トム以外の一行が集まってます。
殺人のうわさ話になってます。自分はやってないアリバイがあると主張する面々。
殺人の容疑者の特徴はトムにソックリらしい。

トムのお墓に行くと墓穴は空っぽでビックリの面々。
そんなところにバイクが来ます。トムなんですがまだ信じていない面々。
トムは俺みたいには誰でもなれる。強く念じて信じればと説得にかかる。
小太りの男がトムの偽者めと後からナイフで刺すが全然平気です。
そんなわけでみんなで死のうと盛り上がる。

暴走する面々。
そんなわけで2人が交通事故で死んだようです。ジェーンと男。

ジェーンと男の葬式にて。
最後は娘を一目は見たいと言うジェーンの両親。
しかし棺桶は空っぽでした。驚愕する両親とまわりの面々。

もう復活して暴走するジェーン。トムも一緒に暴走してる。
マジで暴走しています。撮影で事故ってると思う。
リムジンの御婦人をからかう。
→1961 Humber Super Snipe Series III
トラックの運転手のオッサンが生意気なのでタイヤをナイフで裂く。
→1962 Thames Trader MkII
そんなわけで道路から外れて転覆爆発炎上するトラック。やりたい放題です。
→1964 Thames Trader MkII 違うトラックになってます。

アビーの自宅にて。
トムがいつの間にかに来てます。これはビックリのアビー。キスになります。
ヒンキーは一瞬脅えた。それでマジで死んだと話すトム。
ジェーンは外にいるとトム。そのジェーンは木の枝で首吊りしてる。しかし死なないとアピールしてます。
アビーはジェーンはトムの恋人みたいと嫉妬してます。色々と面倒だ。
早く死になよと勧めるトム。イマイチ不安な感じのアビー。

トラック事故の現場検証にて。
警部が来てます。暴走族がタイヤをナイフで切ったとの証言があります。
その暴走族は毎度のthe living deadです。全員逮捕しろと警部。

アビーの自宅にて。
逮捕されてパトカーに連行されるアビー。自宅の住所まで割れてるのか。

郊外の道路にて。
警部のパトカーの前にトムとジェーンがいたりします。
→1968 Rover 2000 TC MkI [P6]
まずはバイクのナンバーを読み取り警官にメモをさせてます。
そんなわけでバイクを追うパトカーのチェイスシーンになります。
アッサリと逃げられています。
しかしバイクはレイサム家に逃げ込んだと判断する警部。

レイサム家にて。トムの自宅です。
ここに聞き込みに入る警部。
母親は息子のトムは死にましたと証言する。
警部はバイクはここに消えたと追求する。会話からトムはパブで5人殺してるようです。
母親は他の暴走族の家族に子供が帰っても無視するように言い出す。

とにかく警部は帰ります。
警部は息子のトムを失って取り乱した母親と認識してるようですが全く違います。

パトカーにて。
警官からナンバーからバイクの所有者がわかったと報告を聞く警部。
1台はジェーン。棺桶から消えた・・・

警察にて。
捕まってるthe living deadの面々。
俺達は潔白だと言ってるのが何だか面白い。殺人だけは潔白なわけか。
アビーはトムが助けに来ると主張する。
そんなところにバイクの音が聞こえてきます。

受付にバイクで乗り込むトムとジェーン。
そのまま留置所までバイクで行ってます。
アビーは私も行くわとトムとキスになってます。

シーンが変わります。
警部がやってくると受付の警官2人が殺され留置所の鉄格子が曲げられています。
当然the living deadの面々はいなくなってる。

バイクがアパートにやって来ます。
ギターを持ったthe living deadの1人です。名前はチョッピー。
荷物を持った女の子とぶつかってナンパになる。
そんなとこを遠くでトムとジェーンが監視してます。そんなわけでナンパはやめてアパートに入るチョッピー。
それはいいけど駐車禁止のとこにバイクを止めていたので監視員が目をつける。
アパートから待ってくれ今行くとチョッピー。いきなり窓から飛び降りてます。

川にて。
海パン姿で鎖を巻き付けた男が川に飛び込む。
当然そのまま沈んでます。

スカイダイビングにて。
次々とダイビングして最後の男はパラシュート無しでダイビングしてる。
当然そのまま落下して地面に叩きつけられる。

陸橋にて。
ここから下の道路に飛び降り自殺する男。バイクは無しです。
トムとジェーンの見送り付きです。

アビーの自宅にて。
母親へ置き手紙をして毒薬を飲んで自殺するアビー。

ストーンヘッジの夢を見るアビー。
トムが来ました。バイクで2人乗りでキスになってます。
自分の死体を見るアビー。看護師もアビーだったりします。

病院にて。
悪夢から覚めるアビー。警部がいます。自殺は失敗したようです。
アビーのうわごとをメモしてる警部。仕事熱心です。
他のメンバーは全員死んだと伝える警部。
小太りのハッチャー。ギター弾きのチョッピー。他はわからん。

モルグにて。
the living deadの面々の死体が4体あります。検死になります。
早いとこ済ませようと検死医。それと助手のオッサン。
ノックの音がします。出ていく検死医。
助手のオッサンは死体が内側からノックしてるの気がついて驚愕する。
これが小太りのハッチャーです。
検死医が戻ると助手が昏倒して死体4体が消えてます。驚愕する。

病院にて。
アビーも消えてます。電話に出る警部。
彼女は昨夜死んだと伝える警部。電話はトムからでした。

トムの自宅にて。
アビーが死んでよかったとなってるトム。母親はそうでもないみたい。
大犯罪計画を語るトム。聞いてる母親と執事。

病院にて。
警部はアビーに死んだのとは嘘だと話してる。
相変わらず勘違いの警部は別の誰かが死体を盗んで成り済ましてる踏んでます。全く違います。
そんなわけでアビーの死体を盗もうとやったくるだろうとなってる。これは合ってる。
アビーはアビーで恋人との別れ話しは直接言うか言わないかと警部に相談してる。
とにかく警察に協力はするみたい。

モルグにて。
待ち伏せしてる警部は警官達。
カメラがぐるりと回ったらアビーの死体?が消えてます。

トムとバイクを走らせるアビー。
また街中を暴走してるthe living deadの面々。店に突っ込んでて暴走してる。
ジェーンは乳母車を思い切り轢いてます。

トムはアビーに死の壁を突き抜けようと言い出す。
要するに自宅のレンガ壁に衝突するわけです。
それでとトムはレンガ壁に突っ込んだがアビーは門を通過してる。
ようやく君は死んでいないと言い出すトム。
それはいいけど他の面々か来てアビーを囲む。それでどうなる。

トムの自宅にて。
母親と執事。
トムの不老不死をとめようとする母親。執事は契約はどうなると突っ込む。

ストーンヘッジにて。
ここに集合するthe living deadの面々。アビーもいます。
アビーに死ぬんだと説得のトム。自殺でないと復活しないとのこと。

トムの自宅にて。
母親と執事。
トムを片づける儀式になってます。母親はは罰を受け息子は終わりだと執事。

ストーンヘッジにて。
リボルバーをアビーに渡すトム。

このへんはカットバックになってます。
トムの自宅もストーンヘッジも強風になってます。
執事はサーベルを持ち出して母親と儀式になる。
アビーはリボルバーでトムを撃ちまくる。全く平気なトム。
母親の姿は消えてガマガエルになってます。これが罰のようです。

トムは手袋をとってアビーのクビを絞めようとする。
トムの手がおかしくなってます。顔もおかしくなってる。干からびているような感じ。
そんなわけで土に返ったトム。これはビックリのアビー。
アビーが後を向くと他の面々も土に帰って壁みたいになってます。
悲鳴を上げるアビー。ストーンヘッジが増えたみたい。

残されたアビー。そんなとこに古いクルマが来ます。
クルマから執事が降りてきます。
そのまま引きのシーンでエンドとなります。
made at shepperton studios, England.

後タイトル
the gang
the police
the spiritualists
the victims
the survivors


そんなわけで1970年代的ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.06.06

『殺人ブルドーザー』

この謎のブルドーザー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ジェリー・ロンドン監督、クリント・ウォーカー主演のブルドーザーパニック映画のようです。

1974年 Universal Television/American Broadcasting Company (ABC) アメリカ作品
ランニング・タイム◆74分
原題◆Killdozer
プロット◆謎のブルドーザーに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ギル・メレ

キャスト
クリント・ウォーカー→責任者のケリー
カール・ベッツ→オッサンのデニス
ネヴィル・ブランド→メカニックのチャッブ
ジェームズ・ウェインライト→妄想のダッチ
ジェームズ・A・ワトソン・Jr.→黒人のベルトラン
ロバート・ユーリック→若いマック

ジェリー・ロンドン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになってます。
原作◆シオドア・スタージョン→SF小説『人間以上』 More Than Human (1953) が有名です。
脚本◆シオドア・スタージョン、エド・マキロップ
別題◆落下イン石の謎/キルドーザー・孤島の殺人機械 (TV・別)

この作品に向いてる有名な監督となると誰なんだ?
ハワード・ホークス監督だと雰囲気が明る過ぎになるか。→『遊星よりの物体X』(1951年)
アルフレッド・ヒッチコック監督だと『鳥』(1963年)みたいになるか。
ドン・シーゲル監督ならどうなる?→『ボディ・スナッチャー 恐怖の街』(1956年)
そんな感じで色々と考えると楽しい。

この作品との2本立ては『戦闘機対戦車』(1973年)になると思える。

キングレコード発売のDVDにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

著作権のアラート
king recordsのタイトル

タイトル
Universal
an MCA company

プロローグ
宇宙にて。
隕石が地球に向かっています。
アフリカの大西洋沖の孤島に隕石が落ちたようです。

時間が経過してます。
孤島にて。
ウォーバートン石油会社が開発工事をやってます。
ジープで見回る責任者のケリー。
黒人のベルトラン
若いマック 大型ブルドーザー担当

会話からこの島は第2次世界大戦時に補給基地だった。
アフリカ大陸まで300キロ。そんな感じで大西洋にあるようです。

古い倉庫にて。
マックとダッチが倉庫内を漁ってます。
ベロニカ・レイクの写真を発見します。リタ・ヘイワースではない。
ユニバーサル・ピクチャーズのベロニカ・レイク。
コロンビア・ピクチャーズのリタ・ヘイワース。
そんなわけでこの作品はユニバーサルなのでベロニカ・レイクになってます。
ケリーが来て仕事しろと説教する。

現場にて。
ブルドーザーはキャタピラー社製ではありません。
調べたらキャタピラー社製でした。違うブランド名のステッカーを貼ってあった。

Caterpillar D9 大型ブルドーザー 'Killdozer'
Caterpillar D4 小型ブルドーザー
Caterpillar 619 C スクレーパータイプ
Northwest 80D パワーショベル これで対決します。

Jeep CJ-6 青いジープ
Jeep CJ-5 オレンジ色のジープ
1964 Ford F-100 Custom Cab ライトトラック

マックは大型ブルドーザー担当。
ダッチは小型ブルドーザー担当。

Killdozer

starring
Clint Walker Lloyd Kelly
Carl Betz Dennis Holvig
Neville Brand Chub Foster
special gueststar
James Wainwright Dutch Krasner
スタッフの紹介
脚本はscreenplayではなくteleplayになってます。
脚本◆シオドア・スタージョン、エド・マキロップ
タイトルバックは先ほどの倉庫を壊す大型ブルドーザー。
画質がやたらといい。くっきりです。

マックは変な岩があるとケリーに言います。
ケリーが見本を見せてやるとブルドーザーを動かす。
隕石に思い切りブレードをぶつけると隕石から青い光が出てブルドーザーに乗り移る。
見物してたマックが青い光を浴びて倒れる。
運転してたケリーはブレードで影になっていたので大丈夫でした。
マックを介抱するケリー。ブルドーザーはそのまま。

ベースキャンプにて。
寝込んでるマック。ここには医者はいない。
3人で話し込んでます。ダッチ。ベルトラン。デニス。
ケリーは何をしてると非難してます。補給船は4日後です。

ケリーは無線機で通信中。メカニックのチャッブがいます。
2人が並ぶとクリント・ウォーカーの背が高いのがよくわかります。
ネヴィル・ブランドが小さく見える。

寝込んでるマックのとこにケリーが来ます。
そうなると一体どうなってると詰問されます。ここはうやむやにしたいケリー。
マックがケリーと2人だけで話したいと訴える。

マックから話しを聞くケリー。外ではデニスが聞き耳をたてています。
ブルドーザーのブレードが岩に当った時に青い光が出たと話すマック。
青い光がと熱心に訴えるマックは死に至る。

外にて。
ダッチとベルトラン。ムダな会話になってます。
マックといい関係だったと力説してるダッチ。

ケリーが外に出てきます。
ブルーシートの用意をとなる。遺体を埋める・・・
そんなわけでマックが死んだのかと驚愕するダッチとベルトラン。

ケリーは1人でブルドーザーを調べます。
エンジンをかけます。ちゃんとかかった。ここまでは異常はない。
と思ったら勝手に動いてます。まったくコントロールが効きません。これは大変。
どうやらエンジンをかけたのがまずかったようですがそんなことはわかりません。
燃料ホースやケーブルを切って無理やりブルドーザーを止めてるケリー。

海岸、マックの埋葬にて。
ダッチ。ベルトラン。それにチャッブ。
デニスはまだ来ない。ケリーはブルドーザーを取りに行った。
遅れてデニスが来ます。

ようやくケリーが来ました。
スクレーパーで止まったブルドーザーを牽引して来ました。

ベースキャンプにて。
シーンは変わって酒を飲んでる4人。マックの弔いのためとなってます。
相変わらずマックの話しをしてるダッチ。SF小説が好きだったマック。このへんはシオドア・スタージョンの楽屋落ちのようです。
そんなところにケリーが来て気まずい雰囲気になる。酒を勧められても飲まないケリー。

実はケリーはアル中だった。そんなわけ飲酒がバレるとクビになるとか。
そんな説明をするデニス。

ケリーとチャッブ。
さすがにケリーに説教してるチャッブ。どうしたんだ?と聞く。
ブルドーザーの動きがおかしいと話すケリー。

シーンは変わりデニスがブルドーザーに接近してます。
勝手にヘッドライトが点灯します。レバーも勝手に動く。
ブレードが上に上がってます。デニスは気が付かない。
いきなりブレードが落ちてデニスはビックリ。

次の日です。
無線連絡のケリー。英語の話しが通じないので難儀してます。
これを見ているブルドーザー。マジでそうなってます。無線機に注目してる。
会社にマックの遺族に直接コンタクトしてくれと要請してるケリー。

ブルドーザーを修理したチャッブは特に異常なしと報告する。
吸気バルブと燃料ポンプが云々と言ってます。

異常といえば異音がすると話し出すチャッブ。
ブルドーザーのどこかから異音がするがどこなのかはわからない。

デニスが来てケリーに青い光とは何だ?と詰問する。聞き耳をたてていたのでそうなる。
昨夜はブルドーザーのブレードが勝手に動いたと話すデニス。

ブルドーザーに勝手に乗り込んでるベルトラン。
チャッブはそのブルドーザーは危険だと止めるが行ったしまった。

さっそく暴走するブルドーザー。これはビックリのベルトラン。
大事な無線機に向かって暴走するブルドーザー。アッサリと無線機を轢いて潰します。
これで外部との連絡が出来なくなってしまった。

ブルドーザーはベルトランを乗せたままズラかります。
ジープに乗って追うケリー。

ブルドーザーから飛び降りるベルトラン。何とか無事です。
ブレードが迫ってきます。逃げるベルトラン。
ケリーが来たけどどうしようもなく見てるだけ。
ベルトランはパイプに逃げこんだがブルドーザーはごまかされずそのままパイプごと轢かれて退場になってます。

海岸にて。
2人目の死亡者ベルトランが埋葬されています。
相変わらず3人。デニス。ダッチ、それにチャッブ。ケリーはいない。

ベースキャンプにて。
4人そろってミーティングになってます。
チャッブはケリーに好意的。デニスとダッチは不満を抱えてる。
ケリーはケリーで全く説明をしない。こまったものです。早く仕事をやれと言ってる。
まだ日没前です。夜だと思った。

夜、ブルドーザーは何かやらかすような感じ。

ベースキャンプにて。
デニスとダッチ。ベルトランの話しになってます。
唐突に海で泳ぎたいと言い出すダッチ。デニスはそうでもない。
マジで海に行きそうなダッチですがラジオを聞き始める。

ケリーとデニス。
ベルトランがどんな状況だったのか聞くデニス。まあそうなる。
ブルドーザーが勝手に動いてブレードで殺したとそのまま話してるケリー。
デニスはマックが話したことについて突っ込む。
ケリーはまだブルドーザーが故障してると言い張る。

夜にて。
寝ている3人。1人いません。

外にて。
ブルドーザーに接近してるデニス。隠れているけど見つかったような感じ。
動き出すブルドーザー。何とか無事なデニス。

次の日にて。
ケリーとデニス。
昨夜ブルドーザーが勝手に動いていたと話すデニス。
デニスは仕事よりブルドーザーの謎を解明するのが先だと主張する。
この岩の欠片は何だとケリーに見せるデニス。早くみんなに真実を話せと迫る。
危険なブルドーザーを壊せとも主張するデニス。
あれは9万ドルのブルドーザーなんだと身もふたもないことを言うケリー。

チャッブとダッチ。
俺達も砂浜に埋められると主張するダッチ。
まあまあとなだめるチャッブ。

ケリーはチャッブとダッチを呼ぶ。
そんなとこでブルドーザーがベースキャンプを襲います。
山の方に避難するケリー一行4人。
ブルドーザーはベースキャンプを破壊する。テント。食料。燃料。ダイナマイト。根こそぎやられてます。

一段落して草むらにいるブルドーザー。

ケリー一行4人は破壊されたベースキャンプの片づけです。
使えるクルマはジープ2台とライトトラック1台。
会話から補給船が来るまで2日だとわかります。
ダッチは独り言でリモートコントロールだと言ってます。
で、ケリーとデニスに何か仕掛けがあると言うが無視されています。

ブルドーザーの燃料はどうなってる?という話題になります。
燃料補給はしてないのに動き続けてる・・・

ジープ2台とライトトラック1台で移動となります。
ダッチはケリーとの同乗は嫌がってます。

ブルドーザーは相変わらず勝手に動いてます。

登り坂でライトトラックのチャッブがもう登れないと訴える。
そんなとこにブルドーザーが迫ってるようです。これは大変。
ダッチはデニスから青い光の話しを聞いてます。

そんなこんなでケリーとチャッブがジープで移動する。
ダッチはデニスにいい考えがあると言い出す。デニスはあまり聞いてない。

坂を登ったとこにて。
ブルドーザーを偵察してるケリーとチャッブ。

ダッチとデニスの方にもブルドーザーのエンジン音は聞こえてます。

ケリーとチャッブは大きなたき火をする。
これで付近の船や飛行機から発見されることを期待してるのか?

ブルドーザーは坂を登ってます。登れるみたい。

ケリー一行4人はミーティングです。
ライトトラックに燃料を積んでブルドーザーにぶつける作戦になります。

たき火にて。
ここに来たブルドーザーはたき火を轢いて鎮火させる。

クルマ3台で移動中のケリー一行4人。
ブルドーザーは正面からクルマ3台を襲いにかかる。これは大変。
ライトトラックがやられます。大爆発です。ぶつける前にやられてしまった。乗ってたチャッブが退場となります。
ブルドーザーですがブレードの角度が変えられる。ブレードをひねるようにも出来るわけです。

海岸にて。
埋葬されるチャッブ。これで3人目です。
山の上にいるブルドーザーが見えてます。引き上げるブルドーザー。
ダッチはブルドーザーが先手を打ったと主張する。
ブルドーザーですが戻ってきて岩石を上から落とす嫌がらせをする。
岩石はが当れば人間には大変なことになります。そんなわけで避難します。
しかしデニスが落石にやられて負傷する。慌ててジープ1台で逃げる3人。

安全な場所にて。
ケリーは補給船が来るまで逃げると主張する。
それからデニスにダッチをあまりからかうなと注意する。

ブルドーザーは何だかケリー一行を伺ってます。
そんなわけでジープで逃げる3人。

夜にて。
ケリー一行3人はミーティングです。
ダッチは何か聞こえると主張する。波の音?また泳ぎたいと言い出すダッチ。
デニスはジョン・ウェイン主演のウエスタンに登場するインディアンみたいに夜襲をかければと主張する。
ケリーですが酒を出してきます。とにかく飲んで落ち着けといった感じ。
デニスはケリーにも酒を飲めと勧める。飲まないケリー。
ケリーは酒をダッチに預ける。さっそく飲んでるダッチ。大丈夫なのか。

デニスは助かってもクビだと言い出す。会社に説明出来ない。
ケリーですがアンデスの発電所建設で何かやらかして地位も名声を失ったらしい。
そんな感じで脚本のセリフが書き込まれている感じ。悪くない。

ブルドーザーは何かやらかそうといった感じです。

夜が明けてます。
ダッチですが酒ビンが空になってます。これはケリーの判断ミスです。
勝手にジープを運転するダッチ。泳ぎに行くと言ってる。
そんわなけでケリーが止めても行ってしまった。しょうがないので走って追う2人。

海岸にて。
ここにジープで来たダッチですがブルドーザーがいたりします。
こういう時にはエンジンがなかなかかかりません。これは大変なダッチ。
そんなわけでジープごと轢かれてやられるダッチ。退場となります。

ブルドーザーに追われるケリーとデニスはパワーショベルに注目する。
これでブルドーザーを迎え撃つようです。操縦はデニスがやる。

ブルドーザー対パワーショベル。
ブレードをショベルで受けています。押されてはいない。
ブルドーザーは少し止まってます。何やら異音がしてます。しかしまたヘッドライトが点灯して攻めてきます。
ショベルでブルドーザーの煙突マフラーを折ってます。ダメージはあるみたい。

ショベルをブレードの下に入れ持ち上げ転覆させようとします。
パワーショベルですか油圧ではなくケーブルで作動させるタイプです。その肝心のケーブルが切れてしまう。これまでとなります。
そんなわけでパワーショベルを捨てて逃げるケリーとデニス。
ブルドーザーはまだパワーショベルを相手にしてる。

ケリーはダッチは正しかった。機械は殺せないと言い出す。
そんなこんなで電気はどうだ?となります。発電機はある。
まだブルドーザーがパワーショベルを相手にしてる隙に準備します。

鉄板を並べてシートを被せる。その鉄板に発電機を接続する。
これで準備完了です。ケリーを囮になってデニスで発電機のスイッチを入れる。

ケリーがスクレーパーのエンジンをかけたのでブルドーザーが気がつく。
そんなわけでこっちに移動してくれブルドーザー。ここまでは段取り通りです。

しかし止まってしまうブルドーザー。まだ鉄板には乗っていない。
方向を変えてるブルドーザー。ケリーが自分が囮になってブルドーザーを挑発する。
バールを投げてヘッドライトを割る。ブルドーザーは怒る。そんな感じ。

ちょうど鉄板に乗ったブルドーザー。発電機のスイッチを入れるデニス。
感電してるブルドーザー。異音というか悲鳴を上げてる。
上がっていたブレードが落ちます。
ブレードが青く光っていたが消えます。これでご臨終といった感じ。
ここをしっかりと見てるケリーとデニス。

ブルドーザーを調べるケリーとデニス。あの異音は完全に消えてる。
あれは死んだようだとケリー。
デニスは会社にどうやって説明する?作り話でもするかと言う。
ホントのことを話すとケリー。
お互い死ななくてよかったとなります。
ヘルメットを投げ上げるケリー。
エンドとなります。

後タイトル
co-starring
Robert Urich McCarthy
and
James A. Watson Jr. Beltran
スタッフの紹介
Visual Effects by Albert Whitlock special photographic effectsの名前があります。


そんなわけで1970年代的ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.04.05

『キラーカーズ パリを食べた車』

この不条理映画の感想はネタバレ全開になっています。
ピーター・ウィアー監督、テリー・カミレッリ主演の不条理ドラマのようです。

1974年 Royce Smeal Film Productions/Australian Film Development Corporation オーストラリア作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆The Cars That Ate Paris
プロット◆クルマで暮らしてる町に来て色々とある話しのようです。
音楽◆ブルース・スミートン

キャスト
テリー・カミレッリ→やって来たアーサー・ウォルドー

ジョン・メイロン→レン・キーリー市長
メリッサ・ジャファー→市長夫人のベス
ケヴィン・マイルズ→ミッドランド医師

ブルース・スペンス→精薄のチャーリー
ダニー・アドコック→保安官
ケヴィン・グロスビー→保険業の男

マックス・ギリス→議員のメトカフ
不明→議員のスメドリー
不明→議員のニール

クリス・ヘイウッド→患者?のダリル
不明→患者のレスリー
ピーター・アームストロング→ゴーマン
ジョー・バーロウ→Ganger

リック・スカリー→アーサーの兄ジョージ・ウォルドー

ピーター・ウィアー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のドラマになってます。
プロデューサーからカーアクションがあれば話しは何でもいいと言われて作った感じ。

BS252 IMAGICA BSにて。
画質はよいです。これはビックリ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声はわからん。

キラーカーズ パリを食べた車』(1974年)
The Cars That Ate Paris

プロローグ
オープンカーでドライブのカップルが登場。
クルマはダットサンSP311 1600です。これはビックリ。
オーストラリアなので右ハンドルです。
→1965 Datsun Fairlady 1600 [SP311]

羊の群れにストップしたり絵を買ったりと優雅な感じのカップル。
いきなり前タイヤが外れて道路から斜面に転落しています。
そんなわけでカップルは退場となります。主人公ではなかった。

タイトル
A Australian Film Development Corporation
and
Royce Smeal Film Productions
present

John Meillon The Mayor
Terry Camilleri Arthur Waldo
in
The Cars That Ate Paris

スタッフの紹介
タイトルバックはキャンピングカーを引いて移動のクルマです。男2人です。
→1961 Holden Special Hydramatic [EK]
他のクルマはトランクに狩猟の獲物を積んだりする風景が入る。
公共職業安定所に並ぶ男。しかし順番は回ってこなかった。
GSに寄る男2人のクルマ。やる気のないオヤジがドラム缶から手押しポンプで入れています。2ガロンのみでガソリン代はクーポンで払う。

道路標識があります。パリの表示が多い。そんわわけでそこへ向かいます。
夜道でいきなりクラッシュしてます。謎の光に目がくらんだみたい。
キャンピングカーはバラバラになってます。クルマは何とか無事みたい。

保安官事務所にて。
2人の男がこんな田舎道でスピードの出し過ぎだとミニカーを使って検証してます。
ミニカーはロータス・ヨーロッパです。
トレーラーが重過ぎてハンドルをとられたとか。運転手は即死。
帽子にサングラスの保安官と話してる背の高い男は保険会社の事故調査員といった感じ。

病院にて。
ぼくは寝ていたと話す男の名前はアーサー。運転していたは兄だった。
アーサーは光を見たと主張するが誰も信じない。

院長にオッサン2人が来て仕事が済みましたと意味深な会話になる。
彼はここの住人だと院長。

院長がアーサーに協力を求めます。
写真を見て反応するテストです。普通の写真に事故の写真が入る。
当然事故の写真に強い反応するアーサー。
会話から院長の名前はヘンダーソン。

退院するアーサー。
兄の葬式に町中の人達が出迎えてます。
レン・キーリー市長から黒いネクタイを渡されるアーサー。
霊柩車をあとを行進する人達。それから墓地で葬式になってます。
葬式を怪しい男が見ています。

町のホールにて。
会議になってます。守衛所を設けると言い出す市長。

町には暴走車が来てたりします。

アメリカの大統領の名前は?→ルーズベルトのニューデール政策。
そんなことを言ってる市長。次は訪問者の件になります。

市長の自宅にて。
ここに居候のアーサー。市長夫人がいます。
レンの贈り物のミンクコートを見せてる市長夫人。
女の子2人がいます。名前はヒラリー。もう1人はわからん。

市長とアーサー。
ビル・コッタはいい奴だとそんな話題になる。誰なんだ?
1年ほど前に老人をはねたと話すアーサー。それ以来運転は出来ない。

パブにて。
カーラジオを聞いてます。

保安官事務所にて。
帽子にサングラスの男が保安官なのかとわかる。

ガレージにて。
オッサンとチャーリーが登場。
チャーリーは精神薄弱な感じ。あとでキャスト表を見たらブルース・スペンスとわかりビックリしました。

市長の自宅にて。
寝るとこのアーサー。

病院にて。
重傷な患者がいます。ダリルとは誰なんだ?

クルマの主観ショットになります。
ランタンを持ってる男がいたりします。
警報が鳴ってパブから出動となります。
いきなり光に目がくらんでクルマがクラッシュしてます。

クラッシュしたクルマは町のガレージに運ばれる。
クルマはジャガーだと大騒ぎ。あっという間に解体される。
どうやら町をあげてクルマをクラッシュさせているらしい。
→1956 Jaguar Mk.I

ジャガーの運転手は病院送りになってます。
治療はされず身ぐるみ剥がされて金目の物は取られています。
解体されたジャガーは燃やされます。
これでルーティンの作業は完了です。

スクラップのクルマが並んでる風景が入る。

市長の自宅にて。
アーサーを荷物をまとめてここから出ていきます。市長夫人にあいさつする。

徒歩で移動するアーサー。
改造車2台に道路を封鎖されて町に戻ることになります。
バス停に来たアーサーですがバスは来ない。
議員のオッサンからウォルドーさんと言われています。アーサー・ウォルドー。
会議場までご同行をと言われる。

市長のオフィスにて。
君は病気だと言われてるアーサー。君の心には2人の死人が潜んでいる。
そんなわけで病院で雇ってやってもいいと言い出す市長。

外にて。
クルマを見ているアーサー。ドアを開けて入る。
エンジンをかけてクルマを運転しようすとするが気分が悪くなってます。
ドアが開かなくなってパニックになる。
そんなわけでトランクから荷物を出してます。クルマでの脱出は無理だ。

町の人達のモンタージュが入ります。
誰もがクルマに関係してるのは間違いないようです。

パリ病院にて。
仕事の説明を受けてるアーサー。夜間面会禁止。隔離病棟。
患者のレスリーはオッサンです。
君は運がいいと言われるアーサー。死んだ兄はバラバラだった。

市長の自宅にて。
ここに戻ってるアーサー。考え込んでいて市長夫人に心配されてる。
兄がバラバラ死体になったことを聞いて病院には行けなくなったアーサー。
会話からアーサーの兄の名前がジョージとわかる。
市長夫人は自分は子供が出来なくてヒラリーは孤児なのよと言ってます。

市長とアーサー。
住む所はどうする?と言われるアーサー。クライブのパブにするか?
まだ光を見たと主張するアーサー。市長は聞いてない。

ホールにて。
全員集合になってます。神父を待つ。

クルマが走ってきます。赤いミニです。
神父はこのクルマで通ってます。町専属の神父ではない。
→1965 Morris Mini Minor MkI [YDO4]

アーサーはまた徒歩で町から出ようとしてる。
そんなところに改造車が集まる。

ホールにて。
神父が来て歌になってます。

外にて。
暴走車がクラッシュして大騒ぎになってます。

チャーリーの自宅にて。クルマのスクラップで出来てます。
ここに来てるアーサー。チャーリーはジャガーのマスコット出来た風鈴を見せる。

ホールにて。
歌が終わって神父のお話になってます。
市長の話しになります。仮装舞踏会とかジムカーナの話しになる。

また徒歩で移動のアーサー。壊れたトラックのとこに来てます。
トラックのサイドミラーをいじるアーサー。光はこれが反射したのか?
→1949 Fordson Thames ET6

ホールにて。
集会が終わって帰りになってます。アーサーがここに来てます。
市長ではなく神父に話そうするがコンタクト出来ず。

そんなわけで森を徒歩で移動するアーサー。
そんなとこに市長のクルマが迫る。乗ってと言われて乗るアーサー。
→1958 De Soto Firesweep [LS1-L41]

町を見下ろす場所に来て話しになります。
アーサーを養子にしようと言い出す市長。そうなるのか。
会話から市長夫人の名前はベス。
よそ者の神父には相談するなと市長。

会議にて。
駐車係の仕事を提案する市長。この仕事はアーサーを任命する。
腕章を渡される儀式になります。

市長の自宅にて。
アーサーはここに戻ってます。
外では暴走車が走ってます。市長自宅のフェンスを破壊する。

チャーリーが徒歩で移動中。それだけ。何なんだ?。

外にて。
アーサーを腕章を付けて仕事に入る。
しかしこの町の人達には駐車違反という概念がないので相手にされない。

道路にはパリボウルの横断幕がでています。仮装舞踏会のことです。
アーサーは暴走族軍団に駐車違反の話しをするが当然無視される。
逆に絡まれるがさすがに保安官が止めに入る。

チャーリーですが例のトラックのところに来てます。
神父の赤いミニが接近します。そうなるとどうなる。

保安官事務所にて。
アーサーともめた2人が来てます。
そんなところに市長が来て外に出ろと言い出す。そうなるとどうなる。

外では町の住人が集合してます。
市長は見せしめで暴走車1台を燃やすと言い出す。マジで燃やしてます。
そうなると暴走族軍団の恨みを買うわけです。

神父の赤いミニがクラッシュしてルーティン作業になってます。
さすがに神父を事故らせたのはまずいといった感じになってます。
そんなわけで下手人のチャーリーを責める市長。チャーリーは聞いてない。

いかついマックスは市長の子分でトラックを使う。
→Studebaker US6 [G-630]
メトカフさんとは誰?→議員らしい。

神父殺しなので医者はかかわりたくないと言い出す。
とにかくチャーリーを病院に連行してます。
市長ですが道路は封鎖。舞踏会は決行する。死体とクルマは処分すると宣言してます。

パリ・ビクトリー・ホールにて。普通の倉庫ですがそうなってます。
かなり時間が経過してますがカーアクションにはなりません。
何しろカーアクションには全く興味がなさそうなピーター・ウィアー監督なのでそうなるみたい。

市長の自宅にて。
荷物をまとめてるアーサー。そんなところに市長が来ます。
衣装を来て舞踏会に出ろと命じる市長。

パリ・ビクトリー・ホールにて。
仮装舞踏会は始まってます。アーサーもいます。
ダンスになったと思ったら病院一行が来てダンスは中断になります。

議員の挨拶になります。名前がわからん。
途中から掛け声に変わって盛り上がっています。

夜、暴走族軍団が並んで集合してます。
いよいよ町を襲うようです。有名なトゲトゲなクルマがようやく登場します。

パリ・ビクトリー・ホールにて。
マックスのトラックが来て市長に奴らが来てると報告する。
いつも通りにしろと命じる市長。

マックスのトラックが引き上げたあとにトゲトゲクルマが来ています。
このベースになってるのはワーゲン・ビートルです。
→Volkswagen 'Beetle' [Typ 1]

マックスのトラックが暴走車に囲まれてしまう。降参してるマックス。
このへんは仮装舞踏会とカットバックされています。それに町の風景が入ったりする。

暴走族軍団が民家を壊し始めます。これは大変。市長の自宅も壊される。
さすがに仮装舞踏会でも何だかおかしい?となってます。
暴走族軍団は教会のパリタウンホールを壊す。舞踏会の会場の玄関張り出し部も壊す。
そんなわけで出入り口が開かなくなってます。

町はもうめちゃくちゃになってます。大混乱。
暴走車のボンネットには死体のマックスが乗せられています。これはオーストラリアのカーアクション映画には必ずあるシーンらしい。

町の住人も反撃して暴走車を壊したりしてます。
トゲトゲのクルマは窓が光ってるけど何か意味があるのか?わからん。
ニール議員はトゲトゲのクルマと対決して串刺しにされて退場になってます。

アーサーは追われて市長のクルマに逃げ込む。
市長に檄を飛ばされてバックで暴走車に何度も突っ込んでます。これで1台を片づける。
よくやったと市長に言われても上の空なアーサー。それでどうなる。
運転出来たと言ってるアーサー。それがオチかい。

市長は町は封鎖されていると言い出す。しかし町の人達は町から避難してます。
病院でも避難してます。

アーサーは自分のクルマに乗り込む。
市長が止めるがアーサーをクルマを発進させる。

夜の道でクルマを走らせるアーサー。まだ町から避難する人達が大勢います。
避難する人達を抜けてクルマを走らせるアーサー。

市長は町で1人で佇む。
誰もいない夜の道でクルマを走らせるアーサー。
このシーンは『わらの犬』(1971年)の引用みたい。
黒味になってエンドとなります。

後タイトル
キャスト
John Meillon The Mayor
Terry Camilleri Arthur Waldo
with
Kevin Miles Dr. Midland
Rick Scully George Waldo
Max Gillies Metcalfe
Danny Adcock Policeman
Bruce Spence Charlie
Kevin Golsby Insurance man
Chris Haywood Darryl
Peter Armstrong Gorman
Joe Burrow Ganger
Deryck Barnes Al Smedley
Edward Howell Tringham
Max Phipps Mulray
Melissa Jaffer Beth
Tim Robertson Les
Herbert Nelson Man in House (as Herbie Nelson)
他の出演者の面々

そんなわけで不条理映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.07.28

『課外教授』

このエロサスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロジェ・ヴァディム監督、ロック・ハドソン、アンジー・ディキンソン、ジョン・デヴィッド・カーソン主演のエロサスペンスのようです。

1971年 Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) アメリカ作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆Pretty Maids All in a Row
プロット◆殺人事件で色々とある話しのようです。
音楽◆ラロ・シフリン

キャスト
ロック・ハドソン→絶倫のタイガー教頭
アンジー・ディキンソン→代理教師のベティ・スミス
ジョン・デヴィッド・カーソン→ヘナチョコなポンス

ロディ・マクドウォール→事なかれ主義の校長
テリー・サヴァラス→州警察のサーチャー警部
キーナン・ウィン→地元警察のポドルスキ署長

ジェームズ・ドゥーハン→部下刑事のフォロ
ウィリアム・キャンベル→警官のグレイディ
フィリップ・ブラウン→アメフトのジム・グリーン

バーバラ・リー→タイガー教頭の夫人ジーン
スーザン・トルスキー→メガネのクレイモア先生

The Pretty Maids
ブレンダ・シーケス→パメラ アフロヘアの黒人の女の子パム
ジョイ・バング→フットボール場のリタ
グレッチェン・カーペンター→1番手のマージョリー (as Gretchen Burrell)
ジョアンナ・キャメロン→機械室のイボンヌ
エイミー・エックルズ→アジア系ヒルダ
ジューン・フェアチャイルド→テープレコーダーのソニー
マーガレット・マーコフ→ポリー
ダイアン・シェリー・ケイス→シェリル (as Diane Sherry)
不明→トイレのジル

ロジェ・ヴァディム監督の演出はよいと思います。
今見ると全体的にラノベみたいな感じになってます。一応ソフトポルノサスペンスになってます。

製作脚本が『スタートレック』シリーズで有名なジーン・ロッデンベリーなのにはビックリ。どうしてこうなった?。
おそらく主人公のタイガー教頭はジーン・ロッデンベリーの理想のキャラクターなのでしょう。
ソフトポルノなんですが妙に品行方正なのもそんな感じ。

キャスティングは素晴らしい。昔TVで見た時はわからず。
女優さんはアンジー・ディキンソン以外は全く無名。
後に有名になった女優さんもいない。これは残念。
無名でも1970年代美人ばかり。オーディションがちゃんとしていたのでしょう。これもジーン・ロッデンベリーのおかげなのかも。
1971年製作なのもよかったと思えます。1971年は傑作が多いんです。

スカパー! BS252 シネフィルWOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声は AAC 2/0chでモノラルだと思う。

Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)
タイトル
スクーターに乗って主人公のポンスが登場。
→Lambretta unknown
とにかく女の子の胸や股間が気になります。
歌が入ってます。

Metro-Goldwyn-Mayer presents

Rock Hudson Tiger
Angie Dickinson Miss Smith
Telly Savalas Surcher

Pretty Maids All in a Row

co-starring
Roddy McDowall Proffer
Keenan Wynn Poldaski

introducing
John David Carson Ponce

futurering
James Doohan Follo
William Campbell Grady
Susan Tolsky Miss Craymire

The Pretty Maids
Brenda Sykes Pamela
Joy Bang Rita
Gretchen Carpenter Marjorie (as Gretchen Burrell)
JoAnna Cameron Yvonne
Aimee Eccles Hilda
June Fairchild Sonny
Margaret Markov Polly
Diane Sherry Case Sheryl (as Diane Sherry)
スタッフの紹介
製作脚本がジーン・ロッデンベリーです。たまげた。

タイトルバックに出てくる女の子達はきれいに撮れてます。
1970年代風のヘアスタイルやファッションが素晴らしい。

オーシャン・フロント・ハイスクールにて。
校内に入っても女の子に目が行くポンス。

授業にて。
私が代理教師ですとベティ・スミス先生が登場。
微妙に老けた感じのアンジー・ディキンソンが素晴らしい。
ポンスは授業中にトイレに行く。

トイレにて。
ポンスはオナニーするわけでもなくぼう然としてる。
ふと隣りを見ると生足が出ています。
隣りには女の子の死体があってビックリのポンス。
女の子のお尻には『さよならハニー』とメモが貼ってある。
驚愕したポンスはプロファー校長に知らせに走る。

教頭室にて。
ロック・ハドソン演じるタイガー教頭は女の子はよろしくやってます。
ゲイで有名なロック・ハドソンが女殺しのマッチョな教頭を演じてます。本人がどう思っていたのかが興味深い。

プロファー校長はロディ・マクドウォールが演じてます。完璧なキャスティングだ。
ジルが死んでますと知らせるポンス。知り合いらしい。
そんなこんなでようやく死んでると通じてます。

警察が来ます。
キーナン・ウィンがポルダスキ署長を演じます。完璧なキャスティングだ。
そんな感じで大騒ぎになってます。

トイレにて。
やじ馬を追っ払う署長。校長にはアメフトの話しかしない。
ポンスはアメフト部のマネージャーをやってる。

教頭室にて。
教頭はまだ女の子とよろしくやってます。
ようやくパトカーに気がついてる教頭。それでどうなる。

トイレにて。
テリー・サバラスが州警察のサーチャー警部を演じてます。完璧なキャスティングだ。
署長は大事な証拠のメモをいじり回して警部に渡してます。あきれた警部は署長に交通整理を命じてます。

渋滞の交差点ににて。
そんなわけで交通整理をしてる署長。

教頭室にて。
教頭はまだ女の子とよろしくやってます。ようやく女の子は服を着て出ていく。
内線電話がようやく事件を伝える。

関係者が集まってます。
ロディ・マクドウォール校長は素晴らしいチアリーダーでしたとしか言ってない。
凄いな。ロディ・マクドウォールは名演してます。
会話からタイガーは教頭でアメフトのヘッドコーチもやってるようです。
アメフトとチアリーダーの話しばかりになってます。ポンスが事件の話しにしようとしてる。

外にて。
教頭とポンス。
すぐセックスネタに持ち込む教頭。何しろ絶倫なのでそうなる。
どうやらポンスはインポらしい。そんな感じ。
そんなところにスミス先生が来ます。大変だったわねとポンスを励ます。
それよりスミス先生のおっぱいが気になるポンス。

教頭室にて。
今度はメガネの女の子を相手にしてる教頭。
部屋にいたスポーツ嫌いな男子生徒に勉強ばかりではなくスポーツをやれと助言する。
その男子生徒が出ていくと女の子は準備万端で裸になってるわけです。

このへんの印象ですが昔TV放映を見たのと同じです。そりゃそうだ。
今見ても十分に面白いのが凄い。

海岸の教頭の自宅にて。
帰宅する教頭は外を歩く凄い美人にコンタクトする。
またナンパなのかと思ったら夫人でした。このへんも面白い。
娘が1人います。そんな感じで理想的な家庭といった感じ。

高校にて。
相変わらずパンチラに目が行ってるポンス。

化学室にて。
女の子から事情聴取の警部。部下刑事もいます。
被害者はジル。その交友関係を聞いてるようです。
会話から聞かれてるのがヒルダ・スリッカーと名前がわかります。アジア系美人。
次はイボンヌ・メリッシュ。

教頭の授業です。
自由に討論させせるのか?そんな感じ。

廊下にて。
授業が終わった教頭はスミス先生を教頭室に呼ぶ。5時間目に会うことになります。

教頭室にて。
小型オープンリールのテープレコーダーの音声メモを聞いてる警部。
教頭から事情聴取になります。心理学を専攻してる教頭。殺されたジルの交友関係を聞きますが要領を得ず。
手紙というかメモについては性格異常者でしょうとなる教頭。

この小型テープレコーダーはAIWAのテープレコーダーです。
他に登場するテープレコーダーは2300という型番からするとブランド名は黒テープを貼って隠してありますがTEACでしょう。

5時間目の教頭室にて。
予定通りにスミス先生が来ます。
教頭は円筒に板を乗せ板の上に立ってバランスをとる運動をやってます。
それから思わせぶりなシーンになります。
で、教頭はスミス先生にポンスの面倒を見てくれと頼みます。ポンスは性的劣等感を持っていると説明する。
そのためには成熟した女性の友情が必要だと力説する教頭。
ポンスは全くのインポだと教える教頭。それなら安心して面倒を見れるわけです。

クルマのスミス先生。スクーターのポンス。
ポンスに課題を教えるから自宅に来るように誘うスミス先生。

化学室にて。ここはいつも空いてるので使ってる感じ。
アフロヘアの黒人の女の子から事情聴取の校長。警部もいます。
次のの女の子はソニー。要するに男関係を聞いてるようです。

スミス先生の自宅にて。アパートではなく借家みたい。
スクーターで移動のポンスが着きます。課題はミルトンの『失楽園』です。

教頭の自宅にて。
夫人と教頭。チェスをやっていい感じになってます。

カットバックしてスミス先生の自宅にて。
スミス先生が喋る口のクローズアップショットがあります。
ココア=ホットチョコを作りましょうとなります。ポンスはトイレに行きます。

高校にて。
警部と部下刑事は大量の手紙を調べています。

スミス先生の自宅にて。
トイレのポンス。どうやら勃起してるらしい。話しとは違う。
スミス先生はポンスはインポだと思ってます。そうではありません。
そんなこんなであらま大変となるスミス先生。素敵と言ってくれる。

妙に生真面目なセリフはジーン・ロッデンベリーなのか。

高校にて。
警部は部下刑事は大量の手紙を調べています。何かわかったらしい。

教頭の自宅にて。
TVで高校殺人事件のニュースを見てる教頭。TV音声を消してテープレコーダーに音声メモをとってます。
そんなとこに警部が来ます。
手紙の『さよならハニー』の手がかりが見つかったと警部。
アメフト選手の1人ジム・グリーンが同じ文句を書いてるとのこと。
警部はジム・グリーンを引っ張るつもり。教頭はジムは犯人ではないと反対する。

高校にて。
歌が入ります。ベトナム戦争に行ったアメリカ兵を励ます歌のようです。
ナパーム弾を降らせる中を・・・どうのこうのな歌詞になってます。結構凄い。

校内にて。
お巡りがメガネの女先生を抱っこして走る。
犯行現場の1階化学室から2階トイレまで運ぶ時間を計測してます。

トイレにて。
ここに署長がいたりして大騒ぎになってます。
犯人は犯行現場に舞い戻ると主張する署長ですが激怒した警部にまた交通整理をやらされるオチになります。

体育館にて。
バレーボールをやってる教頭。見てるポンス。
一段落して話しになる教頭とポンス。
スミス先生の話しをするポンス。勃起を褒めてくれたので自分を好きなのでは?と聞く。
何故か女の子達の体操の授業の近くで会話してます。
素敵と言われたのにあれからすぐに自宅から追っ払われたと不満なポンス。

教頭室にて。
報告に来てるスミス先生。ポンスのインポは治ったのでいいでしょうととなる。
教頭は何故興奮したのがよく調べてくれと言ってます。
スミス先生ですがボーイフレンドと別れて13ヶ月とのこと。そんなことまで言ってる。

いきなりスミス先生のおっぱいを掴む教頭。
冷静に観察しなさいと見本を見せてるらしい。
それからキスの実践になってます。いい感じになってるスミス先生。
で、このようにやるんだよというオチになります。

部屋の外には女の子のパムが来ます。アフロヘアの黒人の女の子。
そんなわけで入れ替わって部屋から出るスミス先生。
廊下には教頭室を見ている他の女の子もいます。名前は不明。

グラウンドにて。
チアリーダーとアメフトの練習になってます。
高校のアメフトのヘッドコーチとなると地元の大スターです。勝ってればなおさら。
チアリーダーの1人が意味深に見ています。教頭を見てると思う。
警部もここにいたりします。色々と意味深になってます。

ロッカールームにて。
教頭がアメフトの選手達を気合いを入れてます。
ポンスは教頭からスミス先生のことを言われてます。また訪ねろとなります。

教頭室にて。
逆立ちして部屋に入る教頭。女の子が待ってます。
この女の子はもうセックスだけではなく結婚したいと言い出す。そうなるとどうなる。
ジルのことを知ってるのよと脅迫になる女の子。
あの夜あとをつけた。海岸まで、5日前の夜・・・
そのことを誰に話した?は詰問する教頭。女の子の脅迫は止まらない。

GSにて。
クルマにガソリンを入れてるスミス先生。
→1961 Plymouth Valiant V-100
教頭のクルマを見つけて呼ぶがクルマは行ってしまった。
→Mercedes-Benz 220 SE [W111]
自分のクルマに戻ってGSの看板を見るとタイガーGSで満タンにでした。頭に来てクラクションを鳴らすとGSのオッサンがビックリするギャグが入る。

高校にて。
担当のオッサンが日常点検で機械室に入ると女の子の死体があってビックリ。
メモには『クールに行こうハニー』とあります。
そんなわけで大騒ぎになります。署長は交通整理をやってるし。

関係者が図書室に集まって会議になってます。
アメフトの試合は中止にした方がいいとなるが教頭はやりますと主張する。

外にて。
教頭の指導で戯曲の朗読になってます。黒人のジムが朗読する。
これを見ている他の生徒達。
警部もいます。女の子からモリエール作の『ドン・ジュアン』と教えてもらう。
教頭は警部がいることに気がついた。

スミス先生の自宅にて。
本『愛のテクニック全図鑑』を熱心に読んでるスミス先生。
そんなところに呼び鈴が鳴ります。ポンスが来ました。これは予定外。

偶然に来ましたと説明するポンス。お酒入りアヒルのチョコを持参してます。
高いのねとスミス先生が言えば父が死んで遺産が入りましたと説明してるポンス。
で、昨夜のことをお互いに謝罪してます。これでポンスは速攻で帰ってます。
しかし鍵束を忘れてます。

グラウンドにて。
クルマで来てる教頭とブロンドの女の子。
いきなりシートと倒す教頭。速攻でセックスになるようです。

カットバックしてスミス先生の自宅にて。
ハイレグのナイトガウンに着替えてるスミス先生。これが凄い。
キーを忘れたと戻ったポンスとキーを探すスミス先生。

LPレコードをかけて雰囲気を出すスミス先生。
ステレオセットですが一体型のステレオレシーバーが十分なんです。
当時の日本ではメーカーは機能別にバラバラにしたコンポを売って大儲けしていたけど。

グラウンドにて。
クルマの教頭とブロンドの女の子。もうおっぱいを出してます。

スミス先生の自宅にて。
ダンスになるスミス先生とポンス。
ナイトガウンの型の紐がほどけて何とか戻そうするポンス。
ところでアンジー・ディキンソンですが結局乳首は見せていません。

スミス先生がポンスに抱きついたからテーブルのアヒルチョコに乗って潰してしまう。
そんなわけでポンスのズボンはチョコとお酒まみれになります。
これでズボンを洗濯して脱がして風呂にも入れる必然な設定になるわけです。

スボンを洗うスミス先生。
スミス先生が風呂に入ったポンスの石鹸とアソコを間違うシーンになります。
ここからキスになってます。

グラウンドにて。
クルマの教頭とブロンドの女の子。
いいとこでいきなり署長がフラッシュライトで照らします。慌てる女の子。
キーナン・ウィンはゲスな感じで名演してます。
さすがに気まずいので無理やりアメフトの話題にしてる教頭。それから署長をクルマから遠ざけてます。
女の子は歯医者の娘だと知ってる署長。狭い世間のようです。
このことは黙ってるからアメフトの試合には勝ってくれと言ってます。
それから必ず犯人をあげると意気込む署長を覚めた目で見ている教頭。

クルマで待ってる女の子。教頭だけが戻ってきます。
一安心の女の子。それでどうなる。

スミス先生の自宅にて。
もうセックスは終わって満足のスミス先生とポンス。いい感じになってます。
星と人間の数の話しになってます。

高校にて。
スプリンクラーがグラウンドに水を撒いてます。
しかしそのグラウンドには署長と女の子の死体があったりします。
メモは『可哀そうなハニー』となってます。署長の方は不明。

大騒ぎになってます。交通整理は署長がいないので他のお巡りがやってる。

警部、警官、部下刑事が集まってミーティングです。
優等生が3人。それに署長が殺された。連続殺人事件だ。

校長といつも一緒にいるメガネの女先生。取材攻めで大変な校長。
メガネの女先生ですがようやくクレイマイヤー先生と名前がわかった。

教頭室にて。ヒルダといい感じになってる教頭。
スミス先生とポンスもいい感じになってます。

警部に教頭についての報告する部下刑事。
空手もやってる。レンジャー部隊にもいた。何でもやってる。
そんな感じのスーパーキャラのようです。
警官が教頭室のテスト中のランプが点灯してますと報告する。

教頭室前にて。
そんなわけで合い鍵を使ってテスト中のランプが点灯してるとことを踏み込む警部一行。
しかしいたのは教頭とポンスでした。空振りです。

教頭とポンス。
ポンスはスミス先生と結婚したいと言い出す。
教頭は君が大学出たらこの高校に教師として戻ってくれと頼み込む。私が校長で君が教頭だと勧誘してます。

桟橋にて。
教頭と夫人に娘が3人でいます。旅行する話題になってます。

葬儀にて。
関係者がそろってます。教頭は涙を流してます。
校長は4人死んだがアメフトの試合は中止にならずによかったと言ってます。ロディ・マクドウォールが言うと説得力がある。
4台の霊柩車の後ドアが次々と閉じるいいシーンかあります。

グラウンドにて。
アメフトの試合が始まる前のセレモニーになってます。

教頭室にて。
女の子が勝手に来てポラロイド写真を撮ったりしてます。
勝手にテープレコーダーにメッセージを録音してます。そうなると録音が止まらない状態になる。
そんなとこに教頭が戻ります。もう会うのはよそうと言い出す。この会話が録音されているわけです。

廊下にて。
教頭室を伺ってる警部。

グラウンドにて。
アメフトの試合が始まってます。

廊下にて。
教頭が部屋から出てきます。それで警部はどうする。

グラウンドにて。
アメフトの試合は相手チームに押されてます。先制の7点をとられる。

ハーフタイムのロッカールームにて。
勢いのないチームに気合いを入れる教頭。

グラウンドにて。
この事件に対する黙とうをやってます。
アメフトの試合の方は後半に盛り返して逆転して勝ってます。
それで警部はどうする。

教頭室にて。
ポンスが先に戻ってます。テープレコーダーがリールがテープを巻き取った状態で動いてます。
テープを聞いて机の引き出しを開けたらヌード写真があります。
写真を眺めていたらテープが進んで教頭と女の子の会話が聞こえてきます。

そんなとこに教頭が戻ってきます。平静を装う教頭。
ポンスが帰ろうとすると教頭はクルマで送ると言い出す。

グラウンドにて。
警部は部下刑事とお巡りに教頭を尋問すると言ってます。

夜の桟橋にて。
クルマの教頭とポンス。
まずは最初の殺人の言い訳をする教頭。トイレのジルです。
教頭は女子にはセックス、男子にはスポーツ、これで実績を上げていた。
殺すなんてと嘆くポンス。

ここで桟橋を走って逃げるポンスのシーンが入ります。
教頭の言い訳にカットバックして逃げるシーンが入る。

ジル殺しの理由を話す教頭。今の夫人と離婚して結婚してくれと脅迫した。
走って逃げたポンスがクルマで回り込まれるシーンが入る。クビを絞めるシーンも入る。

クルマのエンジンをかける教頭。まだポンスは乗ってます。
送っていこうとクルマをスタートさせます。
アクセル全開。教頭はアクセルが戻らないと言ってる。
クルマはそのまま桟橋から転落する。あっという間にに沈みます。

シーン転換してまた葬式です。
今度はこの高校の功績者 教頭の葬式です。
ポンスは参列してます。死んでなかった。
神父は沈むクルマから身を挺してポンスを押し出したと教頭を賛美してます。
教え子を助けて英雄になって死んだことになってる教頭。遺体は上がっていない。

警部はあちこちを伺ってます。
スミス先生は隣りの男から手を出されてるけどまんざらでもない感じ。
教頭夫人はいます。悲しみに暮れている。

葬式は終わり解散になってます。
教頭夫人のバッグからブラジル航空のチケットが落ちる。
これを目撃してる警部。

ポンスは女の子に声をかける。有名になったので反応はいい。

警部と部下刑事にお巡り。
俺は休暇をとる。ブラジルに行くと言ってる警部。

ポンスは違う女の子に声をかける。こっちも悪くない反応です。
もう手当たり次第の入れ食いといった感じ。君のうちに行くよ・・・

スクーターではなく大型バイクのポンス。
しかしバイクはハーレーではない。これが長い間の謎でしたが今回見てわかりました。
空冷2サイクル並列2気筒エンジンのスズキT500なんです。ハーレー風のカウル付きです。これはビックリ。
→1968 Suzuki T 500 Cobra
女の子を後ろシートに乗せて走り去るポンス。

スクロールするキャスト。
Pretty Maids All in a Row
the end
Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)


そんなわけで1970年代らしいよい作品でした。傑作だと思います。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.07.27

『課外授業』

このソフトポルノ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ヴィットリオ・デ・システィ監督、キャロル・ベイカー主演のソフトポルノドラマのようです。

1975年 T.R.A.C. S.r.l.production=Torino Roma Attivita Cinematografiche イタリア作品
ランニング・タイム◆88分
原題◆Lezioni private
プロット◆先生とお知り合いになったりする話しのようです。
音楽◆フランコ・ミカリッツィ

キャスト
キャロル・ベイカー→新任の教師ラウラ・フォルメンティ

ロッサリーノ・チェラマーレ→生真面目なアレッサンドロ
エミリオ・ロクルシオ→盗撮のガブリエル
ルイーザ・マネリ→ガブリエルの妹パオラ (as Anna Luisa Pesci)
レオノーラ・ファニ→Emanuela Finns

カルロ・ジフレ→アレッサンドロののパパ ルイージ
コンスタンチナ・ペトコバ→アレッサンドロのママ ジゼラ
ユージン・ウォルター→アレッサンドロの伯父さん (uncredited)
フェミ・ベヌシ→伯父さんの夫人 ロジーナ (as Femy Benussi)

レオポルド・トリエステ→変態のオッサン The Exhibitionist

ヴィットリオ・デ・システィ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のソフトポルノになってます。

スカパー! BS252 シネフィルWOWOWにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声はわからん。
R-15指定云々のアラート

タイトル
a T.R.A.C. S.r.l.production

Carroll Baker Laura Formenti

The Private Lesson
英題です。

Rosalino Cellamare Alessandro Corsini
Leonora Fani Emanuela Finzi
Femi Benussi Rosina (as Femy Benussi)
Leopoldo Trieste The Exhibitionist
and with
Renzo Montagnani Giulio
as the uncle

with the special participation of
Carlo Giuffrè Luigi

Emilio Locurcio Gabriele
Constantina Petkova Gisela
Rossano Jalenti
Luisa Maneri Paola (as Anna Luisa Pesci)
Riccardo Mangano
スタンフの紹介
タイトルバックは駅に電車が到着です。

本編です。
電車から降りた新任のピアノの先生ラウラ・フォルメンティは急いでる少年アレッサンドロ・コルシーニとぶつかる。
そんなベタな感じで話しは始まってます。

セリフは英語でなくイタリア語です。
そうなるキャロル・ベイカーのイタリア語は吹き替えのはず。

葬儀にて。
マテゾーニ先生は美徳にあふれた人物だったと話してる神父。
そんなところにアレッサンドロが到着してます。
ラウラ先生も到着してます。花を持ってます。
アレは誰?となって亡くなった先生の後任だろとなってます。

街にて。
変態のオッサンが登場。コートを脱ぐと全裸です。そんなわけで大騒ぎになってます。
逃げた変態のオッサンはご満悦。コートの袖に成功の×印を書き込んでます。

シーンがつながってピアノの授業にて。
新任のラウラ先生がピアノを弾いてます。
退屈そうにしてる生徒はいたずらの準備をする。
アリーチェにズボンが膨らんでるとことを見せる男子生徒。
膨らませた風船が破裂してラウラ先生がお説教をする。

授業が終わって廊下にて。
アレッサンドロとパオラ。ガールフレンドです。
ラウラ先生の話題になってます。

アレッサンドロの自宅にて。
ピアノの練習のアレッサンドロ。
ママは無駄に明るいタイプ。パパのルイージは普通です。
税理士のオッサンが来たりします。

パオラの自宅にて。
アレッサンドロから電話を受けるパオラ。
パオラの兄貴がいたずらをしていた生徒です。名前はわからん。→ガブリエルです。

野原にて。
自転車で来たガブリエルと子分2人。
コンドーム付けの競争になってます。とにかくそうなっなる。

アレッサンドロとパオラ。
マッチの火を点けてるアレッサンドロ。
何だかわからんシーンでした。

アレッサンドロの自宅にて。
洗面所にこもってるアレッサンドロ。パパが早くしろとせき立てる。
パパがアレッサンドロに説教する。当然セックスネタです。

外にて。
またラウラ先生とぶつかるアレッサンドロ。
凄くわざとらしい設定で話しは進む。何となくお知り合いになってる。
エマヌエラの名前が出ますが誰だかわからん。

アレッサンドロとパオラ。
パオラはアレッサンドロとラウラ先生が一緒にいたのでご機嫌斜めです。

オッサン先生の授業にて。
退屈そうにしてる生徒たち。授業が終わります。

ピアノの授業にて。
ラウラ先生のストッキングが気になるアレッサンドロ。
連弾の練習になってラウラ先生と並んで弾くアレッサンドロ。

その頃街では変態のオッサンが観光バスを待ち伏せしていた。
さっそくコートを開いて全裸を披露するがおばさんばかりなので喜んで写真を撮ってます。
当てが外れたので逃げてる変態のオッサン。

学校にて。
廊下で神父からお褒めの言葉を預かるラウラ先生。

女の子2人が登場。誰だかわからん。
たぶんパオラともう1人はマジでわからん。
化粧談義になってる実際に化粧をしてます。それからおっぱい談義になってパオラハおっぱいを見せてます。80のAカップなのでそれなりなおっぱい。

街にて。
アレッサンドロとガブリエル。
ピアノ談義になってます。ラウラ先生がネタだけど。

ピアノの授業にて。
レコードを聞いてます。ラウラ先生の様子は何だかおかしい。恍惚としてる。
そんなわけでラウラ先生に注目してる男子生徒たち。

パスにて。
ラウラ先生が乗ってます。尾行するガブリエルも乗ってます。
まだ恍惚気分が抜けていないラウラ先生にオッサンが注目してます。

ラウラ先生の自宅アパートにて。
帰宅するラウラ先生。尾行してるガブリエル。

隣りの建物にて。
ここのトイレに入り覗きをするガブリエル。
そんなわけでラウラ先生の着替えを覗いてるガブリエル。

アレッサンドロの自宅にて。
ママからお尻に注射されてるアレッサンドロ。マジでやってる。いいのか?
また税理士が来ます。ここの会話で税理士とわかった。帳簿を持ってきました。

ママはかってにフォルメンティ先生との個人指導を決めてます。
渡りに船な感じのアレッサンドロ。週3回の個人指導。

次のシーンでもう個人指導になってます。
アレッサンドロとラウラ先生。
ピアノの調子が悪いと下に潜り込んでラウラ先生の下半身を覗いてるアレッサンドロ。
そんな感じで話しは進む。

ガブリエルの自宅にて。
パパからカメラを借りてるガブリエル。最新のカメラだと説明するパパ。
まだ自分でシャッタースピードと絞りの設定するマニュアルのカメラです。

ラウラ先生の自宅アパートの隣の建物にて。
ちょうどいいあんばいでラウラ先生は全裸でオナニーをしていました。
トイレから覗いてカメラで写真を撮りまくるガブリエル。

ガブリエルの自宅にて。
現像作業をしてるガブリエル。パパのカメラ道楽で機材はそろってるようです。
そんなわけでエロ写真をゲットするカブリエル。

外にて。
アレッサンドロとパオラが自転車で移動中。
ラウラ先生への嫌味を言ってたラウラは転倒する。
パオラを介抱するアレッサンドロ。いい雰囲気になるがそこまで。

ラウラ先生の自宅アパートにて。
ここに乗り込んで脅迫にかかるカブリエル。
ラウラ先生がプリントを破ってもネガがあるぜとうそぶく。
それでエッチな服を着させるようです。

公園にて。
また変態のオッサンがうろついてます。
子供たちがインディアンごっこをやってます。
そんなとこに突撃する変態のオッサン。コートの前を開けたらそこに弓矢を撃たれてあわてて逃げてます。

カフェにて。
アレッサンドロとガブリエル。
ラウラ先生の話題になります。
カブリエルは自分の選んだ服でラウラ先生に授業をやらせるようです。ガブリエラはそういう変態なのか?

ピアノの授業にて。
ラウラ先生が上着を脱ぐとノーブラのシースルーブラウスになってます。
これはビックリの男子生徒たち。動揺するアレッサンドロ。ご満悦のガブリエル。

アレッサンドロの自宅にて。
夫婦で口論になってます。
アレッサンドロは洗面所にこもってます。

ラウラ先生の自宅アパートにて。
またガブリエルが来て脅迫の続きをする。

アレッサンドロの自宅にて。
ラウラ先生の個人指導になってます。ここでもシースルーブラウスです。
何故かカブリエルまでいたりします。お茶を持ってきたらラウラ先生にぶちまける。
わざわざアレッサンドロに拭かせてるのガブリエル。そういう変態らしい。

ボートにて。
デートのアレッサンドロとパオラ。
セックスしたいわと言い出すパオラ。やる気になるアレッサンドロ。
いいとこになったらオッサン2人のボートがぶつかって中止になる。

ピアノの授業にて。
今度のラウラ先生はシースルーブラウスでなく大股開きです。

アレッサンドロとガブリエル。
無理やりラウラ先生の話題にしてるガブリエル。

アレッサンドロの自宅にて。
帰宅するアレッサンドロ。ママに税理士が愛してますと迫るとこでした。
その気にはならないママなので大騒ぎになってます。
わざと大きな音を立てて帰宅するアレッサンドロ。

翌朝にて。
テラスで朝食のアレッサンドロとパパ。
パパは相変わらずセックス談義をしてます。

ラウラ先生の個人指導にて。
またガブリエルもいます。ラウラ先生に暑いならブラウスを脱げと命じる。
ブラウスを脱いだラウラ先生にわき毛があるとケチをつけるカブリエル。
会話からカブリエルの姓はフィンチとわかる。
そんなわけでアレッサンドロとカブリエルるラウラ先生のわき毛を剃ってます。

次はおっぱい丸出しになってるラウラ先生。
カブリエルはマッチを3回点けてよく見ると言い出す。
1回目がおっぱい。1回目がお尻。3回目がアソコです。
アソコはボカシ付き。この作品は恥毛しか見えないのに執拗にボカシが付いてます。
耐えられなくなったのかアレッサンドロは外に飛び出す。追うガブリエル。

外にて。
アレッサンドロとカブリエル。
口論になって噴水に飛び込んでケンカになってます。

アレッサンドロの自宅にて。
びしょ濡れのアレッサンドロが帰宅するとママは大騒ぎ。
噴水に落ちたと言い訳のアレッサンドロ。

公園のカフェにて。雨が降ってます。
やって来たアレッサンドロは公衆電話を使う。
ラウラ先生に電話してる。お話したいことがあります・・・

カフェにて。
アレッサンドロとラウラ先生。
これ以上続けられませんとアレッサンドロ。
ラウラ先生は何故こうしたのかは言えないけど好きでやっていないと言い訳する。

アレッサンドロの自宅にて。
家出すると宣言したアレッサンドロにママは大慌てになってます。
パパは相変わらずセックスネタです。ちゃんと避妊するんだとアドバイスする。
家出と言ってもパパの兄 伯父さんのとこに行くアレッサンドロ。
伯父さんのことをあいつは変人で女はいないとこき下ろすパパ。

伯父さんの自宅にて。
もう来てるアレッサンドロ。
伯父さんにはムチムチなロジーナ夫人がいたりします。話しとは違う。
弟は女にはもてなかった。アフリカの女の話しはでっち上げだとバラす伯父さん。
初めての女は俺が世話したとそこまで言ってます。
そんなわけでアレッサンドロのパパの印象は地に落ちてます。

ピアノよりダンスだとレコードをかけてダンスになります。
ロジーナ夫人や伯父さんからダンスを習ってるアレッサンドロ。

シーンは飛んで寝る時間のアレッサンドロ。
夫婦会話が丸聞こえなので成り行きで覗きに行きます。
階段のとこまで来たらロジーナ夫人が出てきてしまった。
ロジーナ夫人は服脱いで素っ裸で迫る。相変わらずボカシはあります。
そのままフェラチオしてもらったようです。見えないけど。

アレッサンドロの自宅にて。
夜中に突然の帰宅になるアレッサンドロ。
ママが説教するがアレッサンドロは怒鳴りつけて黙らせる。これまでとは違う。
パパはそれでいいと言ってます。またアフリカの話しになってるがそれはもう出まかせだとバレてます。

パオラの自宅にて。
ここに来てるアレッサンドロ。いるのはパオラだけです。
セックスしよう。いいわよ。と話しは早い。
まずはキスから入ってと思ったらパオラのおじさんが用事で来てます。
慌てて兄貴であるガブリエルの部屋に隠れるアレッサンドロ。

ガブリエルのベッドの下に潜り込むアレッサンドロ。
マットの下に写真があるのに気がつきます。ラウラ先生の全裸オナニーの写真です。

アレッサンドロの自宅にて。
ラウラ先生の個人指導です。ガブリエルもいる。
また無理を言ってるカブリエル。しかし今回は言う通りにしないラウラ先生。
逆にガブリエルを叩いてベッドに押し倒す。

ここで終わりだと種明かしをするアレッサンドロ。
ラウラ先生の全裸オナニーの写真は回収した。ネガも自分が持ってる。
そんなわけでガブリエルの脅迫ネタはなくなった。
ラウラ先生はガブリエルを押し倒して強姦する勢いです。
彼女はイカれてると言いつつここから逃げ去るガブリエル。ここからズラかるいい口実が出来たわけです。

アレッサンドロとラウラ先生。
脅迫談義になってます。愛してるとアレッサンドロ。
キスになります。それでセックスになってます。
キャロル・ベイカーですが一応おっぱいは乳首まで見えてます。

駅にて。
電車に乗り込むラウラ先生。ここを去るようです。

ヒマワリ畑にて。
ここを一緒に走ってるアレッサンドロとパオラ。
それから草原でセックスになってます。
今日の僕は違うんだとアレッサンドロ。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールするスタッフの紹介のみ。


そんなわけで普通のソフトポルノのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.13

『スモール・タウン・イン・テキサス』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
ジャック・スターレット監督、ティモシー・ボトムズ、ボー・ホプキンス、スーザン・ジョージ主演の1970年代アクションのようです。

1976年 American International Pictures (AIP)/Orion Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆A Small Town in Texas
プロット◆痴話喧嘩から色々とある話しのようです。
音楽◆チャールズ・バーンスタイン

キャスト
ティモシー・ボトムズ→刑務所帰りのポーク・ジャクソン
スーザン・ジョージ→子持ちのメアリー・ルー

ボー・ホプキンス→保安官のデューク
ジョン・カーレン→保安官補のレニー
クレイ・タナー→保安官補のジュニア
モーガン・ウッドワード→街の有力者のC・J・クレイン

アート・ヒンドル→ポークの知り合いブギー
ハンク・ローライク→赤いトラックのクレオタス
ジョージ・“バック”・フラワー→ポークの父の知り合いブル・パーカー
クロード・エニス・スターレット・Jr.→バス停でのビュフォード・テイラー

ジャック・スターレット監督の演出はよいと思います。
全体的に1970年代アクションになってます。
ロマンティック・コメディかと思ったら普通の1970年代アクションでした。

スカパー! CS227 ザ・シネマにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2.0ch

番組一覧

Orion Pictures
American International Pictures (AIP)

Samuel Z.Arkoff presents

Timothy Bottoms Poke Jackson
Susan George Mary Lee
Bo Hopkins Sheriff Duke
starring in

A Small Town in Texas

co-starring
John Karlen Lenny
Art Hindle Boogie
and
Morgan Woodward as C.J. Crane

futuring
Hank Rolike Cleotus
George 'Buck' Flower Bull Parker
Clay Tanner Junior
スタッフの紹介
タイトルバックではカントリーが流れてます。

夜、GSにて。
男が佇んでいます。主人公のポークが登場。
そんなとこにライトトラックのオッサンが登場。
→1947 Chevrolet 3100
降りてハンドガンで自分のトラックを撃ってます。最初からそうなるのか。

出所したばかりか?と聞かれてるポーク。服装でわかるらしい。
ポーク・ジャクソン、ビュフォード・テイラーと自己紹介になってます。
オッサンはポークにもトラックを撃てと言ってるの撃ってるポーク。
そんなところに長距離バスが来て乗り込むポーク。
そうなるとまだポークは移動するようです。途中で長距離バスを待っていたのか。
まだスタッフの紹介が続きます。

町にて。ここが舞台になるテキサスの町のようです。
役所兼警察といった感じの立派なビルにパトカーが来ます。
→1973 Dodge Polara
主人公のデューク保安官が登場。

出勤するデューク保安官。
部下のレニーが鏡でホールドアップの練習をしてます。
ジュニアから無線連絡です。ピングリー夫人がまた発砲した。
出動するデュークとレニー。

しかし外に出たとこでデュークはレニー1人だけで行かせてます。
デュークは違う用事があるようです。バスを待つと言ってます。

バスターミナルにて。
ここで待ってるデューク。そんなとこに長距離バスが到着します。
降りてきたポークに絡むデューク。
テュークに逮捕されて5年刑務所暮らしのポーク。十分に恨んでます。
道路の向かいから知り合いのルーシーに声をかけらるポーク。愛想はいい。
→1973 Dodge D-100 ClubCab
デュークにカリフォルニアに行くと言ってるポーク。その前にやることがある。

町工場にて。
知りあいのブーギーにコンタクトするポーク。
歓迎するブーギー。ビールを飲んで電話するポーク。
その前に見せたいものがあるとブーギー。それはポークのバイクです。修理済み。
バイクといえば映画だとハーレーですが珍しく違います。
→不明です。
そんなとこに黒人のオッサンの赤いトラックが来ます。
→1948 Ford F-Series
会う人が全員ポークの顔見知りです。さすがスモールタウン。
黒人のオッサンはクレオタス。
クレオタスがいなくなって遊びに行こうとブーギー。

メアリーの自宅にて。郊外です。
御婦人がクルマで出かけます。メアリーのママです。
→1958 Ford Custom 300 Styletone Fordor Sedan [73A]
パトカーのデュークとすれ違い挨拶してます。

メアリーにコンタクトするデューク。
洗濯物を干してるメアリー。息子がいます。
息子をお菓子で追っ払っていい感じになってるデューク。

酒場にて。
ポークとブーギー。
勝負しろとビリヤードになるがその前にメアリーに電話するポーク。
ビリヤードは英語で何て言った?→「ビリヤード」は英語でbilliardsまたはpoolと言います。カタカナ表記そのままでではないけどそれでいいみたい。

メアリーの自宅にて。
電話のベルが鳴って走って来てとるメアリー。
帰ってきたぞとポーク。息が荒いなとなる。
裏庭で仕事をしていたとメアリー。何の仕事だ?と突っ込みたくなる。
会話から息子の名前ケビンとわかります。

今から会いに行くポーク。母親がいるからと断るメアリー。
明日バーベキューがあるのでそこで会いましょうとなります。
デュークが来てメアリーと何だか微妙感じになってます。

酒場にて。
大勢にアメフトの話しをしてるポーク。
そんなとこに女を寝取られていると陰口が聞こえて激昂するポーク。
メアリー・リーがデュークと寝てる。これは事実のようです。
ポークは店から出てバイクで移動となります。このバイクは煙を吐いてるので2サイクルエンジンです。何だろう?
→不明です。残念。多分日本製のモトクロッサー。

メアリーの自宅にて。もう夜です。
寝ているメアリー。窓から入るポーク。泥棒か。
メアリーとご対面のポーク。ポークはやる気満々。
その前にデュークのことで不機嫌なポーク。
愛してくれと言ってくれとなりキスからセックスになったようです。
あとはオーバーラップで省略です。

翌日にて。
ベッドで一緒に寝てるポークとメアリー。
カリフォルニアに行くと主張するポーク。どうやって?とメアリー。
それはともかくメアリーも行くつもりみたい。

ケビンが入ってきます。息子とご対面のポーク。
アメフトのボールの飾りがついてネックレスをケビンにプレゼントするポーク。
今度はママが来てしまい布団に隠れるポーク。そんなわけで早く帰った方がいいとなります。
また窓から出ているポーク。ケビンに手を振ってバイクは少し押してここから離れています。さすがにすぐにエンジンをかけたら爆音で気が付かれます。

町の有力者C・J・クレインの屋敷にて。
ここにパトカーで来てるデューク。
ヘスス・メンデスを連邦議会に送り出す段取りのクレイン。
そんなとこにデュークが来ます。クレインに挨拶となる。

バーベキューの会場にて。公園みたい。
ポークとブーギーが来てますがすぐに単独行動になるポーク。
子豚を放して捕まえる子供が参加のゲームをやってます。商品は七面鳥。
風船を買うポーク。口は結ばなくていいとリクエストしてます。そうなるとどうなる。

クレイン一行のテーブルにいるデュークにコンタクトするポーク。
デュークに絡むポーク。うぬぼれ屋のチキン呼ばわりする。
ここは余裕を見せてるデューク。表へ出ろとなるがもう外なのでテーブルから離れる。
風船に入れたガスを吸って変な声にしてデュークを挑発するポーク。なるほど。

チアリーダーの行進を見てるポーク。アメリカのいいことです。
クレインの選挙活動の挨拶になってます。連邦議会議員候補のヘスス・メンデス。

ボール投げの射的をやってるケビン。メアリーにコンタクトするポーク。
子供のためにも父親は必要だと説得にかかるポーク。それでどうなる。
何だかいい感じになってます。しかしメアリーのママが来てしまった。

選挙演説が終わったら連邦議会議員候補のヘスス・メンデスは次の会場に行くようです。
デュークはヘスス・メンデスを護衛しています。
そんなとこにでいきなりヘスス・メンデスが撃たれて退場になります。これはビックリ。
すかさず暗殺者を撃って片づけるデューク。暗殺者から封筒を奪ってゴミ箱に隠す。
そんなわけで大騒ぎになってます。近くのトイレにいたポークは一部始終を目撃してたりします。それでどうなる。

クレインが来てデュークに何があった詰問する。
デュークは適当に答えてます。それだけ。

時間が経過して現場にて。
戻ったデュークがゴミ箱を探る。封筒はありますが中味はない。
これはビックリのデューク。誰かが中味を抜いたわけです。デュークにはわからないがポークです。
考え込むデューク。トイレを見てます。ポークがいたのを思い出したのか?

パトカー無線を使うデューク。
警察のレニーを呼んでポークを拘束しろと命じます。理由は前と同じ薬物所持にしとけ。

ブーギーの工房にて。
クルマの修理をしてるポークとブーギー。
→1939 Chevrolet
修理を急いでるポーク。その理由を話してます。
デュークと暗殺者はグルだった。これでと札束を見せます。2万5千ドルだ。
このカネで修理したクルマを買い取りメアリーと息子の3人でカリフォルニアに行く段取りのポーク。

クレインの牧場にて。牛囲い場です。
子牛相手にロデオの練習をしてるクレイン。
パトカーで来たデュークはクレインと打ち合わせになる。
カネを持ってきたか?とクレイン。そうなると黒幕はクレインのようです。
カネはなかったとデューク。そうなると雰囲気は悪くなる。
奴は金を持ってなかったと作り話をするデューク。
クレインは責任を持ってカネを返せとデュークに命じる。

ブーギーの工房にて。
レニーのパトカーがやってきます。無線でデュークもすぐに来るようです。
中から伺ってるポークとブーギー。これは大変。
まずはブーギーがレニーの気を引いてその隙にポークはバイクで脱出する段取り。
しかしブーギーは口下手でレニーが気付いてしまいます。

そんなわけでバイクを追うパトカーのカーアクションになります。
このシーンはYouTubeのカーアクションハイライトで見覚えがあります。
デュークは無線で指示をして他のパトカーも参加してきます。ジュニアその他。
片輪走行のパトカーはトラックとクラッシュする。横転したパトカーが爆発して火だるまスタントも入る。
レニー、ジュニア、デュークの3台で追ってます。
バイクは川を横断して大ジャンプで逃げる。パトカー2台は川に突っ込んで止まる。

バイクを追うデュークのパトカー。
線路に逃げ込むバイク。並走した道路を走って追うデュークのパトカー。
前から貨物列車が来たので踏み切りで危うく回避するバイク。
デュークのバトカーは貨物列車と接触してストップしてます。
バイクはウィリーして逃げています。そんなわけで逃げられてしまった。

夜、犬の鳴き声がしてます。
ポークは知り合いのクレオタスの小屋に接近する。
クレオタスに助けを求めるポーク。町から逃げたい。
あまり気乗りがしていないクレオタス。もう年だし。

メアリーの自宅にて。
メアリがベッドで本を読んでるとこにデュークが来ます。
ポークを見なかったかと?聞くデューク。メアリーが知らないと答えると激昂する。
部下が2人死んだと言ってるデューク。マジ?
メアリーを脅迫してます。明日男が1人死ぬ・・・

ブーギーの工房にて。
修理中のクルマを木製バットで破壊してるデューク。それにレニー。
ブーギーにポークの居場所を聞く。当然知らないと主張するブーギー。
ポーク・ジャクソンの逮捕状を持参してます。第一級殺人・・・
ブーギーに共犯になるぞと脅迫する。
レニーですがここにいるので当然死んでない。デュークのでっち上げです。
マジで知らないブーギーをボコボコにするデューク。

パトカーにブーギーを乗せて連行するデューク。
レニーは張り込むでここに残しています。

クレオタスの自宅の小屋にて。
ポークとクレオタス。
ドアの外に誰かがいると気がつくポーク。寝てるクレオタスを起こす。
来たのはブーギーです。デュークから逃げられたのか?
ズタボロのブーギーはデュークにやられた。ポークに修理中のクルマをやると言って死に至ります。
デュークを殺してやると意気込むポーク。落ち着けとクレオタス。

メアリーの自宅にて。
パトカーの見張りがいます。レニーとジュニア。
そんなとこにクレオタスの赤いトラックがやって来ます。ポークはトラックの下に隠れています。
クレオタスがお巡り2人の気を引いてる隙にポークがメアリーと息子の2人を連れて逃げる段取り。

メアリーにコンタクトするポーク。
3人でカリフォルニアに行くんだと説得のポーク。メアリーもその気になる。
メアリから人を殺したの?と聞かれるポーク。当然否定する。
追われているのはこの2万5千ドルでと札束を見せるポーク。デュークが暗殺者の警官の殺して奪ったカネだ。
事情説明が終わってメアリーとケビンを連れ出すポーク。

赤いトラックはデコイでパトカーを奪って逃げるようです。
そんなわけでパトカーで脱出するポークと2人。→1971 Plymouth Satellite
見張り2人は残ったパトカーで追います。

パトカーがパトカーを追うカーアクションになります。
レニーのパトカーを奪ったポーク。レニーとジュニアが乗ったパトカーが追う。
デュークのパトカーが向かってきますがパトカー2台をやり過ごしUターンして追ってきます。

ポークのパトカーは牧場地帯に逃げる。追うパトカー3台。
池に突っ込んでしまったポークのパトカー。万事休すです。
水面で悪戦苦闘のポークとメアリーを見てるデューク。余裕です。
そんなわけであっさりと捕まってます。

移動中のパトカーにて。
前席にデュークとレニー。
パトカーの後席のポーク、メアリー、ケビンの3人。

ポークはレニーに内幕をバラす。レニーはこの件には関わっていない。
ヘスス・メンデス殺し、誰の依頼なんだ?とデュークに聞く。
そうなるとデュークはどうする。

そのへんでパトカーをとめるデューク。ポークを引っ張りだす。
ちょうと離れた林の中でポークからカネを回収してます。
それからポークをボコボコにするデューク。

メアリーはレニーに殺されるらか止めてと訴える。
レニーはさすがに止めに入る。
手錠を外してやるからかかってこいと言って外したとこだったので反撃するポーク。
ハンドガンを奪ってレニーをホールドアップするポーク。
メアリーは撃たないでと止めてる。

2万5千ドルを取り返してパトカーで逃げるポーク。メアリーとケビンも一緒です。
その前にハンドガンを捨ててるポーク。大丈夫なのか。

ポークはどこかの家に接近してます。
そんなとこをいきなりショットガンが出てきます。

保安官事務所にて。
ようやく戻ってるデューク、レニー、ジュニアの3人。
デュークはジュニアに道路封鎖せよと命じてます。
レニーにはポークを殺人罪で指名手配しろと命じる。

デュークが自分のオフィスに戻ったらクレインがいました。
お前には失望したとこき下ろされるデューク。終わりだとダメを押される。
デュークはクレインを巻き添えにしてやると言うがクレインは自分は証拠を残していないしコネもあるので安全だとうそぶく。
このC・J・クレインは云々と言ったのでようやく名前がわかりました。
何故か溶暗が入ってます。初めて入ったみたい。

どこかの家に接近するポーク、それにメアリーとケビン。
誰の家なんだ?と思ったらこれまで登場してないオッサンでした。
ポークの父親の知り合いとのこと。名前はわからん。
ショットガンを撃ってくるオッサン。危ない。

ブルおじさんと呼びかけるポーク。お前のおじではないとオッサン。
オヤジが知り合いだ・・・
そんなこんなでようやく話しが通じてます。
クルマを貸してくれと頼むポーク。クルマはないがトラックはあるとブルおじさん。
→1964 Chevrolet C-10 Stepside [C1404]

そんなわけでブルおじさんの運転でトラックで移動となります。
幹線道路は非常線が張られているので町を突破するとブルおじさん。大丈夫なのか。

幹線道路の非常線を突破するトラック。やっぱりそうなってる。
パトカーが追ってきます。あのトラックはブル・パーカーだろうとすぐに名前が判明してます。何しろスモールタウンなので調べなくてもわかります。

タイニーのパトカーは黒のシボレー・トラックを追跡しろとデュークの無線です。
ブル・パーカーのトラックはエンジンを改造してやたら快速のようです。
何故か007のボンドカー並みにオイルを撒く機能もあるトラック。
そんなわけで次々とパトカーがスリップしてクラッシュしてます。2台退場する。
パトカー同志でクラッシュしてたりする。

脇道にはいるシボレー・トラック。まだパトカーは3台いる。
パトカーの1台が派手に納屋に突っ込んでます。

また幹線道路に出てカーチェイスになってます。
今度は道路で氷をトラックに積む作業に突っ込んでます。シボレー・トラックも追うパトカーも無事に通過したと思ったら最後のパトカーが派手に氷に突っ込んでます。

デュークのパトカーはどこかの商店倉庫に突っ込む。
ここで同乗していたレニーは置き去りになる。死んではいない。

シボレー・トラックとデュークのパトカーが軽く接触したとこでブル・パーカーもトラックから降りてます。あとはポークが運転する。
ブル・パーカーは長距離バスに乗り込んでます。ノガレス行きの長距離バス。

シボレー・トラックとデュークのパトカーのカーチェイスです。
砕石場みたいとこに突入してクルマをぶつけ合ってます。
崖から転落するデュークのパトカー。川だか湖に転落する。爆発はしない。
水中に沈むパトカー。これでデュークは退場となります。

ポークは町に戻って疑いを晴らすんだ。それからカリフォルニアに行こうと言う。
そんなわけで町に戻るシボレー・トラック。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールするキャスト、スタントマンの紹介
スクロールしないスタッフの紹介
American International release (AIP)
MGM Home Entertainment


そんなわけで1970年代アクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.03.03

『ビッグ・マグナム77』

この作品は、マーティン・ハーバート監督、スチュアート・ホイットマン主演の1970年代刑事アクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

続きを読む "『ビッグ・マグナム77』" »

2019.02.16

『ドーターズ・オブ・ドラキュラ 吸血淫乱姉妹』

この作品は、ジョセフ・ララツ監督、マリアンヌ・モリス、アヌルカ・ジュビンシュカ主演のエログロ吸血鬼ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

続きを読む "『ドーターズ・オブ・ドラキュラ 吸血淫乱姉妹』" »

2019.01.27

『ヒッチハイク』

この作品は、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督、フランコ・ネロ、コリンヌ・クレリー、デビッド・ヘス主演のヒッチハイク・エロサスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

続きを読む "『ヒッチハイク』" »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。