映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「1940年代」の記事

2019.12.22

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『蜘蛛女』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン主演のホームズ映画のようです。

1944年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆62分
原題◆The Spider Woman
プロット◆蜘蛛女に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Hans J. Salter (uncredited)

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

ゲイル・ソンダーガード→蜘蛛女のエイドリア
ヴァーノン・ダウニング→手下のノーマン
テディ・インファーン→甥のラリー
ジーン・ロス→手下のテイラー

アーサー・ホール→昆虫学者のギルフラワー。
不明→蜘蛛屋敷ベルノン邸のオードウェイ

デニス・ホーイ→レストレード警部
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

スタンリー・ロング→一般市民のロバート
リディア・ビルブロック→一般市民のスーザン

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のサスペンスになってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『蜘蛛女』
The Spider Woman
バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。

タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
The Spider Woman

with
Gale Sondergaard Adrea Spedding
Dennis Hoey Lestrade
Vernon Downing Norman Locke
Alec Craig Radlik
スタッフの紹介
原作はないようです。部分的な引用と創作みたい。

夜の街にて。遠景はミニチュア。
いきなり窓ガラスが割れて飛び降り自殺です。
パジャマ自殺の号外が出てます。
自殺シーンのモンタージュが入ります。

新聞の見出しです。
新たな自殺者。衝撃の出来事。自殺者増加。
飛び降り自殺のシーンが入る。
原因不明。7人目の自殺者。

ロバートとスーザン。誰なんだ?と思ったら一般市民の描写らしい。
事件の話題になってます。

スコットランドにて。
休暇に来てるホームズとワトソン。
釣りのホームズとパジャマ自殺事件の新聞を読んでるワトソン。

ホームズが戻ると新聞を隠すワトソン。毛針の交換をしていたと言う。
しかし初歩的にことだよと見破るホームズ。

で、ホームズはこの件は自殺ではない殺人だと推理してます。
唐突に探偵業はやめると言い出すホームズ。これはビックリのワトソン。
体調が悪いと言うホームズ。症状を聞いてそれは脳卒中の前兆だと指摘するワトソン。

ホームズはめまいがしてるようです。ワトソンを呼ぶが川に転落する。
またビックリのワトソン。川にホームズの帽子が浮んでます。

新聞の見出しです。
ホームズ死亡。名探偵川で溺死。無法地帯へと。探偵の死で犯罪増加。
ラジオニュースを入ります。ネタは同じです。
ロナルドとは?→新しい自殺者みたい。

一般市民のロバートとスーザン。
事件の話題になってます。

ホームズの自宅アパートにて。
事件簿と記録を大英博物館に寄贈する準備をやってるワトソン。
ハドソン夫人が来て湿っぽい雰囲気になってます。
そんなところに来客です。レストレード警部でした。ハドソン夫人は部屋から出る。

レストレード警部の昔話になります。彼のおかげで昇進出来た。
そんなことは生前に言ってやれよと突っ込むワトソン。
ワトソンに何故助けなかったと言い出すレストレード警部。
そんなこんなで口論になってます。
一段落してホームズの遺品でパイプをもらってるレストレード警部。

ホームズ氏に小包ですと郵便配達が来ます。
入れ替わりレストレード警部は帰ります。
この郵便配達人はホームズの変装みたい。その郵便配達人はホームズをこき下ろす。
激昂するワトソン。マジで郵便配達人に殴ってます。

ようやく私だよワトソンと正体を明かす郵便配達人のホームズ。
これはビックリのワトソン。
そんなところにレストレード警部がまた来てビックリ。パイプを返そうとするが・・・

パジャマ自殺は他殺だとまた自説を展開するホームズ。
組織的殺人だとも言ってます。モリアーティ教授の女版だと断定してます。

パイプのことはともかく打ち合わせになってます。
密室で裕福な男ばかり。ギャンブル好き。
そんなわけでラジニ・シン大佐になるホームズ。囮になるわけです。

蜘蛛女のアジトにて。
エイドリア・スペディングの蜘蛛女と手下の男が登場。
新聞からラジニ・シン大佐に目をつけます。

カジノにて。
ラジニ・シン大佐がいます。コンタクトするエイドリア。
手下がいて会話から名前がノーマンとわかります。
成り行きで現金化した小切手をルーレットでスってしまうラジニ・シン大佐

パルコニーにて。
ここで拳銃自殺をやりかけるがエイドリアが止める。
無一文で友人もいないラジニ・シン大佐に保険を担保に借金出来ると勧めるエイドリア。

アドリアの自宅アパートにて。
ここに来てるラジニ・シン大佐。それにエイドリア。
インドの話題になってます。サンバレーとはどこなんだ?
500ポンドを借りたお礼にプレゼントを渡すラジニ・シン大佐。
アンドレアと字幕で出てます。発音はエイドリア。そんな感じでカタカナ表記は難しい。

エイドリアはわざと紅茶をこぼしてラジニ・シン大佐の手の具合を探る。
そんなとこに手下のノーマンが来ます。ラジニ・シン大佐は帰ります。

エイドリアとノーマン。
紅茶をこぼして左手が動くのがわかったとエイドリア。
そんな感じでラジニ・シン大佐を警戒してるようです。写真を調べてホームズだとわかってるような感じ。

ラングドン・アパートにて。ラジニ・シン大佐の自宅アパートです。
ホームズとレストレード警部。打ち合わせです。

外では手下のノーマンがクルマで張り込み中。
別の手下が大きなトランクを持って屋上に向う。

屋上にて。
別の手下はトランクを開けてます。煙突ではなく換気口に何かを入れたらしい。

廊下にて。
レストレード警部は寝ずの番をしてるけど寝ています。

ラジニ・シン大佐の部屋にて。
換気口から大きな蜘蛛が入り込んでます。
蜘蛛はベッドで寝てるラジニ・シン大佐に迫る。それでフラッシュライトで見張る人物もいます。

廊下のレストレード警部が呼ばれて部屋に入る。
寝てるの人形でホームズはフラッシュライトで見張っててナイフで蜘蛛を仕留めてます。
それからホームズは屋上に行きます。

屋上にて。
トランクの手下を追うホームズ。
屋根伝いに逃げる手下と撃ち合いになってるホームズ。
そんなこんなでリボルバーで手下をしとめます。手下は屋根から落ちる。
手下が落ちたとこでクルマの手下ノーマンはズラかります。

トランクを開けるホームズ。中味は空です。
レストレード警部はこの小さい穴は空気穴だろうとしてます。
殺しの道具は毒蜘蛛だとホームズ。それから小さな足跡があります。

号外です。シャーロック・ホームズ復活。
ラジオニュースも同じネタです。

ホームズの自宅アパートにて。
ホルンではなくチューバを吹いてるワトソン。
そんなとこにオッサンがやって来ます。昆虫学者で名前はギルフラワー。
ワトソンはギルフラワーのことをホームズの変装だと決め込む。
そんなとこに変装していないホームズが帰ります。ギルフラワーは本物です。

ギルフラワーのヒゲを外そうしてるワトソンを止めるホームズ。
ホームズは激怒して帰ろうとするギルフラワーに蜘蛛について質問する。
その蜘蛛に刺されると非常に痛くて自殺する。噛まれた跡も毒も検出されない。
ベルノン邸のオードウェイ。そこでなら手に入るとギルフラワー。
オードフェイは風変わりな人物だと評するギルフラワー。
で、帰り際にわざとワトソンの名前を間違えて発音して帰ってます。

ベルノン邸に行くことにするホームズとワトソン。
保険金殺人。蜘蛛を使うので蜘蛛女。
時刻表を調べたりしてるとこにハドソン夫人が来客を告げる。
当のエイドリア・スペディング夫人が来ます。男の子を連れてます。
私の甥ですと紹介してます。この男の子は蝿をつかみ取ろうしてる。

友人ラジニ・シン大佐が行方不明なんですと相談するエイドリア。
そんなこんなでラジニ・シン大佐にこれを渡してと保険証書を渡します
蜘蛛の模様があるシガレットケースをエイドリアにプレゼントするホームズ。

甥ですがラリーと呼ばれてます。アメをもらって包み紙をそのへんに捨ててます。
エイドリアは包み紙を暖炉に燃やすようにと言ってやらせる。
で、エイドリアとラリーは帰ります。

ホームズとワトソンは出かける準備をしている。
ワトソンは咳が出てます。それは暖炉から煙が出てるからです。
やはりあの包み紙は怪しかった。昏倒するワトソン。ホームズは何とかしようとする。

倒れたホームズは何とか起きてドアを開けて窓ガラスを割る。
ワトソンを抱えて窓から新鮮な空気を吸っていくらか元気になります。

移動中の汽車にて。
ホームズとワトソン。
あの包み紙は二重になって中に毒が入っていたと解説するホームズ。
悪魔の足という毒で中央アフリカ産とのこと。

オードウェイの自宅研究所にて。
M・オードウェイ。希少昆虫。外来昆虫。
ここを訪ねるホームズとワトソン。2階からオードウェイが出迎える。
ギルフラワーの名前を出したら中に入れてます。
助けを求めるオードウェイ。自殺の記事を読んで蜘蛛を売るのはやめた。

地下室にて。ここで蜘蛛を飼育してます。
ホームズとワトソンに蜘蛛を見せるオードウェイ。高温多湿な状況です。
蜘蛛の名前でメンデックスと出すホームズ。普通に答えるオードウェイ。

しかしメンデックスなる蜘蛛はいない。ホームズの引っかけでした。
オードウェイのリボルバーを取り上げるホームズ。
正体がバレた偽オードウェイは飼育ケース等を壊して逃げます。これは大変。
偽オードウェイですが外のクルマで逃げてしまった。これは大失敗といった感じ。

しょうがないので中を調べるホームズとワトソン。
本物のオードウェイは殺されていた。ワトソンの見立てだと殺されてから時間はかなり経過している。
手首に刺青があるオードウェイ。
暖炉を調べたホームズはノートを見つけます。旅行手記。中央アフリカ。悪魔の足。
それらDOGではなく何のスペル?とワトソンと議論になってます。

別の部屋のドアを開けると子供の骨格模型があります。
何故子供?とホームズ。昆虫とは関係ないし。
しかし職業柄のスキルでワトソンは子供ではないと指摘する。
オボンゴとは?。毒、免疫。犬のように忠実。あの子供を使っていた。で、子供ではない。オボンゴはピグミーだとなります。

ホルボーン商店街にて。見せ物小屋があります。
ここに来てるホームズとワトソン。
オボンゴの見せ物があります。しかし閉店している。まだそんなに経っていない。
そうなると正体がバレたので夜逃げするに違いないと推測するホームズ。

何故か近くにエイドリアがいたりします。
気が付かないふりをして様子を伺うホームズとワトソン。
ワトソンにレストレード警部を呼びに行ってくれとお願いするホームズ。

射的屋にて。
時節柄でムッソリーニやヒトラーが的になってます。東条英機の的もあります。
ここでエイドリアを伺ってるホームズ。
エイドリアは人形を買って腕を抜いて占い師屋に入る。手下のノーマンも同じく。
そんなわけでホームズも同じようにして入ってます。

中に入ってこちらですと隠しドアから入るホームズ。
伝声管がホームズが入ったと伝える占い師。
で、隠しドアは外からノックされ手下にホールドアップされるホームズ。

そんなわけでエイドリアの前に引き立てられるホームズ。手下は3人ぐらいいる。
ホームズは銃なんてケチな手段を使うなよと挑発する。平凡だ・・・

普通の英国人を死刑執行人にすると言い出すエイドリア。
手下の1人の名前はテイラー。

射的屋前にて。
ワトソンとレストレード警部。ここで待てと言われたとワトソン。

ホームズは猿ぐつわに後ろ手に拘束されてます。それでどうなる。
どうやら射的屋の的にされるようです。さすがにそのままではまずいのでヒトラーの的の裏側に拘束されてます。
普通の的の心臓部分には穴が開いて鉄板がぶら下がってますが、鉄板が外されてホームズに当るようになってます。

そんなわけでワトソンが撃ってます。調子よく当ててますがヒトラーは撃ち逃す。
この間にエイドリア一味はズラかってます。

ホームズは的の稼働部分にロープを当てて何とか拘束から脱出しようとする。
この間に的が通過したり銃の実包が切れたりする小ネタが入る。
そんなこんなで何とか脱出したホームズ。

じれた手下が直接ヒトラーの的を撃ちます。
ヒトラーの的を心臓の穴を撃ち抜きます。鉄板に当る鋭い音がします。
そうなるとエイドリアはこれはおかしいとなります。

初歩的なことだよと姿を表すホームズ。
いままで何処にいた?と聞くワトソン。グルグル回っていたと答えるホームズ。
大人しく捕まるエイドリア。レストレード警部が連行します。

ホームズとワトソン。
何故エイドリア一味がこんなとこをいたと聞くワトソン。
誰でも自分に無関係なら奇妙なことに気付かないと解説するホームズ。
そんなわけでここにしたのと合理的だ・・・

エンドとなります。
A Universal Picture
the players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.12.21

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『緋色の爪』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース主演の謎の連続殺人サスペンスのようです。

1944年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆74分
原題◆The Scarlet Claw
プロット◆謎の殺人鬼に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Paul Sawtell (uncredited)

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

ジェラルド・ハーメル→郵便配達人のポッツ/ホームレスのタナー/俳優のアリステア・ラムソン
デビッド・クライド→トンプソン巡査部長
ポール・キャヴァナー→超自然現象支持者のペンローズ卿
アーサー・ホール→ホテルの主人ジュルネ
ケイ・ハーディング→ジュルネの娘マリー
マイルズ・マンダー→ブリッソン元判事

イアン・ウルフ→執事のドレイク
ビクトリア・ホーン→メイドのノーラ

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の謎解きサスペンスになってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『緋色の爪』
The Scarlet Claw
バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。

タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
The Scarlet Claw

with
Gerald Hamer Potts, Tanner, Ramson
Paul Cavanagh Lord Penrose
Arthur Hohl Emile Journet
Miles Mander Judge Brisson
Kay Harding Marie Journet
スタッフの紹介
特に原作はないようです。ディテールは引用されてるみたいだけど。
John P. Fulton special photography→有名な特殊撮影の人です。

荒野にて。
教会の鐘が鳴ってます。そうなるとどうなる。

ジュルネ・ホテルにて。
客は入ってるけど何だか固まって面々。鐘の音のせいらしい。
そんなとこに郵便配達人が来ます。
何故教会の鐘が鳴る?と言ってる。あいつかも知れない・・・
幽霊や怪物などでもないと言ってる郵便配達人。名前はポッツです。
で、羊が咽を切り裂かれて殺されているらしい。

ペンローズ館の話しになります。
そこにポッツ郵便配達人が郵便を配達に行くようです。
神父のオッサン。ホテルの主人ジュルネ。それでどうなる。

馬車で移動のポッツと神父。
教会で神父は降りる。馬車はそのまま行ってしまう。

教会にて。
鐘のロープを握って倒れている女性がいます。これはビックリの神父。
神父を通報しに行きます。

ペンローズ館にて。
配達にきたポッツと執事。ペンローズ卿は不在です。
そんなところに神父が来ます。大変なことが起きた。ここのリリアン夫人が殺された。
早くトンプソン巡査部長に通報しないと・・・

執事役がまたいつものドイツ顔の俳優です。『汚名』(1946年)にも出ていたかも。
で、執事はペンローズ卿に電話します。

ケベックのホテルにて。
ペンローズ卿に電話です。ボーイがメモを届けに行く。

ホテルの王立カナダオカルト学会の集まりにて。
ここで議論してるペンローズ卿とホームズ。ワトソンもいます。
超自然現象を支持してるペンローズ卿と反対の立場のホームズ。

しかし100年前にラモートルージュ 赤い死という村に亡霊が表われた・・・
これを主張してるのがペンローズ卿です。
そんなとこにボーイがようやく伝言を届けてます。

電話に出るペンローズ卿。
話しを聞いてすぐに帰ると言ってます。
あとでわかりますがケベックから20キロのところです。結構近い。

学会の方はペンローズ卿が帰るのでお開きになってます。
妻が亡くなったと話すペンローズ卿。羊と同じように咽を裂かれていた。
ホームズが協力を申し出るが断られてます。

ホテルのフロントにて。
リリアン・ペンローズ夫人殺人の記事に興味津々なワトソン。
手紙を受け取るホームズ。私は命を狙われています。差出人はリリアン・ペンローズでした。もう手遅れだった。
そんなわけで行くしかないホームズ。ロンドンに帰りたがってるワトソンも一緒だ。
ラモートルージュ村はここから20キロとわかります。

ペンローズ館 1852の表示があります。
ここを訪ねるホームズとワトソン。
呼び鈴を押しても出ないので勝手に入ってます。

奥に入るとリリアン夫人の遺体に祈ってるペンローズ卿がいたりします。
呼び鈴も鳴らさずに入ったのかと非難するペンローズ卿。
リリアン夫人の手紙を見せるホームズ。
遅かったとか超自然現象だと言ってるペンローズ卿。

電話が鳴ってます。ドレイク執事を呼ぶペンローズ卿。いないのか?
ペンローズ卿がいなくなる。その隙にリリアン夫人の遺体を調べてます。
ワトソンの見立てでは即死ではないようです。

そんなところにドレイク執事が来て容疑者を知ってると言い出す。
昨夜暗闇で動くものを見ました・・・
で、ドレイク執事は解雇されたようです。
奥さんはリリアン・ジェントリーですねと聞いてるホームズ。

警察にて。
ホームズとワトソン。それにトンプソン巡査部長。
リリアン・ジェントリーは英国出身の有名な女優とのこと。カナダで活躍していたが突然姿を消した。
リリアン・ジェントリーとペンローズ夫人は同一人物だと断言するホームズ。そうなるとゴシップネタにも強いらしい。
ジュルネはホテルの経営者。元刑務所の看守だった。

ジュルネ・ホテルにて。
ここに泊まるホームズとワトソン。
相変わらず人がいない。娘のマリーがフロントをやってます。

隠れていたジュルネは名前を確認してます。そんなとこにポッツが来ます。
シャーロック・ホームズが来たと話すジュルネ。ポッツはあまり関心がない。
ポッツは超自然現象なので解決出来ないだろとう悲観論を展開する。

マリーから話しを聞こうとするホームズですがすぐにジュルネに呼ばれてしまう。
呼ばれてマリーはジュルネから叱責されてる。
これを見たホームズとワトソン。ワトソンはそれはないだろと非難する。

マリーがいなくなってジュルネから話しを聞こうとします。
色々と聞くホームズ。2年前にホテルを買ったジュルネ。
怪物が目撃されたのも2年前だっだ。5本爪の熊手が凶器だとホームズ。
殺されたくないので逃げるとジュルネ。下手人はわからん。
この熊手はトンプソン巡査部長から持ってきたホームズ。

部屋に戻って話し込むホームズとワトソン。
ワトソンに目立たないようにホテルの客を様子を見てくれと頼むホームズ。
自分は明日色々と調べるために早く寝るとのこと。

客の様子を見ているワトソン。よそ者なので思い切り目立ってます。
マリーが来てジュルネの旅行は中止だと知らせる。
ポッツが来て超自然現象の話しをする。ワトソンがコンタクトして話し込む。
同じテーブル席に首になった執事がいたりします。
馬車が来たようで執事はこの村からいなくなるようです。
話し込むワトソンとポッツ。

寝ているホームズにコンタクトするジュルネ。
しかしベッドは擬装でホームズはいない。

警察にて。
ラモートルージュ村 湿原の地図を見てるホームズ。
トンプソン巡査部長から話しも聞きます。湿原は危険だと警告してます。
しかしホームズは1人で湿原に行ってしまった。

ジュルネ・ホテルにて。
大いに飲んでるワトソン。思い切り目立ってます。
ブラウン神父の短編では郵便配達人が犯人だったとポッツに言ってます。
ジュルネはカウンターに戻ってます。ポッツは帰ります。ジュルネも出かける。

湿原にて。
捜索中のホームズ。教会の鐘に音が聞こえますう。そうなると。

ジュルネ・ホテルにて。
まだ飲んでるワトソン。鐘の音が聞こえるので静かになる客達。
トンプソン巡査部長が来ます。ホームズは湿原に行ったと話す。
これビックリのワトソン。ホームズは寝てるはず。で、違うとわかって湿原に向う。

湿原にて。
捜索中のホームズ。何だか光る物体が見えます。夜光怪人です。
いきなりリボルバーが撃つホームズ。当らない。夜光怪人は逃げた。
木に光るものが残ってます。回収するホームズ。
ワトソンの声がします。助けに来たワトソンは沼に落ちてます。回収するホームズ。
何しろこのシリーズのワトソンはドジっ子なのでそうなる。原作ファンからあれでは単なるバカだと評判は悪い。

ワトソンですが光る何者からに押されたと言ってます。そうなると幻覚ではない。
引き上げたワトソンが寒そうなのでホテルに引き上げます。

ホテルにて。
震えているワトソン。何か飲ませてるホームズ。
怪物ではないとホームズ。光るのは服に燐を付けていたからだ。

そんなところにノックの音がします。ペンローズ卿です。
もう関わるなと言いに来たペンローズ卿。お手上げですよとホームズ。
そんなわけでご満悦でいなくなるペンローズ卿。怪しい。
偵察に来たんだろうと推理してるホームズ。

警察にて。
トンプソン巡査部長と証拠の切れ端を顕微鏡で調べてるホームズ。
チェック柄でシャツの生地とのこと。
そんなとこに呼ばれた雑貨店のオッサンが来ます。
この生地のシャツはブリッソン元判事に売ったと証言します。輸入の高級生地なので他に買う人はいない。
このブリッソン元判事もジュルネと同じように引っ越して来た。
そうなるとケベックからの引っ越しが多いようです。3人はいる。
速攻でブリッソン元判事に電話するホームズ。

ブリッソン元判事の自宅にて。
電話のベルが鳴ってますがメイドに出るなと命じる車イスのブリッソン元判事。
メイドの名前はノーラで凄い美人です。江波杏子みたい。
ブリッソン元判事ですが車イスで鉄砲を抱えてます。大丈夫なのか。

警察にて。
トンプソン巡査部長のレクチャーによると、湿原、猛犬、夜は危険。
ブリッソン元判事の自宅はこんな感じらしい。
そんなわけで明日出直すことにするホームズとワトソン。

ブリッソン元判事の自宅にて。
ここを訪ねるホームズとワトソン。
メイドと猛犬がいて誰もいれるなと言われていると入れない。
ここはメイドを説得してるホームズ。入ります。

いきなり鉄砲を向けるブリッソン元判事。ここも説得のホームズ。
しかし説得は失敗する。手紙を落として引き上げる。

落とした手紙をとるブリッソン元判事。車イスから立ち上がってます。そうなの?
帰ったと見せかけてまた来たホームズ。手紙は単なる囮でした。
そんなわけで話しに応じるブリッソン元判事。

あなたが恐れている相手とは?と聞くホームズ。
ジュルネのことも聞いてます。ブリッソン元判事は知らないようです。
例のシャツは4、5着ある。痛んだシャツは手伝いの男にやったことがある。
足をわずかに引きずっていた男だ。

デラポート・ホテルにて。
ホームズとワトソン。それにトンプソン巡査部長。
トンプソン巡査部長はここは廃業しててタナーがねぐらにしてる。
足を引きずってるタナーがいます。

タナーにコンタクトして話しをするホームズ。
燐がついたシャツがあったりします。タナーが下手人のようです。
いきなり暴れて窓を破って川に飛び込むタナー。リボルバーを撃つが逃げられる。

ホームズは追わずにここを調べてます。
半分になった写真ががあります。偉大な俳優アリステア・ラムソンへ。肝心の顔の部分がありません。

警察にて。
ホームズとワトソン。
証拠の半分の写真を調べます。宛名がアリステア・ラムソンなわけです。
この件の関係者は5人。ジュルネ。ブリッソン元判事。タナー。ペンローズ卿とリリアン夫人。
ホームズはリリアン夫人を調べると出かけます。

ペンローズ館にて。
勝手に家捜ししてるホームズ。壁の小型金庫を開けてます。
どうやらリリアン夫人の手紙を調べてるようです。
そんなとこにリボルバーを持ったペンローズ卿が来て今度はこそ泥かと非難する。

アリステア・ラムソンとは誰です?と聞くホームズ。
タナーと言う男が写真の下半分を持っていた。上半分は奥様の金庫に入っていた。
5年前のケベックでラムソンは終身刑になった。3年後に脱獄し撃たれて川に沈んだ。遺体は上がらなかった。
アリステア・ラムソンとタナーは同一人物だと推理するホームズ。

写真ですがリリアン夫人の古い写真とのこと。
自分の写真をアリステア・ラムソンに送ったわけです。そういう関係だったらしい。

タナーは用済みになって死んだと推理するホームズ。
そのタナーを演じたラムソンは生きている。彼は複数の人物を演じていた。
執事のドレイク。ラムソンに関わりのある人物はいますか?と聞くホームズ。

ラムソンの件はブリッソン元判事が担当していた。
速攻でブリッソン元判事に電話するホームズ。

ブリッソン元判事はホームズに言われた通りに警戒していると話す。
しかしホームズは電話はしていない。これはビックリのブリッソン元判事。

ブリッソン元判事の自宅にて。
ここに急行したホームズ。
メイドが窓のよろい戸を閉めています。ホームズが来たと知らせます。
お通ししろとブリッソン元判事。
しかしメイドは凶器の熊手をとり出してブリッソン元判事の咽をかっ切る。

大慌てのホームズはドアを叩く。
ようやくドアが開いたがホームズと入れ替わりでメイドは逃げてしまった。

ブリッソン元判事の死体を発見するホームズ。遅かった。
凶器の熊手を回収するホームズ。メイドを呼ぶが返事はない。
それから家捜しします。下着姿で縛られたメイドのノーラを発見します。死んではいない。そうなるとあのメイドは変装していた姿だったようです。
誰にやられたかわからんノーラ。

電話するホームズ。ホテルにいるトンプソン巡査部長に電話する。
メイドに変装して犯行に及んだ。デラポート・ホテルに行くと伝える。
ラムソンは変装を換えに戻るだろう。

デラポート・ホテルにて。
変装してるラムソン。そんなとこにホームズが接近する。
階段を踏んで音を立てるホームズ。気がついたラムソンは隠し扉から逃げる。

リボルバーを持って警戒しながら接近するホームズ。
いきなりライトを当ててホームズをホールドアップするラムソン。
ライトが当るのは俳優である君だろうと突っ込むホームズ。

怪物に化けて人を殺す。
ペンローズ夫人は他の男にとられたので殺した。それが理由か。
ブリッソン元判事は裁判で世話になったから仕返しで殺した。
それで次は?残る標的は1人だ。今夜殺す。

そんなとこにホテル前にワトソンが来てます。そのまま入り込む。
タナーはホームズをリボルバーで撃つ気満々です。
ワトソンは階段を登って派手に踏み抜きます。この隙に逃げるホームズ。
ラムソンはまた隠し扉から逃げてます。

隠し扉から入るホームズとワトソン。
ここは隠し部屋で変装の道具がそろってます。
ラムソンは窓から逃げたようです。
ラムソンは異常者だと指摘するホームズ。3人目殺害を計画してる。

君が階段を踏み損ねて助かったが3人目の名前は聞き逃したとホームズ。そんなわけであまりワトソンに感謝していないようです。
しかし3人目はジュルネだろとう推理してます。何しろ元刑務所の看守だ。

で、ワトソンはジュルネが消えたと伝えます。
ジュルネを探さないととなるホームズ。まずはマリーから話しを聞こう。

ジュルネ・ホテルにて。
今日は何だか歌が入って盛り上がってる客達。何でそうなる?。
マリーはいないけど交代のオッサンがいたりします。

ホームズがワトソンを呼んでます。
遅かったとホームズ。マリーは殺されていたようです。また同じ手口だ。
自分を責めるホームズにそんなことはないよと励ますワトソン。
ラムソンはマリーに父親の行方を聞いたら怪しまれたので殺したと推理するホームズ。
このホテルから誰も出すなと言って出かけるホームズ。
ここで何故か小鳥の鳥カゴが映し出されます。意味不明。

時間が経過してホテルにて。
ワトソンとトンプソン巡査部長。
ホームズは1日帰ってこないと愚痴が出てるワトソン。
そんなところにホームズが来ます。何か言いたそうなワトソン。
ジュルネは見つからなかったとガックリしてるホームズ。

それでどうする?といったとこで電話です。出るホームズ。
無言電話ですが何やら音が入ってます。エロ電話のスーハースーハーではない。
ジュルネがいたと言い出すホームズ。ワトソンと出かけるホームズ。
トンプソン巡査部長は待機です。

ブリッソン元判事の自宅にて。
ここに来てるホームズとワトソン。ジュルネ開けろとドアを叩くホームズ。
マジでジュルネがいます。殺人があった場所はマークされないという盲点でここに隠れていたようです。

時計のチャイムに聞き覚えがあったホームズ。それでここに来たわけです。
助けに来たとホームズ。ホテルに戻れと説得にかかる。
しかし悪い知らせがあると言い出すホームズ。マリーが殺された。
アリステア・ラムソンの名前を出します。脱獄囚。俺は看守だったとジュルネ。
そんなこんなでホテルに戻ります。

ジュルネ・ホテルにて。
ワトソンはお客達の前でホームズとロンドンに帰ると大声で触れ回る。
トンプソン巡査部長も調子を合わせてます。容疑者はアメリカに逃げたのでもう捕まらないとか言ってます。
ジュルネは教会に行くと言ってマジで出かけます。

湿原にて。
徒歩で移動のジュルネ。そんなところにポッツがコンタクトしてくる。
そうなるとポッツが犯人なのか?。そんな感じ。もう熊手が出ています。

いきなり熊手で襲いかかるポッツ。
流れるような動きでポッツを投げ飛ばすジュルネ。そんなわけはないのでこれはホームズの変装でした。
驚愕するポッツ。変装には変装をといった感じ。

それでもポッツは本物のポッツは始末したよとうそぶく。
ホームズは呼び子を吹いて警察や自警団を呼んでます。
自警団はすぐにリンチにするので見つかると大変です。
そんなわけでラムソンは逃げた。ホームズは呼び子を吹いてる。

湿原を逃げ回るラムソンはジュルネと遭遇する。熊手を持って接近する。
格闘アクションになってジュルネはラムソンを沼に沈める。これでラムソンは退場となります。

ホームズと自警団に合流するジュルネ。ラムソンは始末したと伝える。
これで怪物の捜索は終了だと宣言するホームズ。
それはいいけどワトソンがいない。

ワトソンはまた沼にハマっていました。こまったものです。
もう首まで浸かっていてマジで死にそう。救出されます。

エピローグ
クルマで移動中のホームズとワトソン。
もう少しカナダが見たかったとワトソン。
ホームズはカナダは英語圏なんだと無茶を言ってます。フランス語圏でもあるのに。
また格言を連発するホームズ。ワトソンがそれもチャーチルなのかと突っ込む。
そうだとホームズ。
エンドとなります。

A Universal Picture
The Players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.12.08

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『ワシントンのシャーロック・ホームズ』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン主演のホームズ映画のようです。

1943年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆71分
原題◆Sherlock Holmes in Washington
プロット◆マクガフィンの秘密文書を巡る話しのようです。
音楽◆Frank Skinner

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

マージョリー・ロード→結婚間近のナンシー・パートリッジ
ジョン・アーチャー→ナンシーの婚約者ピーター・メリアム大尉

ジョージ・ザッコ→組織の親玉スタンリー
ヘンリー・ダニエル→組織のイースター
ドン・テリー →手下のハウ 拷問専門
イアン・ウルフ→骨董店の店員 (uncredited)

ホームズ・ハーバート→内務省のアーレンス
ギャヴィン・ミューア→政府関係のバート・ラング
エドマンド・マクドナルド→グローガン警部補

ジェラルド・ハマー→ジョン・グレイソン事務弁護士/アルフレッド・ペティボーン諜報員
ギルバート・エメリー→ヘンリー・マーチモント卿
サーストン・ハル→バブコック上院議員

マーガレット・セドン→ネズミのプリングル婦人
アリス・フレミング→ヘンリー卿と一緒にいたジェリソン婦人
メアリー・フォーブス→Mother Pettibone (uncreditedn)
レジナ・レギナ→Mrs. Partridge (uncredited)
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

クラレンス・ムース→ポーターのジョージ
不明→鉄道会社のムーア

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。
秘密文書は典型的なマクガフィンになってます。本『映画術』によると話しの進行のカギになるがそれ以上でもそれ以下でもない。これがマクガフィンです。
要するにマクガフィンの中味にこだわる必要はないんです。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質は普通です。カクカクはある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『ワシントンのシャーロック・ホームズ』
Sherlock Holmes in Washingto
バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。
タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
Sherlock Holmes in Washingto

with
Marjorie Lord Nancy Partridge
Henry Daniell William Easter
George Zucco Stanley
Don Terry Howe
Holmes Herbert Mr. Ahrens
Thurston Hall Senator Henry
Edmund MacDonald Detective Lt.
Bradley Page Cad
Gavin Mui Bart Lang
スタッフの紹介
base on character created Sir Arthur Conan Doyle
原作はありません。ホームズのキャラクターだけのようです。
途中で一部隠されています。Universal Pictures

前説字幕
名探偵シャーロック・ホームズはコナン・ドイルが生み出した不滅のキャラクターだ
現在の重大事件でも彼は変わらず演繹的な推理を見せている。

ロンドン・ターミナル。空港にて。
イースターという男が登場。旅客機に乗る前の手続きをする。
ヘンリー・マーチモント卿の特使が登場。議員で秘密文書を持ってます。
最後にジョン・グレイソン。ファーローナッシュの事務弁護士。

旅客機は出発します。おなじみのダグラスDC-3です。
グレイソンは何だか目立つ。

ニューヨーク行きと出て飛行艇が着水してます。もうニューヨークのようです。
ダグラスDC-3が巨大飛行艇になってるわけです。昔の映画は豪快だ。

移動中の列車にて。
英国特使がワシントンに向かう。そんな感じになってます。

客室ではイースターと子分2人がミーティングです。
本物の諜報部員を突き止めるのが目的のようです。秘密文書を奪え。
ジョン・グレイソンが怪しいと見当をつけてます。ヘンリーは囮だろう。

移動中の列車のラウンジにて。
カウンターでバブコック上院議員とグレイソン。
ヘンリー卿は中年の御婦人と話し中。他にも色々といる。
ネズミを飼ってる別の中年の御婦人もいます。

グレイソンは若い御婦人のタバコに紙マッチで火を点けてます。
で、若い御婦人にわからないような紙マッチをバッグに入れてます。

いきなり照明が消されて大騒ぎになります。
グレイソンは拘束されている。
ネズミは逃げた。それがオチかい。

ワシントン駅にて。
若い御婦人の婚約者ピーターが登場。御婦人の名前はナンシー。
ナンシーに指輪をプレゼントするピーター。婚約パーティーがあるようです。
グレイソンはそのまま連行されています。ナンシーに挨拶はしてる。

新聞の見出しです。
列車から男性が誘拐される。
事務弁護士のグレイソン氏とみられる。
英国人が米国で行方不明。

ロンドンBBCのラジオニュースです。
ここでも同じニュースを流してます。

ホームズの自宅アパートにて。
ワトソンはクリケットの記事に夢中です。重大事件だと言ってる。
何故クリケットを見に行かないと言い出すホームズ。
初歩的なことだよとワトソンが行かない理由を解説してます。

そんなところに来客があります。英国政府の使いです。
内務省のアーレンスさんはホームズとワトソンも顔見知りのようです。

グレイソンの件ですかと察しがいいホームズ。話し込みます。
機密文書を運んでいたグレイソン。
外交特使のヘンリー・マーチモントは持っていない。囮だ。
グレイソンの実の名前はペティボーン。アルフレッド・ペティボーン。ホームズもワトソンも知っています。
機密文書はタイプされた2枚の紙だ。グレイソンは文書を隠したはずだ。
そんなわけで文書を取り戻すのがホームズの仕事です。

アメリカに行くことになるホームズとワトソン。
ワトソンは野球の試合が見れるのかと興味津々。クリケットだと思ってるのか?
その前にグレイソン=ペティボーンの自宅に行きます。

ペティボーンの自宅にて。
母親が出ます。ペティボーンの自室を見せてもらうホームズとワトソン。
家捜ししています。何故か天井から足音が聞こえてます。
どうやら文書は燃やされているようです。そうなると・・・
カメラマニアのペティボーン。他にも色々と収集しています。
アメリカの紙マッチがあります。
そうなるとナンシーのバッグに入れた紙マッチにマイクロフィルムが仕込んであるのか?

映写機があります。ここにあるマイクロフィルムを映写すると紙マッチが写る。
ホームズは紙マッチの厚紙を剥がしてマイクロフィルムを仕込んだと確信します。
これで目的はわかったとなります。

帰る時に母親と足音がしましたと話題になります。古い家ですだけで納得する。
しかし警戒したホームズが外にで出ると見せかけて出ないと屋根からブロックが落ちてきます。直撃したら死んでいる。下手人は逃げた。

タクシーで移動中のホームズとワトソン。
狙われているとホームズ。相手組織はカネも人員もあると警戒してます。

飛行機で移動中のホームズとワトソン。
もうニューヨーク上空です。ここは通過してワシントンに向かう。
アメリカのマナー本に夢中のワトソンはホームズから言われてニューヨークの景色を見る。ちょうどマンハッタンあたりが見れてます。

ワシントンの飛行場にて。
無事に到着してるホームズとワトソン。
政府のラング、グローガン警部補が紹介されます。

クルマで移動中のホームズとワトソン。
運転手にラングとグローガン警部補も乗って5人です。
リンカーン記念館が見えます。
ホームズは電報を受け取ったと言うがラングは聞いていない。
ワシントン記念塔が見えます。
連邦議会議事堂が見えます。
そんな感じでワシントンの名所が映像で紹介されてます。説明セリフはない。

ホテルにて。
電報で紹介されたホテルにしてるホームズ。
4人でミーティングです。グレイソンにコンタクトした乗客リストを検討してます。
プリングルさんはネズミの御婦人。
ジェリソン婦人の本を拾ったグレイソン。ヘンリー卿と一緒にいた。
で、グレイソンとコンタクトした議員や婦人の自宅が荒らされているとか。
相手組織は文書を探していると推測出来る。

そんなととこに大きなトランクが届けられる。
ホームズ宛てですがホームズは知らない。勝手に送られてきたトランクの中味は?
開けると映像では見せませんがグレイソンの死体でした。
誘拐されて殺されたグレイソン。たぶん拷問もされてる。
グレイソンは本名ペティボーンで英国の諜報員ですと説明するホームズ。

全員でこの事態を推測します。
文書はすでに手に入れてグレイソンには用がなくなった?
それは違うと指摘するホームズ。

トランクや死体を包んだ毛布は当局の研究所で調べることになります。
ホームズとワトソンはラウンジ車両を調べに行きます。

保管されてるラウンジ車両にて。
ポーターと鉄道会社のムーアが案内します。
しかしラウンジ内はめちゃくちゃに荒らされています。
当局の調べは終わっててその後にこうなったと推理するホームズ。

現場検証のホームズ。
とにかく現場を再現するホームズ。ワトソンに代役をやらせる。
若い女性の隣にマーチモント氏。ジェリソン婦人と訂正してるポーター。記憶力はいい。
タバコに火を点けた話しをするポーター。

ポーター若い女性をに迎えに来たのはどんな男?と聞くホームズ。
制服から海軍のパイロットの大尉。休暇が3日で婚約パーティのことを証言してます。
指輪のことも憶えてます。優秀な証人のポーター。たいしたものです。
そんなこんなで現場検証は終わります。黒人のポーターにチップをやるホームズ。

アジトにて。イースターと他2人。
新聞に写真が載ってるこの女性だろうと見当をつけてます。
花瓶に仕込んだインターホンでボスと連絡をとってます。
配膳業者が1人。客が1人。残りは泥棒。そんな段取りになってます。

ホテルのホームズとワトソン。
フラッシュゴードンの漫画を見て感心してるワトソン。
それでホームズが社交欄を見ているのからかう。
ホームズとこの女性だと推理してます。大尉と婚約するカップルは他にはいない。

その女性の自宅にて。あとでわかりますが名前はナンシー。
タバコに火を点けるナンシー。あの紙マッチを使ってます。
早速怪しい男が外から伺ってます。

タクシーで移動中のホームズとワトソン。

ナンシーの自宅にて。
婚約者のピーターが来てキスになってるナンシー。
改装した2人用の部屋の話題になってます。見に行くのか?
紙マッチをナンシーのバッグにしまう。部屋から出る2人。
入れ替わりに男が侵入して家捜しをする。文書はない。

婚約バーティにて。
客と配膳業者になってる組織2人も入り込んでます。
ナンシー・パートリッジ、ピーター・メリアム大尉がフルネームです。
まずはピーターを改装部屋に呼び出す組織。小部屋にたたき込む。
次はナンシーを呼び出して薬で眠らせてカーペットでくるむ。

その前にピーターですが紙マッチをナンシーから借りる。
その紙マッチはピーターの上司がまた借りる。
上司は紙マッチをウエイターのお盆に置く。そのままです。

お盆の紙マッチは次から次へと使われる。またお盆に戻る。
呼ばれたナンシーはお盆の紙マッチを回収してバッグに入れた。
これで誘拐されてしまう。

タクシーで到着のホームズとワトソン。
外でラングと話し込んでる後ではカーペットがクルマに積まれています。
さすがのホームズもデータがないのでわからん。

パートリッジ婦人から話を聞くホームズ。
ナンシーはいなくなった話題になるがあまり気にしてないパートリッジ婦人。
敷物に何か問題がと聞くホームズ。気がついていたようです。
とりあえず改装部屋を見に行きます。

改装部屋にて。
足跡が作業員のゴム底以外にもあることに気がつくホームズ。
革靴にヒールがある。ヒールの足跡はここで消えたと敷物のとこです。

カギのかかったドアを開けるとピーターが昏倒しています。
ここはワトソンが具合を確認する。
ホームズはラングと打ち合わせです。まだ研究所のトランクの手がかりはない。

研究所にて。
ここに来て自分でもトランクや毛布を調べるホームズ。
この毛布は家具を梱包してたとワトソンに話すホームズ。古い椅子だ。
そうなるとアンティークな骨董店が怪しいとなります。
ナンシーの命も危ないので急を要する。

ホームズとワトソンが色々な骨董店を聞き込みするモンタージュが入ります。
たどり着いたのがスタンリー骨董店です。ここに違いないとホームズ。

スタンリー骨董店にて。
店の前のホームズとワトソン。それでどうする。

店内のアジトにて。
スタンリーとナンシー。
まだ元気なナンシーはカーペットで誘拐なんてひどいと抗議してる。そんな場合か。
スタンリーは文書を渡せと言ってるがナンシーには何だかわからん。
そのスタンリーですが紙マッチを持っています。2人とも知らない。
グレイソンとコンタクトしたがスタンリーの根拠です。
彼は死んだとナンシーを脅かすスタンリー。

ナンシーはグレイソンを覚えていないようです。グレイソンの影の薄いタイプは目に入らないでしょう。
それにナンシーは紙マッチを受け取ったとは知りません。
タバコに火を点けたいナンシー。スタンリーが紙マッチを使う。
で、紙マッチのことを思い出したナンシー。しかし話さないようです。
スタンリーはインターホンで手下のハウを呼びます。拷問専門です。これは大変。

店の前にて。
まずはホームズが客として入り、外で待機のワトソンがホームズから合図をされたら当局に通報する。そんな段取りになります。

入店したホームズはこれは偽物だとクレーマーになって騒ぎを起こす。
店員のオッサンがこの当時は悪役でよく見るドイツ顔タイプです。名前はわからん。
ホームズは鏡の照明を消してこれがマジックミラーだと見破る。隣りの事務所から店内が見られる仕掛けです。
ホームズは研究所から持ってきた破片が売り物に一致すること確認します。この店が組織のアジトなのは間違いない。
親指を立ててワトソンに合図を送ります。ワトソンは通報しに行く。

わざと壺を割るホームズ。
店員から2300ドルを請求されます。いや600ドルだろと不毛な会話になってます。
経営者を呼べとクレーマーと化してるホームズ。

そんなわけで店員はインターホンで経営者に連絡する。
経営者のスタンリーは事務所に通せと伝える。

事務所にて。
スタンリーは秘密の隠しドアから事務所に入る。ドアはエジプトの縦型棺桶です。
これが安っぽいセットなのがいい。ユニバーサル得意のミイラシリーズのセットの流用です。

ホームズとスタンリー。
まだ紙マッチを持ってるスタンリー。
ホームズは気が付いてます。まずは普通のクレーマーの会話をする。
600ドルだ。それでいいとあっさりと譲歩するスタンリー。
それでホームズはどうする。何が望みだホームズ君と言い出すスタンリー。
最初から正体を見破られていたホームズ。それじゃダメじゃん。

本名はケンクル、今はリチャード・スタンリーかと負けずに正体を暴くホームズ。
ドイツ皇帝の秘密諜報員、現在は機密売買の國際スパイ組織の親玉というわけです
私は骨董店をやってる善良な市民だとうそぶくスタンリー。

ホームズはタバコを出して火を点けて欲しそうにする。
スタンリーも別に損はないので紙マッチで点けてます。そのままポケットしまう。
それでホームズはどうする。

書類は切手の大きさになってると話し始めるホームズ。
ナンシーを帰せと取引の材料にしてます。
書類を探すホームズですが物入れを用心して開けるとトラップになってました。危ない。

成り行きでリボルバーをゲットするホームズ。
花瓶のインターホンを見つけて手下にナンシーを連行してこいと命じる。

しかしホームズは用心したつもりで隠しドアに背を向けてしまう。
そんなわけで出てきた手下達に捕まるホームズ。それでどうなる。

ホームズとスタンリーですが勝負はどうなんだとまだ口論してます。
で、ナンシーには君を助けに来たが失敗したと言ってるホームズ。こまったものです。
それでもピーターは無事だとフォローしてるホームズ。

そんなこんなでいよいよ危険な状態になるホームズとナンシー。まずは縛られます。
いよいよリボルバーで片づけようとするスタンリー。
そんなとこに店側から大きな音がします。警察が押し込んできたようです。

事務所に警察がなだれ込んで大騒ぎになります。
そんなこんなでスタンリーは逃げて手下は捕まった。ホームズとナンシーは助かった。

ホームズはタクシーに乗って上院議員のとこへ行けと言ってます。そうなの?
スタンリーが書類はバブコック上院議員が持ってると判断したと推理してるらしい。

バブコック上院議員の自宅にて。
支持者達からの嘆願書にうんざりしてる上院議員。
そんなところにホームズが来ます。リチャード・スタンリーが命を狙っていますと用件を伝える。
グレイソンから封筒を受け取ってる上院議員。この切手だとなります。そうなの?

そんなところにスタンリーがリボルバーで押し込み封筒を渡せとなります。
ホームズはタバコを吸っていいかと言い出す。紙マッチで火を点けるスタンリー。
上手いことを言って紙マッチをゲットするホームズ。それでどうなる。

用が済んだスタンリーは引き上げようとする。
しかしドアの外には当局一行がいて後からスタンリーを押さえつけて逮捕してます。

封筒を取り返す上院議員。しかしホームズと封筒を燃やしてしまう。
で、これですよと紙マッチの厚紙を剥がしてマイクロフィルムを見せる。

エピローグ
クルマで移動中のホームズとワトソン。
連邦議会議事堂を見て民主主義云々と言うホームズ。
他にも色々と格言らしきことをいいますが当時のチャーチルの引用でした。
エンドとなります。
A Universal Picture
the players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.12.07

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズ危機一髪』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース主演の謎解きサスペンスのようです。

1943年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆68分
原題◆Sherlock Holmes Faces Death
プロット◆謎の連続殺人の話しのようです。
音楽◆Music Department
Hans J. Salter musical director (as H.J. Salter)
Frank Skinner composer: stock music (uncredited)

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

デニス・ホーイ→レストレード警部
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

ヒラリー・ブルック→妹サリー
フレデリック・ウォーロック→兄ジェフリー (as Frederic Worlock)
ギャビン・ムア →弟フィリップ

アーサー・マーゲットソン→ワトソンの助手セクストン
ハリウェル・ホッブス→ブラントン執事
ミンナ・フィリップス→メイドのハウエル夫人

ミルバーン・ストーン→婚約者のヴィカリー大尉
オラフ・ハイッテン→編み物のマッキントッシュ大尉、
ジェラルド・ハマー→階段のラングフォード
バーノン・ドーニング→盗聴のクレバリング中尉

ノーマ・バーデン→パブの主人グレイシー
ジョアン・ブレア→メイドのノラ
ヘザー・ワイルド→メイドのジェニー

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の謎解きサスペンスになってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『シャーロック・ホームズ危機一髪』
Sherlock Holmes Faces Death
バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。

タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
Sherlock Holmes Faces Death

with
Dennis Hoey Lestrade
Arthur Margetson Doctor Sexton
Hillary Brooke Sally Musgrave
Halliwell Hobbes Brunton
スタッフの紹介
原作はArthur Conan Doyleのみ。全部創作のようです。

パブ ネズミとカラスにて。
マジでカラスがいます。名前はチャーリー。
音源が蝋管のジュークボックスが動かずに叩いた客が壊してます。手にケガもしてる。
壊したので2シリングを請求されてます。
で、マスグレイヴの屋敷の話題になります。幽霊が出るとか。

マスグレイヴの屋敷にて。
屋敷の全景や時計塔はミニチュアです。中は流用のセット。
おじいさんの執事が登場。
居間には兄ジェフリーと妹サリーがいます。この他に弟のフィリップがいる。
執事は廊下で盗み聞きをしてます。
虫の研究をやってるジェフリー。サリーとヴィカリー大尉の結婚には反対してる。

盗み聞きの執事ですがフィリップに見られてます。
会話から執事の名前はブラントンとわかる。
フィリップに脅かされて全部喋らされるブラントン執事。こまったものです。

何故かワトソンがここにいてブラントン執事を呼んでます。
強風で暖炉から灰が飛び散って書類も飛んだ。
トリンダ城の亡霊は西館に出る。ジャービス卿の霊はこの部屋に出る。そんな話しブラントン執事から聞いて怖そうにしてるワトソン。

ハールストン館の書類引き出しがあります。将校の治療記録。
そんなわけでここは将校専用の病院というか療養所になってるようです。
ヴィカリー大尉の名前が出ています。
セクストンを呼んでくれとワトソン。セクストンって誰?。
ここには黒猫もいたりします。不吉だ。

黒猫を抱いて出るブラントン執事ですが怪我人が倒れ込んできます。
ボブ・セクストンが怪我人の名前です。ワトソンの助手です。
首筋をナイフで刺されたとか。並木道を歩いて温室に接近したら何者かに襲われたと主張するセクストン。
そんなとこにジェフリーが来て犯人は誰だ?となります。

ブラントン執事は時計塔が13回打つ時に殺人が起きると言い伝えがあると話す。
お父様が殺されたとのこと。
黒味が入ります。

ロンドン、ホームズの自宅アパートにて。
縛られた状態でリボルバーが撃てるか実践してるホームズ。壁に穴を開ける。
そんなところにハドソン夫人が何事かと入ってきます。
両腕を縛られてもリボルバーが撃てる。これで事件は解決とご満悦のホームズ。

そんなとこにワトソンが来ます。
さっそく初歩的なことだよと何処から来たら当ててるホームズ。
会話からワトソンが来たのは久しぶりのようです。
ハールストン館事件のことを相談にノーサンバーランドから来たワトソン。
私の助手のセクストンが襲われた。
何故か乗り気のホームズ。速攻で出かけます。

ハールストン館にて。
庭にホームズとワトソンが来てます。
温室の前に枯れ葉の山があります。これが気になるホームズ。
どうやらジェフリーの死体が埋まっていたようです。話しは早い。

館内にて。
レストレード警部がセクストンに現場の再現をやらせてます。
フィリップがいます。ジェフリーはもう死んでるけどそんなとこはわかりません。
相変わらずブラントン執事は物陰で伺ってます。
手袋の持ち主はジェフリー。ジェフリーは馬小屋にいると外に出ようとしてセクストンのコートを渡されるフィリップ。

そんなとこにホームズとワトソンが来ます。
レストレード警部がジェフリーと話しがしたい言い出すとホームズが悪い知らせを伝えます。
死んだと聞いてビックリのレストレード警部。殺人のジョークはないとホームズ。
フィリップは地方検事なのでこの件を仕切るとやる気満々。現場に行きます。

残ったホームズとワトソン。
呼ばれたブラントン執事はメイドのオバサンから関わらないで注意されている。
ブラントン執事に色々と聞くホームズ。

患者から話しが聞きたいとワトソンにリクエストするホームズ。
マッキントッシュ大尉、編み物をしてます。

ジェフリーの死因は頭蓋骨陥没ではないと指摘するホームズ。
殴られたのは死んだあとで、頭蓋骨と脊髄の間を鋭利な物で指された。心臓と呼吸を司る延髄のことです。ここをやられると一瞬で死に至るわけです。

患者巡りになります。
ランフォード少佐、階段ですれ違っただけ。
クレバリング中尉、盗聴してるのか?
ヴィカリー大尉、サリーと結婚する予定。しかし不在です。

そんなところにサリーが来ます。ジェフリーが死んだと聞いて動転してます。
で、ヴィカリー大尉が容疑者なのとまた動転してます。

その頃ヴィカリー大尉はレストレード警部に尋問されていた。
そんなところにホームズ、ワトソン、サリーが来ます。
そんなこんなでヴィカリー大尉は容疑者で連行されています。ここより警察の方が安全だとサリーをなだめるホームズ。

盗聴してるのが3人ぐらいいたりします。隠しマイクではなく聴音機みたい。

ホームズとフィリップ。
フィリップのパイプが詰まったので編み針を貸してるホームズ。もしかして伏線なのか?
次は儀式書の話しになってます。ジェフリーの葬儀にやる儀式で順番でサリーがやる。

その儀式にて。ジェフリーの葬儀です。
儀式の呪文を唱えてるサリー。雷が凄い。稲光で窓が割れたり甲冑セットに直撃したりします。そんなわけで大騒ぎになってサービス満点です。

ブラントン執事の私室にて。
酔っぱらってるブラントン執事。呼ばれても腰を上げない。
注意するメイドのオバサン。

そんなところにノックの音がします。やって来たのはホームズです
儀式の文を何で訂正した?何で覚えてる?と突っ込むホームズ。
メイドのオバサンが立ち聞きしてるのはわかってるホームズ。

そんなところにフィリップが来ます。ブラントン執事に10分前に呼んだのに何故来ないと突っ込む。で、WWEのビンス・マクマホンみたいにお前はクビだと言い渡すフィリップ。
ここはとめてるホームズ。

いつでもやめてやるといった感じでブラントン執事はあまり気にしていない。
メイドのオバサンはどうするんだとブラントン執事をなじる。
時計の鐘が鳴ってます。13回打ったようです。不吉だ。

温室から死体を担いでる男が出てきます。

町にて。
徒歩で移動中のホームズとワトソンはパブ カラスとネズミに入る。
メイドのオバサンが変だなと話し込む。
グレイシーがパブの主人の名前。
カラスの話しになります。『僕は悪魔だ』と喋ってるカラス。

そんなところにクルマでサリーが来ます。
ワトソンを探しに来たようです。フィリップがいない。
速攻でクルマに乗り込もうとするとカラスがクルマにいる。
ホームズはクルマのトランクを開けるとフィリップの死体があるようです。
黒味が入ります。

ハールストン館にて。
ホームズ、ワトソン、レストレード警部の3人。現場検証になってます。
足跡はブラントン執事と一致する。その足跡は壁に向かってる。
レストレード警部はブラントン執事には動機がある。フィリップに解雇されてる。
ホームズは同一犯だと主張する。で、足跡から壁に隠し扉があると開けます。すると中からメイドのオバサンで出てきます。あまり慌てていないメイドのオバサン。

レストレード警部はメイドのオバサンが止めてるに中に入ってしまった。
絶対に迷いますと言ってるメイドのオバサン。で、フィリップが死んだと聞いてビックリのメイドのオバサン。マジで知らなかったみたい。

ホームズはメイドのオバサンからブラントン執事が書いたメモをゲットする。
ブラントン執事の儀式文の謎解きのメモです。

それから睡眠薬で寝てるサリーの部屋に行き儀式文の元本の写し書類を探します。
サリーが書類を隠したと推理してるホームズ。動機は兄2人が死んで婚約者が容疑者になって動転したからです。
メイドのノラが来たので聞き込みをするホームズ。その時にカーテンを閉めてと言われて少し背を向けた。その隙に隠したと推理するホームズ。
そんなこんなで置き時計に中にある書類をゲットします。

儀式文はデタラメだと言い出すワトソン。
キングやビショップから何を連想する?→それはチェスだ。
広間の床はチェッカー模様になっている。そこに謎が隠されいてる。

広間にて。
チェッカー模様に人をチェスの駒代わりして実験してるホームズ。
セクストンに勝手に動いたねと指摘して位置を修正させてます。
会話からメイドのオバサンの名前がハウエルとわかります。
儀式文から地下室の話題になります。

そんなところに何やら音がします。
暖炉の裏の通路ですと指摘するハウエル。ブラントン執事ではなく出られなくなったレストレード警部でした。出してくれと泣きが入ってます。こまったものです。
メイドのジェニーはチェスの駒役をやって笑ってワトソンに注意されてます。

地下室にて。
ホームズ一行が来てます。
この24時間以内に誰かが入ったと指摘するホームズ。掃除されている。
クレバリングから音探知器を借りるホームズ。

ここだと指摘するホームズ。まずは置いてある箱をどかす。
床には文字が刻まれています。ここにラルフ・マスグレイヴが眠る・・・
ここを開けると納骨堂があります。誰かが倒れてます。

納骨堂にて。
倒れているのはブラントン執事でした。すでに死んでるようです。
ブラントン執事は小箱を持っていました。中味は古文書です。

次は床に書かれた文字を見つけるホームズ。ハンカチでカバーします。
死ぬ前にブラントン執事が爪が引っかいた文字が残されているが薄くて読めない。
文字をハッキリ見せる薬品を取ってくると出かけるホームズ。
黒味が入ります。

時計塔が鳴ってます。
薬品を取りに出かける前に色々と指示するホームズ。
ワトソンには出入り口を見張ってくれと指示をします。
犯人は屋敷内にいる。あの文字を消しに行くはずだ。
セクストンにはサリーを見張れ。他も色々。で、ホームズは出かけます。

マジでリボルバーを持って寝ずの番をするワトソン。
時間が経過して寝てるワトソンに黒猫が乗ってます。物音がしたので目を覚ます。

玄関ではないドアを誰かがいじってるので音がしてます。
ワトソンがドアを開けて入った隙に隠れていた何者かは部屋から出てカギも締める。

閉じこめられたワトソンは救援を求めて暴れてます。何者かは消えてる。
クレバリングが助けに来てます。ようやく出られるワトソン。
ランフォードがロープで脱出すると聞いて2人して2階か外に行くかどっちにする?と行ったり来たり右往左往するギャグが入ります。

とりあえずワトソンが外に行ったら速攻で警戒中のお巡りに捕まってます。
俺はワトソンだと主張するが顔パスが通じないお巡りでした。

そんなことをしてるうちに怪しい何者かは電線を切断してます。
地下室に向かってます。

地下室にて。
床に被せてあるハンカチに手が行く怪しい何者。
その手を死体のはずのブラントン執事が掴む。待ち伏せしていたホームズでした。

ホームズ対怪しい何者。何者の正体はセクストンでした。
君だけが殺されずに逃がしてもらったと正論で推理するホームズ。
それに検死した君は本当の死因を隠していた。殴打ではなく延髄を針で刺した死因のことです。
君の持ってる医療ケース内に手術針があったとホームズ。

殺人には結婚と同じで動機があると言い出すホームズ。
儀式書の謎を解いたなとセクストンに迫る。
チェスは知らないと言ったが人間チェスで場所の間違いを指摘したらすぐに正しい位置に移動したと指摘するホームズ。

古文書ですが用地割譲の証書とのこと。
それと床にボタンが落ちてます。ホームズが回収する。

リボルバーを突きつけて謎解きをするホームズ。
クルマのトランクにフィリップの死体を入れる時に酔っぱらってクルマ内にいたブラントン執事に見られていた。

セクストンはホームズに1人で来たのかと確認する。
ホームズも1人で来たと何故か馬鹿正直に答える。
そうなると格闘アクションを仕掛けるセクストン。ホームズは押されっ放し。

ホームズをノックアウトしてリボルバーを奪ったセクストン。
リボルバーでホームズをホールドアップさせる。証拠の手術針とボタンを要求する。

セクストンはホームズを殺す気満々。
そんなわけでリボルバーで撃ちます。崩れ落ちるホームズ。

外に出たセクストンですが銃声がしたので当然ワトソンやレストレード警部と遭遇する。
リボルバーを撃ちまくるセクストン。しかし誰も倒れない。
そんなわけで逆にホールドアップされるセクストン。

ホームズが来て自白させるためにわざわざ空砲のリボルバーを用意したと言う。
音探知器もあるので会話をは筒抜けだったし。
君にリボルバーを奪わせるには苦労したよと皮肉を言うホームズ。

エピローグ
サリーとヴィカリー大尉。ホームズとワトソン。
古文書の用地割譲の証書の話しになります。相続人のサリーは大地主だ。
セクストンは兄2人を殺してサリーを大地主にして結婚するつもりだった。
何故私がセクストンと結婚する?といった感じのサリー。

しかしサリーはその土地には住み慣れた人達がいると言い出す。今住んでる人達を追い出せない・・・
そんなわけで古文書を丸めて暖炉に燃やしてしまう。何だかスッキリしてるサリー。

クルマで移動中のホームズとワトソン。
彼女は自分で決めたんだよとホームズ。
また格言らしきことを連発するホームズ。
そんな時代が来るといいなとワトソン。
エンドとなります。
A Universal Picture
the players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.11.17

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズと恐怖の声』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ジョン・ロウリンズ監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース主演のホームズ映画のようです。

1942年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆65分
原題◆Sherlock Holmes and the Voice of Terror
プロット◆ナチスドイツの破壊工作に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆フランク・スキナー

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

イヴリン・アンカース→ホームズの協力者キティ
トーマス・ゴメス→破壊工作員のミード

レジナルド・デニー→ホームズを呼んだバーナム
ヘンリー・ダニエル→尾行したロイド
モンタギュー・ラヴ→会議メンバーのローフォード将軍
レイランド・ホジスン→会議メンバーのショー大佐

ロバート・バーロン→ホームズの協力者ギャビン
ヒラリー・ブルック→女性運転手のグランディス
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

ジョン・ロウリンズ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。
当時を舞台にしたスパイサスペンスになってます。そんなわけで現代を舞台にしたホームズ物は昔からあったようです。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
画像のノイズ音割れ等がありますと一応著作権のアラート。
パブリックドメインなのに何故かある著作権のアラートがあります。
メニュー画面

『シャーロック・ホームズと恐怖の声』
バックはUniversal Picturesのタイトル音楽が流れる。
タイトル
Universal presents→ここはちゃんと出てる。

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
Sherlock Holmes and the Voice of Terror

with
Evelyn Ankers Kitty
Henry Daniell Anthony Lloyd
Thomas Gomez Meade
Reginald Denny Sir Evan Barham
Montagu Love Gen. Jerome Lawford
スタッフの紹介
途中でマスクがかかって見えない部分があります。

前説字幕
シャーロック・ホームズはコナン・ドイルが生んだ永遠不滅のキャラクター。
天才的にな推理力で難事件を解く。史上最も優れた名探偵である。

ドイツにて。
ハンブルクから英国に向けてのラジオ放送です。
第3帝国の電波放送。我々は恐怖の声だ。
そんな感じで宣戦布告というかテロ活動宣言になってます。
当時実在していたヒットラー総統の名前まで出してます。

英国の秘密の飛行機工場を爆撃。ミニチュアです。
ポイント切替で列車が崖から転落。これで外交官が死亡。ミニチュアです。
隊員23号と言ってます。
ロンドンの紳士倶楽部を爆破。ミニチュアです。
軍用輸送船を撃沈。ミニチュアです。
ダムを破壊。ミニチュアです。
そんな感じでドイツが英国でやりたい放題になってます。

情報査問議会にて。
まずは電波妨害であの放送を英国民に聞けなくさせると言ってます。
シャーロック・ホームズを呼ぶ話題になります。
ここにいるバーナムが呼んだとのこと。ドイツ工作員を捕まえるため。
当然部外者なのにと反対の人もいる。プレンティス提督が反対してる。
で、いきなりシャーロック・ホームズはワトソン医師が来てます。

ホームズは例によって当てずっぽうみたいな推理で煙に巻く。
君は何処に行ってたとか何をしていたとか当ててます。
ホームズの髪形や服装も1890年代ではなく当時の感じになってますす。

そんなとこにドイツからの放送です。
兵士と看護師を乗せた列車が標的だ。
もうラジオで実況になって列車がやられたようです。早い。
ショーが電話で問い合わせをしてます

議論になってます。
彼らの狙いは何だ?、最終目的は別にあると主張するホームズ。
そんなこんなでホームズは採用されるが行動と進行は報告せよと言われる。
ロイドがうるさい。ホームズは秘密にしたがる。

そんなこんなでホームズとワトソンは仕事を始める。
まずは運転手付きクルマがある。運転手はグランディス。女性です。

クルマで移動中です。
ホームズとワトソン。
クルマと運転手が何でわかった?とワトソンに聞かれて初歩的なことだよといつのもセリフのホームズ。
溶暗になります。

ホームズの自宅アパートにて。
ワトソンがリボルバーの手入れをしてハドソン夫人を驚かせたりする。
ホームズはラジオで音楽を聞いてます。何故かオシロスコープで分析してる。
電話でリクエストもしてるホームズ。ベートーベンの第5番運命。

そんなところに誰か来ます。
背中にナイフがぶすりと刺さった男です。これはビックリ。
ギャビンと呼んでるホームズ。顔見見知りのようです。
クリストファーと言い残し死に至るギャビン。
ホームズはギャビンに調査を頼んでいた。それがアッサリとやられたわけです。
これは投げナイフでやられた。下手人のナイフを投げた距離や身長を推理してます。
ちょうど警官が来たのであとは任せて出かけるホームズとワトソン。

ライムハウスにて。
ここがギャビンに調べさせたところです。古い倉庫みたい感じ。
グランディスのクルマが待機してるシーンがあります。
オッサンが絡んできます。後悔するぞと脅かす。あまり聞いてないホームズ。
いきなり投げナイフが飛んできます。柱に刺さった。どうやら警告のようです。
ナイフはドイツ製だとホームズ。ハンブルク出身だと推理するホームズ。
またオッサンで出てきてホームズを酒場に案内する。

酒場にて。
何だか居心地がよくないホームズとワトソン。
ギャビンの妻キティとコンタクトしようとする。その前の客のオッサンが絡んできます。
名前はキャンバーウェル。ホームズのせいで10年ムショに入ってた・・・
俺が犯人だと誰が言ったと脅かされてもホームズは君だよと平然としてます。君が証拠を残していたんだ・・・

今度はキティが来ました。
旦那のギャビンが死んだことを伝えるホームズ。
ナイフが刺さっていたと聞き動揺するキティ。
クリストファーの名を出すホームズ。英国の危機なんだとキティを説得にかかる。
キティをリーダーにして調べてくれと説得のホームズ。

大勢の前で演説するキティ。
グライムズ、ダガンと客の名前を出してます。
ナチスの名も出して協力してと訴える。
そんなこんなで協力してくれるようです。
キティにお礼を言うホームズ。
溶暗になります。

情報査問議会にて。
グランディスからショーに電話です。
ホームズは航空省を訪れたとルーティンの連絡みたい。
そんなとこにホームズとワトソンが来て報告になります。
遅れてきたバーナムですが左手にケガをしてます。撃たれたとのこと。

そんなとこに例のラジオ放送です。
空における大災害と大きく出てます。東の波止場。隊員20号。
ここから見えるので室内の照明を消してバルコニーで出て見ると波止場が炎上してます。
そんな感じでまたやられてしまった。

ホームズは何度かは命令より先に実行されている時があった。
ラジオの生放送と録音放送の違いをオシロスコープで調べていたホームズ。恐怖の声は録音放送だと断言するホームズ。
それに放送素材は英国からザルツブルグに転送してザルツブルグから放送している。
放送素材の輸送はドイツ爆撃機を利用してるらしい。

そんなとこに面会人です。キティが来ました。
聞いたホームズとワトソンはすぐに出かけます。まだ捜査内容は秘密ですと出かけるホームズ。
溶暗になります。

夜の街にて。
ホームズとワトソンに尾行が付いてます。会議メンバーのロイドでした。
要するに報告がないので監視で尾行してたとのこと。
そんなわけで3人で移動となります。

空き家にて。
ここに入るホームズ一行3人。
クリストファーとは埠頭の名前だと明かすホームズ。
産業革命の前に作られ現在は使われていない埠頭の一部だ。古い施設がアジトになってるわけです。

3人であちこち調べてます。
ホームズのステッキの先がライトになってます。妙にハイテクです。
いきなり小型ハンドガンが出てきます。たぶんモーゼルなのでドイツ側だ。

オッサンが登場。名前はミード。
どうせなら議会メンバー全員がくればまとめて片づけられるとうそぶくオッサン。
ついでにワトソンのことをどうでもいい人間だと言ったりしてる。
ここは一応ワトソンのフォローをしてるホームズ。

で、オッサンの仲間を出てきて3人は囲まれてしまう。
くしゃみをするとお大事にドイツ語で言うシーンがしつこく入ります。
回りには違う連中がいて伺ってます。

いきなり回りの連中が襲ってきて格闘アクションになります。
どうやらキティの仲間のようです。そんなこんなでホームズ側が制圧する。
そんなこんなで親玉のオッサンはからくりを使ってこの場から逃げ去る。しかも用意してあったモーターボートで逃げてます。
ロイドがくしゃみしてホームズがお大事のと言うシーンで締めてます。だから何なのかがわからん。

R・F・ミードの自宅にて。
ここに来てるオッサン。そうなると名前はミードです。
お巡りが見回ってるので玄関の影に隠れてます。
そんなところにキティが来ます。ミードはキティも隠れさせる。知り合いなのか。
お巡りをやり過ごして中に入る2人。

家の中のミードとキティ。
キティにお酒を出してるミード。どういう関係なのかがわからん。
溶暗になります。

ホームズの自宅アパートにて。
下手なバイオリンを弾いてるホームズ。ワトソンもいます。
ローフォード将軍とショー大佐は爆破された場所から救出されたと新聞の見出しに出ています。
ホームズはミードをわざと逃がしたと言ってます。ここは突っ込みたいワトソン。
スパイがいると言い出すホームズ。
ローフォード将軍。ショー大佐。
プレンティス提督は列車の巻き添えで息子が死んだ。
バーナムはホームズを雇った。左手を撃たれてる。
ロイドは尾行をしていた。
そんな感じで名前を出してます。まだ何もわかってない。

そんなとこに来客です。キティが来ました。
ミードの情報が掴めると知らせに来たキティ。今夜11時にセグノークスが・・・
バーナムの地元で何かかあるらしい。

バーナムの屋敷にて。
自分で外の見回りに出るバーナム。心配してる執事。
庭には誰かいます。これはミードでした。

移動中のクルマにて。
ホームズとワトソン。運転手のグランディス。

バーナムの屋敷にて。
クルマが屋敷に着きます。執事から話を聞くホームズ。
すぐにバーナムのとこへ向かうホームズ。

庭にて。
バーナムに接近するミード。そんなとこにホームズが来ます。
もう出口を見えてるとバーナムに話すホームズ。
そんなとこに空襲警報が鳴ってます。

小型飛行機が1機着陸してます。ドイツの飛行機です。
ここにミードが向かってます。飛行機に乗ろうとしてるみたい。
バーナムが撃ちます。ミードは逃げて飛行機も飛んで逃げた。

ホームズとバーナム。
早く解決してくれとホームズを責めるバーナム。

ミードの自宅にて。
帰宅するミード。キティがいます。
何だか机を整理してるミード。夜逃げするのか?
次に会う時は私は権力者になってるだろうと言い出すミード。

小さい頃に見た夢の話しをするミード。
甲冑に馬で戦場を駆け巡っていた。

そんなこんなでミードはキティを連れて出かけます。
運転手付きのクルマで移動する。オッサンの尾行のクルマが付いてる。

情報査問議会にて。
また放送を待ってる面々。ワトソンはいる。ホームズもやってきます。
ザルツブルグの恐怖の声。海岸線を火の海にすると言ってます。決行は明日の日の出。

ホームズに早く何とかしろと責める会議の面々。
今回の放送は変だと言い出すホームズ。これまでは同時決行だったのに違う。
そんなとこに来客です。ミードを尾行したオッサンです。
ミードは南の海岸沿いの村に行ったとのことです。
電話です。上層部からホームズに同行しろとなってます。

それで南の海岸沿いの村に移動となるわけです。
尾行のオッサンのクルマに大勢乗ってます。別のクルマがないと人数的に問題あり。

南の海岸沿いの村にて。
ホームズ一行が到着してます。もう兵隊がいて警備してます。責任者はハリソン。
海岸の崖の上に廃教会があります。そこがアジトのようです。

廃教会のアジトにて。
ミードが指揮してます。部下のシーラ。ヒューゴ。
回りはホームズ一行と英国軍が包囲しつつあります。

そんなわけでで英国軍が入り込みホールドアップとなります。
キティもいました。隠れていた。マジでホームズの味方みたい。

ホームズが謎解きにかかります。
ミードは俺が捕まってもドイツ軍が来るとうそぶく。
それはともかく恐怖の声はここにいると言い出すホームズ。ミードでなはい。
私は早い段階で議会の一員だと気がついていた。
ミードはデスクに置いたコートに隠れたハンドガンに目が行ってます。

ナチスの飛行機に発砲したのは逃げるように警告したからだ。
そうなるとバーナムがスパイということになります。そうなの?。
会議の他の面々はビックリ。
フォン・ボックという偽物だとホームズ。以前バーナムがドイツに行った時に入れ替わった。本物は殺されている。
それから偽物のバーナムは24年間に渡って本物を演じていた。
顔の傷痕は整形手術でよく見れば不自然らしい。

ミードは爆音を聞いてドイツ軍の戦闘機が来たとご満悦。
ホームズはこの会議にわざと偽情報を与えた。そんなわけで実際に来てるのは英国空軍だ。有名な戦闘機スピットファイアのことです。
裏をかいてラジオ放送の北ではなくここ南に英国軍を集中させたホームズ。

ラジオでニュースを聞きます。BBCニュースです。
恐怖の声の放送は無期限に停止しました・・・。

ハンドガンに手が行くミード。
キティを撃って逃げるミードですがマシンガンで蜂の巣にされて退場となります。

そんなわけでキティは死に至る。
キティに感謝の言葉を述べるホームズ。ワトソンは遺体が運ばれるまで看取るとか。
この場は解散になってます。

残ったホームズとワトソン。窓から海岸を見てます。
時代が変わろうとする時も東風が吹く・・・
でも英国には吹かない云々・・・
そんな感じで格言らしきことを連発してるホームズ。
エンドとなります。

A Universal Picture
キャスト the players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.11.16

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シークレット・ウェポン』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース、ライオネル・アトウィル主演のホームズ映画のようです。

1942年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆68分
原題◆Sherlock Holmes and the Secret Weapon
プロット◆新型照準器を巡って色々とある話しのようです。
音楽◆フランク・スキナー
Music Department
Charles Previn ... musical director
Richard Hageman ... composer: stock music (uncredited)
Hans J. Salter ... composer: stock music (uncredited)
Frank Skinner ... musical arrangements (uncredited)

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

ライオネル・アトウィル→宿敵のモリアーティ
デニス・ホーイ→レストレード警部

ウィリアム・ポスト Jr.→照準器のトーブ博士
カレン・バーン→トーブ博士のガールフレンド シャルロット
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。

ベイジル・ラスボーンの髪形から岸田森のようにも見えます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『シークレット・ウェポン』(1942年)◆68min.
Sherlock Holmes and the Secret Weapon
バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。
タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
Sherlock Holmes and the Secret Weapon

with
Lionel Atwill Moriarty (as Moriarity)
Kaaren Verne Charlotte Eberli
William Post Jr. Dr. Franz Tobel
Dennis Hoey Lestrade
スタッフの紹介
一応コナン・ドイル原作になってます。the dancing men

Switzerland スイス
夜の街 酒場兼食堂にて。
怪しい男2人のテーブルに怪しい古本売りのじいさんが来ます。
初版本を売りに来たじいさんはゲシュタポの仲間でした。怪しい男2人はゲシュタポ。
トーベル博士の話題になります。博士の発明品 爆撃照準器を必ず入手せよとなります。
英国の素人探偵が来てる話題になります。ホームズだかホルムズとか。
打ち合わせは終わってじいさんは引き上げます。商談は上手く行かなかったと装う。

フランク・トーブ博士の自宅にて。すぐ近くです。
ここを訪問する古本屋のじいさん。入れてるトーブ博士。

怪しい男2人はクルマを用意してます。

フランク・トーブ博士の自宅にて。
外を伺ってるじいさん。トーブ博士はどうする?と言ってます。
そんなわけでじいさんはホームズの変装でした。どうやらこのシリーズは必ずホームズの変装シーンが2回ぐらい入るようになってるようです。
土曜ワイド劇場の明智小五郎シリーズと同じです。土曜ワイド劇場の方がが引用してるわけです。

照準器を分解して古本の中に隠してるホームズ。
それから2人の替え玉を囮にして脱出となります。ステファンとエリック。

囮に尾行する怪しい男2人。
ホームズとトーブ博士は用意されてるクルマを勝手に使っています。いいのか。

移動中のクルマにて。
ホームズとトーブ博士。ここまでは順調です
英国空軍の飛行機で脱出だと説明するホームズ。
アッサリと飛行機に乗り換えています。離陸するとこはミニチュア。

飛行中の飛行機にて。
ホームズとトーブ博士。パイロットは何故か女性です。

ロンドンにて。
ホームズとトーブ博士。
爆撃されて灯火管制中なので暗いんですと説明するホームズ。

ホームズの自宅兼事務所のアパートにて。221-B
ここに入るホームズとトーブ博士。
とりあえず照準器の隠し場所は本棚にしてるホームズ。初歩的に問題だよとエドガー・アラン・ポー方式に従って隠してます。

そんなところにパジャマでリボルバーのワトソンが起きてきます。
ホールドアップするワトソン。何しろ怪しい2人がいるのでこうなってます。
さっそくボケをかましてるワトソン。そういうキャラなんです。
ハドソン夫人も来たりします。そんなこんなでホームズとわかります。

電話するホームズ。レジナルド・ベイリー氏にです。
明朝に照準器のテストする場所にトーブ博士と照準機を届ける予定。

トーブ博士はワトソンにもらった睡眠薬を飲んでません。
ワトソンは眠ってます。ホームズは出かける。
電話するトーブ博士。どうやらガールフレンドに電話してるようです。
出かけるトーブ博士。電話の会話から時間は00:05頃。

役所にて。
ホームズがお偉方に説明してます。
ソールズベリー平原までトーブ博士と照準器を送り届けすますとホームズ。

ガールフレンドのアパートにて。
ここに来てるトーブ博士。呼び鈴を押して玄関ドアを開けてもらう。便利です。
この方式は日本でもあるようですがあまり有名になってない。
ここを伺ってる人相の悪いオッサンもいます。

トーブ博士とガールフレンドのシャルロット・エバリー。
とりあえずやることやったような2人。古い映画は検閲逃れでセックス描写は省略します。
トーブ博士は人形が並んでる絵を描いてます。
私に何かあったらこの手紙をホームズに渡してくれとシャルロットに頼むトーブ博士。
お別れのキスになってます。

アパートから出たとこでいきなり頭を殴打されるトーブ博士。
近くにいたお巡りが来ます。殴打されたトーブ博士を残して下手人はズラかってます。
警察でケガの手当てをしましょうとお巡りに運ばれるトーブ博士。

ホームズの自宅アパートにて。
帰宅するホームズ。トーブ博士がいないので寝てるワトソンを起こします。
慌ててるホームズ。そんなところにトーブ博士が戻ってます。頭にケガをしてます。
ここでホームズはトーブ博士に会っていたガールフレンドの身長等の特徴を当てるおなじみのシーンになります。
ついでにワトソンを番犬呼ばわりしてます。いいのか。

トーブ博士に襲われた状況を詳しく聞くホームズ。
指が長くて鋼のような感じ。匂いもした。アヘンの匂いだ。
溶暗になります。

ソールズベリー平原にて。照準器テストです。
トーブ博士は爆撃機に乗っていて自ら照準器を使って爆撃してます。
1回目は成功。軍側がもう1回とリクエストしますが2回目も成功してます。

トーブ博士と照準器の護送の話題になります。
レストレード警部が大勢護衛を付けると言い出す。
しかしトーブ博士は護衛はいらないと主張してそうなる。

ロンドンにて。
2階建てのバスか路面電車が走ってます。
役所にて。
関係者が勢ぞろいしてます。
トーブ博士は肝心の照準器を持ってきていない。困惑する軍側。
構造が秘密の照準器は私の事務所で保管し製造の指揮も私がとりますと主張する。
そんな感じで自分の主張が通ったトーブ博士が帰ります。
こまったなといった感じの残った面々。無理は言えないし。

フレデリック・ホフナーの工房にて。
ここを訪れるトーブ博士。4つに分解した照準器の1つを預けます。
照準器は別々の場所で分解した部品を製造する段取り。組立は別でやる。
ホフナー教授は自分と同じスイス人なので信用してるトーブ博士。

ホームズの自宅アパートにて。
ホームズとワトソン。
警部から電話です。トーブ博士が消えた。

ロンドンの街にて。
ホームズ、ワトソン、それにお偉方。トーブ博士の事務所に来てます。
どうするんだと慌ててるお偉方。
匂いがするとワトソン。ホームズは香水の匂いだと言ってます。

スコットランドヤードに電話するホームズ。電話の記録を調べてもらう。
シャルロット・エバリーに電話してた。電話したのはトーブ博士です。

シャルロットの自宅アパートにて。
ここに来てるホームズとワトソン。シャルロットから事情聴取です。
そんなとこにシャルロットに電話です。トーブ博士が消えた。昨夜彼に貸したクルマの残骸が見つかった。
ホームズにトーブ博士が何処に行ったか知らないと話すシャルロット。
そこで何かあったら渡せと言われた手紙をホームズに渡します。

この手紙はすでに1回開封されていると見抜くホームズ。
中にはメモが入ってます。また会ったなと。肝心の中味はない。
誰か来たか?→1人来ました。照明スイッチを直した。
大柄云々からモリアーティに違いないとなるホームズ。天才的な知能犯だ。

ホームズの自宅アパートにて。
変装中のホームズ。モリアーティと対決するつもり。

街にて。
変装したホームズは酒場を歩き回る。
複数の酒場で歩き回るモンタージュが入ります。尾行もいます。

義足の男から情報を買うホームズ。ラムシングと呼ばれてる。
そんなとこを尾行の男が通過してます。

エンジェルズコートにて。
ここに来てるホームズと義足の男。オッサンの自宅に入る。
義足の男から例の男の居場所を教えてやってくれとなります。
奴は海で魚の餌食になったと高笑いのオッサン。名前がブレイディとわかる。
そんなところにモリアーティが登場。ホームズの変装を見破る。
ホームズを殺す気のモリアーティ。まずは道具箱の底にホームズを入れる。
船で沖に出てから道具箱を落とす。そんな段取り。
道具箱に詰め込まれるホームズ。

尾行のワトソンと警部。
ジョージと呼ばれる尾行の男から情報を聞ききす。情報屋のようです。
そんなとこで道具箱を持ち出されるとこを見てます。

警部が道具箱を運んでる2人を止めて箱の中身は何だと普通に質問する。
中味を確認します。道具しか入っていないように見えてる。

また運ばれる道具箱。
ワトソンがあれは重そうだと言い出し警部がまた止める。
そうなると運んでいた2人は道具箱を置いて逃げてしまった。
それで道具箱を開けて工具をどけるとホームズが入ってわけです。
エバリーとシャルロットに会いに行くと言い出すホームズ。

シャルロットの自宅アパートにて。
ホームズとワトソン。シャルロットからまた事情聴取します。
シャルロットから話しを聞いてトーブ博士が書いていた便せんの鉛筆の跡を分析をすることになります。

ホームズの自宅アパートにて。
特殊な装置を使って鉛筆跡を増幅しスライドにして拡大投影します。
踊る人形の列が並びます。ワトソンは初歩的な暗号で1番多い文字はEだろうと解読するが上手く行きません。

次はホームズが初歩的な解読に並べ替えを加えて分析する。
ジェイコブ・デューラー スイスの科学者 パレス・クレッセット。
そんな感じで解読を進めるホームズ。しかし最後の4段目だけはわからん。

シーンが変わり時間が経過してます。
パレス・クレッセット 17にて。
ホームズとワトソンが来てます。お巡りがいるけど顔パスで中に入る。
ジェイコブ・デューラーはもう殺されています。
警部に電話するホームズ。名前を調べてくれ。ファローとカーン。
電話でもう2人とも殺されていると聞くホームズ。
おそらくモリアーティも4人目はわからないだろとう推測するホームズ。

モリアーティのアジトにて。
4人目は誰だと拷問されているトーブ博士。モリアーティと手下2人がいます。
しかし喋らないトーブ博士。

ホームズの自宅アパートにて。
ホームズとワトソン。それに警部。
どうする?となってます。4人目を必ず解読すると意気込むホームズ。
4段目を裏返しにすればと気が付きます。それで解読すると・・・
名前はフレデリック・ホフナー。トーブ博士が最初に行ったスイス人です。
住所もわかって行動開始となります。

モリアーティのアジトにて。
暗号の解読が進まないモリアーティ。
あと6時間で潜水艦が来るとなります。もうトーブ博士も運ぶかとなる。
偶然に水をこぼしたら4段目の人形の列が裏返しでも見えるようになる。
こっちでもフレデリック・ホフナーの名前がわかった。それでどうなる。
手下にホフナーのとこに行けと命じてる。

ホフナーの工房にて。
怪しい2人が来ます。しかしホフナーはすでにホームズの変装でした。
それでもホフナーと照準器1機をゲットしてる怪しい2人。

モリアーティのアジトにて。
ホフナーと手下2人が来ます。ご満悦のモリアーティ。
照準器を箱を開けると中は空っぽでした。ホームズからメモが入ってます。また会ったな。
で、ホフナーの変装したホームズを見破るモリアーティ。

そんなわけでホームズ対モリアーティとなります。
モリアーティはホームズは自分が片づけると1人で盛り上がってます。

クルマで尾行中のワトソンと警部とホフナー。
塗料を辿る尾行が何だか上手く行かずわけがわからなくなってるようです。
それでどうなる。

モリアーティのアジトにて。
ホームズ対モリアーティ。あとは手下2人。
ここは警察でも見つからないと余裕を見せてるモリアーティ。

クルマで尾行中のワトソンと警部とホフナー。
とにかくいったん戻って尾行のやり直しをやってるらしい。
ホフナーが肝心の塗料を他のクルマが踏んだのではと推測してます。

モリアーティのアジトにて。
ホームズ対モリアーティ。あとは手下2人。
どうやって殺すか談義になってます。
ホームズは単に殺すだけ?君には失望したよと挑発してます。私は自らここに来たのにと挑発が進んでます。
で、ホームズは少しずつ血を抜けばとか余計なことを言ってます。
どうやらどっちが非凡か?で争ってるようです。面倒くさいライバル関係です。

ここは負傷した仲間を治療してかくまう施設なんだと言い始めるモリアーティ。
そんなわけで血を抜く設備は整っているわけです。

クルマで尾行中のワトソンと警部とホフナー。
まだ塗料を追ってます。

モリアーティのアジトにて。
ホームズは拘束されて血を抜かれています。意識が薄れていくホームズ。
手下2人にトーブ博士をボートに乗せて脱出だと指示するモリアーティ。

このへんは尾行とアジトのカットバックになってます。

クルマで尾行中のワトソンと警部とホフナーですがいよいよアジトに接近してます。
ちょうど手下2人がトーブ博士をボートに運んでます。
それでどうすると相談してます。まずワトソンと警部がアジトに突入する。
あとは部下2人とホフナーがいました。

モリアーティのアジトにて。
ボートの準備が出来たのでそろそろ脱出のモリアーティ。
ホームズにとどめを刺そうとリボルバーを出す。そこを接近していた警部がリボルバーを撃って止める。
モリアーティは撃ち合いに紛れて隠しドアに入って隠れてしまう。

救出されてまだフラフラのホームズ。ワトソンと警部はボートへ行った。
ボートの方はもう撃ち合いが終わってトーブ博士が救出されてます。

リボルバーを拾ったホームズ。
そんなところに隠しドアからモリアーティが出てきます。
違う隠しドアから逃げようとするがもうホームズがいてアジトに戻されるモリアーティ。

まだ特別な罠があるとうそぶくモリアーティ。
私が通り過ぎると自動的に落とし穴が開く・・・

ワトソンが来たのでホームズが止めるのを聞かずにそこへ逃げるモリアーティ。
で、逃げたモリアーティの悲鳴が聞こえます。
ホームズはすでに私が通っていて落とし穴は開いたままになっていたと話す。

エピローグ。
英国の空軍基地にて。
新型照準器を装備した爆撃機隊が発進してます。
見送る関係者達。
トーブ博士とシャルロットは結婚してます。

ホームズがワトソンに格言らしきことを連発してエンドとなります。
A Universal Picture
the players キャスト


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.25

『電気人間』

この作品は、ジョージ・ワグナー監督、ロン・チェイニー・Jr.、ライオネル・アトウィル主演の電気ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1940年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆59分
原題◆Man Made Monster
プロット◆実験台にされて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆チャールズ・プレヴィン
Music by Hans J. Salter (uncredited)

キャスト
ロン・チェイニー・Jr.→電気芸人のダン・マコーミック
ライオネル・アトウィル→黒幕のポール・リガス博士
サミュエル・S・ハインズ→雇い主のジョン・ローレンス博士

アン・ネイジェル→秘書のジューン・ローレンス
フランク・アルバートソン→新聞記者のマーク・アダムズ

ウィリアム・デヴィッドソン→地区検事のラルフ・B・スタンリー
チェスター・ガン→執事のウォン
フランシス・サイレス→中年夫婦のフランク・デイビス
ジェシー・アーノルド→中年夫婦のグレタ
ベン・タガート→Detective Sergeant Regan
コニー・ベルゲン→Nurse

ジョージ・ワグナー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

A Universal Picture
タイトル
Universal presents
Man Made Monster

with
Lionel Atwill Dr. Paul Rigas
Lon Chaney Jr. Dan McCormick
Anne Nagel June Lawrence
Frank Albertson Mark Adams
Samuel S. Hinds Dr. John Lawrence
William B. Davidson William B. Davidson ... District Attorney
スタッフの紹介

the players
Lionel Atwill Dr. Paul Rigas
Lon Chaney Jr. Dan McCormick
Anne Nagel June Lawrence
Frank Albertson Mark Adams
Samuel S. Hinds Dr. John Lawrence
William B. Davidson Ralph B. Stanley (as William Davidson)
Ben Taggart Detective Sergeant Regan
Constance Bergen Nurse (as Connie Bergen)
Ivan Miller Doctor
Chester Gan Wong
George Meader Dr. Bruno
Frank O'Connor Police Detective
John Dilson Medical Examiner
Byron Foulger Alienist #2
Russell Hicks Prison Warden Harris (uncredited)
プロデューサー Jack Bernhard
監督 GeorgeWaggner

本編です。
雨の夜にバスは走りスリップして送電塔に激突する。火花が出てます。
ここはミニチュアになってます。

新聞の見出しです。
交通事故で5名死亡。生存者1名。

ラジオニュースです。
パス事故の続報でダン・マコーミックが唯一の生存者。

病院にて。
入院してもやたら元気なダン。ナースをこまらせる。
そんなとこに医者とローレンス博士が来ます。
ダンは大道芸人で元々電気関係の芸人です。あだ名は電気人間。
ローレンス博士はダンに退院したら来なさいと名刺を渡す。

ザ・ムーアズのローレンス博士の自宅兼研究所にて。
帰宅するローレンス博士。運転手はヘンリー。
執事のウォン。娘兼秘書のジューンが登場。

研究室にて。
助手のポール・リガス博士が熱心に研究してます。
ローレンス博士は君の研究は黒魔術だよと言ったりします。
人間を操ることが出来ると主張するリガス博士。電気だけで生きられる人間。
優れた科学者は最初は気違い扱いされると色々と実名を出してるリガス博士。
ローレンス博士の方は電気の耐性を研究して感電事故を減らそうしてる。
そんな感じの議論になってます。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
自家発電並みの回復力で生存者が退院。文責マーク・アダムズ。

ローレンス博士の自宅兼研究所にて。
マークが取材に来てます。グローブ・ディスパッチ紙の記者マーク。
相手するジューンはいいかげげんな新聞記事を書いたと抗議する。
ダンを取材しに来てるマーク。

ダンとローレンス博士。
この事故で巡業に行けなかったダンは失業中です。
失業保険がもらえるのは2週間後。そんなわけで2週間ここで働かないか?となります。
電気の免疫を研究してるローレンス博士。仕組みがわかれば感電事故を減らせる。
リガス博士がダンに紹介されてます。

庭にて。
住み込みになってるダン。犬のコーキーと遊ぶ。
そんなところにジューンが来ます。
君は芸人の女の子に似てるねとダン。その女の子は駆け落ちしていなくなったとか。

またマークが来てます。相手するジューン。
実験のことを取材しに来てるマーク。それからジューンを口説いてる。
そんなとこにダンが来てます。犬のコーキーに芸をさせてます。ここは当然CGIではなくマジで芸をする犬のシーンになってます。当然別撮りで編集でつないでます。
そんなところにリガス博士がダンを研究室に呼ぶ。

研究室にて。
ローレンス博士は講演旅行で不在。リガス博士しかいません。
そんな状況でリガス博士はダンに自分の考えていた実験をやります。

ダンを台に固定して実験となります。
電気を流します。メーターの指針が上がる。
実験が終わります。まだダンは大丈夫です。

研究室から出たダンですが電気を帯びてるの犬が寄りつかない。
そのへんに放電もしてます。それで金魚鉢の手を突っ込むダン。

リガス博士は研究ノートにダンは完璧な研究材料だと書き込む。
それから実験を繰り返すモンタージュが入ります。
電気への依存度が増している。彼は電力を与えないともはや生きられない。
溶暗になります。

ローレンス博士が戻って食事になってますす。
ジューン、リガス博士、ダンはまだ来ない。
ダンの元気が無くなった話しをするジューン。
それでダンが来ますが元気がなく食欲もない。マジで具合が悪そう。
金魚が死んだ話しするジューン。感電して死んだ。

研究室にて。
ローレンス博士とリガス博士。
ダンの血液分析結果が違ってきたと指摘するローレンス博士。で、リガス博士の勧められた飲物を飲んで具合が悪くなってます。
そんなわけでローレンス博士を追い出したリガス博士。

ジューンはローレンス博士を寝かせてマークとデートです。

マークはダンと話し込むというか手品を実演してる。
しかしダンの反応は悪い。ひどく無気力です。さすがに気がつくマーク。
それからマークはローレンス博士の方は麻酔剤入りの酒かなとあてずっぽうが当たってます。
そんなこんなでジューンとマークはクルマで出かけます。犬は残る。

研究室にて。
研究ノートに最後の実験と書着込むリガス博士。
リガス博士はこれで学会に復讐してやるといった感じになってます。こまったものです。

クルマで移動中のジューンとマークのシーンがたびたび入ります。
何だか心配で自宅に戻りたいジューン。プロポーズしたいマーク。

研究室にて。
最後の実験になってます。そんなわけでメーターの指針が危険ゾーンに入ってます。
ダンは体は電気で光ってます。私の指示に従うのだと吹き込むリガス博士。
ゴムのスーツを着せてます。これで放電せずにいられる。

そんなところにローレンス博士が見に来ます。
何しろ家中が停電しそうになってたのでそうなる。

リガス博士に何事だと聞くローレンス博士。
電気人間ですとそのまま説明するリガス博士。自慢しています。
優秀な者に操られる未来の労働者ですと自説を展開してる。

これは犯罪だと電話で通報しようとするローレンス博士。
リガス博士はダンに命じて止めようとする。これで退場となるローレンス博士。

ローレンス博士が死んだのでリガス博士はどうする?。
ダンにお前が殺したと吹き込んでます。実際に殺したけど。
ダンの放電させ電気を抜くリガス博士。これで光らなくなるダン。

そんなとこにジューンとマークのクルマが戻る。
研究室に入ったジューンはビックリ。
ダンがローレンス博士の首を絞めたと説明するリガス博士。まあだいたい合ってる。
俺が殺したと話すダン。命令通りにしてます。

新聞の見出しです。
電気人間がローレンス博士を殺害。

オフィスにて。
地区検事ラルフ・D・スタンリーが登場。
スタンリー地区検事に面会に来たジューン。ダンは潔白ですと主張する。
検事の反応は悪い。自供だけで証拠はないが陪審員団は自供を信用するだろう。

ラジオニュースです。
電気人間ダン・マコーミックの話題になってます。

研究室にて。
これを聞いてるリガス博士。ジューンが来ます。
会話からジューンの伯父さんがリガス博士のようです。

そんなことに検事ともう1人が来ます。多分は刑事だと思う。
リガス博士からの事情聴取です。
表向きの研究ノートを見せてるリガス博士。電気の耐性についてのノートです。

別室ではマークも来てジューンと話し込んでます。
犬が話せたら真相がわかるのにとジューン。

研究室にて。
検事はリガス博士の証言に納得して帰ってしまう。それじゃダメじゃん。
ダンは精神障害云々の話しになってます。裁判ではリガス博士も証言するようです。

当局にて。
すっかりやつれたダンの事情聴取になってます。
精神鑑定の先生がダンに色々と聞く。リガス博士もいます。
先生はダンが施設で殴られていたことがトラウマになってローレンス博士を殺したと話しを進めています。先生の方が大丈夫なのかと思える。
結局虐待の記憶によるうつ病状態にありますと診断する。しかし精神障害はなく責任と問えるとか。そんな感じで検察に都合のいい診断です。

裁判にて。
精神鑑定の先生の証言。精神障害はなく責任は問える。
マークの証言。ダンに好意的な証言。
リガス博士の証言。適当なことを言ってます。
検死医の証言。絞殺です。首が折れた。
陪審の評決ですがアッサリと有罪で死刑となってます。

新聞の見出しです。
ダン・マコーミックは電気椅子へ。科学者殺人犯は5月29日に処刑。

ラジオニュースです。
電気芸人が電気椅子とは皮肉だと言ってます。
ところで英語は文法で同じ単語の重複は禁じてますが、似た単語で韻を踏むのはよくやってます。面白い傾向です。

研究室にて。
ラジオニュースを聞いてるリガス博士。

日付のカレンダーがめくれるモンタージュが入ります。
これは古典的なモンタージュなんです。いいものです。

5月29日の刑務所にて。
もう神父の話しが終わってお迎えが来てます。

電気椅子の処刑では直接のシーンはありません。
連行されたダン。ドアが閉まり見えなくなる。
配電盤室でスイッチを入れてメーターが上がる。
新聞記者が電話で直接見えないことを適当に実況して会社に伝える。

そんなわけでいつの間にか電気椅子での死刑は終わってます。
配電盤室ではメーターがおかしいとか。死刑室に電話してる。
配電盤室のマイク。看守のチャーリー。

3回やっても死なないダンと電話実況してる新聞記者。
そんな感じで大騒ぎになってます。

帯電して光ってるダンは刑務所長を人質に脱走してます。
そのまま門に放電して破って脱走してるダン。刑務所長がどうなったかわからん。
また大騒ぎになってダンを捜索する。

検事のオフィスにて。
ここに新聞記者達が押し寄せて取材してる。
彼の寿命は3時間以内と断言してる検事。そんな設定は始めて聞いた。編集でカットし過ぎて設定説明シーンが抜けたのか?

ラジオニュースにて。
近くの森で刑務所長の死体を発見とやってます。他にもすでに3名が死亡。
警戒警報となってます。

森にて。
釣りに来ていた中年夫婦にダンが迫る。
クルマにいた奥さんがダンがクルマに触れたので感電して死に至る。
遅れて来た旦那はゴム長靴をゲットしたダンを目撃する。
公衆電話で通報する旦那。

検事のオフィスにて。
電話の通報を聞いてる検事。会話からフランク・デイビスにグレタと名前がわかる。
湖の釣り場で女房が男に襲われた。
ダン・マコーミックが湖の釣り場に現われてゴム長靴をゲットしたとわかります。
そんなわけで当局とマスコミが出動する。
場所ですがザ・ムーアズの近くとのこと。そうなると研究所の近くです。

森にて。
ゴム長靴を履いたダンが移動中に荷馬車を止める。
荷馬車には干し草と大勢の人達が乗ってます。そんなわけで大騒ぎになってます。
御者が鞭でダンを打ったら逆に感電してます。
電撃で干し草に火が点いて荷馬車が暴走する。荷馬車から落ちる人のスタントも入る。
荷馬車は横転してようやく止まってます。

ザ・ムーアズにて。
ここに押し寄せてる当局とマスコミのクルマ。
犬もいたりします。

研究室にて。
ジューンは研究ノートを調べてます。
そんなとこにリガス博士が来てこれを読むがいいと自分の研究ノートを見せる。
ダンが脱走して研究は完成したとご満悦なリガス博士。
わざとダンを電気椅子に送ったリガス博士。殺人をやらせて、精神鑑定もやらせて、電気椅子も実際にやらせた。これで私の研究は完璧だとなってます。

動物実験ではメスの方が電気に敏感だったと言い出すリガス博士。
そんなわけでジューンを台に拘束して実験を始めてます。何でそうなる?→B級映画なのでそうなります。。

唐突にダンが来てリガス博士に迫る。止まれと命じても止まらない。
逃げたリガス博士ですがドアノブ越し感電して死に至ります。
ダンはゴムで出来た特製の帯電服を来てジューンを助けたのはいいが抱っこして運ぶ。→B級映画なのでこうなる。
ジューンはダンを説得しようとするがダメです。

そんなところに当局とマスコミのクルマが到着してます。
まずは研究室のリガス博士の死体を発見します。

森にて。
ジューンを抱っこして移動するダン。追跡する当局とマスコミ。犬もいる。

鉄条網にかかったダン。
これを見たマークは帯電服が切れたら大変だと前振りの説明する。
そんなわけでジューンを助けに行くマーク。

無事に逃げたジューン。
ダンは鉄条網にひっかかり帯電服が切れ放電して死に至る。
帯電しなくなった死体のダンに犬が懐いてます。

エピローグ
ジューンとマーク。
この研究ノートをどうしましょうとなります。
マークは最初は公表してピューリッツァー賞だと意気込む。
ジューンは第2のダンが出てしまうと反対する。
そんなわけで研究ノートを燃える暖炉に放り込むマーク。
犬は研究ノートが気になるようです。
エンドとなります。

A Universal Picture
キャスト


そんなわけで普通のB級ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.24

『透明人間の逆襲』

この作品は、ジョー・メイ監督、セドリック・ハードウィック、ヴィンセント・プライス主演の透明人間ドラマの続編のようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1940年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆81分
原題◆The Invisible Man Returns
プロット◆透明人間になって無実を証明する話しのようです。
音楽◆ハンス・J・サルター、フランク・スキナー

キャスト
セドリック・ハードウィック→ジェフリーの従兄弟リチャード・コブ
ヴィンセント・プライス→無実の透明人間ジェフリー・ラドクリフ
ナン・グレイ→ジェフリーのガールフレンド ヘレン・マンソン
ジョン・サットン→協力者のフランク・グリフィン医師

セシル・ケラウェイ→サンプソン刑事
アラン・ネイピア→嫌味なウィリー・スピアーズ
フォレスター・ハーヴェイ→宿屋の主人ベン

ジョー・メイ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の透明人間ドラマになってます。

キャストは豪華です。いい俳優が出てます。とても続編とは思えないぐらいよいです。
クロード・レインズだけの前作『透明人間』(1933年)よりいい。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

A Universal Picture
タイトル
Universal presents
The Invisible Man Returns

原作 H・G・ウェルズ
with
Cedric Hardwicke Richard Cobb (as Sir Cedric Hardwicke)
Vincent Price Geoffrey Radcliffe
Nan Grey Helen Manson
John Sutton Doctor Frank Griffin
Cecil Kellaway Sampson
Alan Napier Willie Spears
スタッフの紹介
The Players
Cedric Hardwicke Richard Cobb (as Sir Cedric Hardwicke)
Vincent Price Geoffrey Radcliffe
Nan Grey Helen Manson
John Sutton Doctor Frank Griffin
Cecil Kellaway Sampson
Alan Napier Willie Spears
Forrester Harvey Ben Jenkins
監督 ジョー・メイ
タイトルバックは霧の森です。

ラドクリフ邸にて。
ここの召使い達が主人のジェフリー・ラドクリフの心配をしてます。
何しろジェフリーは2時間後に死刑になるからです。
男3人、おばさん1人。執事はジェフリーに同情的。そうでもないオッサンもいる。
紳士でも殺人はする談義になってます。
おばさんはマンソンさんの心配をする。ジェフリーのガールフレンドみたい。
コブさんとはジェフリーの従兄弟リチャード・コブのことです。

別室にて。
そのヘレン・マンソンとリチャード・コブ。
暗い雰囲気でジェフリーの話題になってます。
そんなところに医者のフランク・グリフィン先生が来ます。

ヘレンにお願いされて内務大臣に電話するリチャード。
しかし内務大臣はスコットランドに行ってて連絡がとれません。

刑務所にて。
フランクがジェフリーに面会に来てます。刑務所長は許可してます。
時計が進む描写が入ります。

神父がジェフリーをお迎えに来てます。
しかし肝心のジェフリーが消えていて大騒ぎになります。

サンプソン刑事のオフィスにて。
電話でお呼びがかかるサンプソン刑事。演じてるのはセシル・ケラウェイです。
死刑囚ジェフリーが脱獄。フランクが面会に来てた。

刑務所にて。
サンプソン刑事一行が来て看守達から事情聴取になってます。
看守の1人はボブ。

森にて。
何だか透明人間が移動中です。
木に目印。その下にトランクがあります。服一式が入ってる。
そんなわけで服を着てる透明人間のジェフリー。

ラドクリフ炭鉱にて。
ここにフランクがいます。会社の専属医といった感じ。
リチャードが来ます。ジェフリーが脱獄したと伝える。ヘレンもいなくなった。
助けるためにジェフリーの居所を教えてくれとリチャード。しかしフランクは知らないと答える。
協力しないフランクにプレッシャーをかけるリチャード。この医療部門を閉鎖すると言い出す。

炭鉱の労働者達はジェフリーを支持してます。
そんな労働者達に働けと嫌味を言う上司ウィリー・スピアーズが登場。
そんなとこに警察のクルマが来て大騒ぎになってます。

フランクから事情聴取のサンプソン刑事。
フランクの兄が亡くなった話しをするサンプソン刑事。透明人間になる薬を発明して破滅した天才科学者だった兄。
会話から9年たったとわかります。『透明人間』は1933年製作。
葉巻を勧めて雨や煙なら透明人間が見えると言ってるサンプソン刑事。
部下刑事に張り込めと命じていなくります。

古びた宿屋にて。霧の森です。
ここに泊まってるヘレン。宿屋の主人のオッサンの名前はベン。
飛び込みの客ではなくフランクの患者が静養に来る宿屋らしい。

そんなとこで番犬が激しく鳴いてます。そうなると。
森の中から怪しい男が接近してきます。黒メガネに顔に包帯を巻いてるジェフリーです。
迎えるヘレン。ビックリしてるベン。

ヘレンとジェフリー。
元通りになるわと言ってるヘレン。
番犬が鳴いてるので激昂するジェフリー。もう薬の副作用が出てるようです。
マイケルを殺した犯人を見つけるつもりのジェフリー。
それでも正気を失ったら私を鎖につないでくれと言ってます。
そんなわけでフランクに協力してくれと言われてるヘレン。

フランクの研究室にて。
もう透明になったモルモット使った動物実験をやってます。
薬を注射します。まずは血管から見えて実体化してます。これで成功だと思ったらモルモットは死に至ります。失敗です。
溶暗になります。

森にて。
つながれて鳴いてる番犬に気がつくお巡りが登場。番犬の飼い主は知ってるお巡り。

宿屋にて。
ヘレンとジェフリーは寝ています。ヘレンは椅子で寝ている。
起きたジェフリー。黒メガネを外して鏡を見ると包帯の中は空っぽです。
そんなとこにベンが朝食を持ってきます。これはビックリのベン。
とにかく朝食を受け取るジェフリー。苛立ってヘレンにあたり散らす。

番犬を連れたお巡りが来ます。これは大変。
とりあえずベンは誰もいないと言ってる。しかしお巡りは調べさせろとなる。

押し入ったお巡りは部屋まで来てしまう。
ジェフリーは職権乱用だと言ってお巡りを追っ払う。
ここから出ていくとジェフリー。フランクに会いに行く。

しかしお巡りは電話でサンプソン刑事に通報してる。
サンプソン刑事はジェフリーに服を脱がさせるなと命じてますが何だかわからんお巡り。
お巡りが部屋に行くとヘレンは気絶して、脱いだ服が残されてジェフリーはいない。

時間が経過して警察が押し寄せてます。
サンプソン刑事とお巡りの会話からヘレンもいなくなったようです。
まあヘレンは囮だから泳がした方がいいだろうと言ってるサンプソン刑事。
窓付近から指紋が検出されてジェフリーと一致してます。

ラドクリフ邸にて。
帰宅してるヘレン。
リチャードは一応心配してます。何の心配なのかは不明。
このへんでリチャードを演じてるのがセドリック・ハードウィックとわかる。
セドリック・ハードウィックですが現在ならレイフ・ファインズぐらいになると思う。

フランクの研究室にて。
ノックの音がしたが誰もない。新聞だけが移動してます。
フランクとジェフリー。
新聞の見出しですがジェフリー・ラドクリフが脱獄と大きく出てます。
ジェフリーから血液採取をしてるフランク。
どれくらいで気が狂う?と聞いてるジェフリー。2週間か3週間と答えるフランク。

そんなところに誰かが来ます。嫌味なスピアーズです。
口論になるフランクとスピアーズ。
人体に危険な坑道に入るなと指示したフランクが気にくわないスピアーズ。
フランクを首にしてやるとスピアーズはいなくなる。
スピアーズを無能な夜警のくせにとこき下ろすジェフリー。

どうやら警察が来てるようでここからズラかるジェフリー。
受付のナースはドアだけ開いてのでビックリ。

クルマで移動中のスピアーズ。
勝手にボンネットが開く。クルマを止めるとディストリビューターが外れる。
そんなこんなで声が聞こえてきます。直せないぞ・・・

悪魔だと森に逃げるスピアーズ。
スピアーズをあざ笑う声。悪魔の次は幽霊となってるスピアーズ。
声はジェフリー・ラドクリフと名乗る。幽霊にしてます。
気絶したスピアーズを水に浸けて気がつかせる。これは夢だろうとなってるスピアーズ。

ネクタイで首を絞めて刑務所に入ったのはお前のせいだと責めるジェフリー。
リチャードに嘘を強要されたと言い出すスピアーズ。マイケルが殺されたあとにリチャードで出てきたと話す。

錯乱したスピアーズは自宅に帰ってます。
ホッとしたとこで窓からジェフリーが侵入してるが気がつかない。
荷物をまとめて逃げる準備のスピアーズ。トランクが閉まらないでロープを出す。
それを待っていたとジェフリーが声をかける。これはビックリのスピアーズ。
どうやらスピアーズは殺さずにロープで縛るだけのようです。

ラドクリフ邸にて。
リチャードがいる部屋のドアが開いてます。まだ気が付かないリチャード。
ヘレンが来ます。リチャードと話しになる。
ジェフリーのことは知らないと答えるヘレン。
アメリカにジェフリーを逃がすから全て話してくれと持ちかけるリチャード。

いきなりジェフリーの声がします。これはビックリのリチャード。
デスクの紙とペンを出しリチャードにマイケル殺しの自白を書けと迫るジェフリー。
リチャードは無人で揺れる揺り椅子に向けてリボルバーを乱射して逃げる。

リチャードが階段を降りたとこで執事がビックリしてます。
まだいたサンプソン刑事がリチャードを落ち着かせる。
サンプソン刑事は葉巻の煙でジェフリーの姿を確認してる。
警察はスモークマシンを装備してます。これでジェフリーの存在を確認出来るはず。
そんな感じで大捜索になってます。

リチャードはロンドンに行きたいと主張する。刑務所なら安全だとなってる。
サンプソン刑事はここにいなさいと説得してる。

外は雨が降ってます。そうなるとジェフリーは不利になる。
ドアが開いたとこで雨で姿が確認出来たジェフリーが撃たれてまた中に逃げる。弾は当たってはいません。

サンプソン刑事に雨で見えました。中に入ったと報告するお巡り。
そんなわけでスモークマシンから煙が吹いてます。

ガスマスクのお巡りにがジェフリーに捕まって部屋に引っ張り込まれる。
そうなるとジェフリーはお巡りに変装出来るわけです。

ヘレンとコンタクトするガスマスクのジェフリー。
気絶したふりのヘレンを抱っこして運ぶガスマスクのジェフリー。
スモークマシンで煙を出しすぎたりしてそのどさくさで逃げてます。

2階に鍵がかかった部屋がありますと報告を受け突撃する警官隊。
そこにいたのはガスマスクと装備をとられて縛られたお巡りでした。
しょうがないなといった感じのサンプソン刑事。

フランクの自宅にて。
張り込むが2人います。お巡りのブリッグスと刑事。
木の上で音がしたので刑事はブリッグスを呼ぶ。そうしたら猫でした。ブリッグスは先ほど言われたセリフ。『またとあとで、生きてたら』と返してます。昔のハリウッド作品はセリフが気が利いてる。

実は木の上にはジェフリーもいました。
枝から屋根、屋根から窓、カーテンを開けて入り込んでます。
電話をするジェフリー。フランクの研究室にかける。

フランクの研究室にて。
ヘレンとフランク。
フランクにスーツを借りると伝えてくれとジェフリー。
ジェフリーに祝福すると言われてフランクの様子がおかしくなる。
それどころではないだろといった感じ。実は薬が出来る見込みは非常に少ないからです。
ヘレンはこのことをジェフリーには言わないでとフランクに頼んでます。

フランクの自宅にて。
3人で食事になってますがジェフリーの機嫌がよすぎる。
人間は鈍感だ。猫や犬は私に気がつくのに人間は全く気が付かないとこき下ろすジェフリー。
フランクはリチャードとスピアーズを警察に突き出せばジェフリーは自由になれると提案する。

しかしジェフリーはすっかり全能感にとらわれてどうにも止まらない。
サンプソン刑事なんて関係ない。

フランクはワイングラスを割って代わりのグラスに鎮静剤を入れる。
これをジェフリーに飲ませようとするがなかなか飲まない。
正気を失ったら縛る話しもするがジェフリーは聞いてない。

とりあえず乾杯だと何とかしようとするフランク。
服従しない者は破滅させてやるとジェフリー。こまったものです。
それからジェフリーは部屋から出てってしまう。ワインは飲まず。
これで失敗なのか。

ヘレンとフランク。
副作用だと説明するフランク。とにかく鎮静剤入りワインを飲ませるんだとなる。

ジェフリーですが戻ってきました。顔の包帯はとってガウン姿になってます。
すぐに脱げるからこれで逃げやすくなるとうそぶくジェフリー。

ようやく乾杯になります。誇大妄想が激しいジェフリー。
やることがあるとまだ言ってるジェフリー。リチャードに会いに行く。
鎮静剤が効いて倒れるジェフリー。フランクはジェフリーを別室に連れて行く。

それはいいけど外で部下刑事がクルマで到着してます。

フランクはもうジェフリーは無罪確定なんだから警察を引き渡しと方がいいと言い出す。
椅子に拘束したジェフリーが気がついてます。落ち着いたふりをしてます。
拘束してくれて感謝してると言ってる。
フランクはまず証拠を警察に渡してジェフリーを無実にしてそれから解毒剤を研究するという段取りを説明してます。
水をくれと要求するジェフリー。水を取りに行くフランク。

水を持ってきたフランクにその水をかけて殴打し昏倒させるジェフリー。
拘束の鍵をゲットし解錠してズラかります。

大騒ぎになったので警察も来てます。
そんなこんなでジェフリーは逃げてしまった。

ラドクリフ邸にて。
寝てるリチャード。そばにはハンドガンがあります。
そのハンドガンをゲットするジェフリー。リチャードの目を覚まさせる。
リチャードはジェフリーにお前は見えないだけだと元気なとこをみせてます。
見張りのお巡りは残ってるのでハンドガンを脇に挟んだ状態でリチャードを外に出そうするジェフリー。

まずは部屋の外のお巡りをジェフリーがノックアウトしてます。
予定外のリチャードの不手際に嘘をつくのが得意なのに何だと突っ込むジェフリー。

玄関のお巡りに外の空気が吸いたいと声をかけるリチャード。
それはダメですとなるお巡り。まあそうなる。
会話からドア番のお巡りはビルとわかります。呼ぶけど当然返事はない。
玄関のお巡りがビルのとこへ行った隙に外に出るリチャードとジェフリー。

ラドクリフ炭鉱にて。
ここにクルマで来てるリチャードとジェフリー。
クルマから下ろしてどこに行くのかと思ったらスピアーズの自宅です。社宅なのか。

スピアーズの自宅にて。
マットの下にキーがあるとリチャードに玄関ドアを開けさせるジェフリー。
スピアーズですが首吊り寸前の状態になってます。
リチャードにスピアーズの猿ぐつわを外させ喋らせるジェフリー。
リチャードがやったのを見たと話すスピアーズ。レンチで殴った。
ここでリチャードはスピアーズが乗った踏み台を蹴倒して逃げようとする。これでスピアーズは首吊り状態になる。やることが凄いなリチャード。やるじゃん。
真っ暗になったとこで格闘アクションになってます。お互いに相手が見えないので条件は同じだ。

スピアーズの自宅で大騒ぎになってるのでやじ馬が集まってます。
また酔って暴れてどうしようもない奴だとあきれてます。全く評判が悪い男です。
中はまだ格闘アクションをやってます。

リチャードは外に逃げる。追うジェフリー。やじ馬はビックリ。
そんな感じで追っかけで大騒ぎになってます。

リチャードは斜面にトロッコを引き上げてるとこを登ってます。
その先はトロッコの中味をぶちまけるとこです。ぼた山なのか?
ジェフリーは追ってます。

トロッコに乗せたリチャードとまた格闘アクションになってるジェフリー。
サンプソン刑事のクルマも到着してます。
トロッコは中味をぶちまける地点に接近してます。これは大変。

サンプソン刑事はトロッコにめがけて撃ちます。
これでリチャードは助かったと思ったら中味ぶちまけ地点に達してトロッコから放り出され大転落になってます。普通は死ぬ。

ヘレンはジェフリーを呼んでるが返事はない。
転落地点等で大捜索になってます。下はリチャードのみ。上にもいない。

お巡りがヘレンにリチャードがあなたを呼んでると伝える。
ジェフリーが心配なので行きたくないがしょうがないで行くヘレン。

ハシゴを透明な何者かが降りてます。そうなるジェフリーは死んでない。撃たれているかもしれないが。

瀕死のリチャードとヘレン。
私がマイケルを殺したと自白して死に至るリチャード。名演です。

そのへんの畑にて。
ジェフリーが畑の案山子に謝って服を拝借してます。

研究室にて。
ヘレン、フランク、サンプソン刑事。
ジェフリーとどうなったと話し込んでます。
どこかで死んでるわと悲観的なヘレン。

何だか外が騒がしくなってます。
それは案山子の服が歩いてるからです。ジェフリーです。
そんなわけで研究室に収容されるジェフリー。

ベッドに寝かされてるジェフリー。大けがをしてます。
輸血しなければとフランク。そんなわけで外に言って輸血ボランティアを募る。
輸血ボランティアは大勢いました。ジェフリーは炭鉱労働者に人気があるんです。

フランクとサンプソン刑事。
輸血の結果は?なる。ジェフリーは内出血で死ぬだろうとフランク。
手術が出来ればとフランク。見えないで出来ない。
解毒剤を使おうと言い出すフランク。もう完成してたの?

そんなとこをヘレンが呼んでる。
ベッドのジェフリーの血管が見え始めてます。そうなると元に戻るのか。しかしそうなるとジェフリーは死に至ることになる。

新しい血液が解毒剤だと言い出すフランク。
そんなわけでジェフリーは無事に元に戻ったようです。
ヘレンは再会するジェフリー。
エンドとなります。
A Universal Picture
キャスト


そんなわけで続編にして出来がいいB級ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.03

『不死の怪物』

この謎ホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ジョン・ブラーム監督、ジェームズ・エリソン、ヘザー・サッチャー、ヘザー・エンジェル主演の謎の怪物ホラーのようです。

1942年 Twentieth Century Fox アメリカ作品
ランニング・タイム◆63分
原題◆The Undying Monster
プロット◆謎の怪物に悪戦苦闘する話しのようです
音楽◆エミール・ニューマン、デヴィッド・ラクシン
Arthur Lange (uncredited)
Cyril J. Mockridge (uncredited)

キャスト
ジェームズ・エリソン→鑑識のボブ・カーティス
ヘザー・サッチャー→助手のクリスティ
オーブリー・メイザー→クレイグ警部補

ジョン・ハワード→当主のオリバー・ハモンド
ヘザー・エンジェル→オリバーの妹 ヘルガ・ハモンド
ブラムウェル・フレッチャー→医者のジェフ・コルバート

ハリウェル・ホッブス→ウォルトン執事
イリーマルヨン→ウォルトン夫人
バレリー・トラクスラー→ナースのケイト
ヘザー・ワイルド→メイドのミリー
チャールズ・マグロー→使用人のストルドウィック
ジョン・ロジャース →村人のクラッグプール

ジョン・ブラーム監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のサスペンスなってます。
撮影はルシアン・バラード

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

Twentieth Century Fox
タイトル
Twentieth Century Fox presents
The Undying Monster

with
James Ellison Robert Curtis
Heather Angel Helga Hammond
John Howard Oliver Hammond

Bramwell Fletcher Dr. Jeff Colbert
Heather Thatcher Christy
Aubrey Mather Inspector Craig
Halliwell Hobbes Walton, the Butler
スタッフの紹介
タイトルバックは荒涼とした風景です。

前説のナレーションが入ります。
世紀の変り目の時だった。
ハモンド邸の怪物の存在が英国中に知れ渡った。
1900年までは伝説だと思われていたが
実際に起こった悲劇だったのだ。
それはハモンド家の人々の命を脅かす存在だった。

断崖上の屋敷にて。
カメラが動いて色々と状況説明やキャラ紹介をやってます。
ウォルトン執事。ヘルガお嬢様が登場。
暖炉の前で寝ていたヘルガ。犬のアレックスも寝ていた。
お兄さまのオリバーがまだ帰宅していない。そんな話題になる。
ジェフ・コルバート先生の研究室に行ってた。あとでわかりますが研究室はそんな遠くない場所にあります。

ヘルガと執事がオリバーの心配をする。
会話で村人のクラッグプールの名前が出ています。

犬を外に出したら盛んに吠えています。
あの夜と同じですと執事。マグナス卿云々・・・
おじい様が殺されたのは20年前のことだった。あれは自殺なのよとヘルガ。
執事は怪物がいる。ヘルガはそんなのはいない。そんな感じで意見が分かれています。

ヘルガはジェフの研究室に電話する。
ジェフはオリバーは2分前に出たと伝える。ついでにヘルガと乗馬の約束をしてます。
会話からジェフは医者のようです。

屋敷にて。
ヘルガと執事がおやすみの挨拶をしたとこで遠吠えが聞こえてきます。

海岸にて。
女の子が何者かに追われてます。これは大変。
どうやらやられたようです。誰なのかは不明。

屋敷にて。
女の子の悲鳴が屋敷まで聞こえてます。
使用人のオッサンが知らせに来てます。
これは大変ということで馬車を出させるヘルガ。
おばあさんもいます。どうやらメイド筆頭のようです。ウォルトン夫人。そうなると執事夫人でした。なるほど。

現実主義のヘルガは超常現象を信じない。
馬車に乗って現場に向かう。御者のストルドウィックも乗ってます。

海岸の現場にて。
オリバーの犬が死んでいます。これは大変。
下の方にオリバーが倒れています。驚愕するヘルガ。
更に近くにナースのケイトも倒れていた。悲鳴の女の子です。

屋敷にて。
手当をされてベッドのオリバー。看病のヘルガ。
気がついたオリバーは戦ったと言ってるが相手はわからん状態。
ケイトの方は意識不明の状態。

医者のジェフが来ます。何だか怪しい感じ。
オリバーが言うには崖で光を見て追った。しかしケイトだった。
結局何だかわからん状態です。
次はヘルガの番だと心配してるオリバー。

ヘルガとジェフ。
ここはカメラが暖炉の中から撮ってる感じになってます。
ハモンドの怪物。長年私たちを苦しめてる伝説。
オリバーの具合とか、どんな動物なのかとか、色々な話題になってます。
密猟者の猟犬なのでは?とヘルガ。
溶暗になります。

スコットランドヤードにて。
鑑識のボブ・カーティスと助手のクリスティが登場。
超常現象を信じないボブと超常現象にハマってるクリスティ。

クレイグ警部補が来ます。ハモンド事件の話しをします。
超常現象も入ってる事件です。ここにヘルガも来ているそうです。

ヘルガとクレイグ警部補。
事情聴取が終わってから科学班の責任者ボブと助手のクリスティが紹介される。
ヘルガの祖父は自殺した話しになってます。
ボブとクリスティが捜査に行くことになります。

移動中の馬車にて。
ヘルガ、ボブとクリスティ、それに御者。
現場にヘルガとボブが行きクリスティは屋敷に向かう。

海岸の現場にて。
ヘルガとボブが行くとオリバーがいたりします。一応ジェフの許可はとってるとのこと。
あとは地元警察が現場検証をやっててにぎやかです。クラッグプールは密猟の村人。

まずは犬の死体を調べています。
色々と議論になってます。犬を引き裂いたのは誰?
ウォーレンはケイトの婚約者でここにいるとのこと。誰だかわからん。
ボブはサルではないかと煙幕を張る。

屋敷にて。
暖炉の前で食事になってます。これはクリスティがそうさせたとのこと。
オリバー、ヘルガ、ボブ、クリスティ、ジェフの5人。
そんなとこでメイドの悲鳴が聞こえてきます。
風でドアが閉まったんだろうとボブ。

ウォルトン夫人が確認に行きます。
メイドのミリーはビックリしてるがウォルトン夫人がドアを開けると誰もいない。

今度は変な音がしてます。全員に聞こえてるので幻聴ではない。
地下室なので調べに行きます。

地下室にて。
ここは先祖代々の棺桶等が安置されているようです。
棺桶のそばに鎖があって引かれています。誰がやってるのかはわからん。
次は開かずの間を調べることになります。
怪しい鎖は引かれて棺桶の影に隠れる。ボブが気がついてます。

執事とウォルトン夫人がボブ一行を伺ってます。怪しい。

開かずの間にて。
オリバー、ヘルガ、ボブ、クリスティ、ジェフの5人。
オリバーが鍵を開けて入り込んでます。
執事が後に付いたのでオリバーが注意する。執事はワインを取りに来たと主張する。

開かずの間の鍵を開けるオリバー。
額縁に文字が書かれています。
星の輝く凍えるような夜は岩場での死に警戒せよ。

迷信には根拠があると主張するボブ。そうなるとどうなる。
ここは3年前に鍵を締めてそのままだとオリバー。
しかし24時間以内に誰かが入ったと断言するボブ。
床にくっきりと足跡が付いてましたがジェフが足がもつれたと消してしまう。
激高するボブ。とぼけるジェフ。
結局うやむやになってここから出ています。

ヘルガとジェフ。
捜査なんてとんでもないとジェフ。追い出せとヘルガに言ってる。
ヘルガはもう頼んだからダメよと言ってる。

ヘルガとボブ。
ジェフのことを聞くボブ。
オリバーが亡くなった場合に遺産相続人になるあなたとジェフは云々と遺産目当ての殺人の話しをするボブ。

書斎にて。
ハモンド家の歴史という本を抜き出すジェフ。
そんなとこにボブが来てその本のことをジェフに聞く。知りませんととぼけてるジェフ。
ジェフはロンドンで脳の専門医としてやっていた。そんな腕利きなのに何故ここにいると突っ込むボブ。
非協力的なジェフ。怪しい。
ジェフに昨夜は何処にとアリバイで突っ込むボブ。
そんなとこにケイト様がと急の知らせが来る。ジェフがいなくなる。

ボブとウォルトン夫人。
内緒の話しをボブにするウォルトン夫人。
旦那様とケイト様は野獣に引き裂かれたような傷でした。
ケイト様の昏睡状態は脳の損傷やケガだけでない。薬が使われているかも。
この件は内密にとしてるウォルトン夫人。

海岸の現場付近にて。
現場検証をやってるボブとクリスティ。
ジェフは怪しいとクリスティ。そんなとこを隠れて伺うオッサンがいます。
毛の塊を発見するクリスティ。ボブはマフラーの切れ端も発見してます。

屋敷にて。
地下室で執事が何か燃やしてます。そんなとこをボブは何をしてると突っ込む。
執事を共犯で証拠隠滅だろうと責めるボブ。
それを否定する執事は危険ですから帰ってくださいと言ったりする。
執事がいなくなったら焼いた跡を調べるボブ。灰を採取してます。

地下室の棺桶安置室にて。
ここに入ってるボブ。鎖を調べるようです。棺桶の影にもう1人います。
そんなわけで格闘アクションになってます。誰なんだ?
ストルドウィックでした。と言われても誰だかわからん。とにかく使用人です。
鎖はストルドウィックがやっていた。しかし何だかわからん。

意識不明のケイトですがご臨終になってます。ジェフが看取ってます。

暖炉があるリビングにて。
ジェフとヘルガが全員にケイトの死を伝えます。

検死陪審にて。
ケイト・オマリーの死因に関する評決。
クラグプールの証言。村人の密猟者。違法の罠を仕掛けた。
ストルドウィック。使用人で密猟の罠を仕掛けたとこを認める。地下室に鎖を隠したと証言してます。それで格闘アクションになっていたわけです。
ジェフの証言。脳震盪と大量出血がケイトの死因。ここでボブがジェフに質問があると言い出す。認められます。意識不明は薬が原因なのでは?と聞くがじジェフは否定する。

そんなこんなで評決になります。
ケイト・オマリーの死因は暴行による損傷。犯人は身元不明の人間。もしくは大型でどう猛な未知の生物。
そんなわけでこれまで凡例が繰り返されただけでした。

ボブとクレイグ警部補。
ハモンド事件の結末はいつも同じだとこき下ろすクレイグ警部補。
溶暗になります。

スコットランドヤードにて。
ボブとクリスティ、それにクレイグ警部補。
ケイトの解剖は拒否された。拒否する権利があるとか。こまった状況になってます。
執事が燃やしていたのはオリバーのマフラーだった。これを調べています。
マフラーの切れ端を熱して機械にかけてスペクトルを見る。とにかくそうなってます。
現場に残された証拠とマフラーが一致した。執事がオリバーをかばって燃やしていたわけです。

中世以降野生のオオカミは英国には存在しないとクレイグ警部補。
現場で見つけた毛玉と別のオオカミの毛のスペクトルを比較します。これも一致した。
しかし現場で見つけた毛が消滅してしまいます。真空管の中のサンプルとまとめて保存した分も消えた。これが超常現象なのかとなるがボブは光に当たって消滅したと言ってます。

屋敷にて。
オリバーがいます。12:00AMなのでもう寝る時間です。
執事はボブがまだ戻っていないと話す。
オリバーを門の戸締まりを確認すると執事が止めてるのに外に出てます。

オリバーは門の戸締まりを確認したとこで振り返ると屋敷の部屋に灯が見える。
その部屋はケイトの遺体が安置されている。

ケイトの遺体の部屋にて。
ランプを持った誰かが忍び込んで何やらやってます。
オリバーが入るか何者かは隠れています。結局誰だかわからん。

他の部屋では窓から何者からが忍び込んでます。
ここは研究室のような感じです。色々とそれらしい機材があります。
サンプルを熱して遠心分離器にかけてます。
どうやら忍び込んだのはボブのようです。そんなところにジェフが入ってます。
そうなるとここはジェフの研究室です。

ボブとジェフ。
全然慌てていないボブ。普通に挨拶してる。
問い詰めるジェフ。
ちょっと分析してました。ロンドンに帰るより早いととぼけるボブ。
血液にはコブラの毒が混入されていた。これはケイトの血だ。
ジェフが注射したか、検出されても隠していたか、どちらかだ。

怪物の正体を知っているんでしょうとジェフを問い詰めるボブ。
それで本当のことを話すジェフ。

屋敷にて。
寝ているヘルガを何者が襲っています。そのまま担いでズラかってます。
ヘルガの悲鳴を聞いて駆けつけるボブやジェフその他。大騒ぎになります。

ヘルガを担いだ何者をボブとジェフが追跡します。
地元警察を追跡に加わって追っかけになってます。

海岸付近にて。
ヘルガを担いだ何者はこのへんに来てます。
洞窟にヘルガを連れ込んでるようです。何だか土曜ワイド劇場みたい。

怪物とボブの格闘アクションになってます。
どうやら相手は狼男のようです。ボブはノックアウトされてる。

狼男は崖を登ったとこで地元警察から銃撃される。
正体は狼男のオリバーでした。オリバーの姿に戻ってます。そうなると超常現象なのか?
オリバーは崖下に転落して退場となります。

スコットランドヤードにて。
ボブ、ジェフ、それにクリスティ。
実はジェフはオリバーを治療しようと尽力していた。コプラの毒も治療の一環だった。
オリバーは鬱病のバリエーションで狼人間症だった。
ハモンド家のみ男性だけで寒い夜になると発症する。女性は大丈夫とのこと。
これで一件落着となったようです。そうなの?

ボブとクリスティ。
クリスティはあの夜にヘルガの隣り部屋に寝ていた。
そんなわけでもしかしたら私が拉致されたのかもと言い出すがボブは君は大丈夫だよと言ってます。
で、大丈夫な理由は言わずにエンドとなります。


そんなわけで普通の土曜ワイド劇場みたいなよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.01

『ベラ・ルゴシの幽霊の館』

この作品は、ジョセフ・H・ルイス監督、ベラ・ルゴシ主演の謎サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1941年 Banner Production/Monogram Pictures/Astor Pictures Corp アメリカ作品
ランニング・タイム◆65分
原題◆Invisible Ghost
プロット◆夫人が行方不明になって色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ジョニー・ラング、リュー・ポーター

キャスト
ベラ・ルゴシ→色々と怪しいケスラー氏
ポリー・アン・ヤング→ケスラーの娘バージニア
ジョン・マクガイア→痴話喧嘩のラルフ/兄のポール
ベティ・カンプソン→行方不明のケスラー夫人

クラレンス・ミューズ→黒人のエバンス執事
テリー・ウォーカー→メイドのセシル
アーニー・アダムズ→庭師のジュールズ
オッテラ・ネスミス→ジュールズ夫人 (as Ollola Nesmith)
不明→料理人のオバサン マリー

ジョージ・ペムブローク→葉巻のウィリアムズ警部補
フレッド・ケルシー→部下のライアン刑事

ジョセフ・H・ルイス監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりなサスペンスになってます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

Astor Pictures Corp. presents
Bela Lugosi Charles Kessler
in
Invisible Ghost

スタッフの紹介
the cast
Bela Lugosi Charles Kessler
Polly Ann Young Virginia Kessler
John McGuire Ralph Dickson / Paul Dickson
Clarence Muse Evans
Terry Walker Cecile Mannix
Betty Compson Mrs. Kessler
Ernie Adams Jules Mason
George Pembroke Police Lt. Williams
Ottola Nesmith Mrs. Mason (as Ollola Nesmith)
Fred Kelsey Ryan
Jack Mulhall Tim
スタッフの紹介
Produced by Sam Katzman
Banner Pictures Corp.
Directed by Joseph H. Lewis

ケスラー家にて。
玄関ホールに女性の肖像画が飾ってあります。
旦那のケスラーと黒人執事のエバンスが登場。

ケスラーは行方不明になった夫人と一緒に食事になります。要するに誰も座っていない席があるわけです。
エバンス執事に不在の夫人の世話を優先させてます。

呼び鈴が鳴ります。娘のバージニアが出ます。
バージニアのボーイフレンド ラルフが来ました。
いきなり今夜来ないでとバージニア。父親がいつもの食事中なのでそうなる。
食事を見たラルフとそういうことなのかと何故か余裕を見せる。

説明させてと書斎に案内するバージニア。
ラルフは何となくデリカシーに欠けて見ててイライラします。まあいいけど。
バージニアもこんな奴とは別れろよと思える。
説明したバージニアにそれでも愛してるとキスをするラルフ。それでどうなる。
そんなとこをメイドが見てたりします。解説によるとラルフとメイドはできてます。
それはともかくラルフとバージニアは夜のドライブに出かけます。

キッチンにて。
エバンス執事、メイドのセシル、それに庭師のオッサン ジュールズがいます。
執事ですが旦那の前ではまじめでもキッチンではリラックスしてくだけた感じになってる。これはまた上手い役作りになってます。感心した。
1人になったジュールズは冷蔵庫から食べ物を出して袋に入れる。

外にて。
ジュールズは少し歩いて小屋に入ってます。自宅なのか?→違います。納屋みたい。
床を開けて地下室に入ってます。

地下室にて。
ジュールズはケスラー夫人をここにかくまっています。
記憶喪失のケスラー夫人。かなりおかしくなってる。
このことを知ってるのはジュールズだけのようです。
食べ物を渡してとっとと引き上げてます。

ジュールズの自宅にて。
帰宅したジュールズ。夫人は話し込む。
夫人もケスラー夫人のことは知ってるようです。好意的です。
男と一緒に事故で死んだ方がよかったと言ってる夫人。
→解説によるとケスラー夫人は運転手の男と逐電する途中で交通事故にあって記憶喪失になったとのこと。運転手は死んだ。
記憶が戻ったら旦那と会わせるつもりのジュールズ。

ケスラー家にて。
ドライブから帰ってきたバージニアとラルフ。
ここを少し離れたとこでタバコを吸いながら見てるメイドのセシル。

外にて。
徒歩で帰るとこをセシルにつかまるラルフ。痴話喧嘩になります。
これをクルマを車庫にしまうエバンス執事が見ています。そうなるのか。

痴話喧嘩のラルフとセシル。
ラルフも結構いい加減な性格なのでセシルに捕まるんです。
バージニアとはお終いよ、私と結婚するのよと主張するセシル。

ケスラー家にて。
おやすみの挨拶になってるケスラーとバージニア。
エバンス執事がクルマに手をぶつけて手当してるケスラー。
そんな感じで食事の件はともかくケスラーは人格者のようです。

読書してるケスラー。
手前に暖炉の火が入ってます。暖炉の中からのショットというわけです。

小屋にて。
それはいいけどケスラー夫人が外に出ています。勝手に出れるのか。

読書中のケスラーとケスラー夫人のカットバックになる。
ケスラーは2階からの窓越しにケスラー夫人を見る。そうなるとどうなる。
家に帰るのが怖いと言ってるケスラー夫人。あなたが殺す。

ケスラーが視線を外してまた見るとケスラー夫人は消えてます。
様子がおかしくなるケスラー。手を前に付き出して歩く。
ドアを開けて出ていくとこでカメラはセットの壁を越えてます。

階段を降りてメイドの部屋に入るケスラー。
いきなりガウンを脱いでくケスラー。やらせろと迫るのかと思ったら違います。
脱いだガウンをメイドに頭に被せています。そういうプレイではなく殺人だ。
黒味が入ります。

朝にて。
エバンス執事はメイドの部屋をノックする。
部屋の中からはラジオ体操が聞こえてます。
返事がないので入るエバンス執事。メイドが死んでいました。これは大変。

とりあえずケスラーに知らせるエバンス執事。新しいメイドが部屋で死んでいる。
エバンス執事に警察に電話するようにと指示するケスラー。

時間が経過して警察が来てます。
また殺人ですねと警部補。嫌味ではなく事実を言ってるだけです。
半年前に運転手が死んだ。これがケスラー夫人と関係がある事故だったわけです。
何で引っ越さないと突っ込む警部補。

メイドに来てる手紙にはラルフの名前がある。別人でしょうとバージニア。
エバンス執事がラルフ・ディクソン氏がセシルと話しをしてましたと証言する。かなり詳しく証言してます。痴話喧嘩ですとハッキリ言ってます。
これはショックなバージニア。そうなるとどうなる。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
殺人容疑者として技術者を逮捕。
金髪女性の殺害に対し無実を主張。

警察にて。
ラルフ容疑者に面会のバージニア。ケスラーも来てます。
偶然に殺人当時のアリバイがないラルフ。こまったものです。
ケスラーは尽力すると言ってる。

法廷にて。話しは早い。
証言するケスラー。
ラルフの自宅アパートの大家のおばさんはラルフとセシルが夫婦だと思っていましたと余計なことを証言してます。
ジュールズ、エバンス執事、証言にバージニアがカットバックされてます。

新聞の見出しです。
ディクソン氏に死刑判決。マニックス嬢殺害に最高刑。

ラルフに面会のバージニア。ケスラーも来てます。
あとは知事に掛け合うしかないとケスラーとバージニア。

知事と面会のケスラーとバージニア。
新しい証拠が出ないと何も出来ないと返事の知事。近い時期に選挙がないので面倒なのかもしれない。

刑務所にて。
もうラルフの独房に牧師が来てます。話しが早過ぎる。
速攻で死刑室まで連行されるラルフ。

ケスラー家にて。
電話です。出るケスラー。座ってるバージニア。
ラルフの死刑が終わった知らせでした。
溶暗になります。

時間が経過してます。
来客です。エバンス執事が出ます。
やって来たのはラルフです。これはビックリのエバンス執事。それでも存じておりますと執事仕事はちゃんとしてる。
ディクソンと名前ではなく姓のみを名乗ってる男。

ケスラーとバージニアが食事中のとこに案内されるディクソン。
これはビックリのケスラーとバージニア。
南米から急いで戻りましたと話すディクソン。ラルフの兄と主張してます。マジ?
双子なのかはわかりませんがそっくりの兄。

キッチンにて。
黒人のエバンス執事がジュールズに私は青ざめてるか?とマジともブラックユーモアともわからん会話になってます。
そんなとこでエバンス執事が呼ばれてる。

食事にて。
呼ばれたエバンス執事に私はラルフの兄ですと言ってる男。
ラルフは状況証拠のみなのにひどいと憤慨してる兄。真犯人を見つけると意気込む。
また暖炉の火が手前に燃えてるシーンになってます。このシーンが好きだな。日本映画では川島雄三監督が好きそう。

ケスラーは兄にここに滞在してもいいと言ってます。
会話から兄の名前がポールとようやくわかった。
ところでケスラーはマジで殺人を自分がやったとは思っていないようです。そうなるとどうなる。

小屋から出ているケスラー夫人。

ケスラーはポールを部屋に案内してます。
また2階の書斎で読書になるケスラー。また窓からケスラー夫人を見てしまう。
そうなると様子がおかしくなるケスラー。こういう設定なのか。
手の動きがおかしくなって書斎から出るケスラー。

階段を降りたとこでガウンを脱いでるケスラー。殺人モードに入ってます。
エバンス執事を狙ってるみたいですが上手くいかず。

キッチンにて。
そんなわけで冷蔵庫から食べ物を出してるジュールズに迫る。
ジュールズにガウンを被せるケスラー。これでジュールズは退場となります。
そうなるとケスラー夫人の食事はどうなる?と心配になります。
溶暗になります。

時間が経過してエバンス執事が来てジュールズの死体を発見します。
今回は速攻で警察に電話してるエバンス執事。
それからジュールズが殺されたとケスラーに報告してます。

時間が経過して警部補が来てます。
事情聴取をしてる警部補。部下刑事の名前はライアン。
厨房=キッチンと言ってます。
階段を降りてくるポールを見てビックリの警部補。

それはともかく書斎で事情聴取の続きになります。
警部補、ケスラー、バージニア、ポール、そんな感じ。
ポールはバージニアに引っ越さないのか?聞いたりする。バージニアはケスラーを見る。

玄関ホールにて。
エバンス執事がポールのトランク2つを運んでます。
ポールはエバンス執事に他の殺人のことを聞くが答えず。
警部補に同じ質問をするポール。

ベラ・ルゴシですがやけに背が高く見えます。たぶん踏み台に乗ってると思えます。
ケスラーとポールを肖像画を見て話し込む。

バージニアが階段を降りたとこで電話です。ケスラーにです。
電話に出たケスラーは出かけます。

検死官事務所にて。
ここに来てるケスラー。検死官に証言してます。
そんなところに殺されたジュールズのメイソン夫人が来ます。
メイソン夫人はジュールズとの面会で来ました。2人だけにしてとお願いする。

別室のケスラーと検死官はメイソン夫人の悲鳴を聞き駆けつける。
ジュールズがまだ生きてると訴えるメイソン夫人。マジで死んでない。
ケスラーはジュールズから犯人の名前を聞こうする。名前を言う前にまた死に至るジュールズ。こまったものです。

ケスラー家にて。
ケスラー、バージニア、ポールでジュールズの話しになってます。
結局証言はなかったとケスラー。
食事になって新しい料理人のオバサンの話題になります。

キッチンにて。
エバンス執事と料理人のオバサン。
このオバサンは新聞を読まないので殺人事件のことは知らないようです。
エバンス執事も余計なことは言いません。

チェスをやってるケスラーとポール。バージニアは見てる。
エバンス執事が来て料理人のオバサンが辞めたいと言ってと伝える。

キッチンにて。
オバサンを説得するケスラー。そんなわけでまだ勤めることにするオバサン。
会話からオバサンの名前はマリーとわかる。

カットバックです。
バージニアは自室で何か書いてます。
ケスラーは読書中。
ポールは自室で何かやってる。

バージニアは寝てます。
ケスラーはチェス盤のコマの配置を確認してる。様子がおかしくなるケスラー。
それは雨が降ってるのに窓の外にケスラー夫人が張り付いてるからです。何だかおかしなシーンですけどこれはビックリにしておく。

ケスラー夫人もジュールズがいなくなって食事はどうしてるのか心配だ。
いつものようにケスラーが視線を外したらケスラー夫人は消えてます。
そうなるとケスラーはまた殺人モードに入って手の動きが怪しくなる。

2階へ行くケスラー。
まずはポールの部屋を伺うがやめてバージニアの部屋に入ります。
ポールとラルフですが演技はちゃんと演じ分けてします。感心した。

ガウンの脱いでから持って寝ているバージニアに迫るケスラー。
そうなるとガウン殺人鬼といった感じです。
雷雨なので稲光がケスラーを正気に戻します。静かに引き上げてるケスラー。

ポールが自室から出ています。階段を降りるケスラーを見る。
ケスラーに声をかけるポール。気分が悪いんですかと普通だ。
寝ぼけていたとまた普通に答えてるケスラー。それにしてもベラ・ルゴシは妙に背が高い。怪しい。

1人になったとこでまた窓を見るとケスラー夫人が張り付いてます。
これは大変。そうなるとどうなる。例によって一瞬でケスラー夫人は消えてる。
溶暗になります。

翌朝にて。
バージニアとポールにケスラー。普通の朝です。
しかし階段を降りたとこで肖像画が切り裂かれているのに気がつきます。

キッチンにて。
エバンス執事に異常はなかったか?と聞くケスラー。
ケスラーは料理人マリーの個室を見るといない。
バージニアとポールは絵が切り裂かれてるのでビックリ。事件との関連は?となる。

キッチンでエバンス執事に料理人マリーのことを聞くケスラー。
買物に言ってますとのことで、すぐに料理人マリーが戻ってます。

呼び鈴です。おなじみの警部補が来ました。
部下が張り込んでいたが侵入者はいないとのことです。実際のシーンはなくてセリフのみなので安上がりです。

ポールは警部補を呼ぶ。
カーテンの下に靴が見えてます。誰かが隠れているのか?靴のみの場合もあるけど。
懐からリボルバーを出す警部補。何故かいつも葉巻をくわえてる。役作りなのか?
カーテンの影にいたのは死体のライアン刑事でした。これはビックリというか何でもありというか。とにかくそうなってます。
死体なのでばったりと倒れてるライアン刑事。大騒ぎになります。

次は絵の破れたとこに糸が付いてることに気がつくポール。ホトンド探偵です。

キッチンにて。
料理人マリーから事情聴取の警部補。ケスラーもいます。
時々置いてある料理が消えると証言するマリー。警部補はあまり気にしない。

玄関ホールにて。
ポールは警部補に糸を見せてます。

ここに人を集める警部補。
絵に糸が絡まっていた。このガウンの糸だと喝破します。
ガウンはエバンス執事の部屋にあった。しかしケスラーが言うには繕うためによくあるそうです。
それでも意気込む警部補。部下のライアン刑事も殺されたので引っ込みがつかない。

ポールは犯人は心を病んでます。精神科医を呼んでくださいと進言する。
警部補はあまり気乗りはしないけど一応呼ぶことしてます。

2階の書斎にて。
シーンが飛んでもう精神科医のオッサンが来てます。
ケスラー、バージニア、ポール、警部補、それに精神科医がそろいます。

そんなとこで停電です。ヒューズを交換しないと・・・
とりあえずロウソクを点けています。
ヒューズはマリーが買いに行ってると伝えるエバンス執事。

ちょうどというか精神科医から質問を受けることになるエバンス執事。
何事?といった感じのエバンス執事。色々と大変だ。
ケスラーは正気ですか?→いいえと答えてるけどいいのか?

キッチンにて。
ここに侵入して冷蔵庫を開けてるケスラー夫人。なるほど。
ジュールズが死んで食べ物が届かなくなったので自分でとりに来てるわけです。
そんなとこに別の部下刑事は警官が来てケスラー夫人を保護してます。

私は死んだ?と言ってるケスラー夫人。普通ではない。
部下刑事は私にまかせなさいと安心させています。

自分の肖像画が破れているのを見るケスラー夫人。
この人知ってると言う。悪い女なのよ。家に帰れない。
部下刑事はケスラー夫人を書斎に案内してます。

書斎にて。
ケスラー夫人が連れてこられます。そうなるとどうなる。
当然ケスラーの様子がおかしくなります。
私は死んだ?チャールズ?と聞くケスラー夫人。

ようやく警部補はケスラーが怪しいと気がつく。
ケスラー夫人は別室に避難されられる。

ケスラーは書斎から通路に出る。警部補とポールがあとをつける。
いきなり警部補につかみかかるケスラー。バージニアも書斎から出てくる。

別室にて。
ケスラー夫人はいきなり倒れて死に至ります。

ケスラーは正気に戻ってます。とにかくそういう関連になってます。
どうしてここにとケスラー。犯人はあなたですと警部補。

階段を降りるケスラー。警部補に部下刑事と警官が付いてます。
切り裂かれた肖像画を見るケスラー。
もう帰ってきたねと絵に話しかけるケスラー。
エンドとなります。


そんなわけで話しの展開は凝りまくりのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。