映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「1930年代」の記事

2020.09.13

『仮面の米国』

この刑務所映画の感想はネタバレ全開になっています。
マーヴィン・ルロイ監督、ポール・ムニ主演の刑務所映画のようです。

1932年 Warner Bros. Pictures inc.and The Vitaphone Corporation アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆I Am a Fugitive from a Chain Gang
プロット◆無実で捕まって脱獄する話しのようです。
音楽◆ソル・ポリト

キャスト
ポール・ムニ→無実のジェームズ・アレン
サリー・ブレン→ガールフレンドのアリス
グレンダ・ファレル→アパートのマリー・ウッズ
ヘレン・ヴィンソン→クラブ・シャトーのヘレン

ノエル・フランシス→売春婦のリンダ
シーラ・テリー→アレン・ジェームズの秘書 (uncredited)

ヘイル・ハミルトン→ジェームズの兄 ロバート・アレン牧師
ルイーズ・カーター→ジェームズの母親

プレストン・フォスター→強盗のピート
アレン・ジェンキンス→出所したバーニー
エドワード・エリス→じいさんのボンバー
ジェームズ・ベル→ヨレヨレのレッド
エベレット・ブラウン→黒人のセバスチャン

レジナルド・バーロー→パーカー製作所のパーカー
デヴィッド・ランドー→The Warden 刑務所長か看守
バートン・チャーチル→The Judge 判事
アービング・ベイコン→Bill - Barber 床屋
A・S・'Pop' バイロン→床屋に来たジョン警官
ロバート・マックウェイド→F・E・ラムゼイ弁護士

マーヴィン・ルロイ監督の演出はよいと思います。
全体的に刑務所映画の見本みたいになってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはあると思う。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『仮面の米国』
I Am a Fugitive from a Chain Gang
バックに音楽はありません。

タイトル
Warner Bros. Pictures inc.
and The Vitaphone Corporation
presents
ここにもうマスクがかかってます。

I Am a Fugitive from a Chain Gang
by Robert E. Burns
with
Paul Muni James Allen

スタッフの紹介
キャストの紹介はasが付いてます。
Paul Muni James Allen
Glenda Farrell Marie Woods
Helen Vinson Helen
Noel Francis Linda
Preston Foster Pete
Allen Jenkins Barney Sykes
Berton Churchill The Judge
Edward Ellis Bomber Wells
David Landau The Warden
Hale Hamilton Rev. Robert Allen
Sally Blane Alice
Louise Carter James Allen's Mother
Willard Robertson Prison Board Chairman
Robert McWade F.E. Ramsey
Robert Warwick Fuller
William Le Maire A Texan (as William LeMaire)

本編です。
船にて。戦争からの復員兵が登場。この戦争は第1次世界大戦のことです。
そうなるとヨーロッパからの帰還です。
見出しです。サンセット部隊、戦地より帰還。

アメリカに戻ったら何をする?の話題で盛り上がる。
俺は建設業につくつもりだと主人公のジェームズ・アレン。
ジェームズは工兵隊の軍曹。そんなわけで建設業に興味がある。

船が帰国します。
パレードになります。
汽車で移動です。

リンデールにて。
実家の町に帰ってきたジェームズ。
出迎える方々います。母親、ガールフレンドのアリス、牧師のロバート兄さん、それに工場のパーカーさん。
パーカーさんは工場での再就職を世話をすることになってます。

自宅にて。
母親とロバート牧師。パーカーさんの話題になります。
ジェームズは砲兵隊にいたので工場仕事より建設業をやりたいと主張する。

パーカー製作所にて。
勤務中のジェームズ。事務仕事をやってますが窓から見える建設中の橋に興味津々。
溶暗になります。

自宅にて。
食事になってます。ジェームズはいない。
ジェームズは建設中の橋に気を取られて勤務がいい加減になってるとか。
帰宅するジェームズに説教するロバート牧師。
俺は戦争で変わったんだと主張するジェームズ。
母親はジェームズの好きにさせるつもりです。
ニューイングランドに仕事があるはずだとジェームズ。
ニュージャージーからニューイングランドのボストンに汽車が移動になる。

ボストンにて。
建設現場のジェームズ。クレーンのオペレーターをやってます。
しかし新人なので解雇するとなった。

ボストンから船で移動です。ルイジアナ州です。
ルイジアナ州ニューオーリンズにて。
面接のジェームズ。人手は足りてるとなった。
ニューオーリンズから汽車で移動です。

ウィネベーゴ湖にて。五大湖の付近。
林業でトラックを運転のジェームズ。しかしこれは臨時仕事でした。
それからまた移動になってます。もう汽車にタダ乗りのホーボーになってます。

セントルイスにて。
勲章を質に入れに行くがもう質に入った勲章は山ほどあった。
徒歩で線路を移動になるジェームズ。

安宿に泊るジェームズ。ここはどこの町だ?
ピートと言う男と知り合うジェームズ。
ダイナーにタカリに行こうと言い出すピート。付き合うジェームズ。

ダイナーにて。
施しを頼むよハンバーガーをタカるピート。
焼いてるとこを見てるジェームズ。
1人いた客のオッサンがいなくなるといきなりリボルバーを出すピート。
主人をホールドアップしてジェームズにレジのカネを持ってこいとホールドアップする。
しょうがないのでカネをとるジェームズ。5ドルです。
強盗で5ドルとは割に合わない。それでどうする。

電話線を切ってるピート。
そんなところにいきなり警察が押し込んできます。何でそうなる。
抵抗するピートは射殺されてる。外に逃げたジェームズはアッサリと捕まる。
溶暗になります。

法廷にて。
現金を持って逃げたので情状酌量の余地はないとなるジェームズ。
強制労働10年となってしまった。

第2収容所にて。
両足首に鉄輪をはめられるジェームズ。鎖の先にも鉄輪がある。

04:20AM
寝てるジェームズ。起床のベルが鳴る。
並んで寝てる囚人の鎖の先の鉄輪に別の鎖が通ってまとめて囚人を拘束してます。
ロックは壁の外になってます。ロックを外したら鎖を引き抜いてます。
ジェームズは寝坊していたので看守に鉄輪を投げつけられる。

食事にて。
テーブル下に足を入れるのも慣れていないジェームズ。
まずい食事です。慣れた方がいいとじいさんに言われる。
テーブルに伏せてる男もいます。体調が悪そう。

強制労働の現場に出発となります。
トラックの荷台に座ってまた鉄輪にまとめて鎖が通されています。
そんな準備か終わって出発となります。トラックで移動です。

荒野の作業現場にて。砕石場みたい。
ノーディンは3人殺したと話題になってます。
何で捕まったと聞かれるジェームズ。ハンバーグの焼くの見てたと答える。

ハンマーで岩を砕く作業をやってます。マジで砕石場だ。
黒人の力が強そうな男がいます。
ジェームズは汗を拭いてるといきなり看守に張り倒される。
じいさんが汗を拭くのも許可がいるんだと解説してます。じいさんの名前はボンバー。
ヨレヨレの男もいます。無理やり作業をやらされるて倒れると水をかけられる。

08:20PM
ようやくトラックで帰ってきてきます。
暗いうちから出て暗くなってから帰る。正に強制労働といった感じ。
足かせの鎖をチェックしてから屋内に入ってます。
桶に入った水かお湯で体を拭きとる程度です。
それからまずい食事になります。ヨレヨレの男は食べる元気もない。

そんなところに看守達が来て今日の怠け者は誰だと折檻を始める。
アッカーマン。ヨレヨレのレッド。
ジェームズが余計なことを言ったのが聞こえて折檻になります。
革ベルトで叩く折檻です。これは痛そう。それでも悲鳴は上げないジェームズ。
溶暗になります。

6月5日の日曜日。さすがに休みらしい。
バーニーが出所してます。運がいいらしい。
手紙くれよとか。数年後に会おうとか。
看守からはまたなと言われて、それはないと門から出てるバーニー。

これから9年と何ヶ月だとうんざりしてるジェームズ。
次はレッドとお別れだとなります。馬車に乗せられた棺桶で出てるレッド。
そんなわけででここから出るには2通りだとなる。刑期満了か死だ。
バーニーですが棺桶馬車に便乗して町まで行くようです。

脱獄を言い出すジェームズ。それは無理だと言われてる。
別のじいさんからよく観察しろと言われる。
溶暗になります。

カレンダーがめくれるモンタージュが入ります。
6月7月・・・

作業現場にて。線路を外す作業です。
様子を伺ってるジェームズ。
黒人のセバスチャンに足かせをハンマーで叩いてゆるめてくれとお願いする。セバスチャンはそれには興味があると協力します。
看守の目を盗んでこの作業になります。足かせをハンマーで叩かれれば当然痛い。
そんな感じで痛かったけど足かせはゆるんだみたい。

戻って足かせのチェックになってます。ここは上手く切り抜けてるジェームズ。
夜中に足かせの具合をみてるジェームズ。試しに外そうしてます。
おじいさんに月曜にやると言ってるジェームズ。
7ドルをジェームズにやるおじいさん。街に着いたらバーニーを頼れと住所のメモを渡す。
溶暗になります。

作業の風景になります。まだ線路を外す作業です。
中座の許可をもらうジェームズ。茂みにはいり足かせを外そうとする。
片方の足かせがなかなか外れない。これは大変。

そろそろ看守が気がつくような感じ。作業に戻れと命じかける。
ジェームズは思い切り走って逃げてます。
いきなり撃つ看守。それから猟犬を出動させてます。

森を必死こいて逃げてるジェームズ。
さかんに汽笛の音が聞こえてます。汽車で脱出するのか?
民家があります。洗濯物もある。干してる服をゲットするジェームズ。
素早く着替えて囚人服はそのへんに放り投げてる。これで猟犬をごまかせるか?

水に入るジェームズ。池みたい。
ここは草の茎を使って水中に潜っても呼吸をするようです。『トムとジェリー』によく出てくるネタですがマジでやってる。
看守が接近してますが諦めて他を捜しに行った。とりあえずは助かった。
溶暗になります。

街にて。結構都会な感じ。
着替えた服で徒歩で移動のジェームズ。
服を買って普通のスーツに着替えています。帽子も買ってる。手持ちが7ドルなので古着屋だと思う。

床屋にて。
顔剃りをしてるジェームズ。そんなところにジョン警官が来てしまう。
床屋と世間話になるジョン警官。
刑務所で脱走騒ぎがあった。180cm。髪の毛は黒。瞳は茶色。ガタイはよく。30歳ぐらい。当然ジェームズにピタリと合います。
脱走者はジェームズ・アレン。駅やバス停は押さえてある。この街から出られん。

蒸しタオルをリクエストして顔を隠すジェームズ。
そんなこんなでようやく終わったジェームズ。何気なく出ようとすると呼び止められる。
ここはごまかして何とか脱出してます。

バーニーが泊ってるホテルにて。
ここに来たジェームズ。ホテルの受付にいたらバーニーからコンタクトしてきた。
ボンバーから聞いたと話すジェームズ。ボンバーはじいさんのことです。

バーニーの部屋に入るジェームズ。
何だかやたら調子がいいバーニー。大丈夫なのか?
朝1番で出るとジェームズ。酒はいらないと断る。
そのバーニーは出かけてます。で、売春婦を呼んでます。

売春婦のリンダとジェームズ。
一応リンダは口は堅いみたい。普通に脱獄の話しをしてる。大変だったでしょうと言ってくれる。
ジェームズはやる気はないと言ってます。じゃあお酒を飲むわとリンダ。
私は味方よとリンダ。溶暗になります。そうなるとどうなった?

駅前にて。
汽車の切符を買ったジェームズは屋台でハンバーガーを買う。
屋台の主人が所長様一行が来たと騒ぐ。そういえば駅は張られていた。
ジェームズは他の入り口から汽車に乗ろうすると警官隊は見つけたと追ってくる。これはビックリと思ったら別のホームレスでした。無事に汽車に乗るジェームズ。

移動中の汽車にて。
車掌から切符のチェックをされるジェームズ。
駅でチェックはなかったと突っ込まれるがごまします。
しかし車掌は別の車掌はジェームズを見て相談しています。これは大変。

とりあえず汽車から降りて徒歩で移動のジェームズ。
それからクルマはヒッチハイク?等で移動してるようです。
流れ流れてたどり着いたのがシカゴです。

シカゴの雇用窓口で登録するジェームズ。
名前はとなってとっさにアレン・ジェームズとしてます。入れ替えただけだ。
そんな偽名でいいのかとなるが明日の8時から現場だとなります。

tri-state engineering co. 雇用カードにて
アレン・ジェームズ。日当4ドル。

現場にて。
ジェームズは何か提案して上司に採用されて昇進してます。

tri-state engineering co. 雇用カードにて
アレン・ジェームズ。作業長。日当9ドル。

アパートにて。
月25ドルで交渉してるジェームズ。
大家はまだ若い女性です。アンタなら20ドルでいいとなり借りるようです。

tri-state engineering co. 雇用カードにて
アレン・ジェームズ。測量技師。日当12ドル。

アパートにて。
土木工学の本で勉強中のジェームズ。
そんなとこに大家の女性が来ます。もうすっかりガールフレンド気取り。
本なんて読んであたしが嫌いになったのねと絡んできます。
昨日デートしただろ。忙しいんだとジェームズ。
私に飽きたのねとまだ絡む。
そうなるとジェームズは愛してるなんて言ってないと火に油を注ぐ。
激怒して後悔するわよと啖呵を切って部屋から出ていく大家の女性。大丈夫なのか。

tri-state engineering co. 雇用カードにて
アレン・ジェームズ。責任者補佐。日当14ドル。

アパートにて。
荷造りをしてるジェームズ。そんなとこに大家が来ます。
会話から大家の名前がマリーとわかります。
君には感謝してるが愛はないと言い渡すジェームズ。
以前いた刑務所の話しを始めるマリー。これには驚愕するジェームズ。
で、兄からの手紙を見せてます。人の手紙を勝手に読んでるのか。映画に出てくる大家は普通に読んでるような気もするけど。

手紙です。
忘れるな。警察はまだお前を追っている。
もう1度捕まればあのひどい刑務所に更に8年いることになる。
考えただけで恐ろしい。
また手紙を書くよ。クリント→名前がロバートではない。

アンタが私の夫ならこのことを言わないわと言い出すマリー。
それでどうする。

結婚証明書のショットが入る。速攻で結婚したようです。
アレン・ジェームズ
マリー・ウッズ

ジェームズのオフィスにて。
アレン・ジェームズは現場総責任者になってます。
社長からクラブ・シャトーでパーティだ。夫人と来たまえと言われる。

秘書から奥様から電話ですとなります。
水曜までいとこと出かける。カネが足りないとのこと。
またかとうんざりしてるジェームズ。
溶暗になります。

表札です。ジェームズ夫妻宅にて。高級アパートです。
帰宅するジェームズ。マリーは不在です。宴会のあとで散らかしっぱなし。

電話です。マリーはいるかと酔っ払いからです。メガネのオッサンのサミー。
デートをすっぽかされたと主張する。旦那には内緒にしてくれと言ってるけど電話に出てるのは旦那のジェームズなんです。
溶暗になります。

クラブ・シャトーにて。
マリーが遊ぶなら俺も遊ぶといった感じのジェームズ。
ダンスにあぶれた御婦人と知り合います。そんな感じで2人で出かけます。

ドライブのジェームズと御婦人。
いい感じになって溶暗になります。そうなるとああなる。

カレンダーがめくれるモンタージュが入り月日が流れる。
これはサイレント映画の手法でトーキーになっても使われています。
5月6月・・・3月になった。

ジェームズの自宅アパートにて。
口論になるジェームズとマリー。離婚話しになります。
ハッタリだろうとジェームズ。マジで警察に電話するマリーをとめてるジェームズ。
そんなこんなで警察に行くとアパートから飛び出るマリー。
溶暗になります。

会社にて。
商工会議所の夕食会でのスピーチを頼まれているジェームズ。
そんなところに秘書から警察が来たと知らせです。
もう警察が入ってきました。とにかく逮捕すると結構アバウトです。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
シカゴ市アレンの収監に抵抗。
成功者となった市民が収監の危機。
当局協力拒否のシカゴに激怒。
アレンはイリノイ州の正義に守られる。

留置されているジェームズはマスコミの取材を受けています。

新聞の見出しです。
文明社会の所業か?
尊敬されるべき市民となった男が
時代遅れの拷問へ戻る瀬戸際である。

そんな感じでマスコミのキャンペーンになってます。

新聞の見出しです。
州の権限とは?
罪人の引き渡しが拒否されるのではあれば
州の権限には一体何の意味があるのだろうか。

査問会にて。
州検察官は一応ジェームズの引き渡しには応じられないとなってます。
刑務所の州は自分から戻って90日勤めれば釈放されると条件を出す。
君には収容所の事務職が用意されてると何だか好条件。
とりあえず相談すると席を外すジェームズ。

ジェームズと現在付き合ってる御婦人。まだ名前で出ていない。
そんなわけで90日勤めれば釈放されると話すジェームズ。
御婦人もOKを出してます。そうなるとどうなる。

査問会にて。
刑務所代表が来てジェームズの言ってることはデタラメだと否定する。
そんなこんなで刑務所に戻ることにするジェームズ。
溶暗になります。

シカゴから汽車で移動です。
ここも地図をカメラの動きで辿るサイレント映画の手法になってます。

当地の弁護士事務所にて。
F・E・ラムゼイ弁護士と打ち合わせのジェームズ。
私がこの件の弁護士ですと普通に始まる。
州への経費弁償で350ドル。私の報酬が2500ドル。
前金で1000ドルの小切手を切るジェームズ。
90日で大丈夫なんだろうと恩赦の確認をしてます。
恩赦はもらえるはずだろうと何だか怪しいラムゼイ弁護士。
事務仕事のはずですが60日は通常の強制労働になるとか。段々と話しが怪しくなる。

タトル郡刑務所にて。収容所の正式名です。
俺は事務職だと主張するジェームズですがもう話しが怪しくなってる。
看守に逆恨みされているので強制労働になる。

ジェームズが監房に行くと知り合いがまだいます。
じいさんのボンバーはまでいます。黒人のセバスチャンもいる。
そういえばジェームズが脱走してどのくらい経ってる?

90日で恩赦の話しをするジェームズ。全員から恩赦なんて誰も知らないと言われる。
ボンバーじいさんも恩赦なんてあり得ないと言われます。
全員から笑われて溶暗になります。

いつもの強制労働にて。
まだいるセバスチャンは歌いながら作業してます。全員も歌って作業です。
溶暗になります。

査問会にて。
ジェームズ・アレンの件です。
ラムゼイ弁護士は普通に弁護してます。
ジェームズの兄ロバート牧師が恩赦嘆願の訴えを述べます。

強制労働のシーンが入ります。

査問会にて。
足かせのことをチェーンガンシステムと言ってます。
刑務所側代表はこのシステムで囚人が更生していると主張する。ジェームズがいい例だと勝手な主張もしてる。
そもそもジェームズは無実だし最初から真面目です。
溶暗になります。

タトル郡刑務所にて。
ジェームズの兄が面会に来て悪い知らせを持ってきます。恩赦は却下された。
これにはショックのジェームズ。奴らの方が俺より罪深いと言う。
それでも1年間模範囚として過ごせば義務を果たしてことになると兄。あと9ヶ月だ。
そんな感じでジェームズを説得する兄。
溶暗になります。

カレンダーのめくれるモンタージュが入ります。
7月8月・・・3月なります。9ヶ月経った。

査問会にて。
ラムゼイ弁護士がジェームズの恩赦をと訴える。
溶暗になります。

タトル郡刑務所にて。
審問の最終報告は保釈決定は無期限延期。
溶暗になります。

いつもの強制労働です。
ダンプカーの運転手に何か壊れてるぞと言い出すジェームズ。
そんな感じでダンプカーをハイジャックして脱走となります。
ボンバーじいさんも同行してる。ボンバーじいさんはダイナマイトを持参してる。

逃げるダンプカー追う刑務所のクルマとのカーチェイスになります。
ここはワーナーお得意のコマ落としで無理やり早く見せています。
トンネルを通過したら何が起こると思ったがそのままカーチェイスが続きます。

運転席から出て後方を見てたボンバーじいさんが撃たれる。
こうなったらボンバーじいさんはダイナマイトに導火線をセットして点火する。
ダイナマイトが爆発して崖を崩し追ってるクルマを足止めしました。
初めて上手く行ったとボンバーじいさん。だから刑務所にいたのか。

橋を過ぎたとこでボンバーじいさんは力尽きてダンプカーから落ちる。
ダンプカーを止めたジェームズですがもうダメそう。
ダンプカーの荷台昇降の歯車で足かせの鎖を切るジェームズ。

まだ追っ手のクルマが迫ってきます。
ダイナマイトの導火線に点火して橋に投げるジェームズ。
大爆発して橋が破壊される。これで追っ手を足止めしました。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
2度目の脱走。
警察の捜査網はより厳しく。
アレンは再び自由に。
恩赦は取り下げられ必死の逃走。
橋を吹き飛ばす。
当局はアレンの再逮捕を決意。
ジェームズ・アレンは今どこに?
アレン2度目の脱獄から1年。
それ以降彼の消息はいっさい不明となっている。

御婦人の屋敷にて。
クルマで帰宅する御婦人。
誰かから名前で呼ばれています。ここで初めて名前がヘレンとわかる。
脱獄から1年。永遠に続くんだとジェームズ。お別れに来た。
クルマのドアの閉まる音がします。逃げるジェームズ。
どうやって生きるの?と聞くヘレン。
黒味になったとこで盗むのさとジェームズ。
エンドとなります。
Warner Bros. Pictures inc.
and The Vitaphone Corporation

最後の『盗むのさ』のセリフはプロデューサーのダリル・F・ザナックが後で付けたセリフだそうです。そのために黒味でセリフのみになってるわけです。


そんなわけで刑務所映画の見本みたいなよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2020.06.21

『カブスのヒーロー』

この野球コメディ映画の感想はネタバレ全開になっています。
マーヴィン・ルロイ監督、ジョー・E・ブラウン主演の野球コメディ映画のようです。

1933年 First National Pictures/Warner Bros. Pictures, Inc. アメリカ作品
ランニング・タイム◆78分
原題◆Elmer, the Great
プロット◆シカゴ・カブスにスカウトされて色々とある話しのようです。
音楽◆Music Department
Leo F. Forbstein conductor: Vitaphone Orchestra

キャスト
ジョー・E・ブラウン→カブスにスカウトされたエルマー・ケイン
パトリシア・エリス→ガールフレンドのネリー・プール

チャールズ・C・ウィルソン→カブスのスカウト ウェイド氏 (as Charles Wilson)
フランク・マクヒュー→同僚のヒーリー・ハイ-ヒップス
クレアー・ドッド→ラジオ局のイブリン・コーリー

スターリング・ホロウェイ→弟のニック (as Sterling Halloway)
エマ・ダン→エルマーの母親
ジョジー・ラルフ→サラおばさん

マーヴィン・ルロイ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の野球コメディになってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『カブスのヒーロー』
Elmer, the Great
タイトルバックに音楽が流れています。有名な『私を野球につれてって』です。

Joe E. Brown Elmer Kane
in
Elmer, the Great
based on a play by Ring Lardner, George M. Cohan
Directed by Mervyn LeRoy
これだけで1面で出ています。

キャストは1人ずつasで出ています。
Joe E. Brown Elmer Kane
Patricia Ellis Nellie Poole
Frank McHugh Healy High-Hips
Claire Dodd Evelyn Corey
Preston Foster Dave Walker (as Preston S. Foster)

and
Russell Hopton Whitey
Sterling Holloway Nick Kane (as Sterling Halloway)
Emma Dunn Mrs. Kane
Charles C. Wilson Mr. Wade (as Charles Wilson)
Charles Delaney Johnny Abbott
Berton Churchill Colonel Moffitt
J. Carrol Naish Jerry (as J. Carroll Naish)
Gene Morgan Noonan
スタッフの紹介
タイトルバックの音楽は有名な『私を野球につれてって』です。

本編です。
電話交換手が仕事中です。こちらジェントリービル、シカゴからですか・・・
会話からジェントリービルはインディアナ州のようです。
空港には電話に建物はありません。要するに野球場というかグラウンドみたい。
エルマー・ケインの名前が出ています。

シカゴにて。
エルマーをスカウトしたオッサンが電話中。
電話交換手にこのことは内密にと伝えてます。

電話交換手はドラッグストアのネリーに電話する。次は床屋に電話する。
このことは誰にも言わないでねと念を押す電話交換手。
そんなわけであっという間ににエルマーの噂が広がってます。まあそうなる。

ドラッグにて。
ベン、ネリー、エルマー、そんな名前が出てきます。
お客のおっさん達も大勢います。
シカゴからエルマーを捕まえに来る。そんな話しになってますが全然違います。

エルマーの自宅にて。
午後2時にまだベッドで寝てるエルマーが登場。
ようやく起きて靴下を履くギャグが入ります。まだ寝てるエルマー。
黒味が入ります。

複葉機が飛ぶシーンが入ります。
シカゴからのお客が来るわけです。

町にて。
シカゴからのオッサンが到着してソリで移動になります。

ドラッグストアにて。
ネリーにエルマーを連れて帰りたいと主張するオッサン。
お客のオッサン達が聞き耳をたててます。

エルマーの自宅にて。
ここは4人います。
エルマー
弟のニック
母親
おばさんのサラ

ネリーから電話です。
シカゴのクラブのウェイドが来てる。シカゴ・カブスだ。
そんなわけで喜んでるニック。エルマーは行く気がない。

ウェイドはネリーに案内させてソリで移動になってます。

エルマーの自宅にて。
食事をしながらどうする?と延々とやってます。
母親はベーブ・ルースの名前を知らない。

ベーブ・ルースはそれまでホームラン王の本数が10本台だったのがいきなり29本、54本とホームランを打って有名になったんです
ベーブ・ルース1人でリーグ全体のホームランの10%以上占めた。それは有名になります。

ソリの音がしてきます。
ネリーとウェイドがやって来ました。
エルマーは2階に上がって居留守になる。
ネリーは契約書はまかせてと言い出す。ウェイドはネリーに丸投げして帰る。

ウェイドが帰ったので2階から降りてるエルマー。
ネリーはエルマーを説得にかかる。契約書にサインさせようとする。
サインしない理由は?と突っ込むネリー。
懐中時計のフタにネリーの写真が貼ってるを見せるエルマー。
そんな感じで気まずい雰囲気になってます。
ネリーからもう店に来ないでと言われるエルマー。ネリーは帰ります。

ニックと話してアッサリと契約書にサインするエルマー。
契約書を持ったニックは外にいるネリーに渡す。
黒味が入ります。

シカゴ・カブス・トレーニングクラウンズにて。
ベンチで寝てるエルマーに人形を使ったいたずらがされる。大騒ぎになります。

一段落してエルマーのバッティング練習になります。
背番号は8。左打ちです。あとでわかりますが右投げ左打ちです。
ちょうどよくお偉方が見に来てます。毎年この時期にはベーブ・ルースが5人いたとかそんな話しになってます。まあよくあります。

肝心のバッティングピッチャーがストライクを投げない。
それでもストライクゾーンに来れば軽くホームランを連発するエルマー。
で、ここは新人しかいないと聞いて怒り出すエルマー。出ていきます。

新聞の見出しです。
カブスの新人強打者に注目が集まる。

オフィスにて
お偉方が集まってミーティングです。
社長だかオーナーはエルマー・ケインはバカだが解雇を許さんと始まってます。
エルマーは態度が悪いとの評判です。
辞めると駄々を捏ねるエルマーを何とか呼び出した。それでおだてようとなります。

最初に来たのエルマーではなく女性です。
イブリン・コーリー。国際放送連盟の現地スカウト。
よくわかりません要するに広告代理店みたいものか?当時最新のメディア ラジオ放送を牛耳ってるようです。

エルマーが来ます。おだて作戦で万歳三唱になる。
イブリンがエルマーに紹介されます。何しろ美人なのでエルマーも悪くない感じ。

ラジオのライブ放送になります。
イブリンがエルマーを紹介する。
エルマーは母親への伝言を言ったりしています。全く盛り上がらない。
微妙な雰囲気なところで部屋から出ていくエルマー。
黒味が入ります。

ジェントリービルにて。
ネリーはエルマーからの手紙を読む。
俺のラジオ演説を聞いてくれたかな?とエルマー。
手紙の返事を書くネリー。

シカゴのオフィスにて。
ネリーの返事の手紙はウェイドが預かってエルマーには渡らない。
シーズンを終わってからまとめて渡す段取り。

新聞の見出しです。
エルマー・ケインの本塁打で優勝確実。
ケインの打撃がカブス勝利。
ケイン頼みのカブス。
エルマー・ケインが67本のホームラン。
そんな景気のいい見出しが続きます。
当時の1シーズンホームラン記録はベーブ・ルースが1927年に打った60本です。

ホテル・シャーマンにて。
ネリーが来ています。エルマーに会うつもり。
エルマーが来ました。大人気になってます。
それはいいけどネリーの目の前でイブリンからキスをされてまんざらでもないエルマー。
ネリーはガッカリ。
ようやくネリーに気がつくエルマー。

エレベーターにて。エルマーとネリー。
ネリーはエルマーを無視してます。
エルマーは手紙の返事が来ないと主張する。
そんなわけで口論になってしまいます。

自室に戻るエルマー。
同僚が電話してます。誰なんだ?
嫌なことがあったならゴールドコーストクラブに行こうとなります。

ゴールドコーストクラブにて。
エルマーと同僚のヒーリー。ようやく名前がわかった。
ここのオーナーと用心棒はエルマー・ケインが来てると話し込む。

カゴに入った3つのサイコロを数字を当てるゲームに熱中するエルマー。
ヒーリーもやってます。カネをチップを変えることも知らずのめり込むエルマー。

エルマー・ケインの負けがこんでいます。
ここは入金メモが映されて描写してます。

結局ヒーリーは350ドルを儲けた。
エルマーは大損してるが本人はカネを賭けたつもりなかったが5000ドルになってた。
そんなわけで用心棒で出てきて取り立てになってます。

オフィスにて。
オーナーと用心棒から取り立てられるエルマー。
エルマーはカネがかかっていたとは知らながったと主張する。単なる遊びだ。
ヒーリーは350ドル儲けたので賭けていたのは知っていたと突っ込まれて黙り込む。

そんなこんなで入金証にサインしてしまうエルマー。
そうなると野球賭博で儲けて山分けしようと言い出すオーナー。これは大変。
カブスの負けに賭けるのさと八百長を強要してきます。
ぶち切れたエルマーが暴れて大騒ぎになります。

移動中の護送車にて。
エルマーとヒーリー。とにかく偽名で通すことになってます。
野球賭博に関係してると永久追放になってしまいます。

警察 救急隊員にて。
治療中のエルマー。まだ楽観的。
ヒーリーは深刻になってます。

ラジオニュースにて。
エルマー・ケインが失踪。カブス対ヤンキースのワールドシリーズ直前に・・・
地元の面々もラジオニュースを聞いてるシーンが入ります。

シカゴ・カブスのロッカールームにて。
暗い雰囲気になってます。黒味が入ります。

ワールドシリーズ最終戦にて。話しは早い。
エルマー・ケインはいまだ行方がわからずの新聞の見出しが入ります。

ホテルにて。
ネリーの部屋にヒーリーが来て事情説明をします。
エルマーは刑務所から出所出来るのに閉じこもって出ないと訴えるヒーリー。

刑務所にて。
ガンプと名乗ってるエルマー。
カブスの経営者?GMとヒーリーが面会に来てます。
そんなこんなで無理やりエルマーを連行しようとするまた檻に戻ってしまう。

カジノにて。ゴールドコーストクラブです。
ネリーが来て5000ドルを払って入金証を取り戻す。

刑務所にて。
エルマーは面会に来たカブスのオッサンと話し込む。
また何だかの書類にサインしろ言われてます。球場には来るなという書類らしい。何だかわからん。

オッサンと入れ替わりでネリーが面会に来ます。
手紙の件の話しになって誤解は解けたらしい。
そんなわけで刑務所から出るエルマー。

号外の見出しです。
エルマーが見つかる。本日出場か?

シカゴ・カブス リグレーフィールドにて。
リグレーフィールドよりフェンウェイパークの方が古い。
ライブフィルムが相当入ってて当時の雰囲気が見れます。これはいい。

ベンチには入ってるエルマー。
先発メンバーの紹介になってます。大きなメガホンの肉声でやってます。
セカンドベースがケイン。エルマー・ケインのことです。そうなると右投げなのか。

スタンドでは奴は終わりだと言ってるオッサンがいます。誰なんだ?
オッサンは監督にエルマーを出場させるなと命じてます。そうなるとGMかオーナーになります。
そんなわけで先発から外されるエルマー。これは試合前なので途中出場は出来るみたい。

エルマーの出場出来るのか?と確認に行くと監督は書類を見せられる。
監督はエルマーが八百長したらすぐ試合から放り出すと直訴しています。
これでエルマーは試合に出れるようになります。

まずは代打で出場のエルマー。背番号は4になってます。
いきなり頭にデッドボールを喰らってます。まあそうなるかも。

ラジオ実況にて。
試合は進み1点負けて7回裏のカブスのチャンスです。雨が降りそうです。

デッドボールで出塁のエルマーはフラフラとベースを離れて牽制で挟まれる。
この隙に3塁ランナーがホームに突っ込むがアウトになります。
今のはエルマーの八百長だと突っ込むフロントのオッサン。

9回表のヤンキースの攻撃で雨が降ってグラウンドは泥沼になってます。
セカンドゴロをエラーしたエルマー。水たまりにボールが入り探してるうちにランナーが2人帰ってしまう。これで3点をリードされます。これは大変。
こうなるとまたエルマーの八百長が疑われてしまう。監督から裏切り者呼ばわりされてベンチに座ることになるエルマー。

9回裏にて。
まだ雨が降ってひどいグランウドですがランナーは出てます。
スタンドからエルマーを出せと大きな声援になってます。

エルマーは監督に俺はカブスの勝ちに賭けたと主張する。
何だかピート・ローズの主張を先取りしてます。→レッズ監督時代に野球賭博をしたがレッズの勝ちに賭けていたと主張していました。
そんなわけでまた代打で出てるエルマー。野球はアメフトではないので1回ベンチに引っ込んだらもう出れないはずだけど映画だから。

ヤンキースもヤンキースでピッチャーが投げるふりをして最初からキャッチャーが持っている作戦になってます。そうなると目にも止まらぬ快速球になるわけです。
さすがにこればっかりではごまかせないので実際に投げる時もあります。こっちはストライクゾーンには投げない。

フルカウントからまた投げるふり作戦になります。
そうなるとエルマーはキャッチャーの前に立ちはだかる。
それなのにボールはエルマーに当らずに何でキャッチャーが持ってるともめてます。

とりあえずフルカウントからやり直しなってます。そんなルールは聞いたことがないけど映画だから。

この1球で決まりかとなるが野球にはファールがあるのでまだまだ続きます。
エルマーはいい当りを飛ばす。フェンス直撃です。
3塁を回ってホームにヘッドスライディングとなります。顔は泥だらけ。
それでもセーフになって逆転ランニングホームランになります。
そんなわけでカブスの優勝となって大騒ぎになってます。

ランニングホームランは和製英語でインサイドパークホームランが正しいそうです。
サヨナラホームランはグッドバイホームランでなはくwlak-offホームランです。

ラジオ放送にて。
エルマーとネリー。
色々と喋って最後にネリーと一緒に町に戻るとエルマー。
マイクに隠れてキスになってエンドとなります。

the endマークはソフトの方で付けたエンドマークのようです。
そんなわけでキャスト表がありません。


そんなわけで古き良き野球映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.06.20

『カブスのエースは言い訳好き』

この野球コメディ映画の感想はネタバレ全開になっています。
レイ・エンライト監督、ジョー・E・ブラウン、オリヴィア・デ・ハヴィランド主演の野球コメディのようです。

1935年 Warner Bros. Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆72分
原題◆Alibi Ike
プロット◆カブスのエース投手ファレルが色々とある話しのようです。
音楽◆Music Department
Leo F. Forbstein ... musical director
Ray Heindorf ... orchestrator (uncredited)
M.K. Jerome ... composer: theme music (uncredited)
Allie Wrubel ... composer: stock music (uncredited)

キャスト
ジョー・E・ブラウン→言い訳のファレル

オリヴィア・デ・ハヴィランド→ガールフレンドのドリー
ルース・ドネリー→監督夫人のベス ドリーの姉

ウィリアム・フローレイ→監督のキャップ
ジョー・キング→オーナーのジョンソン (as Joseph King)

レイ・エンライト監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の野球コメディになってます。
ハリウッドはカーレースにはクラッシュ。野球映画には八百長が付き物のようです。
この頃はまだアメリカ西海岸にはMLBのチームはなかった。マイナーのパシフィックコースト・リーグはあったけど。

ジョー・E・ブラウンの息子Joe L. BrownはMLBピッツバーグ・パイレーツのGMを長くやっていました。父親の仕事を別の形で立派に継いでいたわけです。

ジョー・E・ブラウンといえば『お熱いのがお好き』 Some Like It Hot (1959) のラストシーンでも有名です。
「完璧な人間はいない」の決めセリフ。何だか高尚なセリフですが状況は全く違います。

この作品では若くてピチピチなオリヴィア・デ・ハヴィランドが見られます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質まあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『カブスのエースは言い訳好き』
Alibi Ike
タイトルバックには音楽が流れてきます。

Warner Bros. Pictures inc.
他にバイタホンのタイトルもあります。サウンドトラックの形式です。
present

Joe E. Brown Frank X. Farrell
in
Alibi Ike
by Ring Lardner
A Warner Bros. Picture

いきなりRay Enright監督の名前からスタッフの紹介
キャストは1人ずつasで紹介されています。
Joe E. Brown Frank X. Farrell
Olivia de Havilland Dolly Stevens
Ruth Donnelly Bess
Roscoe Karns Carey
William Frawley Cap

and
Eddie Shubert Jack Mack
Paul Harvey Lefty Crawford
Joe King Johnson - Owner (as Joseph King)
Joseph Crehan Conductor (scenes deleted)
G. Pat Collins Lieutenant
Spencer Charters Minister
Gene Morgan Smitty
タイトルバックはAlibi Ikeのイラストです。

本編にて。
新聞の見出しです。
ルースが契約
レッズ、プールを支える攻撃陣を構築
カブス、ペノックを放出
シーズン終盤に波乱
カブス春季キャンプ開始

カブス春季キャンプにて。
去年は最下位だったカブス。今年こそとなるが・・・
オーナーと監督です。今シーズンはどうするんだと熱心に話し込んでます。
ジョンソン。オーナーだと思う。
監督の名前はキャップ。そのままだ。

オーナーがいなくなると新聞記者が来て監督と話し込む。
4人のルーキー投手の話題になり。右投げのファレルの話題にもなる。

監督に手紙です。
ソークセンターにて。カレンダーのズレのせいで遅刻する。ファレル。
そんな内容です。

そんなとこにいきなり外野フェンスを破ってクルマが突入してきます。
運転してるのファレルです。そんなわけで大騒ぎになってます。

監督はファレルの顔を知らない。
で、肝心のファレルは俺はファレルだと大威張り。自信過剰なキャラのようです。

まずは投球練習のファレル。右投げです。
当時流行っていたワインドアップを大げさにやってます。
監督は思っていたよりいい投球をするので注目してます。
これなら俺がマイナーリーグ送りにならずにすむと少し安心する監督。

ファレルに肩を温存しろアドバイスする監督。
MLBは肩は消耗するという考え方なのです。
そんなとこは全く気にしないファレル。投げさせろと主張する。

今度は打撃練習になるファレル。
左打ちです。そうなるとこの作品でも右投げ左打ちになってます。通好み。
そんなこんなで自打球を自分のクルマに大当たりさせクルマが暴走してます。
溶暗になります。

プールバーにて。
オッサン2人でファレルの話題になってます。誰だかわからん。
あいつはちょっと調子が悪いと言い訳が多いとこき下ろす。
そのファレルですがビリヤードの腕前はいい。見事な技を見せてます。
ビリヤードのシーンになると真上から俯瞰でわかりやすく撮ってます。このカメラのセッティングだけで大変なカネと技術が必要なわけです。
相手の2人は勝負にならないとゲームをやめてます。
売店のお姉さんがどうやらオリヴィア・デ・ハヴィランドのようです。名前はドリー。
アイリスで黒味になってます。

オープン戦はカタカナ英語でexhibitionゲームが正解。
相手はやっぱりのヤンキース。昔から有名だ。
ファレルの初登板です。監督が指示を出すと俺にはいらない。点を取る打線に指示を出せと主張してます。とにかく自信満々。

スタンドでドリーとベスが観戦中。ベスの旦那が監督です。監督の名前はキャップ。
いい感じで三振をとって7回まで無得点に押されるファレル。
監督が7回まででいいリリーフを送ると言うとファレルは続投したがる。

9回に乱れるファレル。フォアボールを連発して満塁になる。
キャッチャーのボブが気合いを入れに来てます。
エディ、ボブ、スティーブ、マイク、野手全員を集めるファレル。
要するに自分は三振をとるので守備はしないで座ってろと言ってるファレル。
しかし打たれるファレル。フェンスの上に当ってスタンドインしてる。これはホームランになるのか?
どうやら満塁ホームランで3-4と逆転されてしまった。

監督に手を痛めたと言い訳するファレル。監督と握手したら手がしびれた。
ぶっ倒れた監督からアイリスで黒味が入る。

ホテルにて。
監督はドリーとベスに愚痴を言ってます。
気分転換に劇場に行こうとなります。ドリーの相手をファレルにする。
ファレルは言い訳野郎のアイクのことだと監督。タイトル名のAlibi Ikeです。

ファレルは電報を来るのを待ってるで行かないと主張する。
そんなこんなでやっぱり劇場にいくことになるファレル。

クルマで移動中にて。
ファレル、監督、ドリー、ベスの4人。

話しの流れで劇場かと思ったら違ってホテルにて。
レインコートを着て外出するファレル。このスティル画像は妙に見覚えがあります。
これだけでは野球映画とは思えなかった。

オッサン2人に捕まるファレル。色々と言い訳してます。
どうやら雨が降ってるのでドリーとデートのようです。

雨の中のベンチにて。
座ってデートのファレルとドリー。
会話からだとここはシカゴではないようです。キャンプなのでそうなる。
俺もはもうすぐシカゴに行くとファレル。
お別れです。手紙を書いてねとなる。
くしゃみをしたり。すごい雨が降ったりしてます。
黒味になります。

駅にて。
お別れのファレルとドリー。
長々とお別れのシーンになってます。
キスのとこで汽車が発進してしまう。出来ない。
ドリーに目にゴミが入ってハンカチ談義になってます。
何故かドリーが汽車に乗ってます。ファレルがシカゴに行くのでは?
そんな細かいことはワーナー映画では考えていないのか?
それはともかくファレルがドリーを見送るシーンになってます。
黒味が入ります。

ホテルにて。
ドリーからの手紙を読むファレル。
そんなとこにオッサン2人がやってきます。新聞記者みたい。
手紙のことを聞かれると言い訳のファレル。
黒味になります。

汽車で移動のチーム一行。
投手は寝台では利き腕をハンモックで吊っていないといけない。これは監督の決めた規則だと言われて実行してるファレル。
あとでハンモックはいたずらだとわかってます。

新聞の見出しにて。開幕投手はファレル。

ゲーム中にて。
ドリーからファレルに電報が来てます。内容はよくわからん。
ゲームは続いてます。相手チームがわからん。
ランナーがいたのにセットポジションせずにワインドアップしたファレル。当然はランナーは進塁してしまった。

ベンチに戻ると監督からどうしたんだと突っ込まれるファレル。
当然言い訳のファレル。黒味が入ります。

外出のファレル。
ダイヤモンドの指輪を買いに宝石店に入ります。
妹の婚約指輪を買うと主張して店長を困惑させてます。
そんなところに新聞記者2人が来て突っ込みを入れる。
ここは得意の言い訳のファレル。パイプを買いに行くと宝石店を出る。

新聞記者をまいてまた宝石店に戻るファレル。
何しろ挙動不審なので店長は非常ベルを鳴らす。
そんなわけで大騒ぎになってます。自分は野球選手だと主張するファレル。
しかし逮捕されたようです。

ホテルにて。
新聞記者が集まってファレルの婚約指輪騒動の話しで盛り上がる。
警察からファレルが帰ってきます。

今度はオッサンが来てファレルに次の試合は負けろと言い出す。
贈り物を受け取るか死ぬかの二択だと迫る。
黒味になります。

電報です。11:30に駅に着くわ。ドリーより。
何故か困ってるファレル。どうやらズボンがないので出かけられないようです。
これは例によって新聞記者のいたずらのようです。
ようやくズボンが届きます。ケリーさん呼び止められてと言い訳のボーイ。

エレベーターで監督と会うファレル。何を急いでると突っ込まれています。

ホテルの前にて。
タクシーに乗ろうとしから中にドリーがいてビックリのファレル。

手漕ぎボートでデートのファレルとドリー。
君に渡すものがあると婚約指輪を出そうとして立ち上がるファレル。
当然ボートは転覆する。そんなわけで2人とも水浸しになってます。
肝心の婚約指輪は無事です。ドリーに渡します。
黒味になります。

監督夫人のベスはもうすぐファレルとドリーが結婚すると噂を流す。
ファレルに新聞記者が取材になります。色々と言い訳のファレル。
成り行きでこの話しをドア越しに聞いてるドリー。
ファレルが余計なことを言ってご機嫌斜めになるドリー。
そんなわけでドリーにふられるファレル。これは大変。

汽車に乗って帰るドリー。ベスが見送る。
ファレルが来たがもう汽車を行ってしまった。
線路上に立つファレルの汽車が迫るスクリーンプロセスのシーンがあります。

新聞の見出しです。
ジャイアンツに9-2で惨敗。ファレルはわざと負けた。
俺達は大儲けだと盛り上がる野球賭博の面々。

オーナーと監督。
ファレルの不調の原因を調べろと監督に命じるオーナー。

ファレルから事情聴取するオーナーと監督。
そんなとこに来客です。ファレルに渡すものがある。
オーナーから今の男はギャングのサンダースだろうと突っ込まれるファレル。
受け取ったの現金とgood workのメモ。八百長の証拠です。
そんなわけで激怒するオーナー。次にお前を見たら刑務所送りだと言い渡す。

監督とベス夫人。
夫人からファレルは失恋しただけと言われる監督。
これでオーナーの誤解は解けたようです。

ファレルが国に帰るとこを捕まえて説得する監督達。
もう野球を辞めると言い出すファレル。
ベスが何とかするというので丸投げするオーナーと監督。

駅にて。
帰りの切符を買うファレルを説得するベス。
ドリーが明日の試合に来ると言ってます。言い訳はしないでとも言う。

戻ったファレルはオーナーと監督と話し込む。
八百長するふりをして前金をゲットしてそれを証拠に警察に逮捕させる段取りになります。おとり捜査です。

野球賭博関係者のアジトにて。3人ほどいます。
ここに乗り込み前金を要求するファレル。当然警戒される。
ファレルが帰るとジミーを呼べとなってます。ジミーって誰なんだ?

街にて。
タクシーを降りたファレルの若い男がコンタクトしてきます。これがジミーです。
明日の試合に負けるのかと聞くジミー。いわゆるカマをかけてきます。
ファレルは明日は勝つ気だと主張する。それじゃダメなんですがジミーがスパイだとはわからん。

野球賭博関係者のアジトにて。
ジミーから電話です。こいつはボスを裏切るつもりですと報告が入る。
それでどうなる。黒味が入ります。

ホテルにて。
救急車が来てます。どうやらギャングの救急車です。
そんなわけで寝てたファレルは枕を顔に押し付けられて拉致されています。下手すれば殺されるとこでした。
担架に乗せられて運ばれるファレル。

新聞の見出しです。
カブス、勝利をファレルに託す。

本日のバッテリーの発表です。カブスはヘイワース。
ラジオ実況でファレルは行方不明ですと言ってる。

ギャングのアジトにて。
ようやく目を覚ますファレル。まだパジャマ姿です。

試合は進んでます。
相手チームはジャイアンツですがユニフォームはカーディナルスです。アメリカの東映にあたるワーナーの映画なのでディテールはこんなものです。
観戦中のベスとドリーはファレルは何処に行った?となってます。

ギャングのアジトにて。
監禁状態のファレルは酒を要求し隙を見て脱出してます。
酒を浴びせて目つぶしして3人をノックアウトしてる。

クルマに乗ったが救急車です。とにかくスタートさせるファレル。
気がついたギャング3人も別のクルマで追ってきます。

カーチェイスになります。
ファレルはカーキャリートラックの荷台に乗ってしまう。そのまま運ばれる。
前のクルマにどいてくれとクラクションを鳴らすファレル。
気がつかないトラック運転手は追い越せは合図を送る。この繰り返しギャグが入ります。
ギャングのクルマはファレルの救急車を見失ってます。結果オーライだ。

トラック運転手はトラックを止めて後を見に行く。
ファレルは救急車から降りて前に行く。
そんなわけでトラックをハイジャックしたファレルはトラックを発進させる。
運転手は置き去りです。

試合は進んでます。
苦戦してるカブス。それでどうなる。
外野フェンスをトラックでぶち壊してやってきたファレル。
監督は言い訳がいいから早く投げろと言ってる。
パジャマから着替えるのを相手チームの監督が遅延行為だとクレームを付ける。
いきなりナイター照明が切られてます。これはベスがやった。
真っ暗のこの隙に着替えるファレル。

ナイター照明が点くとファレルがいますがだぶだぶのユニフォーム姿です。
それはともかくリリーフ登板となるファレル。
ギャングですが警察に捕まってます。どうでもいいと思うシーンですが。

ランナーがいたところでピッチャーゴロです。
ファレルはだぶだぶのユニフォーム内にポールを見失い2人が帰り同点となる。
ようやくボールを見つけて3人目のランナーは何とかアウトにしてるファレル。

そんなわけで5-5になって試合は進みます。
監督からどうやって言い訳して1塁に出る?と突っ込まれるファレル。
1塁だけではないと豪語して打席に入るファレル。背番号は76です。

2ストライクから打つファレル。大きな当りで走りに走ります。
そんなわけでベースを1周してホームインするファレル。これで勝ちです。
最後はタッチをジャンプしてかわしてます。

エピローグ
結婚式のファレルとドリー。
死ぬまで言い訳しないと約束するとファレル。
キスをとなって神父にキスしてるファレル。
改めてドリーとキスするファレル。
エンドとなります。
Warner Bros. Picture inc.
画面の一部にマスクがかかってます。


そんなわけで古き良き野球映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.24

『ゾンビの反乱』

このメロドラマ・ゾンビ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ヴィクター・ハルペリン監督、ディーン・ジャガー、ロバート・ノーランド、ドロシー・ストーン主演のメロドラマなゾンビ映画のようです。

1936年 Halperin Production/favorite films cop./Academy Pictures Distributing Corporation アメリカ作品
ランニング・タイム◆62分
原題◆Revolt of the Zombies
プロット◆
音楽◆Music Department
Abe Meyer ... musical director
William Axt ... composer: stock music (uncredited)
Charles Dunworth ... composer: stock music (uncredited)
Erno Rapee ... composer: stock music (uncredited)
Hugo Riesenfeld ... composer: stock music (uncredited)

キャスト
ディーン・ジャガー→通訳のアルマン・ルーク大尉
ロバート・ノーランド→同僚のクリフ・グレイソン
ドロシー・ストーン→デュバル将軍の娘クレア

ジョージ・クリーヴランド→デュバル将軍
カール・ストックデイル→マック博士
ロイ・ダルシー→謎のオッサン マゾビア将軍

ウィリアム・クローウェル→秘術のツィアン僧侶
テル・シマダ→ルーク大尉の召使いブナ
ベラ・ルゴシ→合成で登場する睨む目

ヴィクター・ハルペリン監督の演出はよいと思います。
全体的にメロドラマなゾンビ映画になってます。

ディーン・ジャガーは名前はカッコいいがルックスは平凡そのもの。
そんなわけで普通過ぎて印象が薄い。
それでもサポート専門で若い頃から晩年まで膨大な数の出演作があります。
『バニシング・ポイント』(1971年)にも出ててます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。カクカクはそんなに目立たず。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。著作権があるとは出ていない。
メニュー画面

『ゾンビの反乱』
Revolt of the Zombies
音楽は無し。

タイトル
Revolt of the Zombies
a Halperin Production
released by Academy Pictures Distributing Corporation

スタッフの紹介
まずは監督と製作から出ています。

cast of characters
Dorothy Stone Claire Duval
Dean Jagger Armand Louque
Roy D'Arcy Gen. Mazovia
Robert Noland Clifford Grayson
George Cleveland Gen. Duval
E. Alyn Warren Dr. Trevissant (as E. Alyn 'Fred' Warren)
Carl Stockdale Ignacio / Max MacDonald
William Crowell Priest Tsiang
Teru Shimada Buna
Adolph Milar Gen. von Schelling (as Adolph Millard)
Sana Rayya Dancer

前説字幕
世界大戦時の戦争国の秘密文書には数々の奇妙な記録されている。
とりわけ奇妙なのはカンボジアでの出来事だ。
それはアンコールからフランスとカンボジアの連隊が
対オーストリアの戦線の前線に着いた際に起きた。

本編です。
ルーク大尉が上司デュバル将軍から説教されています。
君の通訳は素晴らしいと皮肉から始まる。
オーストリアが古参の部隊を送り・・・
会話からアルマン・ルーク大尉がフルネームとわかる。

別室にて。
説教されたルーク大尉が同虜のクリフォード・グレイソンと話し込む。
近くには直立不動のアジア人僧侶がいます。名前はツィアン。
もっと自信を持てとアドバイスされるルーク大尉。
それからゾンビやテレパシーの話しになってます。
ツィアンはゾンビの秘密を知る男だそうです。

戦場にて。
ソンビ部隊が攻めて来て自軍は退却してます。
撃たれても平気なゾンビ兵隊。これはビックリ。
この自軍はフランスとカンボジアのようです。見ててわかりにくい。

会議にて。
人体実験に反対ですとか。色々な意見が出ています。よくわからん。

また会議です。
ツィアン僧侶が秘密を明かさないとこき下ろすオッサン。
そんなわけでツィアン僧侶は営舎で一生監禁の刑になります。
怪しそうなオッサンがいます。それでどうなる。

営舎にて。
一生監禁のツィアンは仏像を拝む。
仏像の後からナイフで出てきます。これは大変。
1回目失敗しが次でツィアンを仕留める怪しいオッサン。
秘術が記された布片をゲットしてご満悦。

会議にて。
ツィアン僧侶が殺された話題になってます。誰かが秘術を盗んだ。
その怪しいオッサンが会議にいたりします。
次はゾンビの作り方の話題になってます。それを探せとなります。
そんなわけで合同調査団をアンコールに送ることが決定されます。
ゾンビの秘術の記録を見つけて葬り去る。これが任務です。

ニュースです。
アンコール遺跡の国際調査団が云々・・・

アンコールにて。
関係者数人がいるところに有力者デュバルの娘クレアが来ます。
ルーク大尉、デュバル将軍、マック博士。

デートのルーク大尉とクレア。
同僚のグレイソンの話題になります。クレアが目をつけてます。
ルーク大尉はお呼びでないみたい。これはひどいな。

キャンプにて。
ルーク大尉とグレイソン。
クレアは君に惚れてるよとグレイソンに言うルーク大尉。
もっと自信を持てよとルーク大尉にアドバイスするグレイソン。

キャンプに現地のダンサーを呼び余興となります。
いつの間にかグレイソンとクレアが婚約したようです。それでどうなる。

発掘作業にて。
作業台の板を吊るしたロープが切れて3人が転落する。
マック博士が重傷を負ったようです。介抱するルーク大尉。
ちゃんとロープの点検をしたと主張するマック博士。
それはいいけどグレイソンはクレアとくっついてます。まあそうなる。

国際調査団プノンペン本部にて。字幕です。
ダンスパーティになってます。ダンスのグレイソンとクレア。
対照的に研究室で1人で仕事のルーク大尉。

庭を散歩のグレイソンとクレア。キスになってます。
これを遠くで見てるルーク大尉はどうする。ヤケになって笑ってます。大丈夫なのか。

研究室で研究ノートを読んでるルーク大尉。
私チェンズーはアンコールのシュメール大国に駐在し奇妙な儀式を目撃した。
何か重要なことに気がついたルーク大尉。石版の写真を見る。
石版からゾンビの儀式だと気がついたらしい。

召使いのブナを呼びアンコールに行くと伝えるルーク大尉。
これに反対するブナ。行ったら危険です。
しかしルーク大尉は1人で行ってしまった。

アンコールにて。
マジで1人で来てるルーク大尉。あの怪しいオッサンが隠れていたりします。
内部に入ったとこでいきなりナイフの男に襲われるルーク大尉。しかしアッサリと返り討ちにして片づけてます。

次は床の穴に落ちて下の階に落ちるルーク大尉。ケガはなかった。
誰か来ます。どうやらゾンビの儀式が始まるようです。タイミングがいい。
例の石版を持った僧侶を尾行するルーク大尉。

沼にて。
石版を持った僧侶は沼に入る。ルーク大尉も入って尾行を続ける。
この尾行のシーンが延々と続く。

このへんはスクリーンプロセスを使ってます。モノクロで画質もそれなりなので不自然には見えない。
昔はスクリーンプロセスで何でも出来るとしてたが、どうにも不自然に見えていた。
そんなわけでデジタル合成になって初めて何でも出来るようになったわけです。

沼から出て祠にたどり着く僧侶。
石版を奉って祠から出て引き上げる僧侶。入れ替わりにルーク大尉が入る。

仏像に石版が奉ってあります。ルーク大尉はどうする。
偶然に仏像の鳴り物に触って鳴らしてしまいます。そうなるとどうなる。
秘密の仕掛けが作動して壁が反転して秘術の呪文が見えます。
呪文を手帳に書き込むルーク大尉。通訳なので文字は解読出来る。
溶暗になります。

国際調査団プノンペン本部にて。
オッサン2人でルーク大尉は2日間の無断外出をやらかしていた話題になってます。
そんなとこにルーク大尉が戻ってきます。アンコールで大発見したと主張する。

アンコールに行くのは禁止されてると逆に説教されるルーク大尉。
そんなわけでこの仕事から解任されるルーク大尉。
サイゴンから船でフランスに帰れと言われる。寂しげに帰るルーク大尉。
溶暗になります。

ルーク大尉の自宅にて。
研究中のルーク大尉。召使いのブナはまだいます。
ブナを実験台にするルーク大尉。成功するには感情を捨てると格言を唱える。
薬をアルコールランプで熱した煙を吸わせます。そうなるブナは何でも言う通りの奴隷になります。見た目はあまり変わっていない。
石版の写真を見せるとオーバーラップで両眼で睨むシーンが入ります。
止まれと命令すればそのまま止まってるブナ。ルーク大尉のことを導師と呼ぶブナ。

ルーク大尉とマック博士。
自信を持ってきたなとルークを評するマック博士。あまりやり過ぎると警告する。
グレイソンとクレアが2週間後に結婚の話題になります。
そうなるとルーク大尉は小細工を始める。オーバーラップで両眼で睨むシーンが入る。

デュバル将軍のオフィスにて。
ルーク大尉に操られるデュバル将軍。グレイソンを呼びます。
イシュタラに調査に行ってもらうとグレイソンに無理を押し付けてます。
さすがに結婚するんですがと抗議するグレイソン。6週間はかかる。
結局イシュタラに行かされるグレイソン。

ルーク大尉とマック博士。
小細工が上手く行ってご満悦のルーク大尉。

ルーク大尉の自宅にて。
帰宅するルーク大尉。誰かがいます。あの怪しいオッサンです。名前がわからん。
ファウスト博士の話しをする怪しいオッサン。
あんたこそ悪魔だろうと突っ込むルーク大尉。私の知識は渡せないと反論する。
ツィアンは協力しないから死んだと脅迫するオッサン。
フランソワとアンリの謎の失踪の話しをするオッサン。
地元民の協力を拒否。調査団の撤退。何だかわからん。
要するに調査活動をオッサンが妨害してるらしい。
例の布片を見せるがこれではなかった。そんなわけで秘密を教えろと迫る。

睨み方を教えるふりをしてブナを呼ぶルーク大尉。
ブナはナイフでオッサンを片づけてます。それでどうなる。

ルーク大尉の小細工は続く。睨むシーンのモンタージュになります。
そんな感じでまわり中の人達を思い通りに動かしてやりたい放題です。

イシュタラにて。
グレイソンが寝てます。隣りに召使いも寝てる。
虫の知らせで帰ることにするグレイソン。召使いを蹴飛ばして起こす。これはひどいな。

戻ったグレイソンとクレア。ここはプノンペンみたい。
アルマン・ルーク大尉がアンコールにいた時。高僧の秘密を発見した。
そんなところに兵隊を連れたルーク大尉が来ます。
ところでルーク大尉とグレイソンの似てるので見分けがつかない。

やんわりと口論になるルーク大尉とグレイソン。
君を除外すると通告するルーク大尉。

ルーク大尉とクレア。
グレイソンを英国に返すから結婚しろと迫るルーク大尉。

グレイソンとクレア。
別れ話になってます。これを見てるルーク大尉。
で、何だか別れ話にはなっていないような。それではここから去ってるクレア。
グレイソンを睨むルーク大尉。彼女は君を忘れるだろう。それでどうなる。
クレアに結婚指輪をプレゼントするルーク大尉。

ルーク大尉とマック博士。
マック博士ですが車イス生活にになってます。転落した大けがが原因のようです。
君と手下が彼女にひどいことをしたと非難するマック博士。
君は自滅するだろうと警告もしてます。

ルーク大尉とクレア。
クレアはまだグレイソンのことを忘れない。
約束を守って結婚するわと身も蓋もないことを言い出すクレア。
ルーク大尉はこの力を手放すとマジで実行する。そうなると大変だ。

兵隊を言いなりから解放する。召使いも解放する。
博士や関係者達も解放する。

正気に戻った召使いブナははあの男は生かしておけない兵隊を煽って盛り上がる。
そんなわけで大勢でルーク大尉の自宅屋敷に突撃する。
まずは実験室を破壊してます。火事になってまず。

ルーク大尉の自宅屋敷が突撃する暴徒に襲撃されます。
屋敷の庭を突撃するシーンが何故か『スカーフェイス』(1983年)にソックリなのでビックリした。映画は何が引用されるのかわからんのが面白い。

まだクレアに愛してると言ってるルーク大尉。
愛する女性のために力を手放した・・・
もう暴徒が迫ってます。それでどうなる?→アッサリと撃たれて退場のルーク大尉。

関係者達が集まってます。
ルーク大尉が死んだ。
神に滅ぼされるのは乱心した者なりと格言を述べるマック博士。
エンドとなります。
a favorite films cop.release


そんなわけでメロドラマ・ゾンビ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2020.04.12

『恐怖城』

このゾンビ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ヴィクター・ハルペリン監督、ベラ・ルゴシ主演のゾンビ映画のようです。

1932年 Halperin Production/United Artists アメリカ作品
ランニング・タイム◆67分
原題◆White Zombie
プロット◆花嫁がゾンビになって色々とある話しのようです。
音楽◆エイブ・メイヤー

キャスト
ベラ・ルゴシ→謎のゾンビ使いの男
ロバート・フレイザー→横恋慕のチャールズ・ボーモン氏

マッジ・ベラミー→色々と大変なマデリーン
ジョン・ハロン→あまり役に立たないニール・パーカー

クレアレンス・ムース→黒人の御者
ブランドン・ハースト→シルバー執事
ジョセフ・コーソーン→伝道師のブルナー牧師
ダン・クリミンス→呪術師のピエール
アネット・ストーン→メイド
ベルマ・グレシャム→背が高いメイド

ヴィクター・ハルペリン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のゾンビ映画になってます。

別題:
ホワイト・ゾンビ (ビデオ)
ベラ・ルゴシの ホワイト・ゾンビ (ビデオ・新)
恐怖城 ホワイト・ゾンビ (DVD)

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。時々悪くなる。全体的にカクカクもある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面
『恐怖城』
White Zombie

いきなり始まってます。
タイトル
White Zombie
with
Bela Lugos 'Murder' Legendre
a Halperin Production

スタッフの紹介

the players
Bela Lugos 'Murder' Legendre
Madge Bellamy Madeline Short Parker
Joseph Cawthorn Dr. Bruner
Robert Frazer Charles Beaumont
John Harron Neil Parker
Brandon Hurst Silver
George Burr Macannan Von Gelder - Zombie (as George Burr MacAnnan)

Frederick Peters Chauvin - Zombie
Annette Stone Maid
John T. Prince Ledot - Zombie (as John Printz)
Dan Crimmins Pierre - Witch Doctor
Claude Morgan Zombie
John Fergusson Zombie
Velma Gresham Tall Maid

directed Victor Halperin

本編です。
歌が流れて道路の真ん中で何やらやってる集団が登場。
そんなところに馬車が来ます。黒人の御者に主人公カップル。
カップルの名前はニールとマデリーン。

御者の説明によると葬式で道路の真ん中で埋葬してるとのこと。
とりあえずここを通過してる馬車。
会話からここは西インド諸島です。ハイチにて。

移動する馬車を睨んでる目がオーバーラップしてます。

御者はそのへんに佇んでる男にボーモン邸の場所を聞きます。
この男がベラ・ルゴシ扮するゾンビ使いです。名前は'Murder' Legendre
そんなとこに複数のゾンビが接近してきたので慌てて馬車を発進させる御者。
ゾンビ使いはマデリーンのスカーフをゲットして懐にしまう。変態です。

ボーモン邸にて。
馬車が到着してます。馬車ですがサスペンションに板バネがあるみたい。
御者は奴らは人間ではなく死体なんですよと主張する。ゾンビとハッキリと言ってます。
毎晩砂糖工場で労働をしているとはいきなり俗っぽくなってます。
馬車は逃げるようにして去ってしまいます。

ニールとマデリーンはオッサンと遭遇します。
パイプの火を貸してくれとコンタクトしてくるオッサン。
ここで30年間伝導してる称するオッサン。牧師です。名前はブルナー。

3人でボーモン邸に入ります。執事が迎える。
ボーモンさんに招待されたマデリーン。ニールはついでだ。
ブルナー牧師は結婚式で来たとのこと。2人に結婚式が終わったらすぐに帰った方がいいと警告してます。

別室にて。
ボーモン氏とシルバー執事。
話し込んでます。何かやらかそうとしてる感じ。

ニールとマデリーンにボーモン氏が来てあいさつとなります。
ブルナー牧師は結婚式が終わったら食事はせずに帰るようです。

外には馬車が来てます。フードを被った男が1人。

ニールは部屋で待機してます。バルコニーに出て馬車を見る。
馬車にボーモン氏が乗り込んでいます。出かけるようです。
フードの男はゾンビでした。
溶暗になります。

砂糖工場にて。
ゾンビが大勢で作業をしてます。
ここに来てるボーモン氏とフードの男。
で、ボーモン氏はここのオーナーみたいなゾンビ使いとコンタクトします。
あんたの農園で雇ったらどうだと勧めるゾンビ使い。断ってるボーモン氏。

マデリーンのスカーフを出して見せびらかすゾンビ使い。
彼女を1ヶ月行方不明にしてくれと依頼するボーモン氏。どうやら横恋慕してるらしい。
それで何故かゾンビ使いに泣きついてるわけです。
ゾンビ使いはボーモン氏に薬を渡す。花でもワインで針の先ほど使えばいい・・・
一応断ってるボーモン氏。しかし薬をは無理やり渡されたことにしてる。
用が済んだボーモン氏は帰ります。
溶暗になります。

ボーモン邸にて。
結婚式の準備のマデリーン。メイドが2人います。

結婚式にて。
介添えのボーモン氏とマデリーン。
ここまで来てもマデリーンを口説いてるボーモン氏。
当然断ってるマデリーン。
それなら一輪の花を贈るボーモン氏。
受け取ったマデリーンは花の匂いをかいで花束に入れる。

結婚式になってます。何事もなく進む。それでどうなる。

外にて。
ゾンビ使いが庭灯のロウソクをゲットします。持参しないのか。意外とケチだな。
ロウソクにスカーフを巻き付けてます。それからロウソクをナイフで削ってます。
どうやらマデリーンの人形を造ってるようですう。なるほど。

食事にて。
ボーモン氏、ニールとマデリーン。乾杯になってます。
マデリーンはグラスの中にゾンビ使いを見る。死が見えるとマデリーン。
そんな感じでおかしくなってるようなマデリーン。

外のゾンビ使いはロウソク人形を庭灯のロウソクであぶってます。
マデリーンは気を失い。動揺するニールは全く役に立たない。
ご満悦のゾンビ使い。

次のシーンはもうマデリーンの葬式になってます。話しは早い。
霊廟にて。
マデリーンの棺桶が収められてます。

酒場にて。
やけ酒のニール。マデリーンの幻を見る。

墓地にて。
ここに来てるゾンビ使いとボーモン氏。手下のゾンビ達が集合してます。

ゾンビは私の僕だと主張するゾンビ使い。
師匠の呪術師を拷問して業を盗んだと主張するゾンビ使い。

ゾンビの紹介も入る。
リチャード。内務大臣だった。
ガルシア。ゲリラ兵士。
マルキー。憲兵隊長。
ショーバン。普通のオッサン。死刑執行人。
それはいいけど時々画質が大幅に悪くなります。あまり気にしない。

霊廟にて。
マデリーンの棺桶を棚から出してます。
階段に置くとちょうどいい具合に斜めになる。顔の部分のフタを外す。

そんなとこに酔っ払ったニールが接近中。これは面倒な感じ。
マデリーンの棺桶を外に運び出してます。
入れ替わりに来たニールは霊廟のドアが開いてるのでビックリ。中に入って棺桶が無いのでまたビックリで悲鳴を上げてる。
溶暗になります。

ブルナー牧師のオフィスにて。
相談に来てるニール。色々と説明するブルナー牧師。
頭と心以外は生きてる人間だと説明してます。
マデリーンに関しては殺人未遂云々となってます。何だかわからん。
要するにボーモン氏がやったわけです。
そんなこんなで2人で対策はするみたい。
とりあえず知り合いの呪術師に会いに行こうとブルナー牧師。

海岸の断崖絶壁の城にて。
ここはマット画になってます。見事なマット画だ。
ここにいるボーモン氏。ゾンビ使いのアジトなのか?
ピアノを弾くマデリーンを見ているボーモン氏。
マデリーンにネックレスをプレゼントするが反応はない。
目から光が消えてしまったと嘆くボーモン氏。後悔してます。

そんなわけでゾンビ使いに抗議するボーモン氏。
ゾンビ使いはマデリーンを墓に戻すのですか?いつでも眺めていられる美しい絵ですよとうそぶく。

シルバー執事にワインを持ってこさせるゾンビ使い。
当然ボーモン氏に例の薬を飲ませたようです。
旦那を守ろうするシルバー執事を強力な目で金縛りするゾンビ使い。
手下のゾンビ達にシルバー執事を運ばせて水に沈めています。凄い悲鳴のシルバー執事。
また凄い悲鳴が聞こえてきますがハゲ鷹でした。人間の悲鳴みたい。
溶暗になります。

馬で移動中のニールとブルナー牧師。
やはり馬にのった呪術師のピエールと合流します。

話し込むブルナー牧師とピエール呪術師。ニールはつんぼ桟敷状態
あそこには行けないとピエール呪術。もう歳なのでそうなってる。
殺人鬼がいるとのこと。

海岸の断崖絶壁の城にて。
手前の海岸でキャンプしてるブルナー牧師とニール。
ブルナー牧師はやる気満々ですがニールは寝たきり状態。
また凄い鳴き声のハゲ鷹がいたりします。
ハゲ鷹の群れが飛び交うゾンビの城だと解説するブルナー牧師。そのままだ。
ニールが戦闘不能なので偵察に行くブルナー牧師。

城のバルコニーに出ているマデリーン。このシーンが美しい絵画のようで見事です。
メイド2人がいますがゾンビではないみたい。うわさ話になってる。

このへんは画面を横切るワイプを多用してます。
この手法でマデリーンとニールを同時に映してます。
ニールがマデリーンの存在に気が付きます。

メイド2人ですが片方がもうマデリーンの世話は出来ないと言い出す。

ニールは単独で城に接近してます。そうなるとどうなる。
あの執事が落とされたとこに落ちそうになったりします。

ゾンビ使いとボーモン氏。
すっかり弱ってるボーモン氏。声が出なくなってるようです。
もうボーモン氏のロウソク人形を作り終わってるゾンビ使い。準備OKです。
生きながらゾンビになるのは君だけだとご満悦なゾンビ使い。

ニールは城の中に侵入して階段を移動する。
いよいよゾンビ使いとボーモン氏のところにたどり着いてます。意外と狭いのか。
ニールに気がつくゾンビ使い。階段上で倒れるニール。

ゾンビ使いは何かやらかす感じ。
ベッドで寝ているマデリーンが起きる。自動ドアになってるドアから外に出る。
もう階段のとこを移動中です。倒れてるニールは無視してます。ゾンビだから。

ゾンビ使いとボーモン氏のとこに来たマデリーン。
マデリンにナイフを持たせるゾンビ使い。これでニールをブスリとやらせる段取り。
また呪術のポーズをとるゾンビ使い。

階段上でナイフを振り上げるマデリーンの後から手が出てナイフを奪う。
段取り通りいかないので焦るゾンビ使い。
マデリーンがどこかに行ったので後を追うニール。

城の外壁部分にて。断崖絶壁で海に落ちたらお終いです。
落ちそうになってるマデリーンを説得して止めようとするニール。

ゾンビ使いが来てまた呪術をかけるポーズをとる。
手下ゾンビ達も来てます。

とっておきののリボルバーを出して撃つニールですがゾンビには効かない。
そんなとこにブルナー牧師が来て加勢をする。木の棒で思い切りゾンビ使いを殴打する。
ニールを襲おうとしたゾンビ達はニールがかわしたので次々と断崖絶壁から海に落ちる。

マデリーンは気がついたようです。死んだからゾンビになったのでは?
ブルナー牧師は一瞬君だとわかったぞとニールにアドバイスしてます。
そうなるとゾンビ使いを片づければマデリーンは元に戻るらしい。

逃げるゾンビ使いは目くらましの煙幕弾を投げつける。白い煙が出てます。
それからまた呪術のポーズをとるゾンビ使い。

そんなところにボーモン氏が来て捨て身のタックルをゾンビ使いにかける。
断崖絶壁から海に転落するゾンビ使い。
タックルの勢いでボーモン氏も断崖絶壁から海に転落する。

これでマデリーンはマジで元に戻ったようです。
ニール、私夢を見てたのと言ってるマデリーン。そうなの?

マデリーンにキスをしようとするニール。
そんなところにブルナー牧師がすまんが火を貸してくれとキスを中断させる。
エンドとなります。
released by United Artists corp


そんなわけで普通のゾンビホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2020.04.11

『月光石』

このお宝ホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
T・ヘイズ・ハンター監督、ボリス・カーロフ主演の謎のお宝ホラーのようです。

1933年 Gaumont British Picture/Woolf & Freedman Film Service 英国作品
ランニング・タイム◆80分
原題◆The Ghoul
プロット◆お宝探しで色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ルイス・レヴィ

キャスト
ボリス・カーロフ→邪教に傾倒するヘンリー・モーラン教授
セドリック・ハードウィック→腹黒いブロウトン弁護士
アーネスト・セシジャー→忠実ではないレーン執事

ドロシー・ハイソン→相続人のベティ・ハーロン
アンソニー・ブシェル→モーラン教授の甥ラルフ・モーラン
キャサリン・ハリソン→ベティの同居人ケイニー

ラルフ・リチャードソン→牧師のナイジェル・ハートリー
ハロルド・ハス→アラブ系のアガ・ベン・ドラゴア
D・A・クラーク-スミス→ドラゴアの手下ムハンマド
ジャック・レイニー→デイビス運転手

T・ヘイズ・ハンター監督の演出はよいと思います。
全体的にゴシックホラーな感じになってます。
元が舞台劇だと思われるので人物の出入りが見せ場になってます。
セドリック・ハードウィックやラルフ・リチャードソンが出てる英国キャストも豪華になってます。

別題:ボリス・カーロフの グール 月光石 (ソフト題)

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『月光石』
The Ghoul
バックに音楽が流れるが何だかわからん。

タイトル
Gaumont British Picture Corpn, LTD. presents
Boris Karloff Prof. Henry Morlant
in
The Ghoul

スタッフの紹介
A Gaumont British Picture
Woolf & Freedman Film Service (1933) (UK) (theatrical)
何の表示もなくキャスト
Boris Karloff Prof. Henry Morlant
Cedric Hardwicke Broughton
Ernest Thesiger Laing
Dorothy Hyson Betty Harlon
Anthony Bushell Ralph Morlant
Kathleen Harrison Kaney
Harold Huth Aga Ben Dragore
D.A. Clarke-Smith Mahmoud
Ralph Richardson Nigel Hartley

本編です。
夜の街にて。
アラブ系の男がもう1人の男を見張る。
帰宅する男。アラブ系の男が呼び鈴を鳴らす。
出たメイドのおばさんにドラゴア氏を頼むと普通な感じです。

ドラゴア氏とアラブ系の男。
いきなりナイフを突きつけるアラブ系の男。月光石を出せ。
会話からアラブ系男の名はムハンマドとわかる。
月光石を元の霊廟に戻すんだと主張するムハンマド。
それはもうないとドラゴア氏。モーラン教授に売った。
あの死体泥棒かとこき下ろすムハンマド。
モーラン教授は死にかけていて月光石は一緒に埋葬される。

モーラン教授の屋敷にて。
ベッドで伏せてるモーラン教授。死にそうな感じ。
アヌビス神よと祈ってるモーラン教授。キリスト教ではないので大問題です。

玄関にて。
そんなとこに来客です。近所の者ですと牧師が営業に来てます。
執事は間に合ってますと追い返す。

エジプト学者のモーラン教授。
医者とナース。それにブロウトン弁護士がいます。執事もいる。

ブロウトン弁護士は75000ドルとか金勘定をやってます。
手帳を読んで1922年についに月光石を手に入れたモーラン教授と知る。

レーン執事を呼ぶモーラン教授。
自分が死んだらあとにアヌビス神と埋めるので詳しく指示を出してます。
アヌビス神の像が月光石を手に持てば私は永遠の命を手に入れると主張するモーラン教授。大丈夫なのか。

月光石をレーン執事に見せるモーラン教授。
手に月光石を握りしめたまま包帯で縛らせてます。
このへんは何故かブロウトン弁護士とカットバックになってます。

呼ばれるブロウトン弁護士。医者とナースもいます。
ナースに窓を開けてくれと言いつつご臨終となるモーラン教授。
心不全で死亡診断書に署名を言われてるレーン執事。
レーン執事は言われたことは実行するつもりらしい。そうでもないのか?
溶暗になります。

モーラン教授の葬儀です。棺桶が霊廟に運ばれる。
レーン執事とブロウトン弁護士は不仲です。互いに警戒してる。
この他にも違う男が伺ってます。誰が誰だかわからん。

棺桶を開けてるブロウトン弁護士。
包帯を外して見ようとするがやめてます。
レーン執事が戻り霊廟のドアを閉めます。
キーを内側に刺したままなのを指摘するブロウトン弁護士。しかしレーン執事はモーラン教授の指示ですと答える。

このへんの印象ですが格調高くシェークスピア調になってます。

レーン執事に月光石のことを聞くブロウトン弁護士。
当然知らないと答えるレーン執事を脅してクルマで帰るブロウトン弁護士。

少し走ったとこでクルマを止めデイビス運転手に見張りを命じるブロウトン弁護士。
デイビスは私は刑事ではありませんと断るがクビだど脅かされて見張りをやることになる。色々と大変だ。
ブロウトン弁護士は自分でクルマを運転して帰ります。

レーン執事はベティ・ハーロンに手紙を書いてます。
実は靴のかかと内に月光石を隠していたレーン執事。台所のコーヒー缶に隠します。
デイビスはまじめに見張りをやってますが影がハッキリと見えてます。
郵便配達が来たのでついでに駅まで送ってもらうレーン執事。融通がきいてる。

ブロウトン弁護士のオフィスにて。
僕とハーロン嬢が葬儀に呼ばれていないと抗議する若い男が登場。
あとでわかりますがモーラン教授の甥ラルフ・モーラン。
相続金として年4000ポンドを2人に払えと要求するラルフ。
しかしブロウトン弁護士は払う気がない。
モーラン教授の屋敷に行くと主張するラルフ。とめてるブロウトン弁護士。
そんなとこにデイビスさんから電話のブロウトン弁護士。見張りからです。

夜の街にて。
警官にブランドフォード通りを聞いてるレーン執事。

ベティ・ハーロンの自宅アパートにて。
ルームメイト?のケイニーが登場。ベティが帰宅します。
ベティに弁護士からの手紙を渡すケイニー。ヘンリー伯父が亡くなった。
遺産が入るわよと2人で盛り上がってます。

レーン執事が接近してますが怪しい男が複数います。誰が誰だかわからん。
そうなるとアラブ系の男ムハンマドかブロウトン弁護士ぐらい。

ベティは手紙の待ち合わせの6時なので出かけてます。
レーン執事がコンタクトして手紙を渡す。すぐにいなくなる。
その手紙はいきなり男が襲って来て奪われる。男は逃げる。
たまたまいたラルフにバッグを盗まれたと訴えるベティ。

奪った手紙をチェックする男は手紙を破り捨てていなくなる。
入れ替わりに違う男が破り捨てられた手紙を拾い集めます。
誰が誰だかわからん。

ベティの自宅アパートにて。
帰宅したベティ。ケイニーにはこの人はブロウトン弁護士ではなく従兄弟のラルフ・モーランと紹介してます。
足の不自由な男に手紙を渡されたあと暴漢に手紙を奪われたと話すベティ。
アールズベールに何かある。狙われているから来い。手紙はそんな内容だった。

ラルフはアールズベールに行くつもり。ベティも同行する。
そうなるとケイニーも私もベティの付添で行くと言い出す。
そんなわけで3人でクルマで移動となります。
違うクルマもスタートしてます。誰だかわからん。

駅にて。
レーン執事が到着してますが屋敷まで徒歩で移動になってます。
これは時間がかかりそう。

モーラン教授の屋敷にて。
玄関ドアを手回しドリルで穴を開けての男がいます。顔が見えない。
どうやら穴に爆薬を仕込んで爆破する段取りのようです。

そんなとこにクルマのヘッドライトが当る。
どうやらブロウトン弁護士のクルマのようです。
男ですが後片づけして逃げます。ドアの穴も塞いでる。

3人のクルマも到着してます。
ちょうど牧師が来たのでモーラン教授の屋敷を聞くとのこと。
私も来たと主張してる牧師。そうなの?ナイジェル・ハートリーと名乗る。
ラルフ・モーラン、ベティ・ハーロンと自己紹介になってます。それにケイニー。
そんなわけで4人で屋敷に突入してます。

ブロウトン弁護士は自分で玄関ドアをカギが開けて入り込んでます。
それからお宝探しをやってます。そんなとこに呼び鈴がなります。
しょうがないので出てるブロウトン弁護士。中に入ってくれとなる。

いちいちロウソクに火を点けたり徒歩で移動したりとそんなシーンが多い。
このもたもたをカット編集すれば80分から60分ぐらいになりそう。

書斎であいさつになってます。
その頃またクルマが接近してます。近くに止めてる。
アラブ系の男2人です。1人は屋敷に向かい1人は残しています。

そんなわけでまた呼び鈴が鳴ります。
モーラン教授と親しかった者ですとアラブ系の男。アガ・ベン・ドラゴアと名乗る。
最初に出てたムハンマドとは別人なのか?よくわからん。→別人みたい。そうなるとクルマに残ってるのはムハンマドとなります。

牧師はエジプト宗教を邪教と非難する。そんな感じで議論になってます。
成り行きで2人ずつに分かれて行動してます。
ラルフとベティ。ドラゴアとケイニー。残りのブロウトン弁護士と牧師。

台所のドラゴアとケイニーはコーヒーを入れる。
ラルフとベティは口論はやめて協力することにする。満月を見ていい感じになる。

その頃レーン執事はようやく屋敷付近の霊廟に着いてます。
独り言で死人が歩くのか?と言ってます。
そうなると霊廟内の棺桶が中から開いてます。モーラン教授が復活してます。それはいいけど肝心の月光石はない。何でそうなる。

霊廟のドアを内側から開いてるの見て驚愕するレーン執事。
マジで歩いてるモーラン教授を見て逃げる。
モーラン教授を握りしめたままの筈の月光石がないので激怒してます。

見張りのムハンマドはレーン執事が通過するのを見る。やり過ごします。
モーラン教授は徒歩が移動中。途中でムハンマドの首を絞めて片づけてます。

台所のドラゴアとケイニー。
コーヒー缶を持ってるドラゴア。その中に月光石があるんですがそんなこと知りません。
ケイニーにコーヒーの入れ方を指導してます。6人分6杯。
そんなとこにレーン執事が戻ってます。悲鳴をあげるケイニー。
レーン執事はコーヒー缶から月光石を回収しています。これが最優先。逃げます。

レーン執事ですが月光石をベティのトランクに隠してます。
ここをラルフとベティに見つかる。ドラゴアとケイニーも来ます。

ブロウトン弁護士はあれはレーンだよと言ってます。
ドラゴアは運転手の心配して外に行ってしまった。
ラルフと牧師が口論になってます。ここは日曜学校ではないと非難するラルフ。
そんなわけで牧師は帰ります。一応ラルフとは和解してる。

レーン執事はお祈りをしてます。ここを伺ってるブロウトン弁護士。
例の物は無事ですと言ってるのをしっかりと聞いてます。

レーン執事ですが窓の外にモーラン教授を見て驚愕する。
そのモーラン教授は窓の鉄格子を曲げガラスを割って侵入する。
そんなわけで大騒ぎになってます。ブロウトン弁護士は逃げた。
月光石は女性が持ってると自白するレーン執事。モーラン教授はそっちに向う。

ラルフにモーラン教授を見たと主張するブロウトン弁護士。
本気にせず脅かそうしてるとベティに言ってるラルフ。それでも何かが起きている・・・

肝心のモーラン教授は月光石を探してる。
外を見ているケイニーに迫るモーラン教授。全く気が付かないケイニー。
ケイニーはドラゴアを大声で呼んだりする。襲うのをやめてドアから出るモーラン教授。
ドアの音には気がついて驚愕してるケイニー。

ラルフとベティ。
霊廟に行くと主張するラルフ。それならベティも一緒に行くとなる。
外に行くから着替えるとトランクを持って別室に行くベティ。

ラルフとブロウトン弁護士。
飲み過ぎだとブロウトン弁護士を注意してるラルフ。

別室で着替え中のベティ。
そんなとこにモーラン教授が迫る。ベティは月光石に気がつく。
捕まって悲鳴を上げるベティ。月光石が転がって気絶したベティを離すモーラン教授。

外にて。
手下のムハンマドを呼ぶドラゴア。殺されてるので当然返事はない。

屋敷にて。
月光石をゲットしたモーラン教授はどうする?
気がついたベティは逃げています。

ドラゴアは外階段から室内にいるモーラン教授を伺ってハンドガンを向けてる。
そんなとこにドラゴアを探していたケイニーに呼ばれる。

ラルフとブロウトン弁護士。
そんなとこにベティで逃げ込んできました。これは大変となる。
モーラン教授を見たと話すベティ。

モーラン教授は月光石をどうする?。
それはアヌビス教の像の手に月光石を置く儀式をやることです。
肝心のアヌビス教の像が無くなってます。像は霊廟に運ばされた。

レーン執事ですがまだ死んでいない。

外ではドラゴアとケイニー。
怖いのでお喋りになってるケイニー。うるさそうにしてるドラゴア。
目を閉じてと10秒間待てと言われてキスを期待してたケイニーですがドラゴアをそのまま行っていまった。

外にて。
モーラン教授はムハンマドの死体のところに来てます。
ここでとりあえずナイフをゲットしてます。

ラルフとベティのところにレーン執事が来て事情説明をします。
もうすぐ時間だ。彼の居場所はわかっている。異教の神がいる霊廟に戻ってるはずだ。
そんなわけで霊廟に向かいます。その前に主治医に電話してるラルフ。

霊廟にて。
ここに戻ってるモーラン教授。アヌビス教の像はあります。
ナイフで自分の胸を傷つけているモーラン教授。儀式の一環らしい。

ラルフとベティ。それにレーン執事が接近してます。
レーン執事は怖いので中には入れないと言ってるので置いてく。

ドラゴアをクルマに行く。

霊廟にて。
モーラン教授を伺ってるラルフとベティ。
月光石を像に捧げてるモーラン教授。
象の手が動いて月光石を握ってます。これはビックリ。
モーラン教授は倒れます。御利益はどうした?
ラルフが行きます。モーラン教授は死んでいる。自分のコートを脱いでかけるラルフ。

月光石を握った手が像から引っ込む。
それは何故かというと像の中に人間が入っていたからです。手の部分に穴が開いててそこから本物の手が出ていた。
その中の人間は牧師でした。そうなると牧師を騙るこそ泥だったわけです。

ラルフは牧師がこそ泥かとこき下ろす。牧師は月光石をゲットしたのでご満悦。
機転を利かせて壺を投げて牧師をノックアウトさせるラルフ。このとりあえず手近な物を何でも投げつけるのは現実でも有効な方法だそうです。

そんなとこにドラゴアが来てハンドガンでホールドアップする。忙しい。
月光石をゲットするドラゴア。それから成り行きでラルフは格闘アクションになります。
ラルフは撃たれます。頭をかすめる程度ですがダメージはある。

ドラゴアは逃げる。ついでに内側のカギを抜いて外に捨てドアを閉める。
これでラルフとベティ。それに牧師は閉じこめられてしまった。
ラルフは主治医に電話したので待っていれば助けに来ると楽観的。

クルマが移動中。どうやら警察のようです。
強弁症?の話題になってます。教授は生き埋めになっていた。そうなの?
それではあの鉄格子を曲げた馬鹿力は?となるが異教信仰のプラシーボ効果なのか?

外にて。
ドラゴアとケイニー。
月光石はゲットしたのでケイニーはどうでもいいドラゴア。
ケイニーをひっぱたいて逃げる。しかしポケットを破かれて月光石を落としてます。
これは何?と月光石をゲットしてるケイニー。ドラゴアは全く気が付いてない。

クルマにたどり着いたドラゴア。
ここにはブロウトン弁護士が待ち伏せていました。月光石を出せとホールドアップする。
当然月光石はありません。驚愕するドラゴア。

そんなところに月光石を持ってケイニーが来ています。
ドラゴアはケイニーが持ってると気がついて2人でケイニーを追う。
逃げるケイニーは井戸に行く。接近すると月光石を井戸に投げ入れると反撃する。

霊廟にて。
ラルフとベティ。それに牧師。
ベティが何だか灯が位置が下がってると気がつく。
そんなわけで灯が落ちて地面が火の海になります。これは大変。
とりあえずノックアウトした牧師を引きずって助ける。
火を消そうとするラルフですが消えない。
牧師は火薬があると言い出す。玄関ドアに小細工していたのは牧師だったのか。

井戸にて。
にらみ合いのブロウトン弁護士、ドラゴアとケイニー。
唐突が警察が来て2人は逮捕される。警察に月光石を渡すケイニー。
こっちは片づいた。

霊廟にて。
こっちはどうなる?炎が迫ってきます。
牧師がドアに火薬をセットして炎が迫ってきます。

大爆発してドアが吹っ飛ぶ。
気絶したベティを抱っこして出てくるラルフ。
気がついたベティとラルフ。
エンドとなります。

A Gaumont British Picture


そんなわけでお宝ゲットホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.03.15

アーサー・ウォントナー版ホームズ『シャーロック・ホームズの勝利』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
レズリー・S・ヒスコット監督、アーサー・ウォントナー、イアン・フレミング主演のホームズ映画のようです。

1935年 Gaumont - British pictures corp 英国作品
ランニング・タイム◆79分
原題◆The Triumph of Sherlock Holmes
プロット◆秘密結社に追われる話しのようです。
音楽◆W.L. Trytel musical director

キャスト
アーサー・ウォントナー→探偵のシャーロック・ホームズ
イアン・フレミング→相棒のワトソン医師

ジェーン・カー→エティ・ダグラス夫人
レスリー・ペリンス→旦那のジョン・ダグラス/ジャック・マードック
マイケル・シャプレイ→客人のバーカー氏
コンウェイ・ディクソン→エイムズ執事

リン・ハーディング→宿敵のモリアーティ教授
ウィルフリッド・ケイスネス→手下のモラン大佐

ロイ・エマートン→秘密結社のマギンティ
ベン・ウェルデン→幹部のテッド・ボールドウィン
エドモンド・デアルビー→マービン警部

チャールズ・モーティマー→レストレード警部
ミニー・レイナー→ハドソン夫人

レズリー・S・ヒスコット監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『シャーロック・ホームズの勝利』
The Triumph of Sherlock Holmes
音楽はありません。

タイトル
Gaumont - British pictures corp present

Arthur Wontner Sherlock Holmes
in
The Triumph of Sherlock Holmes

withではないけどそんな感じ
Lyn Harding Professor Moriarty
Leslie Perrins John Douglas
and
Jane Carr Ettie Douglas

based on the late Sir Arthur Conan Doyles
valley of fear 『恐怖の谷』

スタッフの紹介
1部でマスクして隠してるところがあった。

cast
Arthur Wontner Sherlock Holmes
Lyn Harding Professor Moriarty
Leslie Perrins John Douglas
Jane Carr Ettie Douglas
Ian Fleming Dr. Watson
Charles Mortimer Inspector Lestrade
Minnie Rayner Mrs. Hudson
Michael Shepley Cecil Barker
Ben Welden Ted Balding
Roy Emerton Boss McGinty
Conway Dixon Ames
Wilfrid Caithness Colonel Sebastian Moran
Edmund D'Alby Captain Marvin
Ernest Lynds Jacob Shafter

本編です。
ベーカー街221Bだと思う。
ジョン・ワトソンの表札があるけどここはホームズの自宅アパートみたい。
荷物が運び出されています。
ワトソンが来てハドソン夫人に荷造りはまだなのかとせかす。

中に入るとイスに座ってるホームズがいます。
ホームズの引っ越しなのにホームズは何もしていない。
ワトソンはホームズ引退の話しをする。それからモリアーティ教授の話しになります。
まだ教授を逮捕する気満々のホームズ。
ワトソンはいなくなる。

そんなところにハドソン夫人が紳士が面会ですと知らせる。
ハンドガンの用意をするホームズ。
やって来たのは教授でした。これは大変。

ホームズ対教授の会話になります。
教授は手帳を出してホームズの妨害を1つ1つ読み上げてます。几帳面な性格だ。
そんなわけで強硬な手段をとらしてもらうと警告します。
そうなりたくなかったら引退して田舎に引っ込んでろと言い渡し帰ります。

教授のアジトにて。
モラン大佐とボールドウィンが登場。
教授を待つボールドウィン。モラン大佐は部屋から出てる。
ドアにカギがかかってると激昂してるボールドウィン。
で、いつものまにか教授がいてビックリ。
ボールドウィンは密入国してると指摘する教授。
ダブルのスーツで安いアメリカのギャングといった感じのボールドウィン。

教授はボールドウィンの暗殺仕事をやるつもりです。
条件は私が仕切ると教授。
そんなこんなでいつの間にか教授が消えてビックリのボールドウィン。

あとでわかりますがお城です。
中年のカップルが登場。あとでわかりますがジョン・ダグラスとエティ夫人。
で、何だか暗くてよくわかりませんが殺人があったようです。

教授のアジトにて。
何だかご満悦な教授。暗殺仕事が上手くいったらしい。

引退したホームズの自宅にて。
ハドソン夫人もいます。専属メイドにしてるようです。
そんなところにワトソンが来ます。会話からワトソンは結婚してるようです。
ワトソンのヒゲの剃り残しから推理をするホームズ。いつものように初歩的なことだよワトソンと決めセリフがあります。

肝心の用事で手紙を渡すワトソン。
ポーロック、モリアーティ教授の弟子からの手紙です。
これが暗号で数字等で単語はバールストンの1つだけ。
2人で暗号解読となります。ホイットカー年鑑の534ページ?
解読した内容は『バールストン城の所有者に危険が迫る』こんな感じです。

そんなところにレストレード警部が来ます。
バールストン城でダグラス氏が顔面を撃たれ殺害されたと知らせる。
ワトソンは反対するがホームズは行く気満々です。
城までは30キロなので日帰り出来る。

バールストン城にて。
ここに来てるホームズ、ワトソン、それにレストレード警部。
グリフィス警部が登場。地元警察なのでしょう。
凶器は銃身を切って短く=ソードオフした水平2連ショットガンです。引き金に細工をして素早く同時に撃てるようにしてあるようです。
これで至近距離から顔を撃たれたたらズタボロで人相はわからなくなります。
ダグラス夫人のエティと友人のセシル・バーカー氏がいたとのこと。

現場を調べてカーテンの影に誰か隠れていたと推理するホームズ。
続いてバーカー氏から事情聴取になります。
エイムズ執事も登場。エティ夫人がホームズに話しがあると伝える。
レストレード警部はエイムズ執事から事情聴取してる。

ロウソクのことをエイムズ執事に聞くホームズ。
それから古い塔を老人が見学に来たと証言するエイムズ執事。
で、古い塔に通じるドアはロックされていなかった。
死体のダグラス氏の結婚指輪がなかった。

ダグラス氏と秘密結社の話しにもなります。
日課にしていた運動の話しにもなります。ダンベル2個。

レストレード警部はバーカー氏から事情聴取です。
エティ夫人との関係を聞かれて激昂するバーカー氏。レストレード警部は気にしない。

ホームズはこの話しには興味はないようです。
それよりレストレード警部にバールストン城の歴史の本を読むように勧めてます。
ようやくエティ夫人に面会に行くみたい。

エティ夫人と面会するホームズ一行。
ワトソンはいつも無視されてるので自分から紹介してる。
バーカー氏は席を外して話しを聞くホームズとワトソン。

ダグラス氏とはニューヨークで結婚した。
そのダグラス氏の腕の刺青というか焼き印のことをあまり話したがらなかった。

その腕の印について話してくださいとホームズ。
エティ夫人が話します。
スコウラーズなるバーミッサ渓谷を牛耳る秘密結社。数年前に解散したと説明する。
恐怖の谷バーミッサ。そこでジャック・マードックと知り合った。

回想になります。
父親と下宿屋をやっていたエティ。
そんなところにノックの音がします。ジャックが来て1ヶ月借りることにする。いきなりいい感じになってまず。

またノックの音がします。今度は太ったテッドです。
いきなりジャックに因縁をつけるテッド。エティは俺の女だとベタな展開。

ジャックは父親からスコウラーズの話しを聞きます。
テッドはそこの幹部でブイブイいわせてる殺人集団だ。
そんなことを聞いてもジャックはやる気満々。マギンティと合う約束がある言い出す。
俺もメンバーだと言ってるジャック。これはビックリの父親とエティ。
父親はジャックにすぐに出てってくれと言い渡す。
ジャックはエティに2人で逃げようと言ったりしてます。

酒場にて。
バーテンのマギンティにコンタクトするジャック。

別室にて。
ジャックとマギンティ。
いきなりハンドガンを出すマギンティ。しかし落ち着いてるジャック。
シカゴでピント射殺事件を起こして逃げてきたジャック。

そんなところにテッドが来て別室に突撃してきます。
文句を言うテッドの首を絞めたりするマギンティ。やることが豪快です。

酒場にて。
マービン警部が赴任してすぐのようです。ここに来てます。
ジャックのことを知ってる。ピント射殺事件のことを言ってます。

マービン警部一行が帰り一段落して新入りジャックをメンバーに紹介するマギンティ。
入会の儀式になります。腕に焼き印押しがある。これをクリアするジャック。

それからミーティングになります。今夜の本題は・・・
懲罰が必要な男がいる。ヘラルドの編集長スタンガーだ。秘密結社をこき下ろした
幹部のテッドはパンシュルツ、マンスル、ガウアー、それにジャックを指名する。

ヘラルドの事務所にて。
ここに押し込むテッド一行。スタンガー編集長を木材でめった打ちにする。
テッドに殺すなと止めてるジャック。痛めつけるだけだったのに。
警察が来たので逃げるテッド一行。

ジャックの隠れ家にて。荒野です。
隠れてるジャックに面会人です。マギンティです。
話し込んでとこにマービン警部一行が押し込んできます。
痛めつけた編集長はまだ死んでないそうです。
ジャックのアリバイを証言するマギンティ。しかし逮捕されるジャック。

法廷にて。
ジャック・マードックは段取り通りに無罪の評決が出る。

下宿にて。
ここに戻ってるジャック。エティとどうする。

回想から戻ります。
エティはジャックに夢中になった。
ジャックは秘密結社の幹部になり谷で最も名の知れた男を殺しに行った。

回想になります。
手下になったテッド・ボールドウィンに指示するジャック。
そんな感じで家に火を点けて出てきたところ撃つ。
しかし逃げられてしまったようです。それじゃダメじゃん。

下宿に戻ったが様子がおかしいジャック。
心配するエティは足を洗ってとお願いする。
半年後には君を連れて逃げると言い出すジャック。少なくとも1年後には逃げる。

回想から戻ります。
エティの話しは続く。
ジャックですが数時間後には逃げると言い出した。

回想になります。
エティにピンカートンの探偵が来たと言い出すジャック。そんなわけで今夜逃げる。

酒場にて。
ボールドウィン、コンファンド、ガウアー、マンスルを指名するジャック。
別室に行きます。マギンティとミーティングになります。
ピンカートンの探偵バーディ・エドワーズが俺達を縛り首にする気だとジャンク。
そこでジャックは下宿に呼んで殺すと段取りを説明する。

下宿にて。
秘密結社の面々がそろってます。
ジャックはドアにノックが3回が合図で俺が出て殺すと説明する。
俺が呼ぶまで待ってろと言ってます。

ノックの音が3回します。出るジャック。
すぐに戻ったジャックは俺が探偵のバーディ・エドワーズだと言い出す。
これはビックリの秘密結社の面々。そんなところにマービン警部一行が押し込んで一網打尽になる。

そんなわけで秘密結社からしっかりと恨みを買ったジャック。
マービン警部にはもうこの仕事はやらないと言ってます。

回想から戻ります。
エティ夫人の話しが続きます。
マギンティと幹部は死刑になった。テッド・ボールドウィンは死んでない。
ジャックはエティは世界を転々としてスイスに落ち着いた。
テッドが出所して欧州にいると聞いてこの城に越した。
これがエティ夫人の話しです。

そんなわけでボールドウィンがテッドなわけです。
ボールドウィンは教授とコンタクトしたので面倒な状況になってるわけです。

レストレード警部はボールドウィンを逮捕すると帰ります。
ホームズには推理は外れたなとご満悦なレストレード警部。
エティ夫人は美人だと言ってるワトソンに説教するホームズ。

エイムズ執事からまた事情聴取のホームズ。
ダグラス氏は運動でダンベルを使ったか?→2つ使用。
消えたダンベル1つが気になるホームズ。
ワトソンに傘を貸してくれと頼むホームズ。堀を調べたいらしい。

ホームズは窓から乗り出して傘で堀を調べてます。
ワトソンにはエティ夫人とバーカー氏を部屋に戻さないようにと頼んでます。

庭にて。
エティ夫人はバーカーは何だか盛り上がって大笑いで話し込んでます。
そんなところに接近するワトソンに笑い声だけはしっかりと聞かれる。
ワトソンが来たので笑うのをやめてるエティ夫人とはバーカー氏。

エティ夫人とはバーカー氏はワトソンに捜査状況を聞くがさすがに答えないワトソン。
ホームズは警察とは任意での協力関係ですと説明してます。
そんなわけで全く話していない。

窓から乗り出して傘で堀を調べてるホームズ。
黒い包みを引き上げています。これは大事な証拠です。
中からダンベル1個が出てきます。沈ませる重しです。
あとはナイフ。手紙か電報の紙。バールストンホールと書かれてます。

ワトソンが戻ってきます。黒い包みをカーテンに隠すホームズ。
本件は単純ではないと言い出すワトソン。で、推理を始めます。
バーカーが怪しいと推理するワトソン。

ホームズはダンベルの個数を指摘します。それは見つけたと言う。謎は解けた。
2人は作り話をした。部屋に入った時にダグラス氏は死んでいてロウソクは燃えていた。
バーカーは執事を呼んでランプを点けた。2分でロウソクはこんなに燃えない。
それに2分で色々とこんな小細工が出来るわけがない。

そんなところに執事が来たので確認してるホームズ。
バーカーはその時に何を履いていたか?と聞きその履物を持ってこさせる。
その履物を窓際の足跡と比べるは一致してます。
それでもまだ証拠が足りないとホームズ。
事件の主役は今夜表われる。あの扉の奥に・・・

今夜にて。
真っ暗で何がどうなのか全くわかりません。何人いるのかもわからん。
おそらくホームズ、ワトソン、レストレード警部だと思う。
扉から現れたのはバールストン城の主ダグラス氏。またの名をバーディ・エドワーズ。そんなわけで死んでなかったようです。そうなの?

解説するホームズ。
殺人から執事が来るまで40分はあった。その間にバーカー氏は小細工をやった。
ボールドウィンがダグラス氏をナイフで襲ってショットガンで自分が死ぬ羽目になった。
バーカー氏はボールドウィンにダグラス氏の服を着せた。ボールドウィンの服でダンベルを包んで堀に沈めた。
そんなこんなで40分はかかるわけだ。
バールストン城の歴史を調べないとダメだよと自慢してるホームズ。
それでまだ本件の主役がいると言い出すホームズ。黒幕のモリアーティ教授だ。

城の外にて。
モリアーティ教授はクルマで来てクルマを待たせて城に入る。

城にて。
4人でモリアーティ教授を待っています。
ところでモリアーティ教授は何しに来てる?→ボールドウィンを呼んでいます。

ホームズと対決するモリアーティ教授。
ボールドウィンは作戦に失敗したと嫌味を言うホームズ。
激昂したモリアーティ教授はホームズの首を絞める。結構普通だ。

当然他の3人に取り押さえられるモリアーティ教授。
ダグラス氏が生きてることにはモリアーティ教授もビックリしてます。まあそうなる。

隙を見てモリアーティ教授は逃げる。塔の階段を登ってます。
追うホームズ一行。
モリアーティ教授を上から投石攻撃をやってます。
ホームズが撃つ。塔から落ちるモリアーティ教授。これで決着してます。

ホームズは彼には法の裁きより重い罪が下ったと語りパイプに火を点ける。
エンドとなります。


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.03.14

アーサー・ウォントナー版ホームズ『銀星号事件』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
トーマス・ベントレイ監督、アーサー・ウォントナー、イアン・フレミング主演のホームズ映画のようです。

1937年 Astor Pictures Corp 英国作品
ランニング・タイム◆66分
原題◆Silver Blaze
プロット◆競馬馬で色々とある話しのようです。
音楽◆H. Baynton Power (uncredited)

キャスト
アーサー・ウォントナー→探偵のシャーロック・ホームズ
イアン・フレミング→相棒のワトソン医師

リン・ハーディング→モリアーティ教授
アーサー・ゴウレット→手下のモラン大佐
ラルフ・トゥルマン→手下のプリンス。
ダニー・グリーン→手下のバートン
ギルバート・デイビス→胴元スタンフォード

ローレンス・グロスミス→ヘンリー・バスカヴィル
ジュディ・ガン→娘のダイアナ
アーサー・マクレー→ダイアナのボーイフレンド ジャック・トレバー

ロバート・ホートン→馬主のロス大佐
マーティン・ウォーカー→調教師のストレイカー
イブ・グレイ→ストレイカー夫人のメアリー
不明→見張りのハンター
ロナルド・シナー→下男のシンプソン

D.J. ウィリアムズ→ライバル馬主のブラウン
不明→下男のローソン

ジョン・ターンブル→レストレード警部
ミニー・レイナー→ハドソン夫人
シド・クロスリー→胴元関係に詳しいシルヴァース

トーマス・ベントレイ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『銀星号事件』
Silver Blaze
音楽はありません。

Astor Pictures Corp presents
Murder at the Baskervilles
A adapted from the story Silver Blaze
by A .Conan Doyle

いきなりスタッフの紹介
directed by Thomas Bentley
その他

Arthur Wontner Sherlock Holmes
Ian Fleming Dr. Watson
Lyn Harding Prof. Moriarty

cast
John Turnbull Inspector Lestrade
Robert Horton Col. Ross
Lawrence Grossmith Sir Henry Baskerville
Judy Gunn Diana Baskerville
Arthur Macrae Jack Trevor
Arthur Goullet Col. Sebastian Moran

Martin Walker James Straker
Eve Gray Mrs. Mary Straker
Gilbert Davis Miles Stanford
Minnie Rayner Mrs. Hudson
D.J. Williams Silas Brown
Ralph Truman Bert Prince

本編です。
空き物件 ミルトン社 スタントン通り
ここを見に来てるモリアーティ教授と手下のモラン大佐。

ホームズの自宅アパートにて。
パイプのホームズ。ワトソンが来て意見する。
ワトソンがどこを歩いたとは推理して簡単なことだよとホームズ。
それから決めセリフの初歩的なことだよとも言ってる。

友人の手紙の話しを始めるホームズ。
サー・ヘンリー・バスカヴィルからの手紙です。
あの事件から20年経ったとのことです。娘のダイアナ。

バスカヴィルの屋敷にて。
ヘンリー・バスカヴィル、娘のダイアナ。
それにダイアナのボーイフレンド ジャック・トレバー。

ホームズの自宅アパートにて。
殺人課のレストレード警部が来ます。エクセターに転勤になったとか。
大きな競馬レースがあるのでその警備をやるらしい。
本部長のロス大佐。銀星号のオーナー。
どうやらバスカヴィルの屋敷とは近いようです。

ロス大佐の厩舎にて。
調教師のストレイカー。マスデン卿。ロス大佐。
そんなとこに500ポンド貸してくれと頼む男。どうやらジャック・トレバーです。
ジャックは金貸しのビンガムから借金してる。ロス大佐はかかわりたくない。

教授のアジトにて。
下見した物件をアジトにしてます。
手下に色々と命じてる教授。
次は顧客の胴元スタンフォードが目隠しされて連れて来られる。
銀星号が負ける方に賭けたので何とかしてくれが依頼です。
報酬1万ポンドと吹っかける教授。

厩舎にて。
ハンターが厩舎に泊まり銀星号を監視する。そんな段取り。

屋敷にて。
ジャックとダイアナ。
ダイアナはジャックの様子がおかしいで心配してる。
そんなところにクルマでホームズとワトソンがやってきます。

自己紹介になってます。
娘のダイアナ。娘婿になるジャック・トレバー。
ダイアナはホームズに父親の最近の様子を推理してくれと無理を言う。
初歩的なことだよと推理してるホームズ。初歩的はエレメンタルと言ってる。
ジャックはストレイカーに小馬を売る件で出かけます。

荒野にて。
教授と手下が待ち合わせです。
そんなところに馬で何者かがやって来ます。正体不明。

厩舎にて。
ストレイカーの夫人が登場。メイドに今夜はカレーだと話し込む。
ハンターに食事のカレーを運ぶようです。
ロス大佐の話題にもなります。雇い主だ。
ハンターに夕食を届けるメイド。

馬に乗ったジャックがやって来ます。
ストレイカーに小馬を買ってくれと交渉してます。

ストレイカーと夫人。
会話から夫人の名前がメアリーとわかる。
ハンターですがカレーを食べたら気分が悪くなってます。

夜、零時にて。
馬の影が移動して厩舎から出されています。

朝、06:00にて。
ハンターがテーブルに突っ伏してます。
やってきた下男が見つけてビックリ。大騒ぎになります。
下男はメアリー夫人に旦那様はと知らせる。
銀星号が消えた。ハンターは死んでる。ストレイカーは行方不明。そりゃ大変だ。

屋敷にて。
ホームズとワトソン、それにヘンリー卿。
クルマが来ます。ロス大佐とレストレード警部です。
銀星号が盗まれた。世話係が殺され調教師が失踪した。


何故かジャックが尋問されてます。夕食後に厩舎に来ていたからです。
レストレード警部とホームズが聞く。
当然容疑を否定するジャック。
内容を聞いていたダイアナはジャックが5000ポンドも賭けていたのと驚愕してます。
ホームズに捜査に協力してくれと要請するレストレード警部。
教授の関与の可能性があるので承知してるホームズ。

厩舎にて。
検死のフルトン医師から話しを聞くホームズ。ハンターの死因はアヘン。
発見者シンプソンから話しを聞きます。ジャック・トレバーが来た。
地名でバスカヴィル、ブラウンと出てきます。
ロス大佐から銀星号の蹄鉄と写真を借りるホームズ。

草原にて。
ホームズとワトソン。それにレストレード警部とロス大佐。
あの建物がケイプルトン。ここに蹄鉄の跡があります。持参の蹄鉄と一致してる。
そのへんに誰かが倒れてます。ストレイカーが死亡してます。
見慣れないナイフを持っているストレイカー。ワトソンの見立てだと白内障用のメスとのこと。細かい細工に向いてる。
ストレイカーの上着は脱いであります。

あとはレストレード警部とロス大佐に任せてホームズは散歩に行くと言い出す。
そんなわけでホームズとワトソンは散歩に行った。

ホームズとワトソン。
馬は自分の厩舎に戻るか別の厩舎に行くはずだと推測するホームズ。
鉄鉄の跡を追ってます。

別の厩舎にて。ライバルの馬デズブラ。ブラウンの厩舎らしい。
ここに来てるホームズとワトソン。ホームズが入り込む。
取り次ぎのローソンを怒鳴りつけてるブラウン。

押しが強そうなブラウンと対峙するホームズ。
白状した方が身のためただとブラウンを説得?してるホームズ。
隠されている馬の擬装を落とすと銀星号でした。ここに迷い込んだわけです。
アッサリとバレたのでブラウンはビックリ。馬泥棒は重罪なのでマジで大変なんです。
ホームズは絶対に銀星号をレースに出すようにと圧力をかける。

村にて。
レストレード警部とロス大佐。
ストレイカーの遺体か運び込まれています。

待ち合わせの橋にて。
ホームズとワトソン。
謎解きをしてるホームズ。馬泥棒は重罪なのでブラウンは言うことを聞く。
そんなとこにレストレード警部のクルマが来ます。乗り込むホームズとワトソン。
厩舎内のストレイカーの自宅に行くようです。

厩舎内のストレイカーの自宅にて。
新聞記者がロス大佐から取材中でした。
ホームズは銀星号は必ず出走させますと保証してます。大丈夫なのか。
検死によるとストレイカーの死因は撲殺。上着の遺留品は電報に手紙。
手紙はビンガム金融会社。約束手形はマーティン氏が購入したのであとはよろしくいった感じ。
そんなわけでストレイカーはマーティン氏から取り立てられるわけです。
電報はマーティン氏からです。

メアリー夫人から事情聴取になります。
眠りは浅い。番犬は吠えなかった。旦那はサッカーには興味がない。夕食のカレーだったことは他の人は知らない。

ロス大佐に羊のことを聞くホームズ。
3匹が足を引きずっていたとか。原因不明。

クーム・トレイシー郵便局に電話するホームズ。
ストレイカー氏の代理人として電報を打った2人の人相を聞いてます。
マーティン氏の人相が問題。
で、またホームズは銀星号は必ず出走しますと保証する。

クルマで移動中のホームズとワトソン。
マーティンが怪しいとホームズ。2人は教授とモランだと断定してます。

屋敷にて。
ヘンリー卿とダイアナ。それにジャック。
借金がありますと話すジャック。
レストレード警部が来てストレイカーの遺体の話しを始める。
これはビックリの3人。

教授のアジトにて。
厩舎で世話人が殺されると見出しの新聞を読み上げる教授。
またホームズにじゃまをされたと激怒してます。
依頼人のスタンフォードがいます。手下のバートン。
手下のプリンスに電話する教授。例の銃を用意するよう命じてます。

銃を用意するプリンス。
どうやら空気銃のようです。小型です。

屋敷にて。
ホームズとワトソン。ヘンリー卿。
ジャックは犯人ではないとホームズ。
カレーにアヘンを混ぜれば味はわからない。
番犬が吠えないのは飼い主だからだ。

レストレード警部はジャックに疑いが晴れたと言ってます。微妙な感じのジャック。
ホームズはまだ証拠がないから憶測は言えないと話さない。
唐突に今夜ロンドンに戻ると言い出すホームズ。ヘンリー卿はビックリ。

クルマで来ている教授とモラン大佐。
モラン大佐が空気銃でホームズを撃つ段取りになってます。

クルマが来てホームズとワトソン。それにレストレード警部が乗り込む。
尾行する教授のクルマ。やる気満々。

移動中のクルマにて。ホームズとワトソン。それにレストレード警部。
黒幕は教授だと主張するホームズ。またかと本気にしないレストレード警部。
そんなとこに尾行に気がつくホームズ。

そんなわけでモラン大佐が空気銃を乱射してクルマをぶつけてきます。
道路から落ちて転覆するホームズ一行のクルマ。教授のクルマはズラかります。

転覆したクルマにて。
無事だったホームズとワトソン。運転手も無事です。
レストレード警部はクルマの下からようやく出てきます。無事でした。
ホームズはレストレード警部にこれで教授だとわかっだろうとまだ言ってる。

競馬場にて。
銀星号に賭けてるワトソン。

ロス大佐の貴賓室に関係者がそろってます。
ホームズはワトソンに馬券を買ったなとまた推理してます。

ところで日本では双眼鏡は売れてます。ジャニーズや宝塚のファンが買ってるそうです。
劇場やスタジアムの遠い席からクローズアップで見ることが出来るのが理由です。

ロス大佐に謎解きを話すホームズ。
忠実な調教師ストレイカーは悪党でした。
風変わりなナイフは馬の脚の腱を切るために使うはずだった。
しかしこの作業は難しいの羊で練習をしていた。
で、ストレイカーを殺した犯人は?となるホームズ。

ここで騎手エントリーで銀星号で出ないと焦ってるロス大佐。
マートンが騎手の名前らしい。そんなこんなで銀星号は出てます。

レースが始まりますが競馬のシーンはライブフィルムの使い回しになるので何だかわからん状態になってます。まあしょうがない。

銀星号がストレイカーを殺したと話すホームズ。
文字通りに馬に蹴られて死んだストレイカー。アクシデントだった。

いよいよレースがスタートします。
しかしライブフィルムを編集でつなげただけなので何だかわからん。
そんなところに手下のモラン大佐がムービーカメラマンに化けてカメラに仕込んで空気銃を乱射します。
これで銀星号の騎手が撃たれて落馬する。優勝はデズブラでした。

撃たれた騎手が運び込まれています。
ホームズは空気銃ですと断定してます。
レストレード警部から胴元関係に詳しい旧友シルヴァースを紹介されます。

競馬場のバーにて。
ホームズとシルヴァース。
スタンフォードが銀星号の負けに10万ポンド賭けたと証言する。
ホームズですがスタンフォードより教授がお目当てです。
で、ワトソンにスタンフォードの尾行を頼むホームズ。またワトソンをだしにするのか。

ホームズの自宅アパートにて。
チェスをやってるホームズとレストレード警部。ハドソン夫人もいます。
ワトソンのことを聞いてるレストレード警部。
ワトソンがイタチが私が猟師だと言ってるホームズ。ワトソンの扱いがひどい。
それはともかくスタンフォードと教授がコンタクトするはずだ。

教授のアジト付近にて。
スタンフォードを尾行してるワトソン。
場所がわかったので公衆電話でホームズに連絡する。

ホームズの自宅アパートにて。
ワトソンから電話です。ストレイン路地にいる・・・
運転手の手下に見つかってハンドガンの台尻で殴打され昏倒するワトソン。これは大変。
そんなわけでホームズも少しあわててます。それでどうなる。
レストレード警部にスコットランドヤードと鉄道会社に協力を要請するホームズ。
クルマで戻って来たので折り返しで現場に急行するホームズとレストレード警部。

教授のアジトにて。
スタンフォードから報酬を受け取る教授。
運転手からワトソンを捕まえたと電話連絡があります。
ワトソンと聞いてビックリの教授ですがまだそのままにしておけと命じる。待たされたワトソンが恐怖に脅えるのがいいとのこと。立派な変態です。

クルマが到着してます。
ホームズとレストレード警部。それでどうする。
ペルドン通りの駅だった場所だと解説するレストレード警部。

教授のアジトにて。
ワトソンを連れてこいと命じる教授。手下の名前はプリンス。
連行されたワトソンにホームズを呼び寄せるためだとうそぶく教授。

壁の裏はエレベーターシャフトで25メートルの高さがあると教授。
ワトソンにはここから転落して死んでもらう。

そんな感じでもったいぶってエレベーターシャフトのドアを開ける教授。
ゴンドラがここに止まっててホームズとレストレード警部一行がいてビックリ。
勝手にエレベーターを使わせてもらったとやけにていねいなホームズ。
田舎で静養すると仕事が上手くいくととも言ってます。

そんなわけでレストレード警部に逮捕される教授。
初歩的なことだよとワトソンと言ってワトソンとエレベーターに乗り込むホームズ。
エンドとなります。


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.03.01

アーサー・ウォントナー版ホームズ『四つの署名』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
グラハム・カッツ監督、アーサー・ウォントナー、イアンハンター主演のホームズ映画のようです。

1932年 RKO Radio Pictures 英国作品
ランニング・タイム◆73分
原題◆The Sign of Four: Sherlock Holmes' Greatest Case
プロット◆真珠の財宝で色々とある話しのようです。
音楽◆Ernest Irving (uncredited)

キャスト
アーサー・ウォントナー 探偵のシャーロック・ホームズ
イアンハンター→相棒のワトソン医師

イズラ・ビバン→モースタン大尉の娘メアリー

グラハム・サットン→義足のジョナサン・スモール
ロイ・エマートン→刺青のベイリー
トーゴー→手下のトンガ

キナストン・リーブス→ショルトー少佐の息子 兄のバーソロミュー
マイルズ・モルソン→ショルトー少佐の息子 弟のサディウス
不明→執事のアクバル
不明→別荘の庭番マクマード

ギルバート・デイビス→ジョーンズ警部
クレア・グリート→ハドソン夫人

ハーバート・ロマス→ショルトー少佐
エドガー・ノーフォーク→モースタン大尉

ムーア・マリオット→高速モータボートのモーデカイ・スミス
マーガレット・ヤーデ→パブのスミス夫人

グラハム・カッツ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

タイトル
『四つの署名』
Associated Radio Picture
The Sign of Four: Sherlock Holmes' Greatest Case

スタッフの紹介
Rowland V. Lee production supervisor
Directed by Graham Cutts

the players include
Arthur Wontner Sherlock Holmes
Isla Bevan Mary Morstan
Ian Hunter Dr. Watson
Graham Soutten Jonathan Small
Miles Malleson Thaddeus Sholto
Herbert Lomas Major Sholto
Gilbert Davis Atherly Jones
Margaret Yarde Mrs. Smith
Roy Emerton The Tattooed Man

本編です。
砦の地図です。
名簿です。アンダマン諸島 囚人房 ジョナサン・スモール 終身刑。

義足の男が足だけで登場。ジョナサン・スモールです。
刑務官2人と面会になります。
25万ポンドの財宝の話しになります。真珠がやまほど。真珠は足がつきにくい。
四つの署名の話しにもなります。四人の誓い。

ショルトー少佐とモースタン大尉。この2人が話しを聞いてる。
財宝をゲットするから山分けにする。スモールは脱獄させる。
そんな感じの打ち合わせになってます。

アグラの要塞。地図を見てあそこから37番目のレンガとか。
スモールがいなくなってこの2人は全部頂くみたいな感じ。
シーン転換にはアイリスを使ってます。サイレント映画の手法です。

要塞にて。
財宝をゲットするショルトー少佐とモースタン大尉。
37番目のレンガだ。ここに財宝がある。バールで壁を崩すと箱が出てきます。
箱を開けるはマジで真珠のネックレス等があります。
そうなるとお互いに相手を片づけようと格闘アクションになります。
バールでモースタン大尉を片づけるショルトー少佐。たいしたものです。
速攻でズラかるショルトー少佐。
溶暗になります。

数年後 ロンドン
新聞の見出しです。
アンダマン諸島で脱獄。囚人J・スモールがM・ベイリーと脱走。依然手がかり無し。
スモールは終身刑。ベイリーは数ヶ月後出所する予定だった。

ショルトー少佐の自宅にて。
この新聞を読んでいる車イスのショルトー少佐。これはビックリとなってます。
新聞とオーバーラップしてスモールの幻想を見る。
執事のアクバルに息子2人を呼べと命じるショルトー少佐。

もう義足の足音が聞こえてるショルトー少佐。
カーテンを開けるとブラインドのヒモが窓に当ってる音でした。

息子が来ます。
殺されると訴えるショルトー少佐。モースタン大尉を殺したと告白する
モースタンにはメアリーという娘がいて生花店をやってる。
机の引き出し奥の隠し場所を見ろと言われ息子が見ると真珠のネックレスがあります。
さっそくネックレスを巡って争う息子2人。大丈夫なのか。
このネックレスをモースタンの娘に届けろと命じるショルトー少佐。
残りの財宝はボンデシェリー別荘に隠したとのこと。

また木の義足の足音が聞こえてるショルトー少佐。
何だかマジで足音が聞こえてるようです。
カーテンを開けるとマジでスモールがいたりします。昏倒するショルトー少佐。
そんなわけでショック死したショルトー少佐。
スモールはタクシーで逃げたと報告するアクバル執事。
財宝の隠し場所は?となる息子2人。
溶暗になります。

刺青をされる男が登場。あとでわかりますがここはサーカスの楽屋です。
ラージプートの真珠の話題になってます。
この刺青を見せ物にする。そんな話題にもなる。
会話から刺青を彫るのがスモール。されるのがベイリーだとわかります。
スモールは刑務所で20年間勉強した。お前は10年何の勉強やった?とこき下ろす。
ショルトー少佐は俺の一睨みでくたばったとご満悦なスモール。
息子2人はこの件を警察に言えないだろとう推測してます。

木の棒の簡易義足からリアル義足に交換するスモール。
服装をお洒落にして坊主頭にはかつら被る。これで出かけます。
トンガの名前を出すスモール。目を離すなと言ってます。誰なんだ?

モンテクリスト伯がworld is mineと言ってたようです。
world is yoursの元ネタらしい。

そんなこんなで出かけるスモール。溶暗になります。

モースタン生花店にて。
ここを伺ってるスモール。
そんなとこにメアリー・モースタンに小包が届きます。

手紙と宝石箱です。
相続の権利を有するあなた様へ。
お父上の財宝をお届けします。
財宝の残りはまた後日。
あなた様のよき友。

宝石箱には真珠のネックレスが入ってます。
とりあえずネックレスを金庫にしまうメアリー。

ショルトー少佐の自宅にて。
息子が帰宅するとアクバル執事が縛られています。照明が消えます。
そんなわけでスモールとベイリーが押し込んでてもう部屋を荒らされています。
しかし財宝は見つかっていない。

息子の1人を拷問するスモール。
まずは父親のショルトー少佐をこき下ろすスモール。
それから残りの財宝のありかを聞きます。
まだ見つからないと息子。これは弟の方みたい。
ラージプートの真珠の名前が出ています。何だかわかちん。
ネックレスはモースタン大尉の娘にやったと主張する息子。

モースタン生花店にて。
外にはスモールが伺ってます。
ベイリーが客のふりをして花を買うがすぐにゴミ箱に捨てる。

次のシーンは金庫破りをやってます。
しかし肝心のネックレスは金庫にはない。どうやらあれからメアリーが移したらしい。

モースタン生花店にて。
メアリーに手紙が届いてます。
あなた様はトラブルに巻き込まれました。
今晩9時にアカシア街133番地へ。同伴は2人まで可能。
通報すれば全てご破算。
見知らぬ友より。

それで金庫にも手紙があります。
お前には財宝の所有権はない。
この件に関して他言無用。
通報すれば命はない。
父上の友より。

そんな感じ面倒に巻き込まれたメアリー。それでどうする。
2通の手紙の字は違うような感じ。

ベーカー街22Aにて。
下手なバイオリンを弾くホームズが登場。
ワトソンもいます。タブロイド紙を読んでます。
ホームズはワトソンが虎狩り思い出してると推理します。
新聞のトラの写真を見て態度が変わった。初歩的なことだよとホームズ。

そんなところに依頼人が来たと言い出すホームズ。窓から見ています。
ハドソン夫人が依頼人のメアリー・モースタンを案内します。
来た途端に気絶してるメアリー。ワトソンが介抱してます。

気がついたメアリーから話を聞くホームズ。
父親のモースタン大尉は失踪したことになってます。まあそうなる。
父の遺品ですと地図を見せます。要塞の平面図。四つの署名。四つの十字。
今日手紙が届いたと2通の手紙を見せるメアリー。

サーカスにて。
スモールとベイリー。
ヒゲそりをされながら財宝をゲットして南米へ高飛びする話しのスモール。

ベーカー街22Aにて。
手紙2通に金庫破りの話しをするメアリー。
真珠のネックレスは金庫から出して自分の懐に入れてるそうです。おっぱいの間におさまってるらしい。
最初の手紙2通は同一人物だと推理するホームズ。ショルトー少佐の息子が書いたらしい。弱気な感じのタイプ。
金庫の手紙を書いたのは片足の男だと推理するホームズ。体のバランスが失われたと脳が判断すると別の部位が不足を補おうすると自説を展開する。

ワトソンの方はメアリーに対してやる気満々になってます。
ホームズはスコットランドヤードの手がが必要とか彼女は生花店をやってるとか色々と言ってます。
初歩的なことだよワトソンと相変わらずのホームズ。

出かける準備のホームズとワトソン。
メアリーの同伴者2人になるわけです。打ち合わせとなります。

シーン転換にはアイリスやワイプを使ってます。

指定の場所にて。
メアリーにアクバル執事がコンタクトしてきます。玄関に案内してます。
兄のバーソロミューが別荘に行く。そんな話しをする弟のサディウス。
そんなわけでここはショルトー少佐の自宅みたい。
ホームズとワトソンも来てタクシーで移動となります。

移動中のタクシーにて。
兄のバーソロミューが別荘で残りの財宝を見つけた。
遺言に従って残りの関係者3人で山分け=分割にすると説明する弟。

別荘にて。
ここにタクシーが到着します。運転手を待たせるホームズ。
マクマード。サディウスと名前が出てます。
弟の名前がサディウスでした。マクマードはここの庭番です。

別荘に入るとメイドのオバサンが大変だと知らせる。
バーソロミューが部屋から出てこない。

ドアにはカギがかかってます。
カギ穴から覗くとイスに座ったバーソロミューは動かない。
ドアを破って入るとバーソロミューは死んでいます。
ワトソンが調べます。死後数時間で毒殺だとなる。
テーブルに乗せてあった財宝が消えてるとビックリのサディウス。

そんなわけで動転してるサディウス。
ホームズはサディウスに警察に行って捜査に協力しなさいとアドバイスしてます。

耳の後に毒針が刺さっているのに気がつくホームズ。吹き矢だと推理します。
これはアンダマン諸島の凶器だとなります。
それから図面の十字架は刺青の彫師が書いてるとホームズ。

警察が来るまで現場を調べるホームズとワトソン。
丸い足跡が残ってます。それは義足の足跡です。
財宝の隠し場所は屋根裏部屋だと調べます。
吹き矢を使う男もいるわけです。あの2人以外に先住民がいるのか?
屋根裏部屋には裸足の足跡があります。子供ではなくピグミーになります。
このへんは探偵映画らしく俯瞰シーンになってます。上手いじゃん。
スコットランドヤードのジョーンズ警部が来るとホームズ。

ジョーンズ警部一行がやって来ます。
ホームズに対してあまり友好的ではないジョーンズ警部。

ホームズとジョーンズ警部。ワトソンはメアリーといます。
ジョーンズ警部は弟のサディウスを疑ってます。速攻で逮捕する。

ホームズはモーデカイ・スミスを訪ねると言い出す。誰なんだ?
モーデカイは脱獄囚の手助けをしている。
スモールは高速モーターボートが逃げて南米行きの船に乗る段取りだと推理してる。
ラージプートの真珠をゲットするまでは逃げないだろう。これはメアリーがおっぱいの谷間に隠してる真珠のことです。

残されたロープから推理するホームズ。
このロープは高速モーターボート用だと推理してます。とにかくそうなってる。
それでモーデカイ・スミスになるわけです。
そんなわけでホームズ1人でコンタクトに行きます。

港の酒場にて。パブだ。
カウンターのスミス夫人に酔っ払いのおじいさんが話しかける。
モーデカイのことを詳しく聞き出すおじいさん。高速モーターボートはオーロラ号。
義足の男が依頼人だと話すスミス夫人。
ついでに2番目に速い高速モーターボートのことも聞きます。

サーカスにて。
スモールとトンガ。
トンガは天井がネットの部屋にいます。カバンを隠させるスモール。

スモールとベイリー。
こっちは口論になってます。警察が来てるとベイリー。
逃げると主張するベイリー。それはダメだとスモール。
そんなこんなで明日の晩だとスモール。それから高飛びだ。

ワトソンとメアリー。厳重警備のメアリー。
ここはどこかのアパートみたい。メアリーの自宅アパートなのか?
相変わらずやる気満々のワトソンですがここは追っ払われる。

ベーカー街22Aにて。
ジョーンズ警部がいるとこに酔っ払いのおじいさんがやって来ます。
ハドソン夫人とジョーンズ警部が話し込んでとこで素早く変装をとるおじいさん。
そうなるとおじいさんからホームズになるわけです。
これはビックリのジョーンズ警部とハドソン夫人。

本件の推理を終えたと言い出すホームズ。マジ?
明日の捜査活動の協力を求めるホームズ。承知するジョーンズ警部。
溶暗になります。

ワトソンとメアリー。まだ警戒中です。
自分で推理を始めるワトソン。サーカスの芸人だとなります。当ってる。
そんなわけで2人でサーカスに行こうと言い出すワトソン。それは危険です。
マジで出かけるワトソンとメアリー。

サーカスにて。
出し物のモンタージュが入ります。
刺青男の客寄せ口上が始まってます。
変装したホームズがスモールに客のふりをしてコンタクトしてます。

ワトソンとメアリーは刺青男の注目する。
メアリーは刺青男が生花店に客として来ていたのを思い出す。
刺青男のベイリーもメアリーに気がついて口上をやめて引っ込む。

大変だとスモールに知らせるベイリー。
スモールは店じまいだと変装したホームズを置いていなくなる。

公衆電話で通報してるワトソン。外で待ってるメアリー。

スモールはヘビが逃げたと客を追っ払いトンガからカバンを受けとる。
トンガを部屋から出しヘビは置いてけ命じてそのままズラかるようです。
財宝の入ったカバンはしっかりと持っています。

外で待っていたメアリーですがいきなり後から襲われて拉致される。これは大変。
電話を終わったワトソンはメアリーが消えてるのでビックリ。

メアリーを探しているとこで変装したホームズがコンタクトしてきます。
呼び子を吹こうとするワトソンを止めてるホームズ。
メアリーが消えたと聞いてホームズもビックリ。全く予定外だからです。
スモール一味はモーデカイのところだろうとあてはあるホームズ。
フレッドと名前が出ますが誰だかわからん。タクシーの運転手?

ホームズとワトソンはタクシーで追います。馬車ではない。
そうなるとこの作品は当時を舞台にしてるのかとようやく気が付いた。
2番目に速い高速モーターボートのフローレンス3号は予約済みのホームズ。

港にて。
スモール一味がタクシーで到着して高速モーターボートに乗り映ります。
メアリーを肩に担いで運ぶのでタクシー運転手は怪しむはずですがうやむやになってます。

ホームズとワトソンのタクシーも到着します。
高速モータボートの運転手の名前はバレットです。乗り込みます。

高速モーターボートで追っかけになってます。
当時にすると結構高速でスピード感は満点になってます。
スコットランドヤードもボートを出してます。
モーデカイはボートを停止させるがスモールはハンドガンを脅して再スタートさせる。
スコットランドヤードを回避するスモール一行のボート。
このへんの海には詳しいモーデカイは倉庫に逃げ込む。

倉庫にて。
メアリーのおっぱいの谷間からネックレスを回収してます。
俺の真珠だとご満悦のスモール。次はセックスだとなりそうですが1930年代の作品なのでありません。
何だか文句がありそうなモーデカイを義足キックでノックアウトするスモール。強い。

ホームズ一行のボートも到着します。
ホームズとワトソン。それに運転手の3人なので戦力は不足してる。

スモールはここに立てこもるつもりのようです。
そんなところにホームズ一行が入り格闘アクションなります。
運転手はアッサリとやられてノックアウトされる。
ワトソンはベイリーと格闘アクションになる。
ホームズは親玉スモールと格闘アクションです。
トンガが吹き矢でホームズを狙うが外れてリボルバーで撃ち片づけるホームズ。

スモールと撃ち合いになるホームズ。
また格闘アクションになるとスモールの義足キックは強力で押されてるホームズ。

ワトソンはベイリーを片づけてメアリーを救出してる。
スモールのカバンはメアリーが隠し場所を教えてる。ありました。

ようやくジョーンズ警部一行が到着します。
今頃になって義足と刺青が犯人だと言ってるジョーンズ警部。
それはともかくスモール一味を逮捕して一件落着です。

ホームズはスモールからネックレスを取り戻していました。
メアリーに返しています。初歩的なことだよとホームズ。

キスになるワトソンとメアリー。
ホームズに初歩的なことだよと逆に言うワトソン。
エンドとなります。


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.02.29

レジナルド・オーウェン版ホームズ『緋色の研究』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
エドウィン・L・マリン監督、レジナルド・オーウェン、ウォーバートン・ギャンブル主演のホームズ映画のようです。

1933年 英国作品
ランニング・タイム◆71分
原題◆A Study in Scarlet
プロット◆財産争いの話しのようです。
音楽◆ヴァル・バートン

キャスト
レジナルド・オーウェン→探偵のシャーロック・ホームズ
ウォーバートン・ギャンブル→相棒のワトソン医師

ジューン・クライド→アイリーン・フォレスター
ジョン・ウォーバートン→ボーイフレンドのジョン・スタンフォード
アンナ・メイ・ウォング→パイク夫人

アラン・ダインハート→メリーデュー弁護士
ウィンダム・スタンディング→パイク大尉
J・M・ケリガン→ヒゲのウィルソン
セシル・レイノルズ→オッサンのベイカー
ハリウェル・ホブス→マルコム・ディアリング。
テツ・コマイ→アジア系のア・イェット

アラン・モーブリー→レストレード警部
不明→部下のグレグソン
テンペ・ピゴット→ハドソン夫人
ドリス・ロイド→死んだマーフィーの夫人アナベル・F・マーフィー
ビリー・ビバン→庭師のウィリー
レイラ・ベネット→家政婦のドリー

エドウィン・L・マリン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『緋色の研究』
A Study in Scarlet
バックに音楽はありません。

何とかpresents
Sherlock Holmes
in
A Study in Scarlet

suggested by the book
A. Conan Doyle
スタッフの紹介
directed Edwin L. Marin

上が欠けてるのでthe castなのかthe playersなのかわからん。
Reginald Owen Sherlock Holmes
Anna May Wong Mrs. Pyke
June Clyde Eileen Forrester
Alan Dinehart Merrydew (as Allan Dinehart)
John Warburton John Stanford
Alan Mowbray Lestrade
Warburton Gamble Dr. Watson
J.M. Kerrigan Jabez Wilson
Doris Lloyd Mrs. Murphy
Billy Bevan Will Swallow
Leila Bennett Daffy Dolly
Wyndham Standing Capt. Pyke
Halliwell Hobbes Dearing

タイトルバックはイラストです。
画面の上下が欠けています。プレーヤーのズームのせいかと思ったがノーマルでした。
そうなると元から欠けているみたい。

ロンドン ビクトリア駅
サザン鉄道の列車です。この駅が終点。
掃除婦のおばさん2人が客室のドアが開かないと車掌を呼ぶ。1人の名前はジェニー。
車掌もドアが開かないのでハシゴを持ってこさせて窓を開けようするが開かない。しょうがないの窓ガラスを割ります。
そうすると室内には男の死体があってビックリとなります。

新聞の見出しです。
692 3 7
ライムハウス M
そんな謎の広告が載ってます。

街にて。
カップルが登場。
あとでわかりますが名前は、アイリーン・フォレスターとジョン・スタンフォード。
指定されたアイリーンだけがあるところに入ります。
怪しげなオッサンもいたりします。別に出入り口から入ってます。

室内にて。
では会合を始めるとなってます。司会はメリーデュー弁護士。
ジェームズ・マーフィーが精神を病んで列車の中で首吊り自殺をした。
1人目は老衰で亡くなったフォレスター大佐。その娘がアイリーン。
2人目が今回のジェームズ・マーフィー。

死んだメンバーの遺産は残りのメンバー7人で等分に分ける。
ウィルソン
ベイカー
ディアリング
パイク
ア・イェット
アイリーン・フォレスト
それにメリーデュー弁護士

マーフィー夫人はたちが悪いとこき下ろすメリーデュー弁護士。
アナベル・F・マーフィー。

街中にて。ベーカー街221A付近。
マーフィー夫人が登場。

ホームズの自宅アパートにて。ベーカー街221A
ホームズとワトソンが登場。
何となくトム・ハンクスみたいのホームズ。
何となくBBCの映画番組でおなじみのトム・ブルックみたいなワトソン。

暗号の広告に興味津々なホームズ。謎解きになります。聖書か?
窓の外を見て依頼人だとホームズ。列車で死んだマーフィーの話題になります。

ハドソン夫人がマーフィー夫人を案内します。依頼です。
亭主が死んだのに財産がないと訴えるマーフィー夫人。それが理由か。
財産はメリーデュー弁護士に渡した。そんなわけでこき下ろす。
ホームズは死んだマーフィーを知ってるみたい。元陸軍。

6人の黒人少年が蜂の巣をつついていた。
すると1人が蜂に刺され残りは5人になった。
というメモを見せるマーフィー夫人。

そんなこんなで依頼を引き受けるホームズ。マーフィー夫人は帰ります。
こんな依頼を引き受けたのかと意見するワトソン。
メリーデュー弁護士はロンドンの闇の帝王だ。ちょうどいいから引き受けたホームズ。

会合にて。
これで終わりですとメリーデュー弁護士。
解散になって帰る面々。アイリーンだけ残してます。
アイリーンのこの件は内密にと言うメリーデュー弁護士。困惑するアイリーン。
何故か婚約者のことまで聞いてまだ結婚するなと余計なことも言う。

この組織は消滅すると言い出すメリーデュー弁護士。
そんなとこに男が戻ってきます。パイク大尉です。いきなり窓の外かから撃たれ倒れる。
メリーデュー弁護士は心臓を撃たれていると冷静。

で、メリーデュー弁護士が外に出た隙にアイリーンが襲われる。
戻ったメリーデュー弁護士が介抱する。
それはいいけどパイク大尉の死体が消えてます。これはビックリ。
メリーデュー弁護士はこの件も内密にとアイリーンに言ってます。

モルグにて。
ホームズとワトソン、それにレストレード警部。
パイク大尉の死体の検死です。指輪からパイク大尉とわかる。

5人の少年が弁護士を目指し
1人の少年が夢を叶え・・・
そんなメモがあります。

パイク夫人とコンタクトするホームズ。
12時になっても戻らないので警察に相談したパイク夫人。
弁護士は例のメリーデュー弁護士です。怪しい。

ホームズとレストレード警部。
これは殺人だとホームズ。

リストの線を引くシーンになります。
名前に線を引いて死亡です。引いてるのが誰だかわからん。
次の名前はマルコム・ディアリングです。

マルコム・ディアリングの自宅にて。
4人の黒人少年が海に行った。
すると1人が赤いニシンに襲われ
残りは3人になった
このメモを読んでゴミ箱に捨てています。

いきなり黒い影が接近する。どうやら顔見知りみたい。
撃たれて退場となるマルコム・ディアリング。

ホームズの自宅アパートにて。
食事しながら事件の話しになるホームズとワトソン。
レストレード警部が来ます。昨夜男が死亡した。殺人現場に来てくれとの頼みです。
行くことにするホームズ。ワトソンも行きます。

マルコム・ディアリングの自宅にて。
ホームズとワトソン、それにレストレード警部。
現場や外を調べるホームズ。謎の広告、中国の切手。ゴミ箱のメモ。
殺人で犯人は男。後頭部を撃ってから口からも撃って自殺に見せかけた。

メリーデュー弁護士のオフィスにて。
ホームズを2時間待たせてから面会するメリーデュー弁護士。
ワトソンもいるけどメリーデュー弁護士から無視されてます。慣れてるみたいだけど。
トリチノポリの葉巻。怪しい。ホトンド下手人です。ワトソンは葉巻がもらえない。

マーフィー夫人の代理になってるホームズ。
あくまでもとぼけているメリーデュー弁護士。
死んだマルコム・ディアリングの話しをするホームズ。
例のメモを渡して引き上げる。スカーレット 2 4 7 6 ライムハウス M

このへんでレジナルド・オーウェンのホームズはトム・ハンクスみたいだと気がつく。

ワトソンはブーツや葉巻が怪しいと主張する。
それだけでは不十分だよとホームズ。

エレベーターでパイク夫人と遭遇します。
パイク夫人はそのままメリーデュー弁護士のオフィスに入った。

アイリーンの自宅にて。
花束にメリーデュー様が至急会いたいのメモがあります。
そんなわけでメリーデュー弁護士と会うアイリーン。
また会合を開くと言い出すメリーデュー弁護士。
そんなところにボーイフレンドのスタンフォードが来ます。

アイリーンは父が亡くなる寸前に私を呼んで言ったと話し出す。
莫大な遺産が手に入る。メリーデュー弁護士の名前。指示に従えば遺産が手に入る。

メリーデュー弁護士が帰ったとこで庭に怪しい男がいるのを発見するスタンフォード。
追いかけるが壁を乗り越えて逃げられる。

ホームズの自宅アパートにて。
ここに来てホームズに相談するスタンフォード。
スタンフォードが帰りホームズに説明してくれと迫るワトソン。
暗号の数字は聖書ではなく何かの年鑑だとホームズ。
それから下手なバイオリンを弾くホームズ。

王冠 トンプソンのシューベリネス酒場。英国なのでパブです。
主人と客のオッサンが登場。オッサンはアル中です。
オッサンですがどうやらパイク大尉の屋敷の庭師のようです。名前はウィリー。

そんなとこにヒゲのオッサンが来ます。
パイク邸はどこだと聞くオッサン。ウィリーが知ってて馬車で送るとなる。
その前にウィリーに酒をおごるオッサン。
豪快にスコッチを飲むウィリー。炭酸水は少ししか入れない。立派なアル中です。
オッサンはウィリーから色々と聞きだしてます。

ウィリーの馬車で移動になります。一頭立ての荷馬車です。
馬車に乗っても色々と聞き出してるオッサン。
パイク大尉は中国系なので出世は大変だとか。家政婦のドリーが屋敷を管理してるとか。

パイク邸にて。
公開競売の看板があります。売りに出されているわけです。
ウィリーを待たせて屋敷に入るオッサン。まずは呼び鈴を鳴らす。
ようやく出たドリーに私はここを買いに来たので中を見せろと入り込む。
待ってるウィリーは持参したスコッチをラッパ飲みしてます。立派なアル中だ。

屋敷にて。
オッサンは中を見てるがドリーが張り付いてる。
このへんでようやくオッサンがホームズの変装だと気がつく。
いきなり具合が悪くなるオッサン。ドリーに水をとりに行かせる。
この隙に戸棚に隠し扉があるとわかります。
水を持ってきたドリーに医者を呼んでくれと追っ払うオッサン。電話はない。医者は8キロ先だ。
そんなわけでチップをやってドリーに医者を呼びに行かせるオッサン。

これで落ち着いて調べているオッサン。
隠し扉から隠し通路に入る。降りたとこにベッドと例の葉巻があります。
それから先に進むオッサン。奥には天井にドアがあります。

天井ドアを抜けると物置みたいな内部に出てます。
物置のドアを開けると船着き場の近くです。

街です。サボイ・ホテルにて。
パイク夫人がいるホテルです。誰かと会っています。
ヒゲの男です。名前はわからん。→ウィルソンでいいみたい。
週末に書類のチェックに屋敷に来てくれと言われてるウィルソン。
ウィルソンは書類チェックとは違うことにやる気満々になってます。大丈夫なのか。

新聞広告です。
緋色の指輪に関する情報を提供した者には賞金を与える
ベーカー街221A シャーロック・ホームズまで。

いつもの会合です。
新聞広告の話題になってます。
それはいいけどメンバーも減って残り4人になってます。
メリーデュー弁護士
ウィルソン
ベーカー
それにまだ来ていないアイリーン。

ウィルソはホームズに相談したらとベーカーに進言する。
これには反対するベーカー。
メリーデュー弁護士は刑務所に入りたいのかと脅かす。
緋色の指輪は数日後に消滅する。盗品は処理した。カネが入って山分けする。
100万ポンドを山分けして1人20万ポンドだ。そんなおいしい話しをしてます。
で、20ポンドは寄付しろは言い出すメリーデュー弁護士。命が惜しければ・・・

誰か来ました。アイリーンです。残りのメンバーは、
ディアリング
ウィリアム・ベイカー
J・ウィルソン
ア・イェット
ディアリングは死んだ。

ホームズの自宅アパートにてに。
スタンフォードから電話です。会合のことを知らせてる。
急行するホームズ。

会合の外にて。
スタンフォードに合流するホームズ。とりあえず外で張ってます。
会合を終えた面々が帰ってます。メリーデュー弁護士まで帰ってる。
アイリーンだけ出てこない。そんなわけで慌てるホームズとスタンフォード。

何とか中に入ろうとするがドアが開かない。
そのうちにガスの臭いがしてドアを破って入る。
アイリーンが拘束されて倒れていました。救出されます。

街にて。
ウィルソンがクルマに轢かれそうになる。これは大変。

ホームズの自宅アパートにてに。
ここに相談しに来てるウィルソン。ワトソンしかいない。
まずは水を飲んで落ちつこうとするウィルソン。

メリーデュー弁護士のオフィスにて。
主観ショットの何者からが来て打ち合わせになってます。
100万ポンド。ア・イェットが彼女に仕えている。
ホームズは私が何とかすると言ってるメリーデュー弁護士。
全ては明晩、あの屋敷だ。

ホームズの自宅アパートにて。
ホームズが帰宅してウィルソンと相談になります。
財産分与の話しをするウィルソン。20万ポンド。
ウィルソンの刺青から何故中国行ったとことを秘密にしてる突っ込むホームズ。

次々と推理するホームズ。
聞いてるウィルソンはビックリ。
で、ホームズはウィルソンに自宅防空壕に隠れていろと指示ます。
ウィルソンを自宅まで送ることにするホームズとワトソン。
で、ウィルソンは明日パイク夫人の屋敷に隠れると言い出す。
ホームズは屋敷に行ったら部屋から出ずカギをかけろと指示します。

ウィルソンを送ろうと玄関ドアを開けたらベイカーが倒れ込んできます。死んでる。
これはビックリのウィルソン。

メモがあります。
親愛なるシャーロック・ホームズへ。
3人の黒人兵が動物園に行った。
すると1人がクマに襲われ残りは2人になった。

屋敷付近のパブにて。
パブの主人に愚痴をこぼしてるウィリー。
自分は置き去り。ドリーが医者を呼びに行って戻ったらオッサンは消えていた。
愚痴を言いつつしっかり飲んでるウィリー。

そんなところにお客が大勢押し寄せてきます。
ホームズとワトソン。レストレード警部は部下達です。私服です。
変装した男を追ってきたとウィリーにコンタクトするホームズ。ウィリーは全く気が付いていない。
相変わらずウィリーは酒をおごってもらうが炭酸水は入れない。
レストレード警部はグレグソンが到着して屋敷付近を固めていると言ってます。

そんなとこにスタンフォードが来てアイリーンが消えたホームズに知らせる。
見張れと言ったのにと愚痴が出るホームズ。どうやらスタンフォードはホームズの電報でおびき出されその隙にパイク夫人にアイリーンを連れ出されたようです。

そんなわけで屋敷に向うホームズ一行。大所帯です。

屋敷にて。
パイク夫人とアイリーン、それにウィルソン。
ホームズが来るという話題になってます。

そんなところに誰か来ます。アイリーン宛ての電報の配達でした。
『興味深い情報が明らかになる』
この電報を他の人にも見せていますが何だかわからんとなってます。

もう寝る時間になってます。
アイリーンに部屋に入ったらカギをかけろと言ってるウィルソン。

屋敷の外にて。
待機してるホームズ一行。寒いのでワトソンはもう帰りたがってます。
配達員が来たのでちゃんと届けたか確認してるホームズ。

屋敷にて。
パイク夫人は部屋に入ってるアイリーンとウィルソンにおやすみの挨拶をやってます。

屋敷の外にて。
グレグソンが奴がボートで来たと知らせる。
報告が遅いと文句が出てるホームズ。

屋敷にて。
パイク夫人の部屋の戸棚が隠し扉になってるわけです。
ここから入る謎の男。パイク夫人とは顔見知りみたい。
一気に2人片づけるようです。これで分け前が増える段取り。

屋敷の外にて。
ホームズ一行は秘密の通路を通って屋敷に入る。

屋敷にて。
アイリーンが襲われています。悲鳴をあげるアイリーン。
悲鳴が聞こえたのでウィルソンもドアを開けてしまう。色々とドアの前に置いていたので開けるのが大変でした。

アイリーンを担いで秘密の通路を降りる謎の男。
そんなとこにホームズ一行が来て謎の男を拘束します。
ベッドに寝かされたアイリーンと再会するスタンフォード。いたのか。

ウィルソンが部屋に押し込まれて助けを求める悲鳴をあげる。
急行するホームズ一行。危ないとこを助けてます。
そんなわけで謎の男に手下のア・イェット。パイク夫人も捕まってます。

謎の男の正体は何とパイク大尉でした。
そうなるとメリーデュー弁護士はどこに?
パイク夫人は当然共犯者。

この謎解きをするホームズ。
自分で窓を割って倒れたパイク大尉。血のりを使って死んだふりをした。
メリーデュー弁護士は共犯。

グレグソンから2人の男が表われたと報告が入る。
これがメリーデュー弁護士でした。まだとぼけています。
3人の殺人の共犯だとホームズ。2人の殺人未遂の共犯も追加だ。
まだ余裕のメリーデュー弁護士。

そんなこんなでレストレード警部に基本的なことだよと決めセリフのホームズ。
緋色の指輪は足がつかないように犯人が作ったとのこと。何だかわからん。

ホームズはワトソンと一緒にこの場を去ります。
アイリーンとスタンフォードが幸せそうになってエンドとなります。


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。